ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン

自販機



「お茶を買って飲むなんて…」がかつての常識。日本人はいつから自動販売機で「お茶」を買うようになったのか

1 名前:記憶たどり。 ★[sage] 投稿日:2020/05/16(土) 13:01:21.40 ID:Kl9W7+k69
https://news.yahoo.co.jp/articles/303c1bd33d5cd390ee0625b747e821a0228f020e

自動販売機やコンビニの定番商品として、多くのラインアップがあるお茶飲料。
緑茶やウーロン茶、紅茶、麦茶、健康茶など、今では数多くの商品が店頭に並んでいます。

しかしそうした商品が出始めた当初、

「お茶を買って飲むなんて……」
「自分で沸かせばいいのに」

と、ためらっていた人も多いのではないでしょうか。


続きを読む

焼き芋の自販機があったらしい

14Ψ2019/11/29(金) 00:04:59.96ID:d1vZtukf
同じく昭和の時代なんだが、中華料理店の裏側の民家部分の壁面に焼き芋の自販機があった。
「焼き芋自動販売機」「ボタンを押しお金を入れて下さい」という赤い看板が目印。
ガラスの小窓に「営業中」という札が出ている時だけ買えるんだ。主に夕方前後がその自販機が使える時間帯だった。
大・中・小 のボタンがあって、金額は売る覚えだけど400円/300円/150円だったと思う。
中のボタンを押すと「ブー」ってブザーが鳴る。
お金を入れると「営業中」の札が動いて人間っぽい目が一瞬写る。
「ちょっと待っててな~」っとリアルなおばあちゃんの声っぽいのが聞こえるハイテクぶりだ。
1~2分待つと下側にある小さな引き戸が開いて新聞紙に包まれた焼き芋とお釣りが出てくる。
「ありがとね~」ってやはりリアルなおばあちゃんの声っぽいのが聞こえる。
きっと凄い装置だったんだと思う。
今でもはっきり覚えてる。

ちなみに営業中の札が付いていない時でもボタンを押せばブザーが鳴るしお金も入れられる。
だがその場合は芋は出てこないから注意。2回くらい失敗した。
でも事後報告でノックして事情を言葉で話すと芋が出てくる自動判別機能付きだから大丈夫。


読者登録
LINE読者登録QRコード
つぶやき
みんなありがとう(*´∀`)


ほんわかアンテナ(*´∀`)
作ったよ!
アンテナ風まとめさいとのまとめです。
ご登録いただける方は、「このランキングに参加申請」からお願いします。


相互RSS新しくしました。
上部メニューバーもRSSなしのあんてなさんのみにしました。


結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
外したわけではなくたぶんミスってます。。。
相互ご希望の方もどうぞ~
ツイッター・メールどちらでも結構です。

2020/04/27
管理人A




ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2
まとめサイトさま最新

あんてなさま最新
amazon+
早乙女姉妹は漫画のためなら!? 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)


あの頃の青い星1


最新コメント
アクセス



あんてなさん


カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ