225 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/31(金) 02:26:40 ID:TgZmFzeW
流れぶったぎりで投下 スマソ

俺が、特殊な業種のコンサルしてたころ
よくヨーロッパのメーカー方々を日本に招待しいっしょに
仕事をすることがあった。

その内の一人、ドイツ人のニック(仮称)は、マンガ好き。
彼のおかげで、日本のマンガがmangaとして
ヨーロッパはおろか世界中で受け入れられていることを知った。

10日間いっしょに仕事をし、帰国の前日
「なにか欲しいモノないか?個人的にプレゼントするよ」
と聞くと
『アキラの大判の単行本がほしい』とのこと。

ドイツ語で書かれたアキラがどこへ売ってるか
知らないので、すまないが、売ってるとこわかんねぇと
正直に言ったら。
『日本語のがいいんだ♪!!』とのこと

会社の近くの本屋のマンガのコーナーに連れて行きましたよ
ニック感動してた 目がきらきらしてんだよ 笑)

5000円前後でなにか買ってやろうと思っていたのに
アキラの単行本で、大喜びですよ。
なんか嬉しかったよ。