ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

焼き芋



焼き芋の自販機があったらしい

14Ψ2019/11/29(金) 00:04:59.96ID:d1vZtukf
同じく昭和の時代なんだが、中華料理店の裏側の民家部分の壁面に焼き芋の自販機があった。
「焼き芋自動販売機」「ボタンを押しお金を入れて下さい」という赤い看板が目印。
ガラスの小窓に「営業中」という札が出ている時だけ買えるんだ。主に夕方前後がその自販機が使える時間帯だった。
大・中・小 のボタンがあって、金額は売る覚えだけど400円/300円/150円だったと思う。
中のボタンを押すと「ブー」ってブザーが鳴る。
お金を入れると「営業中」の札が動いて人間っぽい目が一瞬写る。
「ちょっと待っててな~」っとリアルなおばあちゃんの声っぽいのが聞こえるハイテクぶりだ。
1~2分待つと下側にある小さな引き戸が開いて新聞紙に包まれた焼き芋とお釣りが出てくる。
「ありがとね~」ってやはりリアルなおばあちゃんの声っぽいのが聞こえる。
きっと凄い装置だったんだと思う。
今でもはっきり覚えてる。

ちなみに営業中の札が付いていない時でもボタンを押せばブザーが鳴るしお金も入れられる。
だがその場合は芋は出てこないから注意。2回くらい失敗した。
でも事後報告でノックして事情を言葉で話すと芋が出てくる自動判別機能付きだから大丈夫。


気温の下がった日、サツマイモを買って帰った。

201 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/11/09(木) 14:19:44 ID:qgyqnRx8
気温の下がった日、サツマイモを買って帰った。
オーブンで焼き芋にし、ほくほくを座って食べた。
ねこさんが膝に乗ってきた。膝が温かくなった。
イモに興味を示したので、欠片をあげた。
気に入ってもらえた。体の中も外も、心もあったかな
秋の夜でした。もちろん一緒に寝ました。ウフフ。


その日は大寒だった。その上、雪がちらつく絶好の焼きイモ日和。

719 名前:焼きイモ屋をやっていた。[sage] 投稿日:04/03/09 09:08 ID:YbQp5a3B

コシヒカリより高いおいしいイモを丁寧に焼いて、
少しの手間賃を載せて売値をつけても、なかなか売れなかった。

みんな容赦なく値引きを要求してくる。
中には自宅まで配達しろという人もいた。
帰りに買うから焼いて待って居ろというが、
いつまで待っても買いに来ない。
時間通りに焼きあがったイモは冷めて、
売り物にならなくなる。。。
世知辛い世の中に涙が出そうになる。
でも、焼きイモ屋を続けたい。
おいしいといって喜んでくれる顔がみたいから。

その日は大寒だった。その上、雪がちらつく絶好の焼きイモ日和。
一人のおばあさんが弾んだ声で
「一番うまく焼けたおいしいやつをちょうだい♪」といってきた。

今日は仲良しの友達がくるので、おいしい焼きイモを持って帰って
「こんなおいしい焼きイモ、いったいどこで買ったの?」と
驚かせたいのだという。

こういう人にこそ焼きイモを買ってもらいたかったので
釜をあけて、おばあさんと一緒にじっくり選別した。

おばあさん「甘い?」
ぼく「とっても甘いですよ。それに、焼きたてのアツアツです。」

つづく


続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
厳選
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ