ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン

結婚式



知り合いの結婚式に行った結果。。。

4 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 投稿日:2005/12/20(火) 00:42:30 ID:ExUmv+xE
>1乙!

知り合いの結婚式に行ったんだけど、
新郎の中座でのエスコート役が新郎のお兄ちゃんだった。
二人とも笑顔でわざと手を恋人繋ぎにして
会場を笑わせてた。

年が近いせいか、普段は喧嘩ばっかりしていたらしいけど、
結婚式の最後のほうで
お兄ちゃんが涙目になってたのは
お酒のせいだけじゃないと思う。


とある日本人夫婦の式があったんだが仕事上の関係でその招待客の7割が外人さんだったそうだ

31 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/12/25(金) 22:50:29 ID:2/AEP9ca
自分の知人に結婚式場に勤めてる奴がいるんだがその人から聞いた話
このあいだとある日本人夫婦の式があったんだが仕事上の関係でその招待客の7割が外人さんだったそうだ
普通、新郎新婦の入場って拍手のみで声をかけないのが慣例になってるんだが
この時は違ってお客さん大はしゃぎの狂乱状態。指笛は鳴るわ歓声奇声の嵐。終いには立ち上がる人までいた
それもそのはず新郎新婦のお衣装が 

紋付き袴と白無垢 だった

その後ぐるっと回って高砂に向かうふたりにカメラ向けまくりの歓声発しまくり
着席しても「ブラボー!!」やら「ビューティホー!!」やらの声が絶え間なくって
司会の人が何度も静かにするよう言ってようやく静かになったそうだ
その後新婦さんは何人もの方に写真をねだられたり着物を触らせてと囲まれていたそうです


聞いた話ですまんかったが個人的に和んだんで投下


中国地方5県といえば、山口・広島・島根・鳥取とあと1つは何でしょう?

9 名前:ツール・ド・名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 17:22:06 ID:???

新婦の友人として出席した披露宴で、新郎新婦お色直し中の時間つぶし余興クイズ。
新郎友人である司会がマイクを持ってテーブルを回りながら簡単な問題を出す。
正解したら新郎新婦が用意したプレゼントをゲット。

司会「というわけで練習をしてみましょう。最初は新婦のお友達の方に」
司会「中国地方5県といえば、山口・広島・島根・鳥取とあと1つは何でしょう?」
(さっと、A子にマイクを向ける)

A子「ニューカレドニア!」

A子の回答の瞬間、テーブルに突っ伏す者、飲み物を吹く者、多数。会場内爆笑。
A子、「え?」と怪訝な顔をしていたが、気づいたらしく慌てて司会に襲い掛かり、
マイクを奪おうともみ合う。

A子「違います、間違えました! 岡山です! 岡山!」
司会「はい、はい、わかりました。正解です。岡山です。わはははははは」
A子「新婚旅行先と間違えました!」

ようやく会場の笑いもおさまり、次から本番のクイズ。

司会「せっかくニューカレドニアがでたのでw ニューカレドニアといえば何に一番近い島といわれているでしょう?」
A子「え? 広島?」

うずくまるもの、椅子から落ちる者多数。司会、笑いすぎて再起不能。

司会「wwwwww(声がでない)」
A子「え? 岡山から近い島は広島でしょ? あ、小豆島!」
司会「人の話、聞いてよwww」(初対面なのにタメ口になっている)

その後、空気を読んだ新郎友人たちが、何の問題が出ても「ニューカレドニア」「広島」と回答してクイズはgdgdに。
商品は洒落たオルゴールだったので、若い女性中心に配られました。
A子は司会の人(イケメン・高学歴・笑い上戸の三拍子!)とそれがきっかけで付き合っています。


数年前出席した結婚式。 ブーケトスの後、ブートニアトスもあった

385 名前:愛と死の名無しさん[sage] 投稿日:2009/05/26(火) 11:26:32
数年前出席した結婚式思い出した。
ブーケトスの後、ブートニアトスもあったが
新郎の投げた花は新郎友人達の頭上を飛び越えてしまった。
しかし、ブートニアが地面に落ちる直前
その集団の後ろにいた新婦祖父が転がりつつキャッチ。
新婦祖父は周りの人の歓声の中立ち上がり
ちょっと照れつつ自分の奥さんに花手渡してた。
多分そのおじいちゃんはブーケやブートニアトスの意味を理解していない。


結婚式に、両親と兄2人が歌を歌ってくれた。小田和正。

194 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/03/29 17:58 ID:zDGFeNcH
結婚式に、両親と兄2人が歌を歌ってくれた。小田和正。

「あなたに会えて本当によかった 嬉しくて嬉しくて言葉にできない」

反抗期や何かが思い通りに行かない時、イライラをストレートにぶつけてしまった両親。
兄2人はブラコンな私が懐いていってもクールな対応しかしてくれなくて寂しい思いをしていた。

4人が照れくさそうに、でも一生懸命に歌ってくれる姿を見ていたら涙が止まらなかった。

もう6年経つけど、結婚式は私にとって、大好きな人と夫婦になれた日であると同時に
自分がどんなに素敵な家庭で育ってきたかを改めて思い出させてくれた日でもあります。


あんなに喜怒哀楽の激しい式は後にも先にもあれ1度だけだった

836 名前:愛と死の名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/14(月) 14:51:42
妹の結婚式でウェディングケーキぶっ倒れたよw もう15年も昔の話だけどw
緊張していた新郎新婦が刀を入れたら、台の足が折れたか傾いたかしてスローモーションでバターン!
あっけに取られる場内。慌てて駆け寄る式場スタッフ。
妹が、その様子をひな壇から見ていて(出席者の口を開けた放心状態と、倒れたケーキ)、
何かツボったらしく笑いだしたw 遠慮勝ちにクスクスだったが、正気を取り戻した会場が、釣られて笑いだしたw
会場内なぜか爆笑www 新婦も咳きこむほど笑って、介添えの人まで笑いながら心配していたw
その後は、緊張も解け、会場はとても和やかにいい雰囲気に進み、
手紙の読み上げと花束贈呈では、みんな号泣w

あんなに喜怒哀楽の激しい式は後にも先にもあれ1度だけだったw
親戚が集まるといまだに『いい式だったなあw』と語りるがれているw

一歩間違えば不幸だったかもしれないけど、新婦次第で雰囲気が救われるもんだなと思ったので書いてみた。


僕も新郎君が入社した時から狙ってました。

30 :1/2:2009/12/09(水) 13:08:50
数年前に参加した不幸になりそうだった式。
社内恋愛の末に結婚したカップルで、どちらも人望も厚く仕事もできる人たち。
(新婦のほうが入社が先の姉さん女房)
料理、来賓のスピーチ、花、演出などすべてにおいて文句のつけようがない素晴らしい式だった。
ただ、不安なことが一つあり、それは新婦の同期かつ新郎の直属の先輩A(メンヘラ気味)が新婦に惚れていたこと。
Aが新婦に惚れているのは若い社員を中心とした周知の事実だったが、告るわけでもなく見つめているだけのこと。
直接アクションを起こされたこともなく、上記の関係で呼ばざるを得なった。

式が終盤に近づき、テーブルスピーチが始まった。
同じテーブルの数人が「当たったらどうしよう」と顔を見合わせるなか、新婦同期のBさんが
「自分が頼まれてるから大丈夫だよ」と落ち着かせてくれた。
そして司会者が自分たちのテーブルに訪れ、
「それでは、このテーブルでは・・・」とBさんにマイクを向けようとしたところ、隣のAがマイクをつかんで立ち上がり
「僕はずっと新婦さんが好きでした!正直裏切られた気持ちでいっぱいです!」と言い出した。
鎮まる会場。メダマドコーな新郎新婦。
するとBがマイクを取り返し
「僕も新郎君が入社した時から狙ってました。せめてタイで性転換するまで待ってほしかった!!」と激白。
次は隣のC子さんが「新婦ちゃんは3歳の息子の初恋のお姉さん!息子が成人するまで待ってほしかった!」
自分「私が男なら新婦先輩をお嫁にしたいです!」
D子・E子ちゃん「私も!!!」
Fさん「ぼくは新婦さんのきれいなお友達を狙ってるのでだいじょうぶです!!」
と、みんなでフォロー。会場もCさんあたりから笑いが聞こえるようになった。


31 :2/2:2009/12/09(水) 13:11:43

司会者が「同僚の皆さまから、熱烈な告白をいただきましたがどういたしますか?」と新郎新婦にマイクを向け、
「自分の決めたのは新郎さんだけ」
「一生、新婦さんを愛し続けるので皆さんの気持ちにはこたえられない」
ときれいに納めてくれた。

その後、Aが暴走することなく式は終了。
しかし事情(Aの片思い)を知らない上司から「悪ふざけが過ぎる」と説教された。
(別の上司から事情を聴き、後日謝ってくれた)
A退職の記念カキコです。


ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど 忘れられない結婚式があります。

149 :1/2:2009/09/14(月) 07:44:34 ID:WSLRuOr8
489 :彼氏いない歴774年:2008/05/02(金) 17:29:32 ID:MJPng8x2
先に言っておく。長いよ。
私、ウエディングプランナーをしてて沢山の幸せのお手伝いをさせてもらったけど
忘れられない結婚式があります。
新婦は私より大分年下の10代で可愛らしい子、新郎は彼女より20歳ほど年上の優しい方でした。
年の差カップルは珍しくないけどこれが一筋縄では行かなかったのよね…。

新婦はお父様に育てられて、そのお父さんが「結婚は勝手にしろ。でも式には出ない」。
でも2人は「みんなに祝ってほしい」と。

ええ、頑張りましたよ。新婦のご実家に2人と一緒に何度も行きました。
頭も何回下げたかわかんない。
「お前は関係ない」と言われました。その通りです。でも私は2人の結婚式を2人が望むものに、
最高の1日にしたかった。それが私の仕事。

意見や愚痴がどっちも私に集まってきて正直キツかった。
面倒くさいと思ったこともある。でもある日「お前一人と話したい」と電話がかかってきたんです。
すごい怖かったよ。何を言われるんだろう?と。
でさ、約束した日に指定されたところに行ったらさ、お父さんいつもは顔も話し方も怖いんだけど、
その日はすごく大人しく小さな声で、娘さんが生まれた日の話、小学校の運動会で張り切ったら
「お父さん恥ずかしい」と言われた話、中学の頃は話し掛けてもろくに答えてくれなかったのに
娘さんが修学旅行から帰ってきた日に仕事から帰ったらテーブルにお土産の携帯ストラップが
置いてあって本当に嬉しくて今でも付けてること、
「結婚したい人がいる。」と初めて言われた日のこと…。
色々話してくれました。
「娘が本当に可愛い。娘が選んだ男に間違いはないと思ってる。でも気持ちの整理がつかない」
って。泣いたね、あれは。

最後にお父さん、恥ずかしそうに
「結婚式ってどんな服を着ればいいんだ?もう何年も服を買ってないからわからないんだ」って。
夜、娘さんに電話してその日のことを話したら娘も新郎も号泣。私も号泣w
数日後、娘と私とお父さんとで服を見に行ったよ。


194 名前:癒されたい名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/14(月) 21:39:26 ID:U0ByhipC
>>193の続きです。
150 :2/2:2009/09/14(月) 07:45:23 ID:WSLRuOr8
…長いな。ごめん。で、結婚式は無事に開かれて大成功!かと思ったんだけど、
ブーケトスで娘がブーケを投げない。
??? なにこっち向いてきょろきょろしてるの?と思ってたら娘、すたすたと歩いてきて
私に手渡しでブーケをくれたの。まわりの人たちは拍手。
どうやらお2人とお父さんは結婚式に至るまでのことや私のことを参列者に話してたみたい。

もう・・・本当にあれは嬉しかった。涙が止まらなかった。
今でもあの時の体の震えと彼女の笑顔が忘れられない。
正直、出過ぎた真似なんじゃないか?とか自分のやってることは正しいのか?とか
考えてしまうこともあったんだけど、
たくさんの人が「いい結婚式だった」と言ってくれたから良いや。もうそれだけでいい。

今年、2人から「赤ちゃん生まれました」の年賀状が届いたよ。
赤ちゃんを抱いたデレデレのお父様の写真付きで。


ブーケをキャッチした女性の彼氏がとった行動が・・・

102 NHK名無し講座 sage 2020/01/15(水) 21:33:27 OXIYaB5C
友達が結婚式で使ったブーケをドライフラワーにするかしないかで
嫁さんと揉めてた


108 NHK名無し講座 sage 2020/01/15(水) 21:34:11 XD8kuSE2
>>102
元嫁が飾ってたなあ。記念になるみたいよ


112 NHK名無し講座 sage 2020/01/15(水) 21:34:46 OXIYaB5C
>>108
するのはいいけどホテルの業者に出すと恐ろしく高くて
それで揉めたらしい


117 NHK名無し講座 sage 2020/01/15(水) 21:35:39 eyOPkc6H
>>102
ブーケをキャッチ
キャッチした女性の彼氏が会場から全力で逃走
そんな映像をテレビで見た


結婚式で新郎と新郎妹が揉めて、 逆上した新郎妹

871 Mr.名無しさん sage 2013/11/09(土) 18:28:59.54
昔出席した結婚式の話だが、当日新郎と新郎妹が揉めて、
逆上した新郎妹が、高砂に座ってた新郎のヅラを剥ぎ取った事があったな
もちろん新郎はヅラだという事を伏せていたんで、
場内が一瞬で凍りついたよ

固まる新郎新婦と客に、「ほらほら~皆さんこいつハゲですよ~w
ハゲがハゲ隠して結婚なんてふざけ過ぎwww」
と新郎妹が言い放った途端、新婦がドレス姿で飛び掛った
新郎妹どつきまわしながら
「人の隠してることばらすなあああああ!!」と絶叫
そのまま二人で高砂吹っ飛ばすほどの大乱闘
新婦むちゃくちゃ強くて止める外野を掻い潜り、
最後泣き喚く新郎妹タックルで床に沈めて、
「ハゲの何が悪いのよ!ハゲでもいいじゃない!
どうせ年取ったらみんなハゲるでしょ!ハゲでも好きなのよー!」と大号泣

何かこっちの目頭が熱くなった式だった
新郎より独り身のこちらが不幸な気分になったわ


新婦が不幸だった結婚式

229: 愛と死の名無しさん[sage] 2011/04/20(水) 19:14:01.19
新婦が不幸だった結婚式

両親への手紙を新婦が読みあげているときに
「ぶぼぅぅ!」と静かな空間に屁の音が響いた
あまりの爆音に会場がシーンと静まり返った
そんななか新婦の母親が「私です!ごめんなさい!」と叫んだ
新婦母の告白に会場にホッとしたような空気が流れた

だが新婦は違った
新婦がうわあああんと泣き崩れたと思ったら涙声で叫んだ
「お゛か゛あ゛さ゛ん゛~~~~~~!!!
 こ゛め゛ん゛な゛さ゛い゛~~~~!!!」

新婦、黙ってればバレなったのになあ・・・





招待状にスーツ着用と書いてあったので、 普通に会社へ行く時のスーツを着て行った

205 774RR [sage] 2012/05/19(土) 21:02:15.01 ID:1dIU3q6a Be:
バイク仲間の結婚式に呼ばれ、招待状にスーツ着用と書いてあったので、
普通に会社へ行く時のスーツを着て行ったら、
新郎新婦を含め全員ライダースーツを着ていて、一人だけ浮く。

バイクで...



笑撃体験だったのが自分の結婚式 私と旦那はお見合い結婚

338 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/02/12(日)11:09:59 ID:2ac
自分的に笑撃体験だったのが自分の結婚式
私と旦那はお見合い結婚
個人で仲人業をやってる人って同業者と手元のカード(っていえば良いのか?)を
出し合いながら相手の希望に沿った人を探したりもしてるらしい
それでうちの両親が知人の仲人業を趣味でやってる人に頼んで50冊ほど
見合い写真をあちこちのその知り合い仲人さん達から集めてきて私に差し出して、
好きなの選べやというわけで、やる気の無かった私は母親の
「近い方が色々楽よ~」というアドバイスだけで
比較的近い市に住んでるちょっとばかり年上の旦那を適当に選んで会ってみたら
おもいのほか気があってそのまま結婚という流れだった
そしていざ結婚式&披露宴になってみて、出席者の皆さんが衝撃を受けてた
義母さんの実家と私の祖母方親戚達が偶然世帯数200軒ほどの小さい町出身で
義母さんの姉妹6人と祖母方親戚達の年齢も近く殆どが数十年ぶりに会う幼馴染み同士で同窓会状態
その義母さんの姉妹の旦那さん達と私の父方親戚の多くが何故か同業の自営業で
会社も近くて知ってる顔だらけで大盛り上がり
私の母方親戚と義父さん親戚もなんか仕事で付き合いがあったらしく大盛り上がり
更に私の兄弟と旦那友人が偶然同じ職場で同じ部署にいるらしく
「名字でそうかなと思ってたけれどマジかwww」って大盛り上がり
私の勤務してた会社の社長と父方親戚も知り合いらしく大盛り上がりで
披露宴の時は緊張しまくってて全然気付かなかったんだけれども
新婚旅行から帰ってきてビデオを見たら、私の友人以外誰もテーブルについてなくてw
あちこちで勝手に酒盛りしてて、なんか凄い状態のただの宴会になってた…
適当に選んだ見合い相手だったのにな~


結婚式で新郎がガッチガチに緊張していた。

370 愛と死の名無しさん [sage] Date:2010/09/12(日) 10:06:26
結婚式で新郎がガッチガチに緊張していた。
緊張のあまり指輪交換で右手を出してしまう新郎。
緊張+メガネ外してたせいで気づかない新婦。
指輪入れた後気づいて慌てて外そうとして会場大爆笑、
一番笑ってたのはその式場勤務の新郎兄だったりする。
後々まで語り継がれた新郎だけ不幸な結婚式でした。

ちなみに新郎=俺


先日、友達の女の子の結婚式に招待された時の話。

307 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:2012/08/01(水) 01:00:54.31 ID:n+24M1qP
本人から笑い話にしてもいーよと言われてるので書きます。
先日、友達の女の子の結婚式に招待された時の話。

本人から聞いたのか、共通の友人から聞いたのかあやふやだけど、その子は物心つく前にお母さんが亡くなっていて、
父親に育てられたみたいな話は耳にした事があった。

式後に聞いた話だけど、何かの映画か小説かであった、余命を知った母親がまだ小さい子供のためにビデオメッセージを残すみたいな事を
その子の母親もやってたそうだ。
と言っても何百本もって訳じゃなく、絵本を読み聞かせるビデオや、小学校卒業ぐらいまでの毎年の誕生日メッセージぐらいだったらしい。

その中にひとつ、「娘が結婚したら一緒に見て」と父親が渡されていたビデオがあったそうだ。
思い出して辛いのか、友人の父親はあまりビデオを見たがらず、祝福してくれる皆とならって事で、結婚式でそのビデオが流れる事になった。
2人もそのビデオを見るのは初めてだったそうだ。

そんな説明を少し司会者がしてたものの、旧友との話に花が咲き、お酒も入って軽く聞き流してた所でビデオが流れ始めた。
自分と変わらないぐらいの年の綺麗な女性が映り、「○○ちゃんおめでとー!」ってクラッカーをパーン!と鳴らす。
「○○ちゃんは何歳で結婚したんだろう?きっとママに似た素敵な女性になってるんだろうねー。」と、アットホームなホームビデオって感じ
で、ほのぼのVTRが流れる。
時折冗談を交えて、しんみりする雰囲気じゃなく、新婦も招待された人達も笑顔で見てた。

5分くらいメッセージが続き、ビデオの中の女性は言葉を探すようになり、そろそろ終わりかなと思った頃、「後・・・」と少し間が空いて、
「最後に、○○君(新婦の父親)、○○ちゃんを立派にお嫁に出してくれてありがとう。」

娘に宛てたメッセージとはまた違う、凄い優しい笑顔になって、メッセージは続く。
「○○君の事を愛してます。」
「きっと、お腹が出ちゃってる○○君を、もしかすると頭が寂しくなってるかもしれない○○君を、今でも愛してます。」
「いつかおじいちゃんになる○○君も、ずっと愛してます。」
少し俯いた後、照れくさそうな顔をして画面に手を伸ばす女性が映り、ビデオは終わった。

ほのぼの雰囲気だったのが一変、式場は静まり返って、みんなプルプルし始める。
そんな中、堪えきれなくなったんだろう、突然新婦の父がテーブルに突っ伏し、口を手で塞いで嗚咽を漏らしだす。
新婦も涙で顔をくしゃくしゃにして駆け寄り、突っ伏した父親を抱きしめて大号泣。

つられてほとんど全員と言っていいぐらいの女性客が泣き始め、男性客も涙こらえるのに必死。
妙な雰囲気に子供が大声で泣き出し、まるで葬式のクライマックスみたいなカオスな状況にw

そんな状況をまずいと思ったのか、司会者が「本当に素敵なメッセージでしたー。引き続きお食事をお楽しみくださーい。」と〆にかかる。
暫くお通夜状態だったものの、徐々に平穏を取り戻し、ようやく元の結婚式らしい雰囲気に戻った所で新婦父の挨拶に。

新婦の父は明るいガテン系って感じで、あまり人前で泣くようなキャラじゃないんだろう、失態を見せてしまったと思ったのか、妙にテンシ
ョン高いスピーチを始める。
最後は「私も○○(新婦母)を愛してまーす!」と新日の棚橋パフォーマンス(知らない人ごめんなさい)で若干会場を引かせたものの、
照れ隠しに無理してテンション高く振る舞ってるのを皆分かってて、何とも言えない良い雰囲気で式は終わった。

ずっと鳴り止まない拍手と、新婦より幸せそうな新婦父が印象的だった。
色々あってちょっと疲れたけど、この結婚式は一生忘れないと思う。


    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    つぶやき
    みんなありがとう(*´∀`)



    RSSなど結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
    また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
    外したわけではなくたぶんミスってます。。。
    相互ご希望の方もどうぞ~
    ツイッター・メールどちらでも結構です。
    ちょいと手直し
    2021/11/1
    管理人A




    ついったーでほんわかMkⅡ

    リンクとかの事はこちらに
    あばうとほんわかMk2



    まとめサイトさま最新

    あんてなさま最新
    amazon+

    Fire HD 10 タブレット 10.1インチHDディスプレイ 32GB ブラック

    Fire HD 8 タブレット ホワイト (8インチHDディスプレイ) 32GB

    Fire TV Stick 4K Max - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー


    明日ちゃんのセーラー服 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 5 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 9 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


    最新コメント
    アクセス



    あんてなさん


    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    スポンサードリンク
    • ライブドアブログ