835 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:01/11/10 01:16 ID:H+kE0qdk
2年前の夏、大学1年の妹が脳炎で倒れた。
ずっと意識不明で、医者には「希望を捨てないように」と言われた。
目を開ける事はあるんだけど、ただ目が開いてるだけ。何も認識してない。
妹の視界に入って名前を呼び掛けても何の反応も示さない。
なぜ家族で一番年若い妹がこんな事になってしまったのかと、
本当に本当に悲しくて、でも両親共に精神に限界がきてるっぽく、
「ここで私が泣いちゃいけない!」と、風呂場で涙が枯れるまで泣いた。

その後、外界からの刺激に反応するようになった。喋れるようになった。
でも、看護婦さんが私を指して「この人は誰?」と聞いても分からないらしく、答えてくれず。
妹の私に対する「知らない人を見る目」は本当に痛かった。20年間見て来た姉の顔を忘れたのか!と。

幸いにもそれから日ごと回復していき、ある日、看護婦さんの私を指しての「この人誰?」の問いに
「…お姉ちゃん。」と答えてくれた時は、今度は嬉しくて涙が出た。
結局、妹は医師もビックリの回復を見せ、現在は薬が手放せないだけで、ほとんど治りました。

先日、初めて妹が大学でやってる演劇の公演に行ったんだけど、
生き生きと演技してる妹の姿を見たら泣けてきました。…チョイ役だったけどね。
姉の私でこれだから、両親の喜びはもっとすごいんだろうなあ。
妹よ、もう病気なんかして家族を泣かせるんじゃないぞ!