ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン



「誰にも迷惑をかけないで夫婦で生きている」というのが 父なりの美学のようでした。

84 名前:癒されたい名無しさん 投稿日:2008/08/28(木) 13:41:24 ID:J4sH41V1
母の・・・というか、母も私たちも泣いた話。

今年6月に、父が1年の闘病生活の末他界。
1年前に倒れてからは明瞭な意識が戻ることはなく、
特に最後の1ヶ月は意識がありませんでした。
小さいときから親の愛に恵まれなかった父は
母をものすごく束縛し、母もそれに応えて
お互いが、配偶者・友人・父親(母親)役をしあって
近所づきあいや友人との付き合いもほとんどありませんでした。
「誰にも迷惑をかけないで夫婦で生きている」というのが
父なりの美学のようでした。
しかし、あんなに親を嫌がっていた父が
お骨は自宅から遠く離れた先祖代々の墓に、とのことで
元気なときから菩提寺の和尚さんに戒名を付けてもらったり
礼服を着たときに、自分の遺影用の写真を撮り置いていたりと
準備万端整えていたようです。
当然、母はいつでもお参りできるように、
自宅のそばのお寺に墓地を買って埋葬するつもりでいたので
父の遺言に落胆していました。

父の希望通り、49日の納骨を親類縁者で終え
先祖代々のお墓で永遠の眠りにつきました。

家族みんな、日本国中バラバラに住んでいるので
100か日は、母一人で参ることになりました。
一人で旅行などしたことのない母が
家にあった時刻表(しかも3年前の)をめくると
懐かしい父の文字で「○○(母の名前)へ」と書いた封筒がはさんであったそうです。
中には、自宅からお墓のある町までの道順と時刻表が記してあり
「手間をかけるが、気をつけて来なさい」と父のメッセージが…。

最後の最後まで母のこと、心配してくれていたんだね。


父が大の鳥嫌いだと知りながら、知人が飼えなくなった オカメインコを引き取った。

23 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:2008/08/13(水) 10:02:19 ID:zp7nSoq8
単身赴任中の父が大の鳥嫌いだと知りながら、知人が飼えなくなった
オカメインコを引き取った。
もちろん単身赴任から帰ってきた父はいい顔をするはずがなく鳥を無視。
鳥が鳴き出すと「うるさい!丸揚げにして食うぞ!」「捨てるぞ!」と怒鳴り、
飛び回る鳥を本気ではたき落とそうとしていた。

しかし半年ほど経過した時、みんなが寝静まった夜中にこっそり大好物の小松菜をあげながら
「よーしよし(*´∀`)うまいかー?小松菜だぞーお前好きだろー(*´∀`)フフ」
と嬉しそうに話しかけている父の姿を目撃。
人一倍体格のいい父が葉っぱ一枚を掴んで小さな鳥に食べさせている姿に和みましたw

その後も「あとちょっとなんだけどなー…(´・ω・`)なあお前?」と独り言がするので
覗いてみたら、撫でようとして太い指をぬっと突き出す父と、
どうしたらいいものか困ってまごつく鳥の姿が。
少しずつ距離を縮めている一人と一匹に萌えーでしたw

ちなみに今では飛び回る鳥に止まって欲しくてたまらないらしく、飛び回り始めると
(*゚∀゚*)!!(←正にこの顔)と両腕をぴーんと伸ばして鳥の進行方向でくるくるしてます。
モエスww


まさかバイク泥棒!?と思って荷物を玄関先に置き覗いて見る事にしたら

425 名前:774RR[sage] 投稿日:2008/02/02(土) 13:04:44 ID:i32wKU2d
誰もいないみたいなのでこの隙に投下w
今日私は仕事が休みなので昼食と夕食を担当することに
荷物が多いので車で買出しに行ってきた
両手にスーパーの袋を提げて玄関まで行くと裏庭の方から物音が・・・
家の裏庭には物干しと屋根があって、数年前に乾燥機能付きの洗濯機に変えてから
使用しておらず、バイクを停めてあった為家族の誰も用事はないはず
まさかバイク泥棒!?と思って荷物を玄関先に置き覗いて見る事に

父の車を確認!よし!居る!いざとなったら助けて貰おう!
母の車を確認!うわぁ居るよ・・・いざとなったら話がややこしくなるなぁ・・・
義姉は・・・居るはずだけど戦力外だろうなぁ(兄は仕事)
とか考えながら震える足に喝を入れつつそっと覗いてみる

父がバイクをいじってました・・・il||li _| ̄|○ il||li

なんか目をキラキラさせながら色んな所を覗き込んだり触ったりしてる
あぁそこはサブタンクのつまみだから触らないで!とか思いながら観察していると
とうとうバイクに跨りアクセルを吹かす真似をして

「ブォン!(`・ω・´)」

その瞬間吹いた。目が合う父と私

続きます


426 名前:774RR[sage] 投稿日:2008/02/02(土) 13:05:33 ID:i32wKU2d
続きです

私→(;゜д゜)
父→(´・ω・`)
   ↓
私→( ゜д゜)
父→:(;゛゜'ω゜'):
   ↓
私→(゜∀゜)
父→Σ(;゛゜'ω゜')

ダッシュで玄関へ戻る私。必死の形相で追う父。正直あの顔はちょっと怖かった;;;
玄関を開けたところで捕縛され父を見ると無言で手を合わせて必死に私を拝んでたw
神妙な面持ちで無言で頷く私。安堵する父

私「お母~~~~~さ~~~~~~ん!(ゲラゲラ」

私の口を押さえ土下座する勢いで手を合わせる泣きそうな父がさすがに可哀相になり
チクらずに黙っている事にw
昼食を終え皆でまったりしている時に母が一言
「りんごあるからデザートに切ってくるわね。ブォン!」
更に義姉
「お茶のお代わり入れてきます。ブォン!」
2人とも何処で見てたんだw

その後父は拗ねて自室に引き篭もってますw
今から父のご機嫌を直してもらう為に営業停止になって食べられなくなっていた
大好物の某和菓子を買いに行ってきます! ノシ


いつか志村けんにこのことを伝えられたらなあと思っていたらこんなことになってしまった

263 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2020/03/30(月) 13:05:31.55 ID:LBh+Kulh0
俺の父親はサービス業で日曜日は仕事だったので日曜日に遊んでもらうことはあまりなかった
それでも父親と遊んだ記憶って残っている

スケートしたりキャッチボールしたり自転車乗り方教えて貰ったりゴム動力飛行機一緒にとばしたり

やっぱり父親に遊んで貰えると嬉しいんだよな
俺も目一杯遊んでやろうと思う


264 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2020/03/30(月) 13:23:57.62 ID:MaEpPrbHa
俺はあまり遊んでもらえずに父親が嫌だった
煙たい存在というか、甘えられない存在だった
夜、父が不在だと嬉しかった

今では普通には話すけど、あれはやっぱりよくないよ
キャッチボールなんてした記憶もない
俺はそうはなりたくなくて、子供とはなるべく関わるようにしている

すぐに大きくなっちゃうからな

子供のためというより、自分自身が幸せだ


267 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2020/03/30(月) 15:07:17.38 ID:osSW7bSca
うちの父は俺が小1のときにガンで死んだ
正直父親のことは漠然としか覚えていないんだが、父が「あい~ん」とか「だっふんだ!」とか志村けんのモノマネをしているのは面白くて強烈に覚えている
先日テレビでバカ殿をやってるのを息子と一緒に見ていて、俺が変なおじさんの踊りを踊るのを息子がゲラゲラ笑ってくれた
「時空を超えて3世代が志村けんで繋がった!?」と何か感慨深くて、いつか志村けんにこのことを伝えられたらなあと思っていたらこんなことになってしまった
ファンレター書いといたらよかったな。ご冥福をお祈りします


姉の結婚式で父と再会した。 小学生のとき親が離婚しているので十数年ぶりの再会である。

520 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:01/10/07(日) 15:46 ID:mUfjdpsI
5年前、姉の結婚式で父と再会した。
小学生のとき親が離婚しているので十数年ぶりの再会である。
事前に知らされていなかった母と私は驚いた。
小さい頃からやさしかった姉は、父に花嫁姿を見せてあげたいと思ったらしい。
式の前日姉は嫁ぎ先の土地を観光案内してくれた。
その間中父はニコニコしていた。
浮気を繰り返し、母や子供たちに暴力をふるっていたあの頃の父とはまるで別人だった。
式も無事終わり、帰ろうとする父を私はエレベーターのところまで見送った。
一人エレベーターに乗った父は、
「母さんをよろしくお願いします」
と深々と頭を下げた。
あんなに威圧的だった父がとても小さく弱々しく見えた。
父さん元気かなぁ…。


うちの父はニンジンが嫌いで、妹はちくわ嫌いなんだが

370 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/11/26(木) 19:38:43 ID:rkGHQrRJ
先日のうっかり萌え話

うちの父はニンジンが嫌いで、妹はちくわ嫌いなんだが
ある日夕食に、ニンジン・ちくわ入りの野菜炒めが出た

妹がちくわを寄って、こっそり父の皿に投入すると
「何すんじゃお前!!」と大激怒しながら、父は父で妹の皿にニンジン投入
妹もまたまた父の皿にちくわ…以下エンドレスww
小学生…下手したら幼稚園児レベルの争いを、47歳と15歳が延々と繰り広げてたw

母と私はそれを見ながら2828してましたw

ニンジン嫌いという子供っぽい父はもちろん、
普段は「父さんキモい」と言いつつ、こんなことをする妹にも萌えたw


父の部屋の横を通ったら、父が起き上がって横の本棚を背もたれにして座ってた

882 名前:ななしのいるせいかつ[sage] 投稿日:2009/08/23(日) 01:18:59
明け方にトイレに起きた時に父の部屋の横を通ったら、父が起き上がって横の本棚を背もたれにして座ってた
「何やってんの?」
「いや…横になったらちびぬこが顔の上を走り回って寝られん」
「布団被って寝れば?」
「暑いし…それにこいつ(ぬこ)、今ウンコしたばっかりで興奮して遊んでくれってせがむんだよ…」

眠そうにしながらも父の声に遊んでもらえる喜びと私には懐かないちびぬこに懐かれていることの
優越感がこもっているのを私は聞き逃しませんでした


父「猫は嫌いだ、どうしようもない」

816 名前:なご[sage] 投稿日:2013/01/11(金) 23:32:13.03 ID:JBPIUPtLO
>>815
かわいいな

うちの父は自称、猫嫌い。うちは猫飼い。

新しい家に引っ越した時、父は猫を抱いて外に行き「そっちの道路は行くな、車通りが激しいからな」と充分に言い聞かせた。
「この猫は賢いから、言い聞かせたら分かるんだ」と。

また、猫の腹に顔を埋めながら「こら、ドミケ。ぽんぽんぶよぶよだよ。む~~ん」と父。

それでも父は「猫は嫌いだ、どうしようもない」
猫と、俺ら家族は、父が好きだ。


闘病中の父が死去。元々父と彼は仲良しでよく釣りに行ったりする関係だった

20 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2011/02/23(水) 07:22:46.86 ID:pW8XfWZJO
年末、闘病中の父が死去。元々父と彼は仲良しでよく釣りに行ったりする関係だったけど
父が病気になってからは特に良くしてくれた。遠い病院にずっと一緒にお見舞い、
亡くなる3週間前の外泊で無理を押してどうしても行きたがった釣りに一緒に行ってくれた。
危篤ですぐに高速乗り継いで駆けつけて、その日からお通夜、お葬式までずっといてくれた。
私は父子家庭で20代ばかり3姉妹の長女、それで喪主。公的な手続きや
変更ごとには何もかも一緒にやってくれた。普段から凄く頼りになる彼だけど
今回は特に。49日も終わりそそろ落ち着いたので父が大賛成してくれてた
結婚の準備を本格的に始めようと思う。私以上に父に尽くしてくれた彼に
いっぱい愛と温かさを感じた。付き合って9年目、いつもいつもありがとう


誰や! しゅうまいをつまみ食いした泥棒は!

491 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:01/10/04(木) 16:51 ID:NGbfEAcE
戦時中、田舎の親戚宅に疎開していた、父の話です。
大家族だったその家に、ある日誰かが、大箱にしゅうまいをいっぱい
買ってきました。食べ物の少ない時代、まだ幼かった父には、しゅうまいが
ものすごいご馳走に思えました。

「ひとつぐらい食べたって、ええやろ」・・・ぱく。
これが夕食時、大騒ぎになるとは知らず・・・・

「誰や! しゅうまいをつまみ食いした泥棒は!
 ○○(父の名)やろ! お前しかおらん!」
怒鳴り、怒りまくる親戚の前に、立ちはだかった父の母親(私から見ると祖母)。
「ええ加減なこと言いいなや! ○○は、そんなことをする子やないっ!!!!」

真犯人の父は、母親の剣幕に何も言えなかったそうです。
父は笑いながらこの話を聞かせてくれましたが、心では泣いてたんじゃないかな。


母が何かニヤニヤしながら教えてくれた父の話

202 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/08/31(月) 14:30:04 ID:NHpSIyIj
母が何かニヤニヤしながら教えてくれた父萌。

父の誕生日に腕時計をプレゼントした。
だけどそれが壊れてしまったので購入した店へ修理に行ったらしい。
しかし父は保証書を忘れてしまったんだと。

店「保証書がないと修理はちょっと…」
父「…娘がここで誕生日に買ってくれたんですよ…(´・ω・`)」
店「じゃあお直しします」

いいのかよw
じゃあって何だよ、ありがとう店員さんw


娘「やだーーお父さんもーーーいっしょにーーー!」

487 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/01/08(水)23:51:49 ID:IM.qd.L1
SCで、紙袋やら女の子のコートやらをいっぱい持った女性が速足でトイレ方向に歩いてた。

その2mくらい後ろをお父さんと3歳くらいの女の子が手をつないでぐるぐる歩きしていた。
女性がトイレのコーナーに消えると女の子はぐるぐる歩きをやめてまっしぐらにトイレコーナーに突き進む。
お父さんの手を引っ張りながら。
娘「トイレー」
父「うん、行っておいで」
娘「お父さんもーー」
父「いや、お父さんはだめだよ」
娘「お父さんもーーー。トイレーーー」
父「お母さんが中にいるから、行っておいで」
娘、父の手にぶら下がりながら「お父さんもーーーー。一緒にーーーー!」
父「いや、お父さんここ入れないんだよ・・・」
娘「やだーーお父さんもーーーいっしょにーーー!」

トイレコーナーからお母さん顔を出して女の子にオイデオイデする。
父「お父さんここで待ってるから」
娘「えーーーー・・・・」
娘名残惜しそうにトイレコーナーへ消えていった

なんか、かわいかった
お父さん


最近父の壊れっぷりが半端ない件

309 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2011/01/04(火) 08:09:50 ID:zbsaoXOI
父「母くんのハーフコーヒーを淹れてくれ」
母「はい」
父「…別名、美人コーヒー」
母「」

最近父の壊れっぷりが半端ない件
この前も「毎日母くんの顔を見ないと仕事できない」とか言ってた
50手前で仲良すぎ


5年前に父が死んだ。 私が幼い頃から酒ばかり飲んでいて

519 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/06/27(金) 00:54 ID:tXIGjog3
5年前に父が死んだ。
私が幼い頃から酒ばかり飲んでいて
酒を飲んでは若い奴と喧嘩して酒を飲んでは家で大声を出して大暴れ。
そんな父に会うのが嫌で私が中学生になる頃には
父に会わないように夜遅く帰るようになり社会人になる頃には
同じ屋根の下でももうほとんど顔を合わせる事もなくなっていた。

そんな時、私が長期出張することになり出発する日の寒い吹雪の朝。
私は迎えのタクシーを家で待っていた。めずらしく父も酒は飲んでいないようだ。
父が玄関の方にふと歩いていったがぜんぜん気にもとめなかった。
数分後、玄関のドアが開くと父が雪で真っ白になりながら
「おーいタクシー来たぞ~」と私を呼んだ。・・どうやら外で薄いシャツ1枚で
タクシーが来るのを待っていてくれたらしい。
タクシーに乗り込むとき、「頑張ってこい」と一言。私も「うん」と一言。
荷物を車に積み込んでくれる手が冷たさで真っ赤になっていた。
そして、見えなくなるまで私を見送ってくれた。それが父との最後だった。

父は私が出張中に妹の高校の合格発表の日、合格祝いの祝杯をあげるために
すでにほろ酔いのくせに酒を買いに出て交通事故に巻き込まれてしまった。

でも、今まで嫌っていた父との最後がしらふだったことが私の何よりの救いだ。
最後まで父らしい死に方だなーと思う。
そういえば幼い頃はやさしかったかなと思い出してしまった。


父:お前、あのアレ、アレしたか?

883 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/05/17(土) 11:29:35 ID:BfHeOySi
一日の7割り以上を「アレ」だけで生きてるよ、うちのおかん、おとん。

 父:お前、あのアレ、アレしたか?
 母:え?どのアレ? ああ、アレね。もうアレしといたから。

外人さんから超能力者に見えても無理ないとオモ


885 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/05/17(土) 20:17:49 ID:rnSkY6bR
うちのカーチャソの場合、アレとかコレとかしか出てこなくなると
「あー、イメージ映像が転送できたらいいのに!」
と言いながら(┌・∀・)┌こんなポーズをして転送しようとする
もちろん無理だ。


読者登録
LINE読者登録QRコード
つぶやき
厳選

amazon+
早乙女姉妹は漫画のためなら!? 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)


あの頃の青い星1


最新コメント
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
アクセス





スポンサードリンク
  • ライブドアブログ