744 名前:ゲームセンター名無し[sage] 投稿日:02/02/17 14:16 ID:wYBpaPDS
 KOF98対戦が盛り上がっていた頃。その時ゲーセンは人も少なく、
KOF98をのんびりCPUで遊んでいたら、ゲーマー風の男性に乱入される。
「参ったなぁ…。」
私は一人、心の奥でつぶやいた。
新作で対戦台だから入られるのは当たり前。
しかしどうにもヘボプレイヤーな私には人が少ない時間帯を選んで、
CPUでこっそり練習するしかなかった。
普段から女性プレイヤーという事や、プレイスタイルも馬鹿みたいに
飛び込んだりするのでカモられたりする事が多かった。
たまに勝っても台を蹴られたり、大きな声で向こうから
罵声をあびせられる事もしばしば。
すると後ろから、「ネーちゃん頑張れ!」という声が。
ふと振り向くと特攻服を来たお兄ちゃんが応援してくれていた。
応援の甲斐もあってか、その日は珍しく2勝1敗。
席を立つと、「すげーなネーちゃん、オレより上手いじゃん。」
「投げキャラばっかで渋いじゃん。」と口々に誉めてくれた。
からかわれていたのかもしれないけれど、ちょっとだけ嬉しかった。
私は苦笑いで会釈してその場を去った。…ごめんね、「有難う」って言えなくて。
1人相手なら言えたかもしれないけど、7人もいて怖かったんだよ…。
中途半端にいい話で御免。