373 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/05/26(木) 04:46:14.24 ID:OwS9He4O0
妹が嫁ぎ先から出戻って数週間になるが
夜、寝苦しいので一緒に寝て欲しいと頼まれた。

深夜、話し声のようなものがして目が覚め
妹の寝ているほうを見ると
妹の上に胡坐を掻いた初老の男性の姿があった。
前かがみになって妹にブツブツ言ってる。

よ~く聞いてみると漫才のU字工事のようなイントネーションだったが
なまりがキツ過ぎて何を言ってるのかサッパリ解らない。
そういえば妹の元旦那の実家は北関東だ。
そのうち妹が「…標準…標準語で…」と呟き出した。
何だか苦しそうだったので電気をつけたら
男性は消えてしまった。


生霊っぽかったけど、何の用事があったのか知らんが
とりあえず標準語をマスターしてから出直してほしい。