ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

手料理



幸せな人生を謳歌してから2人一緒に死んじまえ

886 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:29:59.41 ID:0/HLHlJn
駅の改札口付近で
スーツ姿の男性と、私服の女性
夫婦で、旦那が出張帰りみたい

女「ご飯食べて帰る?何食べようね」
男「真っ直ぐ帰ろう」
女「えー、疲れてる?」
男「女の手料理食べたい」
女「おぇ!?」
男「おぇってww」
女「おっほほーwww真っ直ぐ帰ろうかww」


奥さんのにやけ方が半端じゃなかった
幸せな人生を謳歌してから2人一緒に死んじまえ


いつかまた、家族揃って、お母さんの料理が食べたいな。

304 名前:774号室の住人さん[] 投稿日:2007/03/12(月) 04:37:09 ID:GeVFb9z4
ここ読んでたら色々思い出して号泣したよ(´・ω・`)

うちは借金なんかが原因で中2の時に両親が離婚。
神奈川から、母の実家がある鹿児島の離島へ弟と三人で引っ越した。
母は昼と夜で仕事を掛け持ち、いじめで不登校の弟と、反抗期だったわたしのことをいつも心配してた。
みんな必死で、自分のことで精一杯だった。
弟は自殺未遂を起こして、転校するため父親のところに戻り、もう家族バラバラって感じだった。
それからわたしは高校に入って、初めて彼氏ができた。
やっと、強がりなわたしが、ホントは淋しかったって甘えることができた。
でもその人とも、付き合って1年程で遠距離になり、1年半くらいはそれでがんばってた。
ある日彼氏が地元に帰ってきたとき、もう離れるのがイヤで、一緒に行くことにした。
(今考えるとバカだけどその時は真剣だった)
母に手紙を残して、フェリーに乗ると、出航直前に母から電話がきた。
怒られるんだろうな、と覚悟して出た。
でも間違いだった。
いつでも明るい母が、泣いていた。
泣きながら、一緒にいて欲しい、ちゃんと高校卒業して欲しいって言った。
わたしも泣きながらうん、とだけ言うと、もう今日はそのまま一緒に行っていいと言ってくれた。
2、3日一緒に過ごしたら、帰ってきなさいって。
帰ったとき、いつも通りにおかえり、と言われた時は、ありがとう、ごめんなさいって気持ちでいっぱいだった。
今は高校、短大卒業してその彼氏と同棲している。
家族はバラバラのまま、遠くてなかなか会えないけど、今は気持ちは繋がってるって安心できる。
まだ何も孝行できてないけど、お母さんありがとう。
いつかまた、家族揃って、お母さんの料理が食べたいな。
すごい長文になっちゃった。(´・ω・`)スマソ


たまに帰った時の母ちゃんの飯は凄く楽しみだった

312: 名無しさん 2016/03/15(火)22:42:27 ID:csJ
オレの母ちゃんは間違いなくメシウマだったよ
地方の大学行って東京で就職して、なかなか家に帰れなかったけど、
たまに帰った時の母ちゃんの飯は凄く楽しみだった
でもさ、一度だけ凄く笑える話があったんだよね

ある時オレが急な用で実家に帰る事になった時、大慌ての母ちゃん
オレが昔から好きだった物を一杯食べさせようと悩んでテンパったんだろうね
その日の食卓に並んだのは、おはぎとハンバーグw

「いや、その組み合わせは合わないでしょw」と、総ツッコミの家族に、
母ちゃんの反論は「形が揃ってるから大丈夫!」だった

母ちゃんはもう随分前にあっちに行っちゃったけど、
今でも兄弟が集まると、時々この「伝説のメニュー」の話になるw
その組み合わせは今でも「無い」と思うけど、
母ちゃんのおはぎもハンバーグも凄く美味かったよ


彼女は僕の作った料理を、いつも「おいしいよ」って言いながら食べていました。

952 名前:彼女の手料理[] 投稿日:2000/07/18(火) 11:09
僕は以前、遠距離恋愛をしていました。
会えるのは良くて1ヶ月に1回。だいたいは2ヶ月に1度ぐらいでした。
そのため、会った時はほとんど外食をしていました。外食のほうが美味しい物を
食べられるし、リッチな気分も味わえるからです。
僕の家で食べることもあったのですが、僕は料理が得意だし、彼女がわざわざ
はるばる来てくれたので、作るときはいつも僕でした。
彼女は僕の作った料理を、いつも「おいしいよ」って言いながら食べていました。
しかし彼女は、僕の手料理を食べるたびに自分自身は料理が作れないのを
気にしているようでした。僕はそんなことにも気づかずに、「女の子だし料理ぐらい
作れなくちゃね」とか言ってしまいました。彼女は笑いながら「これから
一生懸命勉強するよ」とか言っていましたが、僕は言葉だけだなと思って
期待は全然していませんでした。
ある時僕が彼女の家に行くときがあって、そのとき彼女が料理を作ると
自分で言いだしたのです。びっくりしたものの、待つことにしました。
しかしいつになっても料理は出てきません。心配になって台所を見ると
僕の10倍以上の遅さでタマネギをみじん切りしていました。
「見ないで」と言われたので更に1時間以上待っていました。
何が出てくるのか楽しみにしていたら、出てきたのは白いご飯にみそ汁、
それにケチャップのかかった卵焼きだけでした。見た目も・・・って感じの。
味も予想通りでした。みそ汁は薄いしご飯は堅い。卵焼きは中身のタマネギとかが
生っぽい。でも、「おいしいよ」って言って食べました。いつも彼女がしていて
くれたように・・・。それを聞いた彼女の満足そうな笑顔と、自分では
「おいしくないよー」って言っていたのが今でも忘れられません。
結局彼女とは色々とあって振られてしまいましたが、あの時の彼女の手料理が
最初で最後でした。今こうして振り返ってみると、上手じゃなかった料理
だということと、もう1つだけはっきりと分かることがあります。
彼女が僕のことを心から想って、一生懸命に作ってくれたことです。

https://mentai.5ch.net/test/read.cgi/food/951552846/

若い頃はお袋の作る飯に文句ばかり垂れてた。

847 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2000/06/25(日) 10:28
思い出って程でもないんだが。。。。
若い頃はお袋の作る飯に文句ばかり
垂れてた。まずいだの同じ物ばっかだの栄養のバランス
考えて無いだの。
でも一人暮しをしてみて始めて分かった。
一見しょーもないと思える飯でも、それを作るのがどれほど
大変で根気がいるか。毎日続けるのがいかに大変か。
最近帰郷して更に驚いた。お袋はスーパーのおぞうさいなど
一切買わず、全て手作りだったらしい。

唖然とした。。。

そんな事一言も言わないお袋の健気さに。
ああ、俺って何て愚かな事ばかり言ってたんだ。
何が愚かって、コレほど愛情こめて育ててもらったのに、
親孝行するどころか、今は完全な社会的落伍者の引きこもり。。
お袋、本当にゴメン。貴方が愛情込めて育てた息子は、下の下の
人間になってしまいました。


今度帰省するときは、いきなり帰ってみようかな。

564 名前:籠[] 投稿日:2000/05/15(月) 01:09
大学進学のため、一人暮らしをはじめたとき、
最初の3日間、母がついてきた。
いろいろな手続きなどを手伝ってくれ、
ご飯を作ってくれた。
何の変哲も無い肉野菜炒め、生野菜サラダ、白いご飯。
いつもの味だった。
これから一人で暮らす部屋での、母と私の一対一の食事。
奇妙な感覚だった。

さっぱりした性格の母は、「体に気をつけて」とだけ言って、
田舎に帰っていった。
急に寂しくなった。
そして、その後1週間、
同じ材料で肉野菜炒めを作ってみたのだが、
同じ味は出ない。
3年たった今でも、できない。
料理屋でバイトし、そこそこの腕を身につけたはずなのに。

盆や正月に実家に帰ると、親が喜んで、食事が寿司の出前や外食になる。
また、友達と遊んで飲み屋で食事をとったりする。
今度帰省するときは、いきなり帰ってみようかな。
そしたら、夕食がいつものおかずで、
あの「肉野菜炒め」が食べれるかもしれないから。


565 名前:名無しさん[] 投稿日:2000/05/15(月) 06:37
>564
良い話です。
帰国して、一番食べたいものって子供の頃から熟れ親しんだ母親の
料理だったんだと最近気が付きました。
出前の寿司よりもかあちゃんの作ったカレイの煮付けが喰いたいよ。


566 名前:名無しさん[] 投稿日:2000/05/15(月) 10:03
>564
俺も帰ってみたくなった。金がないのに・・・

家の味の思い出といえば、コロッケかな?
何の変哲もないコロッケだけど
むちゃくちゃうまいんだよね。
コロッケのしたくの際によく手伝わされてさ。
夕方のアニメ見ながら芋をつぶしたり丸めたり。
丸めながらつまみ食いしてた。

今一人暮らしだから、「揚げ物と言えば総菜屋」になってるんだよね。

前に実家に帰ったとき
「何食べたい?」と言われて「コロッケ!」と即答したら。
実家に住んでいる弟からブーブー言われた。
「せっかくご馳走食べられると思ったのに・・・」だってさ。

毎日コロッケでもいいな・・・


私が具合が悪くて,寝ているとき彼が料理を作ってくれました.

530 名前:名無しさん[] 投稿日:2000/05/07(日) 03:02
最初にお断りしておきますが,私は世間で言うオカマちゃんです.

そんな,私にも彼が居た頃です.

私が具合が悪くて,寝ているとき彼が料理を作ってくれました.
料理と言っても,お粥とレトルトのお味噌汁.
お粥は固かったし,お味噌汁はしょっぱかったのを記憶してます.
その時,私は手術の後だったんで食欲もなかったんですけど
彼が折角作ってくれたんで,無理して食べました.
はっきり言っておいしくなかったです.
でも,彼が作ってくれたのと手術の成功からでしょうか泣いてしまいました.
すると彼は何も言わず,玄関から出て行ってしまいました.
数分後,息を切らして戻ってきて,無言で私にコンビニ袋を差し出しました.
中には私の大好きな焼きプリンひとつ.
泣き続ける私.
彼なりの愛情表現だったんでしょうね.
でも,その時の私は自分の事で精一杯で彼の気持ちには答えられませんでした.
その後,彼が事業に失敗,連絡がなくなり自然消滅です.

あの焼きプリンだったのかなぁ と今更ながら思う私です.
今だったら,良い奥さん?になれる自信あるんだけど.



好きだった人がいて、何回かうちに 行ったとき、よく料理してもらいました。

494 名前:26歳・女[] 投稿日:2000/04/27(木) 11:46
もう何年も前の話なのですが、好きだった人がいて、何回かうちに
行ったとき、よく料理してもらいました。
つくってる途中であーこれ足りない、ということになって彼が近所の
スーパーまで走って買いに行くとき、ひとりぼっちで待ってるのが
さびしくもありうれしくもありました。うちの中、わるいかなーと
思いつつきょろきょろみまわしたり。
それからこのあいだこの板みてたら、関西人はカレーに卵を入れると
書いてあったのであーそうだったのか、と思いました。
カレーに生卵入れてた。私は初めてだったのでちょっとびっくりしたの
ですが。
そのとき大学生だったのですが、私にはつきあってる人がいて、別れ
られなかったので結局その人とはうやむやになってしまって、今
考えるとなんで別れてつきあってくださいって言わなかったのかなーと。
で、今でもその人とは話すことはあるんだけど、このあいだ話していた
とき「自分はうちでナベをやったことはない」と言ってて、実は私
ナベやってもらったことあるんだけどなーとすごいがっかりしたのですが
もう遠い昔のことだし、言うのもなんなので黙ってました。いろいろ
覚えてるのは自分だけなんだなーと思って。
私は料理わりと得意なのですが、男の人につくってもらうこと多いです。
つきあってても友達でも。ラザニアつくってもらったとき、あまりにも
時間かかるので冷蔵庫にあったサンドイッチを食べてしまい、ラザニア
食べれなかったこととかあったなー。
これからもいろんな人といろんなもの食べていきたいなー。


ホウレンソウのホワイトソース煮

488 名前:AGE[] 投稿日:2000/04/27(木) 01:17
まだ俺が若くって自分勝手だった頃、いつも不機嫌で彼女を泣かせて
ばかりで、それでもついてくる彼女にいい気になっていた、
今思えば、あのときの俺って、本当に馬鹿だったと思う。
その頃は2人、親元に居たので、彼女の手作り料理などを食べる
きっかけって無かったんだけど、正月休みかなにかのとき、彼女の
両親が出払っていて、その日の夕飯を2人でつくることにした。
2人とも料理とか、あまり作ったことが無くて、二人でスーパーに行って
ステーキ肉とか、彼女が「作れる」というホウレンソウのホワイトソース煮
の材料とか、そういうものをざっと買ってきた。
二人で仲良く作って、いざ食べてみると、両方とも美味しくなかった。
そのとき、無神経だった俺はまず、自分の焼いたステーキからはじめに
手をつけた。
あんまりおいしくないけど、本当はおいしいって言えばよかったんだけど
まずくもない彼女の料理を、「まずい」って言っちゃった、
せっかくつくってくれたのに、俺の馬鹿。

彼女とはその後もよく喧嘩をして、泣かせてしまった。
別れる日、彼女は「もしあなたに新しい彼女が出来たら、その子の
手料理は、一番最初に箸をつけてあげてね」って言われた。
その後、新しい彼女が出来て、言うとおりに彼女の作ったものを
一番最初に箸をつけるようになって、おいしくなくても「おいしい」
っていうようになった俺。
でも、出来ることなら、あの彼女が作ったホウレンソウのホワイトソース煮を
また食べたい


絶対失敗しない ようにと気合入れて料理したのは後にも先にもあれっきり

372 名前:緑一色[] 投稿日:2000/04/12(水) 14:52
大学の頃、毎日自炊していて常備菜も少し作っていた。
初めて彼女が部屋に来た時、冷蔵庫の中のタッパーを見て、おかずを
届けている別の女がいると誤解し、喧嘩になってしまった。
確かに、タッパーの中味は茹で豚(醤油&八角風味)とか、筑前煮とか、
男の学生が自分で作って保存したりしないだろ普通、というものだった
ので、いくら俺が作ったといっても信じず、すったもんだの末に、俺が
彼女の目の前で料理を作ることになった。

その日、俺が料理するのを彼女は近くで見ていた。メニューは回鍋肉、イカ
とセロリの炒め物、コーン卵スープだった。(中華でまとめてみました)
手軽なインスタントの合わせ調味料は使わず、豆板醤や甜麺醤、酒、五香粉
などを使ってきっちり調味した。といっても特にテクがいるわけでもなく、
ただ事前に手順を頭に叩き込んでおいて、手際良く進めることを第一とした。

料理が完成した時には、彼女の誤解も解け、仲直りできたが、その後
何回も料理を作らされるようになったのはちょっと失敗だったかもしれない。
彼女とは結局別れてしまったのだが、あんなに真剣に、絶対失敗しない
ようにと気合入れて料理したのは後にも先にもあれっきりだなー。


女子高生の頃、お母さんのつくる「味噌炒め」がイヤでイヤで。

27 名前:名無しさん[] 投稿日:2000/03/07(火) 13:33
女子高生の頃、お母さんのつくる「味噌炒め」がイヤでイヤで。
いっつも異常にしょっぱい味付けだから、文句ばかり言ってた。

でも、一人暮らしを始めてから、作る料理全てが
お母さんの味付けとまったく同じ。外食続きで家庭の味に
飢えると作るのは、あの頃大嫌いだった「味噌炒め」。

今、彼氏が旨い旨いと言って食べる私の手料理は、
全部、お母さんの味です。文句言ってごめん。ありがとう。
そんな話ができるようになった今日この頃です。


29 名前:名無しさん[] 投稿日:2000/03/07(火) 14:55
>27

凄くよくわかる
俺は男だけど、結構自炊もする。
そんなとき自分の味付けの基準になってるのは
母さんの味なんだよね。
ウチの母親はハンバーグとかはお世辞にも上手いとはいえないけど
煮物とか魚料理とかは上手い。あっさりした味付けで仕上げる
それが今の俺の料理の基準になってるね。


あなたが一人暮らしの私の部屋に初めて泊まりに来たあの日、あなたに初めての 手料理を作った。

423 名前:癒されたい名無しさん[sage] 投稿日:04/12/26 18:19:34 ID:eE+UPlgQ
あなたが一人暮らしの私の部屋に初めて泊まりに来たあの日、あなたに初めての
手料理を作った。あなたは「美味しい」と言って喜んで食べてくれたね。
でも、お味噌汁を飲んで一言、「おふくろのと味が違う」

私は悔しくて、大ゲンカになってしまった。あなたはすぐに謝ってくれたけど、
私は「もう今日はあんたの顔見たくない!帰って!」と泊まる予定だったあなたを追い返した。

悔しくて、悲しくて、泣きながら眠ったあの日…あの夜に起こった阪神大震災。

あなたの住んでいたアパートは全壊。あなたを含めて、住人は一人も助からなかった。

もしもあの日、素直に仲直りしていたら、あなたはあのまま私の部屋に泊まり、
今でも私の隣にいてくれたかもしれない。
お味噌汁を作るたびに、そんな事を思ってしまいます。


読者登録
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
厳選
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ