ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン

秘密基地



ある日家の居間で弟と二人で秘密基地を作った。

610 :彼氏いない歴774年:2009/05/31(日) 01:51:44 ID:wDP9DNSf
急に思い出したので投下。

小学1、2年の頃、友達や弟と段ボールとか身近にあるいらないもので秘密基地(小屋みたいなやつ)作るのにハマってた。

ある日家の居間で弟と二人で秘密基地を作った。
我ながら力作だったので、そうだポストもつけよう!と思って、ビニール袋に「てがみをいれてね」って書いておいた。
何となく付けたので、手紙が欲しかったわけではない。

いつもなら作って一通り遊んだら潰してしまうんだけど、その日は力作wだったし、
翌日が休みだったので、母に頼んで一晩居間に置いてもらうことになったんだ。

翌朝、潰される前に遊ぼうと思っていつもよりめちゃくちゃ早く起きた。
居間に行って秘密基地を見たら、ポストに手紙が入ってた。
「お母さんかな!?」と思って(母は子供の遊びに協力的だった)、
ドキドキしながら見たら、「喪子ちゃんへ、お父さんより」と書いてあった。
父は優しいけど不器用で、そんなことしそうになかったので子供ながらに驚いた。

手紙には、勉強がんばってるねとか、お姉ちゃんとして弟の面倒みて偉いね、
とか普段言わないような言葉が並んでて、最後に、
「お父さんは、がんばり屋さんの喪子ちゃんが、だいすきです。」って書いてあった。
小さかったけど泣きそうになったよ。

なんだか照れ臭くて、父が起きてきてもその手紙の話はしなかったし、父も触れなかった。

それから十何年も経つけど父にそんな言葉をもらったのはそれ一度きり。
おかげさまで未だに仲良しです。


小学生の頃秘密基地が流行った 俺らは放置されて荒れ放題の竹藪の中に作ることにした

325 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2019/08/11(日) 22:47:31.06 ID:Eb/3HBh0
パプリカ聴いてたら小学生の頃を思い出した
寝る前に初書き込み
該当するところが分からないのでここで


小学生の頃秘密基地が流行った
俺らは放置されて荒れ放題の竹藪の中に作ることにした
何故か1本だけ生えてた普通の木にブランコを作ったり、竹を切って小屋擬きを作ったり、楽しかったな

そしたらいつの頃からか狸が一匹遊びに来るようになった
遊ぶと言っても俺らの様子を見てるだけで近づいてはこなかったんだけど
俺らはそいつを「タヌ」と呼んで、たまに給食のパンを置いていってあげてた(今は野性動物に餌をあげてはいけないのは承知してるので許して)

暫くはタヌと俺らの不思議な関係は続いていたんだけど、ある日上級生に秘密基地が乗っ取られた
俺らは身体の大きい上級生に敵わず、基地を奪われることになった

でも1ヶ月もすると上級生が基地に行かなくなった
俺らが行かなくなってから動物が山盛りに糞をするようになって、とてもじゃないが遊べなくなったらしい
俺らは「タヌだ」と思った
その話を聞いた放課後タヌを捜しに行ったけど、もうタヌと会うことはなかった
それ以来俺らも秘密基地には行っていない
というかマジで糞だらけになっていて俺らも遊べなかったってのもある
今考えたら違う動物の可能性もあって、タヌも逃げたのかもしれないな

こんなしょうもない思い出なんだけど、十数年前のことだし、もうタヌは生きてないだろうな
時々なんでか夏の歌や青空を見るとタヌに会いたくてしょうがなくなる

仕事で疲れてるのかな…
寝て休み明けも頑張ろう


幼い頃、近所の原っぱに作った秘密基地が俺達のたまり場だった。

191 名前:前編 メール: 投稿日:2005/07/24(日) 17:38:14
幼い頃、近所の原っぱに作った秘密基地が俺達のたまり場だった。
拾ってきたトタン板や木工所から捨てられた木材などを寄せ集めて作った掘っ立て小屋。
今にして思えば犬小屋以下の造形だったが、それでも俺達にとっては
かけがえのない楽しい場所だった。

秘密基地に集まるメンバーの中にSと言う男がいた。
Sは手先が器用で、実は秘密基地建設も大半がSの手によるものだった。
ある日、秘密基地に行ってみると先に来ていたSが一心不乱に工具をふるって
基地にさらなる増設をしていた。
その日は皆で釣りに行く予定だったがSの「これができたらぜってぇー楽しいぞ。」との言葉に
釣り道具を放り出して増設の手伝いをした。
結局、その日は完成を見ることなく夜を迎え、続きはまた明日となり
皆は完成を楽しみにしながら帰路についたのだった。

翌日、いつもの原っぱに行ってみると、そこはすっかり様変わりしていた。
伸び放題だった草は刈り取られ、何台ものトラックが乗り入れていた。
そして俺達のゴミのような秘密基地は解体され、まさにゴミとして隅にうち捨てられていた。
近所の顔見知りのおっちゃんに聞くと、原っぱは駐車場になるのだという。
話を聞いたSの悔しそうで泣きそうな顔が印象的だった。
俺達の楽しい時間は唐突に終わりを告げた。
それから何日かは、次第に変わっていく元原っぱを見に来ては
言い表せない思いと共に歯噛みをしていたものだったが、次第に足も遠のき
中学入学と共にかつての仲間とも疎遠になり、秘密基地のことは記憶から薄れていった。


続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
つぶやき
みんなありがとう(*´∀`)


ほんわかアンテナ(*´∀`)
作ったよ!
アンテナ風まとめさいとのまとめです。
ご登録いただける方は、「このランキングに参加申請」からお願いします。


相互RSS新しくしました。
上部メニューバーもRSSなしのあんてなさんのみにしました。


結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
外したわけではなくたぶんミスってます。。。
相互ご希望の方もどうぞ~
ツイッター・メールどちらでも結構です。

2020/04/27
管理人A




ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2
まとめサイトさま最新

あんてなさま最新
amazon+
早乙女姉妹は漫画のためなら!? 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)


あの頃の青い星1


最新コメント
アクセス



あんてなさん


カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ