ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン



市民カルチャーみたいなので 色鉛筆で気軽に絵を描く、という講座を受けた。

407 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2009/10/13(火) 13:04:43
最近ばーちゃんが市民カルチャーみたいなので
色鉛筆で気軽に絵を描く、という講座を受けた。

1回限りの催しで、ばーちゃんは通う気はないらしいが
絵を描くのは楽しいと思ったらしい。
子供の頃は戦争中でそういうことができず、ばーちゃんは
ほとんど絵を描いたことがない。

「(私)ちゃん、これ見て」
「んー?お向かいの猫?」
「わかった?猫に見える?」
「うん。あと、猫は耳をこのへんに、こういう風に描くともっと猫っぽくなるよ」
「おおー」

「(私)ちゃん、コスモスがうまく描けない」
「コスモスの花びらはこんなかな」
「わあ、コスモスだねえ。(私)ちゃんはうまいねえ」

どうしよう、ばーちゃんがいとしくてならない。


小学生~高校生までノートに落書きするのが 好きだった。

217 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/06/05(水)20:02:55 ID:bWf.kj.cx
小学生~高校生までノートに落書きするのが
好きだった。
小学生の時が一番酷くては担任から注意されたけど
治すことはなく中学生になった。

中学生になるとルーズリーフを使うようになった。
所がどっこい、このルーズリーフ地味に高い。
勉強用のルーズリーフは、書きやすい用に少し高いのを使っていたがそれを落書き用に使うとなると消費が早かった。

流石にマズいと思い、落書き用の安いルーズリーフを買うことにした。落書きを止めるということは考えなかった。
机の中に常に落書き用のルーズリーフは、常備してた。
勉強用のルーズリーフは持ち帰っていて、それを忘れた時とかに使えて非常に便利だった。

高校生になるとやや落ち着くがそれでも落書きはしていた。この頃は科目によってはノートにしていた。
そんなときに、古文の時間に定番の光源氏をすることになった。
古文の先生から「自分がわかりやすいように挿し絵などをしたノートは評価する」とのお言葉が。
珍しく公認?の落書きだったので、ちゃんと関係ある場面の絵を書けて満足だった。(本当に評価されたかは謎)

絵は、上手くないが(フェレットを書いたら友達に「何この化け物は?」と言われた)絵を書くのは好きなままである。


読者登録
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
厳選
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ