ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

家族



ママ「天津麺美味しいわ、玉子ちょっとあげる」

68 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2020/01/22(水) 19:08:27.76 ID:am66yxCT
中華屋さんで食べてたらテーブル席に居た4~5歳ぐらいの子とママ
ママが「天津麺美味しいわ、玉子ちょっとあげる」ってお子さまラーメンセット食べてる子にあげたらその子が
「ほんとうにいいの?だいじょうぶ?ママあとでおなかすかない?
…ボクのゼリーはんぶんたべる?」
って初デートかってぐらい気使ってて面白かった



大好き、愛してる、だから一緒にがんばろう

139 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2007/08/23(木) 23:16:24 ID:IDlVpnKM

うちの娘3才は難聴。ほとんど聞こえない。
その事実を知らされたときは嫁と泣いた。何度も泣いた。
難聴と知らされた日から娘が今までとは違う生き物に見えた。
嫁は自分を責めて、俺も自分を責めて、まわりの健康な赤ん坊を産むことができた友人を妬んだ。
ドン底だった。
バカみたいにプライドが高かった俺はまわりの奴等に娘が難聴って知られるのが嫌だった。
何もかもが嫌になった。
嫁と娘と三人で死のうと毎晩考えていた。

ある晩、嫁が俺に向かってやたらと手を動かしてみせた。
頭おかしくなったんかと思ってたら、喋りながらゆっくり手を動かし始めた。
「大好き、愛してる、だから一緒にがんばろう」
手話だった。
そのときの嫁の手、この世のものじゃないかと思うくらい綺麗だった。

それで目が覚めた。何日もまともに娘の顔を見てないことにもやっと気付いた。
娘は眠ってたが、俺が声をかけるとニタッと笑った。

あれから三年。
娘の小さな可愛い手は上手に動いてる。喋ってる。

自宅の二階がどの程度マンションの廊下から見えるか確かめた結果

537 名前:なごみ[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 17:36:42 ID:ByprWPLK0
我が家は妙な構造で道路に面して横長で、二階は窓がやたらでかい。
遠くから見ると電車みたいな感じ。

で、先年今まで駐車場だった家の前にマンションが出来、
夜、二階がどの程度マンションの廊下から見えるか
私と妹でマンションの管理人さんに許可もらって確かめに行った。

マンションの廊下から見えたのは、家の端から端まで
ええじゃないかを踊り歩くじいちゃん・ばあちゃん・とうちゃん・かあちゃん・弟であった。

こんな家族が大好きだと思った。


540 名前:なご[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 20:03:00 ID:mqSEVhWO0
>>537
あんたら全員面白過ぎw
537にも同じ血が流れてるんだなw


今おれのケータイの壁紙は実家の庭の写真になってる。

144 名前:744号室の住人さん[] 投稿日:2005/09/14(水) 13:25:43 ID:YTAJ8sfW
マジ…無理。2ちゃんねるでこんなに泣けるスレ始めて見つけた。
今おれのケータイの壁紙は実家の庭の写真になってる。
緑の芝生や雑草なのか花なのかわけのわからない植物でいっぱいの花壇。
庭の真ん中にちょこんと座ってこっちを見つめる愛犬。
ばあちゃんが趣味で作ってるたくさんの野菜…。
壁紙なのに、実家の温かさが、あの家族の、町の温もりが
感じられる気がして今すぐ帰りたくて…今すぐただいまって言いたくて…。
家族の笑い声…『あんたが帰ってくるとウルサくてしょうがない』と言いながら自分も馬鹿笑いする母の声…普段は無口でも、おれの前では最高の笑顔を見せてくれる弟と夜中まで爆笑した。…昔はうざかったばあちゃんの小言が温かかった。そんなおれ達を親父は静かに、時々笑いながら見ていた…じいちゃんは仏壇の遺影の中から昔と変わらない優しい笑顔でおれに『おかえり』と言ってくれてる気がした…。全てが間違いなく血が通った温かいやりとりだった。実家で過ごす1秒も無駄にしたくないと思った。


子「お母さん、オリオン座って知ってる?」

190 :おさかなくわえた名無しさん :2006/07/14(金) 22:30:22 ID:gQEz9C5W
冬に病院にお見舞いに行った帰り、
駐車場に行く道すがら前を歩いていた母子の会話。
子供は小学校低学年くらいの男の子、母親は30代前半くらい。

子「お母さん、オリオン座って知ってる?」
母「知ってるよ。あそこにある星でしょ?〇〇はよく知ってるね。」(空を指差して)
子「△△ちゃんがおしえてくれた。
 あの星って僕とお母さんとお父さんみたいじゃない?」
母「星が三個並んでるから?」
子「そう。星はいつも三個一緒だからさ~、僕達も三人で一緒だよね。
 お父さんもまた元気になって三人で暮らせるよね。」
母「…うん」
子「この星を見るたびにさ、これは僕達だって思うんだ。」
母「…」

母親は歩きながら泣いているようだった。
後ろで聞いてる自分もジーンときた。
父親が元気になっていればいいなと思う。


中3の受験生の時、本当に勉強しなくて 成績とかオール2ですごい馬鹿だった

682 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:03/08/13 02:22 ID:ar9Tdhd7
自分が中3の受験生の時、本当に勉強しなくて
成績とかオール2ですごい馬鹿だったんですよ。
そんで毎日、夜に出歩いてすごく祖母とかに心配かけて。
ある日ね、いつもより馬鹿騒ぎして家に帰ると。
母がスーツ姿で寝てたんです。

その後に初めて、祖母から聞いたんですよ。
母は深夜も、レジのバイトをして働いてるって。
それで疲れているから、よくその格好のまま寝て、すぐ仕事に行くんだよって。
で、もっと詳しく聞かされました。
母は、俺の父の借金を返すために毎日、俺が小3の時に離婚した日から働いてるって
小さい頃、よく父が母を殴っていたのを見ていてそれが原因だと思ってたけど
他にこんな理由があったんだって、祖母が全部言ってくれました。
母は俺に心配をかけさせないよう、働いてる事は言わなかったらしい。
それを聞いた時、いままで言ってくれなかった事や父の事、
母に言ってきた暴言を思い出し、なにより祖母の真剣な表情に祖母の前で泣き崩れました。
そして母が起きるの待ち、

母に謝りました。今までの事を、そしてなんどもなんども
ありがとうって言いました。
母は「あんたとお婆ちゃんを支えて、あんたの成長した姿を見るのがもう私の生きがいなんや、
だから顔あげ、親に頭さげるもんやない。しっかり頑張り、それで充分や」って言ってくれました
俺はこの日、家族がいかに大事なのかと学び、すごく生き方が変わりました。
親がいかに子を大切にして、育てて貰った恩を大切にしなければならないのかという事を。

長文スマソ。誰かに大切さが伝わったら幸いです。


「すみません…ほら、触っても良いかどうか最初に聞くんだよ」 男の子「犬、さわってもいい?」

290 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/01/13(日) 00:15:36.72
嫁「すみません…ほら、触っても良いかどうか最初に聞くんだよ」
男の子「犬、さわってもいい?」
俺「いやいや、別に大丈夫っすよ。うん、触っても良いよ。」

あの時の嫁の姪っ子!サンクス!
今は大きくなって生意気だけど。


296 名前:290[sage] 投稿日:2013/01/13(日) 09:08:15.83
嫁んちも犬を飼っていて、その「触っていい?」って聞かれた一週間後に
また同じ場所で再会。しかもその時は嫁も犬を連れてた。
飼っている犬種があまり見かけない犬種だったんだけど、嫁の家も同じ犬種で
「あ、あの時の…」みたいな感じで犬種も一緒だから話が盛り上がったわけ。
それから話しているうちに、自然と毎週土曜日の午前8時にここで会おう。みたいな感じになってて
それを続けること2年。嫁から「大学の為にこの土地を離れる。だからその前に…」と告白されて
俺、即OK。
ちなみに甥が女になりたいのかもしれない。と最初に俺に相談してきたのが確か甥が中学二年の時だったと思う
家族にもこんなこと言えない。まず俺さんに相談して引かれるなら黙っていようと思うみたいなことも言ってた。
最終的に、社会では男として生きていって、家族の前だけ女になるっていう選択をしたけど、本人は色々と辛いと思うよ。
ってか、甥は嫁のお姉さんの子供なんだけど、義兄の方は色々と小さい時から気付くことがあったらしく
そんなにショックを受けるわけでもなく、淡々と受け入れていたように見える。
義姉は「ごめんね、産む性別間違えちゃったね」と謝ってたっけなぁ。
嫁の両親も「人生いろいろだわ」と受け入れてたし、嫁に関しても「別にそんなに悩むことでもない」と受け入れてた。
結局みんな普通に受け入れてた。誰かが大騒ぎするとかもなかったなー


いつでも帰っておいで。部屋はそのままにしてあるから。

64 :彼氏いない歴774年 :2008/03/02(日) 11:57:07 ID:LlMbZQ22
良い話かどうかは微妙でさらに長文ですみませんが…。

我が家は昔から家族仲が良いとは言えず、特に母親と私はいつもぶつかり合い、喧嘩ばかりでした。
成長と共に母親との仲も悪化、家族が止めるのも無視して高校卒業と共に実家を飛び出しました。

誰も私を知らない、知り合いも居ない街に来て四年が経った頃、仕事も私生活も上手く行かず、ふと
「私と同年代の子達は、既に結婚してたり、良い仕事に就いていたり、
信頼できる友達家族が居て幸福そう。大切なもの築き上げたもの、沢山ある。」

「それに比べ私は、友達すら居ない。学も無い。大切なもの、築き上げたもの。何も無い。空っぽだ。
今まで馬鹿ばかりやって、何をしてたんだろう。何の為に生きてきたんだろう。」

「家族に迷惑と負担をかけただけではないか。私が居なければ家族は母親は幸福だっただろう。
これからは?今更何を?もう死にたい。」
と考え精神を病んでしまい、泣きながら母親に電話をしました。他にぶつける場所が無かったのです。

母親にその事を泣きながら話しました。
久しぶりに話す母親は何も言わず聞いてくれた後、泣きながら私を叱りました。

「あなたは馬鹿なんかじゃ無い。今あなたに生きて来た意味、生きていく意味が無いならあなたを生んだ私は?
私はあなたを生んで後悔はした事は無い。毎日あなたを想って愛情かけて育てたつもりだ。」

「何も無くなんか無い。私達家族が居るじゃない。何があっても私だけはあなたの味方だから。
大切なものはこれからいくらでも築いていける。あなたが生きていないと私も生きていく意味が無い。」と。

母親は「いつでも帰っておいで。部屋はそのままにしてあるから。」と言ってくれました。

こないだ久しぶりに連休をもらい帰省をしたら、母親の部屋に私と兄の小さい頃の写真と、
昔母宛に書いた私の手紙が飾ってありました。写真や手紙は既に日焼けをしていて、胸が痛くなりました。

現在は資格試験に向けて勉強中です。合格して笑顔で実家に戻れるよう頑張ります。


年末に酒飲んでそのままコタツでグーグー寝ちまったんだけど 朝、娘に起こされたんだわ

446 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/01/07(火)18:36:04 ID:ST.uw.L1
年末に酒飲んでそのままコタツでグーグー寝ちまったんだけど
朝、娘に起こされたんだわ
その時娘が亡くなった嫁に見えたんだ
嫁帰ってきてくれたんだ!って驚いちゃったんだよ
でも実際はそんな事あるはずもなく娘が
「パパ、どうしたの?」
って不思議そうに見てきたの
あぁ、嫁は5年も前に亡くなったのに俺、何勘違いしてるんだよ
って思ったら急に悲しくなってきた
けど泣き顔を娘に見られたくなかったから
すぐに着替えてお年玉を渡したあと家を出てきた
それから急に嫁の夢を見るようになったんだ
どうしちゃったんだろう、今までこんな事無かったのに
嫁に会いてーよ


妹とは疎遠気味だったんだけど、結婚したら妹と妻が仲良くなり、お陰で俺とも妹が話すようになった

756 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2020/01/05(日) 16:40:09.73 ID:S/Huw0wpF
去年結婚してこの年末年始が初めての帰省だった
妹とは疎遠気味だったんだけど、結婚したら妹と妻が仲良くなり、お陰で俺とも妹が話すようになったのを両親が喜んでた
両親も俺が結婚したこと、妻が家族になったことを嬉しそうにしていたので結婚するってこういうことなのかと実感した
本当に申し訳ないけど実家の手伝いをしてくれて母親も助かっていた
年始は義実家に行って親戚一同にも温かく迎えてもらえて嬉しかった
結婚して親戚付き合いが増えるのは面倒とよく聞くが、大事な人が増えるっていいと思った
それは義実家と義親戚がいい人たちなのが大きいと思う
そんなことを思いながら昨日帰宅したら妻が、
俺が家族とか親戚の相手をしてくれてて、家族や親戚が嬉しそうにしてくれてるのが嬉しかった。家族になるとか結婚するっていいね。俺両親も親戚も温かく迎えてくれて嬉しかった。
と言っていてなんだか嬉しかった
これはきっと当たり前のことじゃないと思うから、妹とか両親が行きすぎないように気をつけたりもしつつ、義実家とも仲良くしていきたいし、妻のことを誰よりも幸せにしたい
新婚だからここに書くのは早いかもしれないけど新年の決意です


旦那が年末年始激務で1歳半になる娘とは30分位しか顔も合わせられない日が続いてる。

477 名前:名無しの心子知らず@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/01/01(金) 22:21:17.25 ID:EbCC9UBz.net
旦那が年末年始激務で1歳半になる娘とは30分位しか顔も合わせられない日が続いてる。
今日久々に早く帰ってきたら娘と猫が旦那に群がっててもうたまらなく可愛かった。
すでに玄関待機の猫と、パパパパパパと大興奮で迎えにいく娘。
膝の上争奪戦の末に、勝ってご満悦な娘とふてくされて仕方なしに私の方にくる猫がもう可愛くて可愛くて。
普段は一緒にいる時間的にもやっぱり私>旦那なので、娘が旦那大好きなんだなぁって一面が見れてとても癒やされたよ。


5年前に父が死んだ。 私が幼い頃から酒ばかり飲んでいて

519 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/06/27(金) 00:54 ID:tXIGjog3
5年前に父が死んだ。
私が幼い頃から酒ばかり飲んでいて
酒を飲んでは若い奴と喧嘩して酒を飲んでは家で大声を出して大暴れ。
そんな父に会うのが嫌で私が中学生になる頃には
父に会わないように夜遅く帰るようになり社会人になる頃には
同じ屋根の下でももうほとんど顔を合わせる事もなくなっていた。

そんな時、私が長期出張することになり出発する日の寒い吹雪の朝。
私は迎えのタクシーを家で待っていた。めずらしく父も酒は飲んでいないようだ。
父が玄関の方にふと歩いていったがぜんぜん気にもとめなかった。
数分後、玄関のドアが開くと父が雪で真っ白になりながら
「おーいタクシー来たぞ~」と私を呼んだ。・・どうやら外で薄いシャツ1枚で
タクシーが来るのを待っていてくれたらしい。
タクシーに乗り込むとき、「頑張ってこい」と一言。私も「うん」と一言。
荷物を車に積み込んでくれる手が冷たさで真っ赤になっていた。
そして、見えなくなるまで私を見送ってくれた。それが父との最後だった。

父は私が出張中に妹の高校の合格発表の日、合格祝いの祝杯をあげるために
すでにほろ酔いのくせに酒を買いに出て交通事故に巻き込まれてしまった。

でも、今まで嫌っていた父との最後がしらふだったことが私の何よりの救いだ。
最後まで父らしい死に方だなーと思う。
そういえば幼い頃はやさしかったかなと思い出してしまった。


嫁の実家で年越しをした。 0時すぎて、嫁の父親、嫁兄とどんちゃん騒ぎ。

363 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2019/01/01(火)20:28:46 ID:uCc
嫁の実家で年越しをした。
0時すぎて、嫁の父親、嫁兄とどんちゃん騒ぎ。
酔いまくってて、多分、嫁が「布団敷いてるから寝て!」とか言っていたような…

朝起きたら、布団が柔らかくて、ぎゅーっと引き寄せたら「ぎゃん!」と声が聞こえてハッとして目を開けたら、嫁両親が飼ってる柴犬5匹が俺の周りを取り囲んでいた。
一気に眠気覚めたよね。
パニックになった俺、慌てて正座して、柴犬達に「あけましておめでとうございます」って言ってた。
嫁曰く、酒に酔い、その場に寝転がって寝はじめた俺、布団をかけても寝ていて布団を蹴る俺を見かねた?のか柴犬達が俺の周りを取り囲んで温めてくれたらしい。
「年明け早々、犬に世話になってるとか、感謝しなさいよね」と嫁にため息をつかれた。

犬達にお年玉の代わりにオヤツをたくさんあげたら、一気に飛び掛かられて朝から犬まみれです。
あー幸せ。


我家から歩いて行ける小さな神社まで親子3人で初詣に行ってきた

455 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2019/01/04(金)11:28:16 ID:5wc
我家から歩いて行ける小さな神社まで親子3人で初詣に行ってきた
帰り道でこれから参拝に行くところと思われる老夫婦にすれ違ったんだけど
仲良く手をつないで歩いてたんだ
(お二人ともしっかり歩かれていたので補助とかではないと思う)

嫁さんが
「ああいうの素敵だね、チャーミーグリーン(のCM)みたい」
というので
「老人になるのを待たなくても今手をつないでもいいんじゃない?」
と返して久々に手をつないで歩いてみた

まぁ数秒後には子供に気付かれて強制割り込み
結局”嫁-子-俺"で3人で手をつなぐ事になったんだけどね
これじゃあいつもと変わらないw

子供が大きくなったら再び手をつないで歩ける夫婦になりたいな


ガキ使見ているとき、外で飼っていた犬が脱走し、母と妹がそれを追いかけ、俺がそれについていこうとするも

148 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2019/12/31(火) 20:49:08.81 ID:iFmrhFVm
俺がガキ使見ているとき、外で飼っていた犬が脱走し、母と妹がそれを追いかけ、俺がそれについていこうとするも
「おめーはいいから帰れ!」と妹に言われ、
家に帰ってきたら、草なぎ君がパンツ一枚で出ていて、
さらに家に犬が飛び込んできて、母と妹がそれをひっつかまえて、うちの中で愛ではじめ、
俺が草なぎそっちのけで犬を写メりまくるも、
妹に「犬びびっちゃうでしょ。もう撮るのはやめろよ」と怒られる。

最後まで激動の一年でした。
父は寝てたり、起きたと思えば妹に加勢して俺を罵倒したり、妹に罵倒されたりしてました。


読者登録
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
厳選
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ