118 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/17(水) 22:03:32.52 ID:4+5WGMmu0
ぶった切りスマン
昨夜俺のアパートに友達集めて百物語やったんよ。
その時はなにもなかったのでがっかりしていたんだが、
つい先ほどになって金縛りになった。仰向けで金縛りになっていると、何かが部屋の隅から這い寄ってきた。
それは青い合羽を着たショートヘアーの女で、四つん這いになってゆっくりこっちに向かってきていた。
近づくにつれて、そいつが「ギャァメェデェ…」みたいにガラガラ声で何か喋ってるのが聞こえてきた。
近寄ってきたそいつは俺の体の上におっかぶさってきて顔が見えるようになったが、そいつ左目のあるはずの部分がただの真っ暗な穴になっていたんだ。
そして胸のあたりまで近寄ってきたとき、はっきりと声が聞こえた。


「怖いから、怪談話するのやめてぇ…」
…いやあんたの方が怖いよ
 言い終えると満足したのかずるずると部屋の隅の暗闇に女は帰っていき、姿を消したときになって俺の金縛りは解けた。
とりあえずネタの方からこっちに来たので今から百物語二晩目決行してくる。