ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン

馴れ初め



中学のある時、先輩から俺と同級生だった嫁を家まで送ってほしいとお願いされました。

299 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2013/09/11(水) 00:45:36.48
小学生の時から兄ちゃんと慕ってた先輩に頼まれて、同級生だった嫁を家まで送るようになったのが最初。
中学生がストーカーに狙われてるとも考えず、まさか一緒に帰ってるだけの俺にキレて襲いかかってくるなんて完全に予想外でした。


302 名前:299[] 投稿日:2013/09/11(水) 02:55:36.83
kwskしていただいたので
先輩とは家が商店街で一緒だったこともあり、よく面倒見てもらいました。
中学のある時、先輩から俺と同級生だった嫁を家まで送ってほしいとお願いされました。
その時俺は部活大好き人間だったので、時間が合えばということで承諾。
結局嫁も部活していて、帰る時間は基本的に同じだったのでほとんど毎日一緒に帰っていた。
最初はお見合いみたいに趣味は?から始まったが、徐々に仲良くなっていった。
いつもどおりに帰って、商店街の入り口あたりでいきなり男が奇声をあげながら殴りかかってきた。
わけも分からず固まっていたら、「お前がああああ」と言いながら俺を殴る蹴る。
ココらへんから意識がないのか、恐怖で頭が真っ白になったのかわからないが覚えていない。
それを見てた人によると俺は
相手にしがみつきながら「嫁逃げろー!!」って人に引き剥がされるまで大声で叫び続けたらしい。
気がついたら病院で俺パニック。
警察の人とか色々話を聞きに来たけど俺覚えてなくてまたパニック。
結局嫁や目撃者が代わりに話をしてくれた。
ストーカーは遠くの方に行ったと聞く。
耳元で俺が叫びつづけたせいか耳の機能が少しおかしくなったらしいけど俺は悪くないと思いたい。
ストーカー化した理由は「嫁が笑顔で挨拶してくれたから」らしいが本当のところはよくわからん。
俺は退院して、商店街から表彰された。
嫁から感謝状渡されて、キョドりまくりの俺。
そこから嫁のアプローチが始まった。
嫁には商店街中の後押しもあり、光速で陥落。
高校卒業して店で本格的に働きはじめ、20で嫁と結婚。
昨日めでたくお好み焼き屋のおやじに子供が誕生しました。
定休日は水曜日しかないから嬉しすぎて今日書き込み。
興奮してなかなか眠れないです。
長くなって申し訳ない。


今の彼女は6つ下で高校時代の後輩の後輩だった

285 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2011/10/21(金) 19:58:53.98 ID:QaqPZvjT0
今の彼女は6つ下で高校時代の後輩の後輩だった
出会いは後輩に誘われた飲み会で、趣味が合って意気投合しすぐに仲良くなった
自分は社会人で彼女は当時大学生、年の差もあって最初は全く意識もしていなかった

しばらくした後また同じような飲み会があり、そこに彼女も来ていた。
飲み会後酔っ払い達をタクシーに押し込み、最後に残った彼女に「乗らないの?」と聞くと黙って首を横に振る
彼女も相当酔っ払っていたので(足取りから判断)、「いいから早く乗りなさい」と腕を軽く掴んで押し込んだ

タクシーが発進して後部座席に手を振っているとタクシーが急停車
「何だ…何が起こっているんだ…」、と思っていると彼女が一人降りてきてフラフラしながら走ってきた
唖然としていたらそのまま抱きつかれ、うろたえる自分を見上げて笑顔で一言。

「ただいま(ハート)」

あまりのキュートさに俺陥落、多分自分の心臓の音聞こえていたかもしれない。

後ろで盛り上がってる酔っ払い達のタクシーに、ロボットみたいな動きで彼女を再度押し込み、
タクシーのおっちゃんに謝ると「若いっていいですね」と言われた。誰が気の利いたこと言えと。

その後自分から告白しました


店員「あっ、あのう? イチゴジャムの作り方分かりますか?」 俺「えっ!?」その後結婚

83 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/08/06(火) 14:33:09.41
ホームセンターのレジにて

嫁(店員) 「あっ、あのう? イチゴジャムの作り方分かりますか?」


俺(客) 「えっ!?」




その後ケコーーーン


84 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/08/06(火) 15:31:55.07
ちょw
帰宅後でいいからkwskしてってくれw


85 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/08/06(火) 15:58:39.44
83 はしょりすぎだwww
詳細はよ


86 名前:83[sage] 投稿日:2013/08/06(火) 20:03:43.83
突然話しかけられてびっくりしつつ

俺「苺買って無いのに何で俺にそんなこと聞くんですか?www」
 <そもそも生ものは売ってないw>
嫁「あーw、ご来店の際によく調理器具を買われてるから料理に詳しいのかな?
  と思って聞いてみましたw」
  <いやいや、妹に頼まれたのを買ってただけだしw>
嫁「苺をたくさん買ってジャムを作ってみたんですけど
 ジャムっていうよりジュースみたいになったんです・・・」
  <ここで以前読んだ2ちゃんのジャム作るスレを思い出したwww> 
俺「う~ん、多分それ砂糖が足りないんだと想いますよ?
 1:1にして赤ワインを少し入れてもっと煮詰めたらいいですよ」
  <得意げに言ってみたwww>
嫁「ぉぉおおおお!
 ありがとうございます!!!
 リベンジしますっ!!!!」
俺「うまくいくといいですね、それじゃあ」


87 名前:83[sage] 投稿日:2013/08/06(火) 20:08:36.74
それから一ヶ月後ぐらいにそのお店で買物していると

嫁「こんにちは、こないだはありがとうございました!
 お陰様でとても美味しく出来ましたっ!」
俺「おお、よかった(ニコニコ)」
嫁「あっ、ちょっと待っててもらえますか?」
俺「ん?」

小走りでどこかへ消えた嫁が息を切らせて紙袋を手に持って戻ってきたw

嫁「作ったジャムをお客様が来られた時にお渡ししたくて
 事務所の冷蔵庫に入れておいたんです
 よかったら食べて下さい(赤面)」
俺「え~、わざわざありがとう!!!」

帰って袋を開けると瓶詰めされたジャムと一通の手紙が入っていた
内容はお礼ともし良かったら掛けて下さい、と嫁の携帯のアドレス

そこから電話→食事→お出かけ→告白される→付き合う→2年後ケコーーン
出会った当時は俺33、嫁19
3年経った今は2人で色んな料理作って楽しんでます


両親は今でいう合コンで出会ったらしい。

120 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:2014/01/17(金) 21:00:48.27 ID:Zzmik0YJI
私の両親は今でいう合コンで出会ったらしい。

母は函館から東京に上京し、子供服のお店でバイトから店長に登りつめて、毎日働いていたとのこと。
父は機械に詳しい人なら知っている会社に高卒で勤めていて(今じゃ絶対に無理)母のお店の近くにあるお店の機械を直しによく来ていたらしい。

その近くのお店のオーナーさんが母と父の共通知り合いで、オーナーさんが「合コンやるよ!」って言って母と父含め何人が集めたらしい。

そしたら父は母に一目惚れ。
父曰く「だって、目の前に理想の女性が現れたんだよ!」とのこと。
母にも話を聞いたら「すごいびっくりした顔してたねー」と言ってた。
二人の初対面の温度差…w

そのあとはトントン拍子…ともいかなかったみたいだけど、長くなるからやめとくw

結局は交際1年ぐらいで結婚。
3年ぐらい同棲してたみたいで、4年目?で私が産まれた。

結婚20年目なのに、相変わらず娘の前でキスとかぎゅーしてるのを見せられます。
これからもラブラブでいてね。


うちの父は消防士、母は生花教室を開いてた(る)。 この二人の馴れ初めがまたとんでもない

108 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 19:41:23.86 ID:KKoP2rrM0
うちの父は消防士、母は生花教室を開いてた(る)。
この二人の馴れ初めがまたとんでもないもので、
なんと父が母に酔った勢いで暴行やらかしたというもの。

暴行と言っても、あくまで振り払って母を吹き飛ばした、
というタイプのもので性的なものではなかったのだけど、
居合わせた警察官にそのままお世話になる羽目になったそうな。

当時父19、母15。
父は高校卒業後、正義に燃えて消防士を志した熱血漢。
正直身内から見ても、直情バカって言葉が割と似合う人。
対して母はそこそこいい所の花も恥じらう女子高生。

当然新聞に乗って、「よそのお嬢さんを傷物にしてしまった」という
何かピントのずれた失意混じりに辞表をもって、平謝り提出で一件落着
となるところをその辞表提出に待ったをかけたのが逆に母。

聞けば「自分一人を傷つけた罪を贖うなら、それ以上の人をあなたの力で助けてください」
といったそうな。消防側も被害者たっての願いということで、困惑しつつも辞職までは取り下げ。
かなり厳しい処遇は下ったらしいが、何とか首の皮一枚繋がったんだとか。


109 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2013/11/07(木) 19:42:39.04 ID:KKoP2rrM0
とは言え、クソ暑苦しい上に空気の読めない父の事。それだけでは示しがつかないと、
何かにつけて母の(正確には母の家の)お役に立てるように、
押しかけ色々とやって段々母やその家族との間を縮めてゆき、最終的にゴールイン。

最初から最後まで疎んでいた祖父ですら「根負けした」という当たり、
父の空気の読めなさと実直さ…というか天然さ?は相当のものだったよう。

そんな話を殉職した父の3回忌、叔父である父の兄から話を聞いて記念カキコ。

ただその話、母はニコニコ笑いながら聞いてたけど、
ひょっとして今で言う当たり屋というやつなんじゃあるまいかと、
父の家遺影を前に少しだけ思う。

空気は読めないけどそれなりに優秀で、そこそこ稼ぎ、
子ふたり育てきるだけの度量があるって既に見抜いてたっぽいんだよなあ。


お見合いした相手が、中学時代の部活の先輩

75 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/13(水) 22:29:58.99 ID:pSpl6C/f0
うちの両親のなれそめは結構珍しいと思う
就職してバリバリ働いていて、婚期を逃しそうな母を見かねた周りの(というか多分祖父母の)誰かが
縁結びの神社に登録、そしてお見合いした相手が、中学時代の部活の先輩だった父だった
お互い顔見知り程度ではあったらしい。そこからどんな付き合いをしてたかは知らないが
結婚30年超えた今も仲良しで、先月の結婚記念日をお互い忘れてたーって笑ってたw
偶然にも父と母は同じ名字で、母は名字変わらなくて助かったーってよく言ってる
両親だけでなく叔父夫婦の式も挙げたその神社の神主さんとは顔見知りで、先月そこで
姉が式を挙げた
ちなみにスレチだが、私が生まれる前まで両親と姉が住んでた社宅のお隣さんは
今もお隣さんw会社は隣町(今は合併して市内だけど)なので恐らく偶然。縁ってすごいなw


女子高で育ち、恋愛よりもインベーダーゲームと手塚治虫に熱心だった

57 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/11(水) 01:38:33.93 ID:xvV5/Nfl0
なんか来年結婚30周年らしい事を今年になって初めて知った。
それくらい自分達の恋愛に関しては何も語らない両親の、
1回だけ聞いた二人の馴れ初め。何度反復しても何かオカシイ。

両親は12歳差。
母は高校在学中から印刷所で働き、そのまま正社員に。
その印刷所に仕事でたまたま来た父。
見積もりだか何だかで来たとかで、名刺交換。
その翌々日。実家住まいだった母の家に電話がかかってきた。
相手は父。内容は今度の日曜に一緒にお茶でもいかがでしょうか?との事。
女子高で育ち、恋愛よりもインベーダーゲームと手塚治虫に熱心だった母。
特に深く考えることも無く二つ返事で承諾。
実際に日曜に父が車で母の実家へ迎えに来たそうだ。

携帯もFAXも無い時代に、どうやって母の実家の番号と住所を知ったのか。
母は私に指摘されるまで気付かなかったらしい。あれ?そうだね?だそうな。
どう考えても父がストーカー過ぎて色々聞くのが怖い。


俺が関東、嫁は中部。16歳までに3回偶然あったから、次会ったら結婚しようとか冗談いってたら10年後

994 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2021/05/28(金) 17:01:29.34 ID:znuW0FNh0
kwskしてるとこ失礼。
うちは出身が俺が関東、嫁は中部。16歳までに3回偶然あったから、次会ったら結婚しようとか冗談いってたら10年後に会って結婚した。


995 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2021/05/28(金) 18:12:07.79 ID:zaJxa5cE0
>>994
それもう少しkwsk


998 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2021/05/29(土) 06:10:17.20 ID:CqKNJwQJ0 [1/3]
>>995
kwskいただいたので。
小5の夏に日本一星が綺麗に見える県で出会った地元の女の子、中学生のスキー合宿でその地元にまた行った時に偶然スキー場のレストランで再会して文通を始め、高校の時にTDLに男女グループで遊びにいったときにポップコーンの列に並んでたら肩トントンされまたも再開してお互い運命的なものを感じた。俺はみんなに理由話して彼女と1日過ごした。向こうも女子4人グループだったから、3人は察して別行動にしてくれた。
彼女とは、会話量が多いわけではないんだけど、隣にいてくれるとしっくりくるというか、ドキドキもするけど不思議と安心するような気持ちになった。
夜のパレードが終わり、人が出口に流れ始めて、じゃー私たちもそろそろという雰囲気。「連絡をとらずに次に偶然会ったら結婚前提に付き合おう」って冗談半分で言うと、「きっとまた会うよ」と別れ際に泣きながら彼女から手紙を渡された。
手紙には今日のお礼と、私がいったことと同じことが書かれていた。
ただ時は10年流れ、偶然出会うことはなかった。


999 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2021/05/29(土) 06:11:15.69 ID:CqKNJwQJ0 [2/3]
そして、親からもそろそろ結婚とかいわないけど彼女とかいないの?と言われ始めた26歳のときに、可愛がってくれてる仕事の先輩の結婚式に呼ばれた。奥さんの友達を紹介するからって。
俺には独り身で待つ理由があるし、余計なお世話だと内心少し迷惑だったけど半ば諦めてもいた。
そして式場につき、受付してた女性に挨拶して御祝儀を渡して、女性はペンを差し出す「ではこちらにご記、、、」
彼女はペンを離さない。え?と思い顔を見ると、「やっぱり会えた」と泣かれた。TDLの別れ際と同じ顔。灰色な世界がぶぁーっと色付いたような感覚になった。そして、「久しぶりだね。結婚しよう」ってプロポーズした。周りがめっちゃ驚いてたけど、彼女は「宜しくお願いします」と涙の笑顔ながら答えてくれた。先輩の奥さんが紹介しようとしたのは彼女含めて候補が3人いたらしかったし、先輩の奥さんは彼女と私の関係を聞いていたからとても喜んでくれた。
彼女は就職で上京して、住んでる場所は同じ路線の二駅違いだった。自転車で15分くらいの距離。近いw
それからほぼ毎日、一緒にご飯食べてお酒飲んで会わなかった期間にどんなことがあったとか話して、10年近くお互い恋愛から遠ざかってて◆体験ってのが分かってなんかめちゃくちゃドキドキして◆◇卒業した。


1000 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2021/05/29(土) 06:12:38.23 ID:CqKNJwQJ0 [3/3]
夏の休暇に彼女の実家に挨拶いくと、ご両親はとても暖かく迎えてくれた。夏目友人帳の藤原夫妻のような2人だった。
お母さんはロマンチックねーと色々きいてくれて話すたびにまぁ〜あらぁ〜とリアクションが優しくて、お父さんは息子が欲しかったらしくて庭でキャッチボールした。結婚したら実家のように頼りなさいと寡黙なりに一所懸命に歓迎の意を伝えてくれた。
彼女はとても素敵なご両親の一人娘だった。
挨拶の後、引越して同棲して、家事の分担とかもとてもやりやすくて、お互い納得して半年後に入籍。
子供は3人がいいねーといってたら男女の構成まで考えが一緒。そして驚いたのはその通りになったこと。
長男、長女、次女と産まれ、もう長男は中学生。来月15年目の結婚記念日になる。


妹の友達が、冬コミ前「原稿手伝って欲しい」と俺の部屋に押しかけてきた

935 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/06/02(木) 23:33:30.43
東京の大学に受かり都内で一人暮らしをいていたら、
妹が「泊まりたいと」言ってきたので泊まらせることにした。そのときついて来たのが嫁
夏冬来て、次の年夏に嫁から「一人で来ていいか?」と連絡
「一人は、まずくない?」と言うと、「信用してます、あと売り子頼めませんか?」と。
コミケで売り子をして欲しいとのこと。夏売り子やって、冬また電話があり、また泊めて売り子

彼女が東京の大学受かって俺の近所に引っ越してきた。
この辺から一緒に遊ぶようになり、夏前「原稿手伝って」と言われ手伝い
「お客さんにたまに変な人来るから、男の人がいると安心」と言われ、また売り子
この頃から小規模のイベントについて行って売り子してた
ちょくちょく出入りするようになり顔見知りが増えて、仲良いのと集まって打ち上げとか遊び行ったりした

冬コミ前「原稿手伝って欲しい」と俺の部屋に押しかけてきた
手伝ってたのだが、読んでみたら内容は、俺と嫁の馴れ初め漫画で、嫁が俺に告白してるシーンで終わってた。
嫁は「結末がまだ決まらないんです」と。俺は結末を伝え、嫁はその通りに漫画を描き
「冬は売る物が無いから、このまま売っても良い?二人の記念だし」と言いだし、初喧嘩。
結局別の薄い本を徹夜して作る羽目になった。

そこから半同棲し、嫁の卒業にあわせて結婚。
嫁は、結婚までのやりとりを漫画にして、前の漫画とセットにして、引き出物に勝手に入れてた。


936 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/06/03(金) 00:12:43.25
>>935
zipでよこせ


文才ないが許してくれ。パンツはご自由に。 俺35 妻45

599 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2021/05/27(木) 21:04:50.90 ID:5QsMzJ450
文才ないが許してくれ。パンツはご自由に。
俺35
妻45 ×1
子どもなし

結婚して5年目だけど、結婚記念日に言ってみた。
結婚記念日とは言うものの、実際は結婚式は上げてない。
妻が年上で×1なもんで、式は上げないという約束で結婚した。
正式には、婚約記念日だな。

お互いに仕事が忙しくて、帰宅が早い妻に家事の多くを任せてしまったりしていた。

だから、その日は定時仕事を終わって、ケーキを買って帰宅、風呂掃除とかをして、一緒に料理をしながら・・・
俺「今日は、結婚記念日だね。小さいけどケーキ後で一緒に食べようね」

妻「そうだね。結婚記念日というか婚約記念日だね♪」

俺「そうだね^^;。いつもさ、家事とかしてくれて本当にありがとう。俺の稼ぎが少ないからなかなか楽をさせてあげられなくてごめんね。」

妻「そんなことないよ。」

俺「あのさ・・・妻のこと本当に愛してるよ。」

って言ったらさ、妻がボロボロ泣き出してしまって・・・

妻は、元旦那からモラハラやDVに近いものを受けていて、時々些細な言葉でフラッシュバックしちゃうことがあってさ
付き合った当初よりは、結構減ったが、まれに地雷踏むことがあってな・・・
俺は、「愛してる」がタイミング的に悪かったかなぁ~って・・・

俺「ごめんね。大丈夫?」

妻「うぅん。本当に本当にうれしくて。私も、愛してる。」
って。

少しほっとして、夕飯の準備再スタートしようとしたら抱き着いてきて、接吻を^^;

その後、夕飯済ませてケーキ食べようとしたら妻が
妻「先に、お風呂入っていい?」

俺「どうぞ。ケーキはその後食べる?」

妻「うぅん。あのね・・あのね・・・俺君食べた後に、ケーキ一緒に食べる。」って顔赤くして小声で

その夜は、もげました。2回戦も^^;
その日から、今日までほぼ毎日もげてます^^;
今夜もそろそろ・・・

パルプンテが良い方向でよかった。


祖父母の出会いは半世紀以上昔のこと 祖父がおそらく20歳、祖母が15歳の時だ

42 名前:名無しさん[] 投稿日:2014/04/21(月)02:10:43 ID:wzOj6OgsR
祖父母の馴れ初めもここに書いていいだろうか
結婚報告しに行って聞いて旦那ときゅんと二人揃って来たんだ


48 名前:42[] 投稿日:2014/04/23(水)04:17:01 ID:9QTXtv2uT [1/2]
うお、待たれてた!
書いても良さそうなので書かせてもらいますね

祖父母の出会いは半世紀以上昔のこと
祖父がおそらく20歳、祖母が15歳の時だ
祖母は地元から離れた女学校に汽車で通っていた
毎朝祖母が乗る時間帯の汽車には目立つ人が乗っていた
やたらと女性にモテる男性、祖父である
当時祖父はイケメンというほどでもないがものすごくモテた
同乗してる女性に見つめられたりラブレターを渡されるのはしょっちゅう
当時としては驚くべきことだが連絡先を渡して誘う猛者まで出るモテっぷり
祖父も祖父でモテても飄々として、それがまた女性を盛り上がらせていた
だがお嬢育ちの祖母は軟派な悪い男に違いないと思って警戒していた
そんなある日にたまたま祖父母は帰りの汽車も一緒になった
いつも通り祖母は祖父に関わらないようにして最寄り駅まで来た
しかし汽車を降りた途端、草履の鼻緒がブチッ
漫画のごとく祖父がさっと祖母を受け止めた
なんてことはなく、祖母はホームで派手に転けた
手は擦りむくし鼻血は出るし鞄は痛むして踏んだり蹴ったりの祖母
半泣きでいたら目の前に茶色く濡れた手ぬぐいを差し出された
見上げたら祖父がいて「怪我したとこ拭き、お茶は殺菌効果があるから」と言った
ぽかんとする祖母を笑顔もなく助け起こして鞄も拾って駅舎の椅子に誘導
怪我の手当をして鼻緒も直して、駅の電話を借りて祖母の家人を呼んでくれた
祖母は祖父のことをわりといい男じゃないかと思って認識を改めて感謝した
翌日手当に使ったお茶まみれの手ぬぐいを洗濯して返そうと汽車に乗った
でもその日以来祖父は汽車に乗ってこなかった
実は祖父はその日、もっと早い汽車に乗って南の方へ出征してしまっていた


49 名前:42[] 投稿日:2014/04/23(水)04:19:04 ID:9QTXtv2uT [2/2]
続き

それから数年後の戦争が終わった頃に話は飛ぶ
祖父をすっかり忘れた祖母が19歳の年に祖母父が事故死した
あんまりにも唐突な出来事で家業がやばくなった
そこで援助してくれそうな家に祖母を嫁に出すことが決定
時代が時代なので祖母はついに来たかと粛々と受け入れた
ちなみにこの間、嫁に行く先の家を教えられただけで相手との顔合わせはなし
結婚の日に初対面というぶっ飛びようである
慌ただしい準備を終えて婚礼の日になり、祖母は車に乗せられ嫁入りした
が、婿の家に着いてみるとなにやら慌ただしい
祖母側が戸惑っていると身内らしき人が迎えに出て来て中の座敷へ案内
祖母に「とりあえずここにいてな」と言い置いて放置して何処かへ行ってしまった
不安なまま祖母は座って待っていたら座敷の外から人の話し声が聞こえた
「××(婿)はどこに行った」「朝から見てない」「もしかして逃げたか」
そこまで聞こえてしまって祖母は婿になる人に逃げられたと確信した
身売り同然でくる小娘なんかイラネされたんだと思ったら、惨めで悲しくて外に聞こえないよう祖母は泣いてた
そしたら急に締め切ってあった障子が開いてスーツ姿の男性が靴を持って入ってきた
焦った顔をしていて驚いている祖母にまったく気付いてない
中に入り込んでやっと祖母に気づき「僕の嫁さんですか?」と聞いてきた
祖母が頷いたら目の前にしゃがみ込んで角隠しの中を覗き込んでハンカチを差し出してきた
相手の顔を近くで見て祖母はびっくり、男性はなんの偶然か祖父だった
祖父も目をまん丸にして一言「あ、出征前に会った鼻血の子」
祖母は覚えてくれてたのはいいけど開口一番がそれかよ!と思ったそうだ
でも状況についていけなくて祖母があわあわしてたら舅姑が飛んできて祖父を殴って回収して行った
わけがわからないまま祖父の準備も済み、大幅に遅れて無事結婚式が挙げられた
夜になって祖父と落ち着いて話せてわかったことなのだが祖父は逃げてなかった
結婚の日の日取りを間違えて会社に出勤してたそうだ
出勤直後上司に「今日お前の結婚式じゃね?」と言われて気付いて慌ててこっそり帰ってきたらしい
ごめんなーうっかりしててと呑気に謝られて、祖母は私の涙を返せと祖父の髪をむしりたくなった
だが「泣いてるとこ2回も見たし責任取るわ、3度目の正直で泣かさんよう頑張る」と言われて止めたという
それ以降、祖父は祖母を振り回すマイペースだけど悲しませて泣かさない
今もちゃんと道で転けないように祖母の手を引いて歩いてる
なんだかんだで有言実行してるあたり祖父は祖母の読み通りわりといい男のようだ
祖母はツンデレツンデレしてるけど祖父のそこに惚れていったみたいである

祖母は笑い話として話してくれたけど、私としては可愛いなぁとキュンとした次第です


両親が付き合い出したのは今のわたしと同い年のハタチ

8 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:2012/03/30(金) 11:55:51.76 ID:DqqL056sO
最近聞いた話
両親が付き合い出したのは今のわたしと同い年のハタチ
付き合い出してすぐ母の家に行き「結婚を前提にお付き合いをさせていただいてます」と父は宣言
おじいちゃんは「若いのがなんか言っとるわ」と思う程度
すぐに父は仕事で愛知に、母は実家のある九州で就職
7年の遠距離恋愛を終えて結婚
おじいちゃんも本当に結婚するとは思ってなかったそうな

最近2人とも年なのかイライラしてあたりまくり
昔のラブラブっぷりを覚えてるから戻ってほしいのに


うちの両親は16歳差 看護婦だった19歳の母を35歳の父が入院先でナンパしたのがきっかけらしい

14 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2012/04/10(火) 15:53:51.46 ID:n+DSkW5r0
うちの両親は16歳差
看護婦だった19歳の母を35歳の父が入院先でナンパしたのがきっかけらしい
母が言うには夜勤明けでやっと帰れるって時に父が酔っ払って骨折して緊急搬送され、第一印象は最悪だったらしい
そして初デートでは片手が折れてるくせに食事に誘い、目の前で犬食い姿を晒し「なんだこいつは…」と思ったそうな
しかし母は恋愛経験も少なく、男っ気の無い職場での出会いに浮かれて交際スタート
父はダメ男だが、そういう所すら好きになってしまい交際一年未満で結婚
結婚から25年経つが未だにラブラブで子からしたらちょっと複雑な気分だ…
私は母の血を受け継いだのか11歳年上の彼と交際中、父は微妙な反応をしているが、お父さんも同じようなもんじゃんと言うと黙る


「私は大丈夫ですよ」 「何がです?」 「私は今まで男の人に一度も口説かれた事ないんです」

426 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/01/29(土) 16:36:01
30になるちょっと前に離婚した、その一年半後に妻を紹介された。
高校を出て7年間、妻は俺の祖母の兄が営む田舎町の店舗に勤めていた。
安い給料なのに真面目に働く良い娘だという事だった。

その店舗はあまり利益が上がらず畳む予定であった。
そこで再就職先を紹介する代わりに俺との縁談を持ち込んだのであった。
あまり期待はしてなかったがそれでも妻を見た段階では正直言って断ろうと思った。

こけし人形を思わせる風貌で化粧しなれてませんと文字通り顔に描いてあった。
とても若い女性とは思えない感じのファッションセンスも気持ちを萎えさせた。

だが贅沢もいえないと思い直し適当に話を合わせていた。
しばらくしてここは若い二人でという感じで放置された。
妻はモジモジしていたが何かを決心したように核心を聞いてきた

妻「前の奥さんに逃げられたって本当ですか?」
俺「、、はい、そうですよ」
妻「男作られたって聞いてるんですけれど」
俺「、、そうなりますね」
妻「職場の人に言い寄られたんですよね?」

随分不躾な事を言い出す奴だと思った。空気が読めないのかなって気がした。
俺が答えずに居ると細い目を思いっきり開けて俺を見詰めて、


427 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/01/29(土) 16:36:51
妻「私は大丈夫ですよ」
俺「何がです?」
妻「私は今まで男の人に一度も口説かれた事ないんです」
俺「一度も全く?」
妻「そうです、共学だったし知り合う機会も何度かあったのに」
俺「?」
妻「んだから安心できますよ!」

妻はドヤ顔をしてた。俺は笑ってしまった。
男に相手にされない事が何で自慢になるんだろうと思った。
でも妻のアピール?は俺の心へのピンポイント攻撃になった。
浮気の可能性がないというより、こいつと居ると面白いんだろうなと。

3ヶ月後には同棲をはじめ直ぐ籍を入れた。
妻は必要ないと言ったが半年後花嫁姿を見たいであろう御両親の事を考え
身重な妻と親族だけの神前結婚式を上げる事にした。
裕福ではないが純朴な御両親は俺側の親族の前で何度も頭を下げ妻を宜しくと言っていた。
「いい子です、自慢の娘です、高校しか行かせられなかったけど大事に育てました」
それを見て妻は大泣きをした(飄々としている妻が泣いたのを見たのはこの時だけである)

化粧が崩れたのを補正するために式が始まる直前に志村けんの馬鹿殿並みの白塗りをした。
変でないかと不安そうに小声で尋ねる妻に何度も「綺麗だよ」と言った。
本当にとても綺麗に見えた。

いつもどこかずれている妻と一緒になって十年余、
子供3人もちょっとアレな感じだが結構幸せである。


ハマの強風はそんな彼女に容赦せず襲い掛かった。

349 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 17:42:34
>344にうち似てる。


 100M走18秒、1500M走は半分くらいで立ち止まってぜえぜえ言いながら歩くレベルの超運動音痴。
 体格が痩せこけててそれだから、高校生で遠投で10mいかないとか酷いレベル。
 体育教師には哀れみの目で見られ馬鹿にされてた。吹奏楽部。趣味は読書。
彼女
 陸上のスポーツ推薦特待生。成績もクリアしていたので一般クラス。
 俺には良く判らないスピードで走ったり飛び上がったりできる。
 友達が多く、リア充の空気満々

高校生当時の基準でクラスで3番目位に可愛かった彼女と男子吹奏楽部員の俺には当然接点は無かったんだけど
たまたま3年間同じクラスだった。しかし1,2,3年と殆ど会話なし。

3年生の秋にたまたま隣の席になった時、少しだけ会話。
その時の会話が確かこんなん。
「○君、聞いたんだけど△大学受けるの?」
「あ、う、あ、あ、うん。」(きょどる)
「ふーん。私も受けるよ。」
「あ、そ、そうなんだ。俺は、第2希望なんだけど。」(余計な一言)
「私は第一希望なんだけど。」
「ー@@pp@おいぽじぇあ」(パニくる)
「落ちるといいね。第一希望」(にっこり。)

なんて事のない会話だったけど彼女など出来た事もなかった俺は
冗談交じりのその会話で彼女の事を一発で好きになった。

神はいた。って感じで△大学を受けるのは俺と彼女のみ。
一緒に受験に行って、一気に仲良くなった。
ラノベ好きと言う事が判ってラノベっぽい作家をいくつか教えると尊敬の眼差し。
「私の周り、本とか読まないんだよね。○君すごいよね。さっき言ってた人の名前、後でメールしといてよ。」
って事でメールと携帯番号を交換したら電話掛かってきて
「合格発表、滅茶苦茶不安なんだけど。○君だけ受かって私落ちたらどうしよう。」
「◆大学受かってたら○君はそっち行くよね。そうだよね。」

俺は彼女の言葉に浮かれていい状況なのかそれともさっぱりとした友情なのか判らず右往左往。
お互い第一希望が受かった後に「おめでとう」メールをしあって、縁は終わったと思った。
けど不思議とメールは途絶えずに、大学一年の夏に俺から誘って遊びに行く事になった。


350 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 17:43:38

精一杯色々検討後(デート自体初)野球観戦へ。
待ち合わせ場所に行くとありえない位に気合の入った本気のおめかしをした彼女と再会。
マジ気合入っていますといったお嬢様風のスカート姿。
決定打は肩までの髪の毛が編み編みに結えてあって、俺にでも凄く時間が掛かったに違いない可愛らしい髪形。

野球観戦を選択した俺の計画は完全に裏目にはまり、
ハマの強風はそんな彼女に容赦せず襲い掛かった。
3回時点で先発の三浦が巨人打線に完膚なきまでに打ち込まれた頃には強風で可愛らしい髪型がぐしゃぐしゃに。

ゲームも決まった事ですし、という事で早々に球場を後にして髪の毛に手を当てて泣き顔の彼女に
さすがの俺も勇気を出してその髪型が凄く可愛かった事と、また会いたい事を伝えた。

3回デートして告白。
「遅くない?私もう付き合ってたつもりなんだけど。」
との回答を貰ってからはやもう7年。

今年娘が誕生。
運動神経だけは嫁さんに似てくれるのを祈ってる。


    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    つぶやき
    みんなありがとう(*´∀`)


    相互RSS新しくしました。
    上部メニューバーもRSSなしのあんてなさんのみにしました。


    結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
    また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
    外したわけではなくたぶんミスってます。。。
    相互ご希望の方もどうぞ~
    ツイッター・メールどちらでも結構です。
    ちょいと手直し
    2021/02/02
    管理人A




    ついったーでほんわかMkⅡ

    リンクとかの事はこちらに
    あばうとほんわかMk2
    まとめサイトさま最新

    あんてなさま最新
    amazon+
    ラジエーションハウス 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


    ガイシューイッショク!(1) (ビッグコミックス)


    比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。(2) (電撃コミックスNEXT)


    ド級編隊エグゼロス 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

    最新コメント
    アクセス



    あんてなさん


    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    スポンサードリンク
    • ライブドアブログ