ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

文化



印鑑は文化として存続すべき?

1 名前:日本人 ★[] 投稿日:2019/03/23(土) 22:45:47.93 ID:j6+3NiNQ9
https://news.goo.ne.jp/topstories/life/146/68813925c65437e44aa3a32417876fc7.html

書類手続きのデジタル化が進むなか、押印・捺印して提出する手間はペーパーレス化における大きな障壁となっています。そんななか、2019年度中の国会審議を目指していた会社登記の“印鑑レス化”が、6月26日(水)まで開かれている通常国会に提出されない見通しとなりました。

◆印章業界の反発 「売上補償を」

2018年、政府は「デジタル・ガバメント実行計画」を発表。計画では、政府・地方・民間すべての手続きの電子化を目指し、それによって国民・行政機関の双方の時間や手間、コストを削減できると見込んでいます。

しかし、印章業界はこれに反発。印鑑不要となる施策を「看過することはできない」と、政府に「『デジタル・ガバメント実行計画』に関する要望書」を提出しました。

要望書では、印章は欧米のサイン制度と違い「代理決裁できる」ことから、迅速な意思決定や決裁、さらには戦後の日本経済の急速な発展に「寄与してきたという自負」があると記されています。松浦さんは、「実際に、部下に(代理で印鑑を)押してもらうことで手続きが早くはなるが……」と理解を示しつつも、「民事訴訟法」第228条を紹介。

同条は“文書の成立”について定めたもの。第4項には、私文書について「本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定する」と定められています。しかし、MCの堀潤は「代理で押印し、本人が『知らなかった』と言うこともできるのでは」とその真正性を疑問視。松浦さんも「後で誰が押したものなのかがわからず、揉めるケースもよくある」と同感の様子。

要望書には、具体的な要望として以下の4項目も記されています。

1. デジタル・ガバメント計画における印鑑不要の施策について、印章業界関係者を集めた説明会の開催
2. デジタル・ガバメント計画の「法人設立における印鑑届出の義務の廃止」の再考
3. 「民民手続きにおけるオンライン化の推進」の白紙撤回
4. 上記が実施されなかった際に、印章業界が被る被害に対する国の売上補償

松浦さんは4つ目の「印章業界が被る被害に対する国の売上補償」に言及。「確かに、縮小する業界に対して国が補償することはある。また、『その業界の人々をどうするんだ』という問題もある。しかし、そこも含めて社会をより良く変えていかなければならない」と意見を述べました。

◆「見ないで押す」から早い

松浦さんは、“印鑑レス化”による意識の変化について、2つのポイントにわけて解説します。

1つ目は「確実な記録(デジタル)を残す意識」。

松浦さんは、「サインと押印であれば、押印のほうが早いとは思う」としつつも、その早さは「さまざまな文書を、しっかりと見ないままにどんどん押していくためだ」と指摘。実際に、森友学園案件では、財務 省が決裁文書を精査しないまま決裁していたことが明らかに。また、宅配便などが自宅に届いた場合、本人以外の押印でも簡単に受け取れてしまうという現状も。

そのため、「プロセスを含めて、デジタルできっちり記録を残すことが重要」と強調する松浦さん。そして、デジタルサインを普及するためには「みんなの意識が変わっていかないといけない」とも。

2つ目は「手間(時間)を削る意識」。

松浦さんが勤めている会社の契約書なども、最近ではデジタルサインに変わってきていると言います。また、最近では、アドビシステムズが提供する「Adobe Sign」も普及。デジタル文書やデジタルサインによって、100%デジタルのワークフローを実現できることなどから、プロセスの高速化を見込めるとの見方もあります。

松浦さんは、「手続きにおける不必要な時間を短縮することも大事」と述べ、「これも、ある意味『働き方改革』の意識につながる」とポイントを説明しました。

ただし、「印鑑が全滅するべきという話ではない。見た目の素晴らしさや愛着などから、文化としての印鑑は残ってもいいのでは」と補足していました。


2 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/03/23(土) 22:46:24.43 ID:VUFLJDf00
あればキレイだけどね


3 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/03/23(土) 22:47:14.62 ID:PV2XZh6F0
文化じゃなくて成りすまし防止機能の1つ

23 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/03/23(土) 22:52:33.03 ID:qgrBcqQZ0 [1/2]
>>3
サインの方が偽装難しいのに手軽なんだよなあ


続きを読む

アメリカには恋愛の際に「好きです!付き合ってほしい」と告白する文化がない

503 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2019/03/08(金)00:55:20 ID:kZ7
アメリカには恋愛の際に「好きです!付き合ってほしい」と告白する文化がないと知った(I love you.は基本的には恋人になってから言う)
アニオタで日本在住のアメリカ人のエッセイマンガを読んで知ったけど
アメリカ人はカップルとは自然とそうなっていくものという考え方ではっきりと「付き合って下さい!」と恋人関係の開始を告げるようなことはないという
そのアメリカ人は日本の恋愛ゲームを遊んでみて「日本人って恋人になる時にはっきりと宣言するの!?恋愛を契約か何かだと思ってるの!?」とびっくりしたそうな
相手が鈍感な場合はあえて言うこともあるけど、はっきりとではなく何となく暗に示すような言い方をするのが基本で
「今度一緒に朝食を食べない?」とか「君のご両親の話を聞かせてよ」みたいな感じで、はっきりと「恋人になってくれ」というのは下品に思うらしい
そしてそのせいで好きになった日本人に「君のご両親の話を聞かせてよ」と勇気を出して言ってみたところ
普通に両親の話をされて「あ、これは遠回しに断られたのか」とがっかりしたこともあったとか(その後誤解が解けて付き合えたそうだけど)

むしろアメリカ人のほうが契約社会だし何事もはっきり言うもんだと思ってたから驚いた


504 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2019/03/08(金)07:08:58 ID:wkN
>>503
一緒にいて楽しいから一緒に出掛けたり家に招いたり招かれたり
そういうのを頻繁に繰り返してる状態が恋人と見なされるとか?
ある意味そういうお誘い自体が軽い告白なんじゃないの?
んで誘う頻度や内容で本命と単なる友達との区別がなんとなくついてくるとか。


505 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2019/03/08(金)09:43:29 ID:d1e
>>503
目が滑ってアフリカ人で読んでた。
頭の中でアフリカ人が2人寄り添って草原を眺めていたぜ。
アメリカ人てそうなん?いやいや。君が好きなんだ、とかスティーブンキングのイットとかでやってた気がするんだけど
そうなんだー
勉強になったわ。
私は日本人の告白にまつわるエピソードとか好きだなぁ


506 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2019/03/08(金)10:05:15 ID:CAS [1/2]
>>503
アメリカでは異性をデートに複数回誘うことが告白に相当する行為だとか本で読んだな
気になる人がいたらとりあえずデートに誘ってみる(この時点では多数の異性とデートしても不誠実とはみなされない)
デートした相手の中から気にいった相手を一人選んでさらにデートを申し込み、それが続くとデートを受けた相手も「この人は私に本気になったみたいだな」と察してOKなら恋人っぽく振る舞う
誘った側もその相手の態度の変化を察して自分たちは正式なカップルになったとみなして以降は他の異性に声をかけるのはやめる

でも映画とか見ると告白っぽいことしてたりもするよね
映画だからなのか、あるいはアメリカは広いし多民族国家だから民族や地域によって違うのか


読者登録
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
厳選
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ