ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン



「今まででいちばん悲しかったことってなに?」って母に聞いた

234 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/11/16(月) 02:32:37 ID:qDOV/E0v
思い出したので

講義さぼって母と二人、京都旅行中の電車内
私「今まででいちばん悲しかったことってなに?」
母「…小学校の図工の時間に、地球儀を作ったんだけど作り方を間違えてて。最後の最後で完成しないことに気付いたときはほんとうに悲しかった」
私「wwwじゃあいちばん嬉しかったことは?」
母「あんたが生まれてきたこと」

泣きかけたわアホー!
あなたが私のお母さんで、ほんとうに幸せです
勝手ばかりで心配かけてばっかだけど、見捨てないでくれてありがとう
人生の中で二本柱のバランスがお母さんらしいよw
チラ裏失礼しました


うちの母は、若い頃とても体が弱かった。 入院や手術を繰り返す母に、父は

888 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:01/11/15 10:53 ID:65iHQHPg
昔、他のスレにも書いた気がするけど…

うちの母は、若い頃とても体が弱かった。
入院や手術を繰り返す母に、父は
「わしの元気を半分やりだい・・・」
と言ったそうで、母はすごく感動したらしい。
が、次の瞬間父は
「いや、半分もあげたらわしの元気が足りなくなるしなぁ・・・」
と考え込んだそうな。
その話を教えてもらったとき、母は
本当にもらえるものでもないのにね、と笑ってたけど、嬉しそうだった。

ちなみに今、母は山登りの好きなスーパー体育会系の
元気な人です。


おととし自分と母子ふたりだった母親が死んだ、八十四才だった

862 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:01/11/12 20:31 ID:vjDjLb1Q
おととし自分と母子ふたりだった母親が死んだ、八十四才だった
入院したときは、まさかそんなに悪い病状だとは思ってもいなかった
検査の結果は肝臓・腎臓・骨盤と、どこから発症したかわからないほど
転移しまくりの末期がんだった、、、半年間の闘病ののち他界した
最後の半月までは意識もあったしベッドの上に起きてもいた
これなら一年ぐらいは生きてるだろう、いや治るかもしれない
それぐらい安心していたんだ。
仕事帰りに三日に一度ぐらい病院に顔を出した
たまーに一週間に一度ぐらいになった
いつもは無精な自分があまりマメだとあやしまれるとおもった
あるとき隣のベッドのおばちゃんが被っているナイトキヤップの様な
ネットの帽子が欲しいといった
似た様なものを買って来てくれといった。
男の俺はそんなおばちゃん向けの衣料品をどこに買いにいけばいいのか
良く分からなかったので結局忘れてしまっていた。
しばらく顔を出していなかった、ある日の深夜三時に電話がなった
意識不明だという、慌ててタクシーを飛ばした
つい先週まで起きて元気そうだった母が昏睡状態に陥っていた
結局、一度も意識が戻らず帰らぬ人となった。
不思議だったのは母が欲しいといっていた帽子を被っていたことだった
借り物だと困るので、看護付さんに聞いてが分からなかった。
葬儀の最中はあわただしくそんなことは忘れていた
出棺するときも最後に身に着けていたしあれだけ欲しがっていたんだからと
その帽子のまま見送った。
親類も、母の知り合いもみなくちぐちに、
いつも身の回りをキチンとしていた人だから
最後まで身だしなみに気をつかったんだよといっていた。
荼毘に付すため、ホテルのロビーのように妙にこぎれいになった
焼き場の控室で親類連中と食事をしていた、
すると他の人の葬儀で通りかかった身知らぬ人が
母の遺影に気がつき声をかけて来た、
母のとなりのベッドに入院していたおばちゃんの知り合いだという
おばちゃんのお見舞にいったおり母に帽子をかって来てくれと頼まれて
おつかいにいったという、、、
なんというぐうぜんか、、、
ありがとうございますありがとうございます
ただただ号泣するしかなかった。
なぜ自分が母の願いをかなえられなかったのか
なぜ赤の他人に頼まなければいけなかったのか
そしてここで引き合わされてお礼をいえという母が
死んだあとのことまできちんと後始末をした母が
かなしく、そしてうれしかった。

墓に衣は着せられぬ 孝行をしたいときには親は無し

まさしくそのとおりでございます。 長文スマソ


動物は怖いからと最後まで飼うのを反対してた母

171 わんにゃん@名無しさん sage 2021/09/19(日) 07:57:45 ID:aPQXouLk
>>169
ふと思い出したんだが初めて猫飼った時、動物は怖いからと最後まで飼うのを反対してた母が
「見て見て!まーちゃん(猫)にそっくりな猫がついた猫缶買って来た!」
ってお高い猫缶をウッキウキで買ってきたのにいつも一缶48円の安い猫缶食べてるまーちゃんが見向きもせず母がショボーン(´・ω・`)となってたのが忘れられない…



結婚記念日の母「お父さん、30年経ちましたけど、今でも愛してくださってますか?」

188 :おさかなくわえた名無しさん :2006/05/29(月) 20:33:38 ID:bjfB7FQ6
結婚30年目の結婚記念日。
母から
「お父さん、30年経ちましたけど、今でも愛してくださってますか?」
と聞かれた父。
「お父さんはなあ、素直なんだ。
嫌いなもんは嫌いだし、嫌いなヤツと30年もガマンして一緒にいられるほど
器用な人間じゃないんだ。
嫌いじゃない、ってことは・・・そういうことだろうが!わかれ!」
と、真っ赤になって言ってた。

結婚30年目でも十分ラブラブらしいです。
(父に「最近はげてきたね」と言ったら、
母から「年を経て渋みが出てきたといいなさい!」と叱られました)




子供「大きくなったらオカアサンと結婚するよ!(シャキーン!)」

879 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/08/22(土) 01:36:17 ID:nE0tz/lR
駅前スーパーの休憩所で同じ年くらいの男女の子供と父
子供A「大きくなったらオカアサンと結婚するよ!(シャキーン!)」
子供B「私も!私も!お母さんと結婚して毎日あなたーってするの!」
父   「残念でしたー。お母さんはお父さんと結婚しているから君達とは結婚できません-」
子供A・B「まじで!なんで!」「うそーだーorz」
と世界の終りを迎えたようながっかり加減が笑えた



先日、1年ぶり位に実家に顔を出した。

23 名前:大人の名無しさん[sage] 投稿日:昭和80年,2005/04/02(土) 21:35:27 ID:LzFP+Cv2
先日、1年ぶり位に実家に顔を出した。

久しぶりに両親と話をして、母親を見たときに
なんだか小さくなっちゃったなとしみじみと思った。

思い返せば子供の頃から迷惑のかけっぱなしで
何も親孝行なんて出来てない自分がそこにいる
ことにとてもやるせない気分になった。

色々と苦労かけてごめん、それとありがとう。
感謝の気持ちを伝えたいけど素直に出せない。

実家を出る時も雨の中、帰り気をつけなさいよ。
ちゃんと食べるもの食べなさいよ。と俺のこと
ばかり心配してくれている。雨に濡れるから
いいよと言ってもずっと見送ってくれてる。

そんな母の姿を見たら申し訳ないという思いと
素直にありがとうと言えない自分が情けなくなり
運転しながら涙が止まらなかった。


一人でニヤニヤしながら一人きりの時間を満喫していた。

22 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2012/08/28(火) 17:15:08.62 ID:EhI806CW
母が大学の同窓会で実家の方に帰っていた日に、父も飲み会で帰りが遅くなると言っていた。
母は次の日まで帰ってこないし、父は飲み会の日は帰宅が12時を過ぎるので一人でニヤニヤしながら一人きりの時間を満喫していた。
けれど21時ぐらいに家のインターホンが鳴って「もう帰って来たのか…」と残念に思いながらも
玄関を開けると知らないオジサン(タクシーの運転手)が困惑した表情で立っていた。
玄関のそばにはタクシーが一台。後部座席の所にはうずくまっている父がいた。
「きもちわるいよー、○○(母の名)ちゃん、きもちわるいよー」
と繰り返していた。
私と運転手で支えながら家の中に入れると運転手さんを母と勘違いしたのか
「○○ちゃん、ありがとうね」と唇にキスをした。
それをたまたま見てしまった近所の人は父のことを勘違いしてしまうし、タクシーの運転手は泣き出すしで大変だった。
父はその時も母と勘違いしていて運転手に抱き着こうとしていた。
母はちょうど見てしまった人から聞いたらしく、父に「今月は禁酒令」を出した。
父はお酒大好きな人なので、今のところいつも寂しそうにビールの缶やワインの瓶、焼酎などを見つめている。


母に夜中の大運動会をいつも叱られていた飼いぬこ。

974 名前:ななしのいるせいかつ[] 投稿日:2010/10/03(日) 05:45:42
母に夜中の大運動会をいつも叱られていた飼いぬこ。
喧嘩は弱いし気だけ大きいし暴れん坊だし、マジ阿呆でバカな愛しいぬこ様。
 

 
少し前、母が末期癌になって、腫瘍がデカくなったせいで下半身が麻痺してしまい、
家の階段を一段一段腰掛けながら降りていた。するとぬこが無言のまま隣に来て、
階段を一段一段母に合わせてゆっくり下り始めた。

母が止まるとぬこも隣で止まって母の方を見る。
母がぬこの方を見るとプイッと顔をそらす。

そんな母が死んだ時、母の亡骸にぬこが近寄っていつも通りに鼻ゴツンをしようとして、
はっ…と何かに気付いたかのような顔をしてゴツンするのを止めた。

母が亡くなって3ヶ月、いつもずっと一緒に寝てくれた。
大運動会は雨天延期か知らんが、夜中はずっとお互い抱きしめて寝てた。
漏れはぬこの腹を、ぬこは漏れの顔を抱いていた。
漏れはちょっと息が出来なかったが。

今は夜中の1人大運動会が復活して、全く一緒に寝てくれない。
そんな大運動会を叱る母の怒号だけが聞こえない。


お母ちゃんが思いつきで具が変わる余り美味しくないカレーが妙にすきだった。

324 名無しステーション 2021/10/01(金) 10:52:35.75 WGs8Yc7ua
子供の頃お母ちゃんが思いつきで具が変わる余り美味しくないカレーが妙にすきだった。
今のカミさんは妙に料理が美味くて
あの何が入ってるか食べるまで分からない美味しくないカレーは作れない




母は毎週その父を迎え、月曜日には夜明け前に出勤する父を玄関まで出て毎週見送っている。

797 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2007/10/29(月) 21:44:33 ID:JeXHvwjO
東京に単身赴任している父は、週末になると東京で大事な用がない限りは
いつも片道2時間高速を飛ばして実家に帰ってくる。
もう5年間ずっとそうだ。
母は毎週その父を迎え、月曜日には夜明け前に出勤する父を玄関まで出て毎週見送っている。
これも5年間ずっと続いている。
先日は、実家に帰宅中に急な仕事が入って徹夜で書類をつくっている父に、
母は朝まで肩を揉んだり夜食をつくってやったりしていたらしい。
お袋だって、次の日は仕事があるのに。
うちの両親は今年で銀婚式を迎えたのに、
今でもお互いが一緒にいて一番楽しい人なんだそうだ。

自分も、いつかはこんな風に思ってくれる人間と巡り合えるだろうか。
そして、その前に自分自身がこういう風に
思ってもらえるような人間に果たしてなれるだろうかな。
自家自賛スマソ。


爺ちゃん(俺の親父)にうちの息子めっちゃかわいいやろ!!って言った結果www

567 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2021/09/18(土) 04:06:38.58 ID:AOZhOZ+10
爺ちゃん(俺の親父)にうちの息子めっちゃかわいいやろ!!って言ったら
お前の方が可愛いかったんだぞとか言われた
これが親バカか


568 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2021/09/18(土) 06:29:30.82 ID:mM0KCLuU0
>>567
同じこと言って、同じこと言われたわw



母は今までそんなことを気にしていたのか…

510 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:02/05/15 03:25 ID:752dOTqU
つい最近の話なんですが、父の帰りが遅く母と妹と3人でテレビを見ながら夕飯を食べていた時のこと、
母がサラダを食べながら
「同じに育てたのに姉のOOは野菜が嫌いだし、妹の△△は肉と魚がダメだし、お母さんのせいだね。」
と急に泣きそうな声で言い出したのでビックリしました。
元々私の野菜嫌いの原因は小学校1,2年の時にいた栄養士さんの作ったマズイ学校給食なんですが、
母は今までずーっと自分の育て方&料理のせいだと思っていたみたいなんです。

私と妹で小学校の給食があまりにもマズかったこと、それで私は野菜が嫌いになったことを説明すると
母は涙を流して「じゃあお母さんのせいじゃなかったんだね?よかった」と言いました。
母が今までそんなことを気にしていたのかと、私も涙が出ました!


お母さんは心配性

127 渡る世間は名無しばかり sage 2021/09/14(火) 21:21:53.33 YJTJ34DC
生姜といえば
俺がジンジャーエールを飲もうとすると
母「それしょうがだよ。大丈夫なの?」
俺「知ってるよ!」
というやり取りを毎回してた
何がしたかったんだあの人は






何年か前に大雪が降った時の話。

965 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:01/11/27 05:31 ID:2irXPXwy
何年か前に大雪が降った時の話。
当時、実家から自転車で10分程度のところにアパートを借りて一人暮らししてた。
電車で2時間のバイト先から帰る途中、大雪の為に電車が大幅に遅れ、ラッシュ時
みたいな混雑の中やっと乗ることが出来た。
だけど、降りる駅の1つ手前に着く前に電車は止まってしまい、駅と駅の間で
4時間も缶詰め状態。
結局電車は動かなくて、線路を歩いて駅まで行くハメに。
時間はとっくに深夜になっていたけど、グチのつもりで思わず母に電話した。
タクシーも全然来ない状態だったので、仕方なく1駅歩いて帰ると話して
電話を切った。
深夜に慣れない雪道を2時間歩き、やっとのことでアパートに着いたので
再び実家に電話すると、妹が出て「お母さん(最寄の)駅へ行ったよ」と。
『行き違いになったんだ。お母さん携帯持ってないし、も~』なんて
ちょっとウンザリしながら駅へ引き返すと、母がいた。
そこから私のアパートまで一緒に歩き、着くと帰っていった。
わざわざ迎えに来なくて良かったのに。と思いつつ、親の愛情を感じた。
普段憎まれ口しかきけない私。素直には言えないけど、お母さんありがとう。

あんまりホロリ話じゃないな…長文スマソ。


    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    つぶやき
    みんなありがとう(*´∀`)



    RSSなど結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
    また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
    外したわけではなくたぶんミスってます。。。
    相互ご希望の方もどうぞ~
    ツイッター・メールどちらでも結構です。
    ちょいと手直し
    2021/11/1
    管理人A




    ついったーでほんわかMkⅡ

    リンクとかの事はこちらに
    あばうとほんわかMk2
    まとめサイトさま最新

    あんてなさま最新
    amazon+
    ラジエーションハウス 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


    ガイシューイッショク!(1) (ビッグコミックス)


    比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。(2) (電撃コミックスNEXT)


    ド級編隊エグゼロス 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

    最新コメント
    アクセス



    あんてなさん


    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    スポンサードリンク
    • ライブドアブログ