ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

思い出



俺は今でもあの時のとうちゃんの姿が忘れられない。

954 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:2007/04/08(日) 22:50:01 ID:jr7AdLCI
俺は今でもあの時のとうちゃんの姿が忘れられない。

実家は自営で貧乏だったんだが、ある時とうちゃんが家族で東京ディズニーランドへ
行こうなんて珍しいこと言い出して、皆で1泊で行くことになった。
だが、旅行の前日に、急な仕事が入ってとうちゃんは徹夜することになり、納品してから
皆より遅れて来ることになった。
で、当日の夜、とうちゃんは徹夜明けでフラフラになりながらやってきた。今まで見たことない程
ひどく疲れ切った顔をしてね。
「新幹線は速いからあっという間だな。大丈夫、新幹線の中で寝てきたから」
なんて言ってやんの。

でも、俺知ってたんだよね。実は俺もとうちゃんと同じ新幹線に乗ってたんだ。とうちゃんは
知らなかったけど、どうしても抜けられない部活の試合があって、俺も遅れて行ったんだ。
自由席に並んでなんとか席を確保しほっとしていたら、偶然にもとうちゃんが同じ車両に
乗ってきた。職人で不器用なとうちゃんは、3列シートの真ん中に空いてる席があったのに
遠慮してか座ろうとしなかった。俺はそのとき、なぜだかとうちゃんが凄く恥ずかしい気がして
声を掛けられなかった。隣に1つ席が空いていたのにね。結局とうちゃんは東京まで立ちんぼだった。

そんなとうちゃんも亡くなり、今年で5回忌を迎える。俺はあのときなぜ声を掛けなかったのかと
未だに後悔している。
今でもあの時のとうちゃんの姿が忘れられない。


親戚でもいちばん無口で怖いと評判だったおじいさん

705 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2019/09/13(金) 02:52:07.90 ID:4L1KaJGp
自分の祖母が
「2歳くらいの頃、親戚でもいちばん無口で怖いと評判だったおじいさんが、いつも私を山や川に連れて行ってくれて、魚や木の実をいつも2人で食べて、沢山名前を呼んでくれた事を覚えてるの。
みんなの前では怖かったけど、私の前ではいつも笑顔で優しいおじいさんだったのよ。」
って話してくれた。
その顔があまりに優しくて泣きそうになっちゃった。
うちの子も、健やかに育って老人になった時に、こんな風に昔愛されていた記憶をぼんやりでいいから懐かしんでくれたら嬉しいな。
そのためには今いっぱい愛してたくさんの思い出を作らないとな。


今思えばミニ四駆とかベイブレードとか買いすぎて金損した気分

90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2005/06/30(木) 16:55:02 ID:s+YTtvpx0
今思えばミニ四駆とかベイブレードとか買いすぎて金損した気分


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2005/06/30(木) 16:56:01 ID:8khnHKoA0
>>90
でも、今いくら金だしても「こういう思い出話が出来る権利」は買えないよ



さっき色んなもんカバンに詰め込んできたが

126 名前:M7.74 投稿日:04/09/06 00:48 ID:9UPmfpK7
わくわくしてさっき色んなもんカバンに詰め込んできたが
思い出だけは入らなかった!!!



チョコレートの鼻に抜けるカカオの匂い、生クリームのコク、バニラビーンズの深くてまったりしか感じなんかは知らないまま大人になった。

409 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/08/19(月)22:51:11 ID:g9.by.L1
空気は読まない。
私は大学で管理栄養士を取って更に専門学校で製菓衛生士を取った。
私の子ども時代は市販のお菓子は陳列されてるだけで見るだけ、周りの子が何を買ってるのかじっとスーパーのお菓子コーナーで我慢するだけ。
甘い物と言えばお湯に三温糖を溶かして牛乳で割る偽飴湯だった。
温かい砂糖水が私の唯一の癒しだった。
それを飲み過ぎて胃がシワシワになって小学生でバリウムを飲んで検査した事がある程に当時は貧乏な家だった。
チョコレートの鼻に抜けるカカオの匂い、生クリームのコク、バニラビーンズの深くてまったりしか感じなんかは知らないまま大人になった。
大学3年の時将来の事を考えた時、私は女だから人並みに行けば結婚して子どもも産む。
母親が不慣れで毛羽だったような真っ黒なスポンジケーキを焼いてくれた思いがぶわっと沸き上がってきてどうしてもパティシエールにならなかったら後悔するとそれまで学費を払ってくれた両親に返す為に貯めてたバイト代を専門学校の費用に宛てた。
周りから見たらわざわざ親の金で就職を回避したんだろうと思われるけど四分割で専門の学費は賄った。
憧れのパティシエール。
寝る時間は愚か休みの日もなんで生きてるかわからない日が続き、やっと自分の店を持てた。
子は3歳。
仕事にかまけて寂しい思いをさせてしまった。
自分の気持ちを優先させてしまっている。
今日保育園で子が「ママが誕生日にポンプ車のケーキを作ってくれたの!」と自慢していて、大きさも8号位でそこそこだったからか両手いっぱいに大きいケーキを表現していて。
砂糖水に食紅のジュースにホットケーキの間に砂糖を混ぜたマーガリンとオモチャのピックを刺して祝ってくれた母を思い出した。
私は母として出来る事をしたつもり、母も私が喜ぶように色々考えてくれたんだろうなぁと思うと。
私が子にしてあげたかった事は全部母が私にしたかった事なんじゃないかと思って泣きそうになってしまった。
子の嬉しそうで一緒にフルーツを飾る時の誇らしげな顔は一生忘れられない。


親戚の家から有効期限1984.12のカメラのフィルムが出てきた。 少なくとも35年前のシロモノということになる。

340 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/08/17(土)19:44:48 ID:yZ.tn.L3
親戚の家から有効期限1984.12のカメラのフィルムが出てきた。
少なくとも35年前のシロモノということになる。
とりあえず現像してみたら、かなり状態は悪いが、なんとか見られるレベルの画像が出てきた。
親戚家で宴会?してる時の写真だった。
…しんだじーさんやばーさんやおじさんとか、まだ生きているおばさんや従妹の若いときの姿がそこにあって、思わず変な声が出そうになった、いや出た。
これを発見した従兄弟に連絡したら、速攻で「くれ」と言われたので、とりあえず画像の送付作業に移る。
いや、オレもじーさんの写真は持ってなかったので、とんだ掘り出し物だったわ。


昔は28kでMP3を1曲落とすのに3時間かかった

27 NHK名無し講座 sage 2019/01/03(木) 00:13:14.80 MK4Nafyh
28kでMP3を1曲落とすのに3時間かかったからな


167 NHK名無し講座 2019/01/03(木) 00:13:54.31 2mSdsNzy
>>27
80%くらいのところで出てくる中止…


小学生の頃秘密基地が流行った 俺らは放置されて荒れ放題の竹藪の中に作ることにした

325 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2019/08/11(日) 22:47:31.06 ID:Eb/3HBh0
パプリカ聴いてたら小学生の頃を思い出した
寝る前に初書き込み
該当するところが分からないのでここで


小学生の頃秘密基地が流行った
俺らは放置されて荒れ放題の竹藪の中に作ることにした
何故か1本だけ生えてた普通の木にブランコを作ったり、竹を切って小屋擬きを作ったり、楽しかったな

そしたらいつの頃からか狸が一匹遊びに来るようになった
遊ぶと言っても俺らの様子を見てるだけで近づいてはこなかったんだけど
俺らはそいつを「タヌ」と呼んで、たまに給食のパンを置いていってあげてた(今は野性動物に餌をあげてはいけないのは承知してるので許して)

暫くはタヌと俺らの不思議な関係は続いていたんだけど、ある日上級生に秘密基地が乗っ取られた
俺らは身体の大きい上級生に敵わず、基地を奪われることになった

でも1ヶ月もすると上級生が基地に行かなくなった
俺らが行かなくなってから動物が山盛りに糞をするようになって、とてもじゃないが遊べなくなったらしい
俺らは「タヌだ」と思った
その話を聞いた放課後タヌを捜しに行ったけど、もうタヌと会うことはなかった
それ以来俺らも秘密基地には行っていない
というかマジで糞だらけになっていて俺らも遊べなかったってのもある
今考えたら違う動物の可能性もあって、タヌも逃げたのかもしれないな

こんなしょうもない思い出なんだけど、十数年前のことだし、もうタヌは生きてないだろうな
時々なんでか夏の歌や青空を見るとタヌに会いたくてしょうがなくなる

仕事で疲れてるのかな…
寝て休み明けも頑張ろう


ガキの頃はバカだったなぁ あの頃は段ボール1つでヒーローになれたんだ

487 名前: 名無しのエリー [sage] 投稿日: 03/10/24 00:11 ID:4jx3A4zn
ガキの頃はバカだったなぁ
あの頃は段ボール1つでヒーローになれたんだ
古タイヤ転がすだけで幸せになれたんだ
用水路を歩くだけで探検家になれたんだ
風呂敷をマントにして空を飛べたんだ
木に登るだけで星をつかめたんだ
土管に入るだけで宇宙へ行けたんだ

あの街が僕の全世界だったんだ

ガードレールからかっぱらった反射板が一つあればウルトラマンになれたんだ
2つあれば仮面ライダーにもなれたんだ

毛布を被るだけで怪獣になれたんだ
イチゴのキャンディーをなめるだけでドラキュラになれたんだ
サングラスかけるだけでハリマオになれたんだ
ついでにシャンプーキャップとマスクをつけるだけで月光仮面になれたんだ
映画の下敷き買っただけで次の日話題の中心になれたんだ
竹ボウキ2本もあれば真剣勝負ができたんだ

そんな僕らの恋だったんだ
なぜだか涙が止まらないんだ


温泉の素ひとつで色々と思い出が蘇る

601 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2019/02/01(金)23:54:51 ID:Cey
一人暮らしだから、シャワーで済ます事が多いんだけど今日は久しぶりにお風呂に入ってみた。
小さい頃は、温泉の素の入浴剤を買って
どれにしようか選ぶのが楽しみだった。
入浴剤のコーナーを見たときに、それがあったので
懐かしくなって買ったのを使った。


入浴剤の封を切った途端に、パーッと広がるあの
いい匂い。
まだ、小さい頃は母と父と一緒に入ってた。
今日は何色の温泉にしようなんて、考えて
パッと手に取りサーッとお風呂にいれる。
前日のやつなんて、覚えてないから
3日連続同じ入浴剤だったり、全く違う入浴剤だったり。それが楽しかった。

基本的には、温泉の素の入浴剤だけど
たまに母親にねだって、バブを買ってもらった。
バブは、高いからたまに使う程度。
でも、あの錠剤が溶けていくのを見るのがたまらなく好き。
溶けている錠剤を手に取ってると、父親が「手が痛くなっちゃうよ。やめなさい」って止める(そんな事はないんだろうけど父親が心配性だった。)
んで、止められると手を離すけど父親が目を離すと楽しいからまた手に取る。
最後に本当に小さくなるまで見守るのが好きだった。

入浴剤のコーナー覗いた時に、バブも進化してるバージョンもあったので
今の温泉の素がなくなったら買ってみよう。
温泉の素ひとつで色々と思い出が蘇って楽しかった。


素敵なチラシの使い方

115 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/07/26(金)00:36:52 ID:CU9
長くなるので事情は割愛するけれど従姉の子供が1歳~2歳の頃の半年だけ、週3くらい×午前中の2時間くらい実家で預かっていたことがある。
母は専業主婦で私は当時大学生。
ちょうど夏休みがかぶっているときがあって、バイトや用事があるのは午後からがほとんどだったから子守を手伝った。
従姉が毎回絵本やおもちゃを持ってきてそれで遊ぶのだけどたまに「あれも嫌」「これも嫌」となることが増えて、
家にあったチラシで折り紙やってあげようと持ってきたらチラシそのものに興味を持ってしまった。
その中にデリバリーピザの見開きのメニューチラシがあって、見開き=絵本とでも思ったのか読み聞かせの体勢になったので
「これは〇〇ピザ、〇〇と〇〇と〇〇がトッピングされてます」とメニューとそのトッピングを片っ端から読み聞かせた。
サイドメニューまで全部読み聞かせたら写真を指さすようになったので指されたものを読んであげた。
…というのを従姉が迎えに来るまでやらされた。

でもこれは遊びに有効だと思ったのでピザ屋のチラシを保管していたら次に来た時また読まされた。
とはいえ1時間もやらされ飽きてきたので「これは〇〇ちゃん(私/従姉がそう呼ぶ)が好きなやつです」と言いながら、
写真の上で物を摘まむ仕草をして指を口元に運び、もぐもぐと口を動かして食べるふりをして頬っぺた押さえて「美味しいー」とやってみせた。
それを何度か繰り返して見せ、子供の口に指を向けると同じように口をもぐもぐさせて頬っぺたを押さえるようになった。
ピザのチラシだけではワンパターンなのでスーパーのチラシでも同じように「これはイチゴでーす。もぐもぐ、美味しいー(^_^)」
「これは梅干しでーす。もぐもぐ、すっぱーい!(´з`)」と顔芸やりながら見せたら、やっぱり真似をする。
よほど気にいったのか絵本やおもちゃには目もくれずにチラシをせがまれるようになった。

そんなこんなで我が家での預かり期間が終了した後は小学生になるくらいまで我が家に来ることはなかったが(伯母の家などでは会っていたけど)
先日お盆に親戚宅で顔をあわせた際に、中学生になった従姉の子供が、他の親戚の子供に昔の私のようにチラシで遊んであげる姿を見た。
変なことが受け継がれてしまったことを驚くと同時に少し嬉しく思いました。


ドラえもんっていうのはさ、アニメじゃなくて思い出なんだ

263 名前: 風の谷の名無しさん@実況は実況板で [sage] 投稿日: 2005/05/17(火) 13:36:03 ID:P4IYk8N7
ドラえもんっていうのはさ、アニメじゃなくて思い出なんだよ。
だから変わることに変な抵抗を覚える。



あれは小さい頃、4歳ぐらいかな? 私はメロンが大好きだった。

545 名前:メロン[] 投稿日:2000/05/11(木) 21:25
あれは小さい頃、4歳ぐらいかな?
私はメロンが大好きだった。
祖父母の家に行く度に大きな美味しいメロンを食べては喜んでいた。
でもそのメロンは末期ガンだった祖父のお見舞いの品だった。
祖父はホテルマンの重役だったからいつも沢山のお見舞い品をもらっていた。
私は小さかったから意味もわからず食べていたけど
おいしそうに私が食べているのを見て嬉しそうにしている祖父の顔は
今でもなんとなく覚えている。
笑っていた時もガンの痛みと戦っていたんだろう。
祖父はそういう人だった。15年経った今でも一番尊敬している。


子供のころ貧乏だった、両親は駆け落ち同然で結婚したらしく 実家とは疎遠だった。

451 名前:名無しさん[] 投稿日:2000/04/24(月) 00:32
子供のころ貧乏だった、両親は駆け落ち同然で結婚したらしく
実家とは疎遠だった。
小5の僕の誕生日に祖母がカステラを持ってきた、始めて食べる
カステラはとても美味しかったが、紙のシートみたいのをはがす
なんて判らずに「噛み切れないよ~」騒いでたら祖母が呆れ顔で
「はがしてから食べるのよ、まったくこの子はー」
今思うと娘である母に、少しは頼りなさいみたいに言ってたんだと
思う、母も照れくさそうにしてたんだけど、それ以来だんだん
実家とも行き来するようになった。
母も祖母も亡くなりましたが、カステラを食べるたびに
母の照れ笑いの顔を思い出します


小学生位の子供が、お年玉もってバイク(メイト)買いに来たことがあります。

313 名前: 774RR 04/08/01 00:41 ID:dg8qlyPz
なんか私、動揺してますね。スイチッチだって。

「とんでもないお客さん」の話ですが、こっちはほのぼの系です。
小学生位の子供が、お年玉もってバイク(メイト)買いに来たことがあります。
売ってくれと言われてもちょっとね・・・・・・。
そしたら泣き出しちゃったんですよ。あぁぁ

親に連絡が付いて、よくよく聞いてみたらこのような事情でした。
なんでもおじいちゃんによく乗せてもらってた思い出があって、
そのおじいちゃんが亡くなり、そのバイクも処分されてしまったらしくて・・・
それを買い戻して置いといて自分が大きくなったら運転するんだそうです。

売ってあげるのは無理だけど、その代わりってことで私が運転して一緒に乗せてあげたらすごく喜んでくれましたね。
私にとっても良い思い出となりました。メイトは良いバイクです。


読者登録
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
厳選
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ