272 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/10/03(月) 21:42:03.74 ID:eAa0OPtD
宿直の日の出来事。
同期の仲がいい子が遅くまで社内に残ってたから、
「どうせなら帰るときに宿直室に寄ってってー」
「わーいありがとう」
というやりとりをした。
私は先に宿直室に入って、横になってごろごろしてた。
そこにひとつの足跡…そして宿直室をトントンと叩く音…。
てっきり友人かと思った私は驚かしてやろうと思い咄嗟に寝たふりをした。
しばらくして宿直室のふすまが開く音がして…数秒の沈黙。
なかなか入ってこない友人に「?」と思いながらも、頃合いを見計らって…、

\(゜∀゜)ノ 「ばあ!!!」

両手を拡げてありったけの声をあげた目線の先には、

友人ではなく、

夜勤者の男性の姿!!!

恥ずかしすぎて床を転げ回る私の前で淡々と用事を告げ、
「可愛かったよw」
と去り際に言って夜勤者は去っていった。
その後、友人にやつあたりして恥ずかしさを発散させた。ごめんなさい。