ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン

恋愛



告白はしなかったけど、二人にしかわからない、 淡くて甘酸っぱい思い出

763 名前:名無しさんの初恋[sage] 投稿日:04/12/17(金) 00:45:37 ID:8mpxfJlU
お互い告白はしなかったけど、二人にしかわからない、
淡くて甘酸っぱい思い出がたくさんあるよ。
音楽の時、私が友達と話していて、ふと少し離れた彼のほうを見たら
彼が私をじっと見ていて思いっきり目が合った。
びっくりしてぱっと目をそらしてしまった。
先日そのことが書いてある絵日記のようなものを発見し、すごく恥ずかしくなってしまった。
同窓会で会ったとしたら、きっと中学生の時と全く同じ反応をしてしまうと思う…
多分、その人以外にはそんな風にならないけど、彼だけはどうしてもダメだろうな。

今日「耳をすませば」を借りて来て見ました。
私的にはすごいよかった。ヤフオクでDVD買おうかな。


ぶっちゃけこんなに惚れてると思ってなかった

790 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/10/27(水) 20:33:39 ID:lE4jCNjV
彼氏が死んでしまう夢を見た。
夢なので設定がめちゃくちゃで、今は元気な彼があと30分で死んでしまうらしい。
持ち物は全部ロッカーに入ってて、彼が「中のものは全部あげるよ」と言うので
開けたら彼の匂いがしてうわー無理泣くーってなって
バターン!とロッカーを閉めて逃げ出したところで目が覚めた。
横でぐっすり寝てた彼をべしべし叩き起こした。
夢の中では泣かずに我慢できたのに起きてからわんわん泣いた。
ぶっちゃけこんなに惚れてると思ってなかったw
夢でよかった。


非モテな俺としてはどこが気に入られたのか、どうして好きでいてくれたのかしばらくの間全く理解できなかったわけなんだが

135 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2014/10/22(水)01:39:51 ID:xBJ7ZFDuS
初めて話したのが16のとき。
嫁とは高校で1年、3年とクラスメイトだった。
高校のときは俺も携帯持ってなくて、教室でたまに話してたぐらいの仲だった。

大学に入ってからの夏休み、俺が知り合いのコーヒー屋でバイト中に嫁が客として入って来たんで久しぶりに話した。
会計のときにも視線は感じてたんだけど嫁の見た目の変わりぶりもあって俺全然気づかず。化粧恐るべし。
「高校の時にクラス一緒だった嫁です」と言われ、そういえば声に聞き覚えあるなーと懐かしくなった。
夏休み中、それでたまに嫁が店に来るようになったと思ったら
ある日に携帯番号聞かれて、たまに電話するようになった。
少しばかり距離は離れていたが嫁と俺の大学の最寄駅が近かったから会ったりしてた。
高校のときより親密になったのもあったせいか俺も遊んだりしてるうちに
すっかり嫁のことが好きになってしまったんで、気持ちを伝えた。

そしたら嫁のやつ、自分の頬グリグリと手で押しながら「うわーうわー」って言ってたんだが
そのあとに「ストーカーみたいなことしてごめん。私の方ほうが好きだと思う」って。

どういう意味ぞと思って聞いてみたら
嫁が俺のバイト先に来たのは、友達から教えてもらったからで
その友達っていうのは、俺も高校のとき同じクラスだったある女子のこと。
俺は以前に女子に街で偶然会ったときに店でバイトしてることを話したことがあったんだけど
その女子が嫁に喋っていたらしい。
なんで喋ったかというと嫁が高校のときに俺を好きでその女子に何度か相談したことがあったからだと。

非モテな俺としてはどこが気に入られたのか、どうして好きでいてくれたのかしばらくの間全く理解できなかったわけなんだが
嫁が高校の時の話を持ち出してきてボンヤリ記憶が蘇った。
嫁が俺のことを気になったきっかけは

・高校1年のときに、財布を忘れて昼をどうしようかと思っていたときに俺がパンをくれて仏のように見えた。
(登校前にコンビニでパン買ったのを忘れ、学校の購買でまた買ってしまったんで席がとなりだった嫁にあげた)

・係の役割で皆の課題ノートを職員室まで運んでいるときに俺が半分手伝ってくれた。
(遅れて出そうとしたらすでに嫁が教室からノートの山を運びだしていたんで自分の分を一冊上乗せして去るのは悪い気がした)

など。ほかにもあったみたいだが聞く限りでは
俺が特に嫁を意識して好意的に狙ってやったというわけではないものばかりだった。
高校のときは嫁のこともなんとも思ってなかったし。

でもそれが良い方向に転んだようではある。まあ幸せだからいいかと思う。
特におもしろみもないけどそんな感じ。


初めてのデートは、幸楽苑でラーメンと餃子食べました。 その時の彼女が、今の嫁です。

19 名前:不要不急の名無しさん[sage] 投稿日:2020/09/19(土) 22:55:10.98 ID:LyXAW/G80
24年前 初めてのデートは、幸楽苑でラーメンと餃子食べました。
その時の彼女が、今の嫁です。


43 名前:不要不急の名無しさん[sage] 投稿日:2020/09/19(土) 22:58:32.25 ID:WUQ1M4p50 [2/5]
>>19
うち王将
味噌ラーメンと餃子食べた


75 名前:不要不急の名無しさん[sage] 投稿日:2020/09/19(土) 23:02:00.90 ID:6BdbY8/l0
>>19
富士そばいったわw


268 名前:不要不急の名無しさん[] 投稿日:2020/09/19(土) 23:18:24.81 ID:gP//lu080
>>19 俺は吉野家


330 名前:不要不急の名無しさん[] 投稿日:2020/09/19(土) 23:22:37.34 ID:pAabSAOD0
>>19
おれマクドナルドw


483 名前:不要不急の名無しさん[] 投稿日:2020/09/19(土) 23:32:18.09 ID:9oQD1u/A0
>>19
俺ロイホとかすかいらーくばっか行ってたわw
誕生日とか特別な日にいちょっといい店に連れてったらスゲー喜んでくれた思い出


535 名前:不要不急の名無しさん[sage] 投稿日:2020/09/19(土) 23:35:45.20 ID:zuKo5O0o0
>>19
貧乏でも幸せだった頃が懐かしい。


569 名前:不要不急の名無しさん[sage] 投稿日:2020/09/19(土) 23:37:47.29 ID:o6P0cDno0
>>19
微笑ましい話だ


599 名前:不要不急の名無しさん[] 投稿日:2020/09/19(土) 23:39:11.87 ID:M8U3rKfI0
>>19
嫁との初デートは吉野家だったよ。
初めてだったらしく、珍しがって喜んでくれた。


彼とは友達以上恋人未満のちょい友達よりな関係

325 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:2006/05/01(月) 01:55:04
彼とは友達以上恋人未満のちょい友達よりな関係が少し続いてた
「友達として見てないから」って私の気持ちは先に伝えてあったけど彼からは特にモーションも無く
女の子に先に言わせといてYESかNOを言うだけなのに、どっちつかずなヤツだ…と半ば熱も下がってきた頃
バレンタインがやってきて最初はチョコあげる気無かったけどまぁ義理として市販のチョコを用意した。
だけどバレンタイン前日に「…ダメだ、手作りにしなきゃ…」とふと思ってチョコを作った。
当日彼を待ち合わせ場所に呼び出して「はいチョコレート、毒は入ってないから!」とだけ言ってそのままバイバイした。

数時間後彼からメール、「チョコ美味しかったよ!あれは本命なの?」と。
少し馬鹿にされたようで「さぁね、それは○○次第じゃない?」と返信。
そしたらすぐに「俺の彼女になるか?」のメール。内心キター!って思いながらも強がりが生じて「偉そうに言うな!私が彼女になってあげるわ!」と。

これが始まり。メールで始まってしまった事を少し寂しいと思ってたけど一年後のバレンタインに
「面と向かって言えなかったから…俺と付き合って下さい。」と言われて
「何言ってんの?もう付き合って一年経つし!」と言いながら不覚にも泣いてしまった。
いつも憎まれ口を叩いたり強がってる私を大人の顔で見守ってくれてる彼。ごめんね大好きだよ。


中学2年の時、同じクラスになったその人のことを好きになりました。

526 名前:名無しさんの初恋[] 投稿日:2006/05/13(土) 01:20:52 ID:Xb6KHyl9
中学2年の時、同じクラスになったその人のことを好きになりました。
でも、ずっとそのことを相手に言い出せなくて、時々クラスメートと
して話しかけるのが精一杯でした。
中3になっても幸いなことに同じクラスでした。その頃には少し仲良
くなって、その人の友達も交えてではありましたが一緒にお昼を食べ
たりもできて、幸せでした。

中3の夏休みが明けると、その人は遠い他県へ転校していました。
なぜそんなに急に転校したのか、先生からもなにも聞きだせませんで
したが、友達の話を総合すると、その人の家庭には複雑な事情があっ
たようです。

私はその人の住所を友達に教えてもらい、手紙を書きました。その人
は返事を書いてくれました。
転校の理由は教えてくれませんでしたが、私の中学で過ごした日々の
ことを懐かしげに語り、できれば戻りたいようでした。でも、私がな
にか手助けできるわけでもありません。ただ手紙で励ますのがせいぜ
いでした。


527 名前:526[] 投稿日:2006/05/13(土) 01:22:22 ID:Xb6KHyl9
それ以来、私はその人と文通を続けました。
私は高校に進学しましたが、その人は中学卒業後、働き始めたとの
ことでした。本当は高校に行きたかったようでしたので、私は高校
生活のことにはなるべく触れないようにしていました。
誕生日になるとお互い本とかささやかなプレゼントを送りあったり、
悩んでることを相談したりして、年月が過ぎていきました。

私は大学2年になって、その人に直接会いに行くことにしました。
それまでいろいろとあって行けなかったのですが、なんとか旅費を
工面することができました。飛行機の中で私は正直wktk状態でし
た。数年ぶりに会えるのですから。

宿泊先のホテルで久しぶりに会ったその人は、中学の頃とそれほど
変わらないように見えました。私達はぎこちなく挨拶を交わした後、
ベッドに並んで腰掛けてずっと話をしていました。
今までのこと、その人の職場のこと、私の日々の暮らしのこと、好
きな音楽や漫画etc・・・手紙で書ききれない細かいニュアンスや、
くるくると変わる相手の表情・しぐさ・息遣いまで直接伝わってくる
のがとても新鮮で、気分が思いっきり高まってしまい、私は今まで言
えなかった一言を口に出しました。
「あなたが好きです」


528 名前:526[] 投稿日:2006/05/13(土) 01:23:37 ID:Xb6KHyl9
その人は静かな顔をして私の言葉を聞いていました。そしてゆっくり
と、今自分には他に好きな人がいること、だから私のことはいい友達
としてしか見れないこと等を話してくれました。
この時の私はどんな顔をしていたんでしょう?あまり想像したくない
ものです。結局、私は相手の気持ちも考えずに単なる独り相撲をして
いただけだったのです。今にして思えば、長い間文通をしていただけ
でその人とつきあっているような錯覚に陥っていたのかもしれません。
告白すらしていなかったというのにです。私はとんだ愚か者でした。
告白してしまうと、その人との関係が壊れてしまうのを恐れていたの
かも知れませんが・・・。

次の日、その人は私を街に案内してくれ、私達はひとしきり遊んだ後
帰途につきました。空港に向かうバスの中から、その人が手を振るの
が見え、私も振り返しました。その人が視界から消えるまで手を振り
続けました。
帰りの飛行機の中で、ひょっとしたらもう2度とあの人と会うことは
ないのかも知れないと思った時、いきなり涙が流れました。私は、他
の乗客に見えないように窓の外に顔を向けました。


長文失礼しました。


なんとなく大学に進んだ結果。。。

658 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/10/12(土) 11:58:21.37
俺の結婚を振り返ってみた。

学生時代に近所に安くて上手い家庭料理の店が有り、俺は毎日のように通っていた。
そこはばぁさんがほぼ一人でやっているような店だったが、土曜日の昼時に時々若い娘が手伝いに来ていた。それがばぁさんの孫で当時高校生の嫁だった。
そのうち、嫁が俺に話しかけてくるようになり、年が近いこともあってよく相談に乗っていた。大抵は進路のことで、親は大学に行けというけど私は調理師専門学校に進んで、将来はばぁさんの店を継ぎたいという内容だった。
俺はなんとなく大学に進んだ口だったので、高校生にして明確に将来の目標を持っている嫁がまぶしかった。最初の家は大学も言いもんだよとか答えていたが、
徐々に嫁を応援する気持ちが強くなり、「自分を信じて進めば、きっと道は開ける」のような臭いセリフをいったような気がする。
俺の言葉に後押しされたらしく、嫁は結局大学には行かず専門学校へ。そして並行してばぁちゃんによる嫁へのスパルタ調理実習開始。ばぁちゃんは料理については実の孫でも非常に厳しく、嫁の悔し泣きを慰める係は俺だった。
しかし、それ以上に問題だったのは嫁の実習結果を俺が喰わされることだった。当初はマズメシだったけど、徐々に上手くなっていき、ばぁちゃんには負けるけど十分合格点をコンスタントに出せるようになっていった。


659 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/10/12(土) 11:59:06.20
あるとき、実習で2週間ほど出かけていた。旅行先で食べる食事はまずくは無かったけど、帰る頃には嫁の飯じゃないと満足できなくなっていた俺の胃袋に気づいた。
実習から帰ると速攻で嫁のところに行って、なだ二十歳前の嫁にプロポーズした。「一生俺の食事を作ってくれませんか?」。
嫁は「ずっとこの店の常連でいてくれるんですね、嬉しいけど大事な人ができたらその人の料理を食べてあげないとかわいそうですよ」。全然伝わってない。そのあと必死で説明したら、嫁は顔を真っ赤にして奥に隠れてしまった。
その日はばぁちゃんに言われて帰ったけど、翌日嫁さんからOK貰った。そのまま普通に付き合って結婚といく予定だったけど、嫁両親への挨拶するときが大変だった。
嫁父はそこそこ有名な創作フレンチのシェフ、嫁母は高級中華飯店経営。料理も出来なければ経営もできない俺との結婚は猛反対された。
どうしようもなくて困っていたけど、結局はばぁちゃんの鶴の一声でOKになった。嫁両親の結婚の時にばぁちゃんに世話になっていて頭が上がらないらしい。
その後は、俺がばぁちゃんの店から少し離れたところに就職、嫁は無事に調理師免許を取得。毎日ばぁちゃんに代わって仕入れや手伝いに精を出す毎日。

以上、嫁と幸せと脂肪(40kg)を手に入れた俺の餌付け結婚報告を終わります。


公的な場所で知り合った彼と私

574 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/31(金) 00:09:10 ID:1q92xv/90
元々、公的な場所で知り合った彼と私。
彼の方が年下だけど、私はタメ口なんか絶対に使えない間柄だったのにw
友達の友達ということが判明してから、ボケとツッコミの関係に。
素の彼がおもしろくてからかってるうちに、
ある日彼を本気で怒らせる→なぜか付き合うことになりましたwww

彼「ねー、なんでいつもそういうことばっかり言うの?俺のことバカにしてる?」
私「してないよ~。尊敬してるよ。」
彼「じゃあなんで。」
私「例えば…小さい男の子が、好きな女の子からかったりするでしょ。そんなかんじ。」
彼「意味がわからん。」
私「(これで分からないとは、どれだけ鈍感なんだw)男の子が私で、女の子が○くん。」
彼「は????○ちゃん女の子でしょ。」
私「…」
彼「(しばし悩んでから)好きってことだ!」
でも俺は○ちゃんからかわないよ?」
私「?」
彼「○ちゃんはアラサーのくせに子供なんだね。」
私「うっさいw…というか、分かってる?」
彼「分かってるって何が?」

…中略…噛み合ない会話がしばらく続く…

私「好きだからからかうんです!これでいい?」
彼「だから、俺は○ちゃん好きだけどからかわないよ?」
私「へ?」
彼「付き合う?」
私「へ?」
彼「よろしくお願いいたします。」

書いてみて分かったが…彼の方が一枚上手だったんだろうかorz


遠距離中の彼が別れ際に言うセリフ(つд`)

420 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2006/06/12(月) 23:03:10
遠距離中の私たち。
彼がこっちに来てくれて、帰る時間になって見送りに行く時に最近は別れの言葉じゃなくて
「じゃあ、ちょっとの間行ってくるからね」
って言ってくれるようになった。

「またね」とか言われるより「帰って来てくれる」って感覚を持てるのが凄く嬉しい(つд`)


昼休みに女の子数人にちょっと来てと言われてついてくと告白された

508 名前:大人になった名無しさん[] 投稿日:2010/09/09(木) 01:37:00
小6のときの昼休みに女の子数人にちょっと来てと言われてついてくと告白された

告白してくれた子は同じ町内の幼なじみ、家が近いのと登校の班が一緒なのでよくデートだとか冷やかされたりしてた。

実際好きだったし嬉しかったからOKして付き合い始めた。といっても小学生だから下校の時2人で一緒にわざと遠回りして帰ったりするのがデートだったな(笑)

でも1回だけちゃんとしたデートした、探検みたいな感じで山登りをした。お昼ご飯は山登る前に行った駄菓子屋で買った菓子パンだったな、カッコつけて奢ってあげたよ、金ないのに(笑)

んで山頂の休憩所で2人でパン食べたな、疲れたけど楽しかった

その女の子は今の嫁…じゃないんだ、付き合ってるのばれて冷やかされたりするのが恥ずかしくなってあんまり話さなくなって、気付けば顔合わせても喋ることもなくなった

悪いことしたと今でも思う


なのに、どうして どうして告白しなかったんだろう。

693 名前:大人になった名無しさん[] 投稿日:2009/10/09(金) 06:34:29
中学に入ったとき、クラス割り表で同じクラスに小学校の頃から気になって
いた人の名前を見つけて、すごく嬉しかったのを覚えてる。
その人と二人で学級委員になって、放課後よく教室に残って委員会の準備なんか
してた。目が合うと優しく微笑んで、つられてこっちも笑顔になれて、
どうしようもないくらい好きになっていった。
まわりからも「絶対両思い(死語?)だよね!」とか言われてて、浮かれて、
日曜が大嫌いになるくらい学校に行くのが楽しかった。
その人のこと想うだけで胸のバクバクが止まらなかった。

なのに、どうして
どうして告白しなかったんだろう。

その人は、遠くに転校していった。夏休みの前に。
親の仕事の都合で何年も前から決まっていた引越しらしい。

別れの日、その人はクラスのみんなの前で、泣きじゃくりながら、真っ赤な顔で
「ありがとう」と言った。

僕はその涙を忘れることができない。
それからの中学生活は抜け殻のようだった。

何年も経って、思い出すことも無くなってきても、不意に見る夢がすべてを
引き戻す。
もうそろそろ10年か。

思い出にゃ勝てねーよ。

それでも、いい加減、次のステップに進まなきゃな。

さよなら、永遠の初恋の人。


バス待ちで前に並んでた岡田准一似、柴咲コウ似の美男美女

757 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/10/06(土) 16:53:16.26 ID:hxhjJkmH
バス待ちで前に並んでた岡田准一似、柴咲コウ似の美男美女、多分大学生くらい
男は女より若干大きい程度で弟系、女は長身の清楚なお姉さん系
終始無言で気まずそうにしてたところ男がいきなり切り出した

男「あー…んと…さっきの店員さん、ちょっと変だった、ね。」
女「えっうん、そうだねぇ!そ、そーだよねっ!!」
男「大体世の中おかしい、なんでそっ…そういう前提になるんだって」
女「そう、おかしいの!世界が!すぐそういう風に結び付けてさぁ…」
男「僕と女はさ、今更そういう、ね、ないよね」
女「……ないの…?」
男「え、ちょっ、いやその」
女「ふふ、うーそ!」←超絶可愛い声、女だけど惚れたwww
男「…」←超絶可愛い顔、んでそっぽ向いたw
女「ごめんねー男ー、よしよーし」男の頭をわしゃわしゃ
男「ちょ、や!もう!」

どうやら二人は幼なじみで、店員にカップルと間違えられたらしいw
でもそう思わない方がおかしいくらいお似合いだった
女が顔立ちは美人系なのにほわほわした可愛い声で思わずときめいた
あと男の一人称が僕なところにも萌えたw
ちなみに二人とも真っ赤でしたwwwさっさと付き合っちまえwwww


買って間もないバイクを2時間走らせ

475 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2013/10/04(金) 03:19:54.22 ID:PBaGa5x60
彼氏が私の誕生日に私の家のすぐ近くの公園まで買って間もないバイクを2時間走らせ夜中の0時過ぎに到着。
走りなれてないバイクを運転して疲れたみたいで何でここまで来たのか聞いたら「んー…会いたかったから?本当は0時丁度におめでとう言いたかったけど」って言われた。
誰も居ない公園のベンチに座って話してたら突然優しく抱き締めてきて「あー…」っていうからどうしたのって聞いたら「前より○○ちゃんの事好きになってる」って言われてきゅんとした。
遠方から家まで来てくれたのが初めてだったせいもあって嬉しくて、お返しには少ないかもしれないけど膝枕をして少し寝かせてあげました。


2ヶ月に1度の東京出張の時に時間が合えば、ゴハンして夜の街を歩く。それが楽しくて、ただひたすら何をするわけでもなく歩いた。

315 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2006/04/28(金) 13:17:35
長文ですがスマソ。
なんか思い出してw

友人の結婚式で知り合った。
見た目凄く怖そうな人だったんだけど、話すと結構面白くてメール交換して
別れた。そのあと1日1通のペースでメールをやりとりしていた。

私が2ヶ月に1度の東京出張の時に時間が合えば、ゴハンして夜の街を歩く。
5歳年上だったんだけど、見た目怖いから、夜の渋谷も平気w
それが楽しくて、ただひたすら何をするわけでもなく歩いた。
しかし、彼は全くお酒が飲めないので、いつもしらふ。
酔った私がふざけて手をつないでも、ちょっと困ったようにして、
うまく解いてしまう。そんな日が1年ほど続いた。

そのあと、私の役職がかわり、東京出張もほとんどなくなった。
一度、私用で東京に行く用事があって、彼に会ったんだけど、
そのときも、酔った私が駅前で、「今夜はひとりで帰るの寂しい」と
ごねても、「あした仕事だから御免ね」と頭をぽんぽんと叩いて
別れた。

そのあと凄く気まずくなって、私の方から連絡するのやめてしまった。


316 名前:315[sage] 投稿日:2006/04/28(金) 13:51:52
続きですw
そのあと彼からメールがまた来るようになったので、恥ずかしい思いをこらえてメールしてた。それから1年。
思い切って昼デートにさそってみた。
彼からOKでたので、頑張って東京に行った。

遊園地いったり、寒い港を歩いたり、とっても幸せだった。
夜、あれから飲みは封印してたんだけど、ゆっくりご飯食べたい、とわがままいって、居酒屋に行った。
それでも時間が遅くなって、彼が、「そろそろ帰ろうか」と促して店を出ることになった。
駅に着くと、お互い、券売機で別方向の切符を買った。
「じゃ」と彼が駅の改札に向かって歩き出したとき、私はたまらず、彼の手首をつかんだ。
?とした顔の彼に思い切って言ってみた。

「私、○○さんのこと好きなのかなぁ」
彼は困ったような顔をした。そして、
「それは俺に言われてもわからないけど」といった。
私はその場から消えたくなった・・・。

すると、彼が手首をつかんだ私の手をいつもの調子で解きながら、
さらっと、
「俺は、××ちゃんのこと好きだけどね」
といった。

びっくりして、「ほんとに?」と尋ねる私に、
「好きじゃなきゃ、会うたびにこんな時間まで付き合わないでしょ」
と笑った。そして、そっと抱きしめてくれた。

本当に嬉しかった。幸せで倒れるかと思った。


親同士が友人で、生まれた時から知り合い。 初対面は私が生後1か月。彼は3歳だった。

47 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2010/07/28(水) 22:44:01 ID:cgYo41XU0
親同士が友人で、生まれた時から知り合い。
初対面は私が生後1か月。彼は3歳だった。
いつも家族ぐるみで遊びに行ったり食事したりしてた。
私が大学卒業する頃、父と主人の父が飲んでいた時らしい
「○○ちゃん、うちの息子にどうかな?年令もちょうどいいし」
「○○くんなら文句ないな。よく知ってるし」で、決まり。
双方の母親も大賛成。

私はゴネた。冗談じゃない。勝手に決めないで。
まだ22歳。仕事したいし、恋もしたい。結婚なんて嫌だ。
幼なじみのお兄ちゃんとして見ていただけで、男性として考えたことなかった。
で、就職のため上京。何度か彼から電話も手紙も来たけど無視。
1年くらいたった頃、会社の前で彼が待っていた
「親が決めたんじゃない。昔から好きだった。結婚してほしい」と。
「では、2年待ってください。今の仕事やめるわけにいかないし、
 2年たったとき、お互い他に好きな人がいなければお願いします」

初めて会ってから26年。26歳で結婚した。


読者登録
LINE読者登録QRコード
つぶやき
みんなありがとう(*´∀`)


ほんわかアンテナ(*´∀`)
作ったよ!
アンテナ風まとめさいとのまとめです。
ご登録いただける方は、「このランキングに参加申請」からお願いします。


相互RSS新しくしました。
上部メニューバーもRSSなしのあんてなさんのみにしました。


結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
外したわけではなくたぶんミスってます。。。
相互ご希望の方もどうぞ~
ツイッター・メールどちらでも結構です。

2020/04/27
管理人A




ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2
まとめサイトさま最新

あんてなさま最新
amazon+
早乙女姉妹は漫画のためなら!? 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)


あの頃の青い星1


最新コメント
アクセス



あんてなさん


カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ