ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

学生寮



学生時代、西荻窪にあった学生寮に住んでいた。築ウン十年のボロボロの建物に、野郎ばかりが数十人住んでいた。

268 :252復活 :03/10/07 23:06 ID:AiP2fHmO

学生時代、西荻窪にあった学生寮に住んでいた。築ウン十年のボロボロの建物に、野郎ばかりが数十人住んでいた。
トイレも風呂も共同だったが、部屋は各自に個室があてがわれていたので、かろうじてプライベートの時間は、
リラックスして1人のんびり過ごす事が可能だった。
当時ボブ・マーリーに完全にハマっていた俺は、その日も深夜遅くまでお気に入りのステレオで、レゲエを
大音量で聴いていた。といってもここは壁が薄い建物、隣人から苦情が来ないように、ヘッドフォンで聴いた。
ジャマイカの熱いリズムにノって、気分が高まってきた俺は、風呂上がりにもかかわらず、衣装(ただのジャージ)に着替え、
最終兵器の“ライブ盤”を取り出した!これを聴いてる時は、いつだって自分がボブになれのだ。
すっかりボブになりきった俺は、大観衆が見守る中(←妄想)、激しいダンスを踊り、頭を左右に振り乱し、ギターソロの時は
ちゃっかりギタリストに変身し、ドラムが格好イイ部分ではドラマーになり、そして最後はやっぱりボブに戻って
口をパクパクさせながら汗だくで熱唱した。ボルテージは最高潮!一曲一曲が終わる度に聞こえる観客の声援に(←妄想)、
俺は両手をあげて答えた。しかし、その時、突然背後から俺の肩に手を触れるヤツが現れた。現実からすっかり遠い所にいた俺は
超ビックリして、思わず「ふわぁっ!」と叫んでしまった。振り向くと隣の部屋の奴が、いつの間にか俺の部屋に上がり込んでいたのだ。
しかも、入口を見ると、廊下に寮生が全員集まっていて、みんながドアの外から俺の部屋を覗き込んでいる。いったい何事か?と思って、
あわててヘッドフォンを外すと、な、な、ぬわぁんと、スピーカーから大音量でボブ・マーリーが響き渡っているではないか!?
切り替えスイッチを間違えていたのだ。
どーやら、深夜に寮中に響く爆音に怒って集まってきた寮生達も、俺の神憑かりなステージっぷりに、声をかけれなかったそうだ。
俺は、寮を出るまでの残り2年半、みんなから「ボブ」と呼ばれた。


後輩が自習中、宿泊棟に忘れ物をしたので、 こっそり取りに戻ったときの事

758 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:02/05/08 20:42
俺は中学・高校の時、寮に入ってた。
その時の出来事。

その寮では夜、自習時間というのがあって、
自習は自習棟という、宿泊棟とは別のところで行われていた。

Tという後輩が自習中、宿泊棟に忘れ物をしたので、
こっそり取りに戻ったときの事だ。
自習時間中は宿泊棟の電気は基本的には付けてはいけないので、
電気を付けずにTは宿泊棟に入っていった。

Tの部屋に行くには、Jの部屋の前を通らなければならない。
Jはこのとき、体をこわして入院をして寮にはいなかった。
Tは自分の部屋にいく途中、Jの部屋に人の気配を感じた。
人がいるはずのないJの部屋に気配があるのはおかしい。
そう思いながら、TはちらりとJの部屋に視線を送った。
するとなんとそこには、Jのベッドの上で帽子をかぶって
正座をしている女の子がいた。
女の子がいるはずはなかった。ここは男子寮なんだから。
Tは慌てて逃げた、忘れものも取らずに逃げた。
その後も、Jのベッドでは帽子をかぶった女の子が何度か目撃された。

続く


759 名前:758[] 投稿日:02/05/08(水) 20:58
数日後、Jは退院して寮に戻ってきた。
みんなは、帽子をかぶった女の子の話をJにした。
お前の部屋には霊がいると。

Jはそれほど驚くことなく、
「それはたぶん・・・」と話し始めた。

Jの実家は開業医。
Jがまだ小学生の頃、風邪をこじらせて
長期で学校を休んでいたとこがあった。
Jは自分の家の病院に入院し数日が過ぎたある日、
1人の女の子がその病院に担ぎ込まれてきた。
その女の子は、交通事故にあい、頭に深い傷を負っていた。
その病院は、脳外科とは違い専門外だったが緊急ということで、
運ばれてきたという。
応急処置をして、専門の病院に移される間、
ベッドが空いていなかったこともあって、
Jの横のベッドにその女の子は運ばれてきた。

並んでベッドに横になる2人。
どれぐらいの時間がたっただろうか、Jは女の子の視線を感じた。
女の子の方を向くと、うつろな目でJをじっと見つめていたという。

続く


760 名前:758[] 投稿日:02/05/08(水) 21:08
Jは彼女が自分を見ていないことがすぐ分かった。
女の子の視線の先には、Jの為にクラスのみんなが
織ってくれた千羽鶴があった。
Jは千羽鶴から一羽の鶴をむしり取ると、
女の子のベッドに投げてやった。
女の子はとくに表情を変えることはなく、
うつろな目のままだったという。

しばらくして、女の子は専門の病院に移されていった。
そして、Jはその子が亡くなったことを後日知らされた。

Jは自分の部屋に来たのは、たぶんその女の子だろうと言った。
また入院してしまった自分を応援しにきてくれたのだろうと・・・
そして、帽子は傷を負った頭を隠すためだろうと。
その後その女の子は2度と現れなかった。

この話を聞いて、お礼だったら寮じゃなくて、
Jの入院する病院に行けばいいのに。と思ったりした。

https://curry.5ch.net/test/read.cgi/occult/1002357757/

学生時代、西荻窪にあった学生寮に住んでいた。

268 名前:252復活[] 投稿日:03/10/07 23:06 ID:AiP2fHmO
学生時代、西荻窪にあった学生寮に住んでいた。
築ウン十年のボロボロの建物には、野郎ばかりが数十人住んでいた。
トイレも風呂も共同だったが、部屋は各自に個室があてがわれていたので、
かろうじてプライベートの時間は、リラックスして1人のんびり過ごす事が可能だった。
当時ボブ・マーリーに完全にハマっていた俺は、その日も深夜遅くまでお気に入りのステレオで
大音量で聴いていた。といっても、ここは壁が薄い建物、隣人から苦情が来ないようにヘッドフォンで聴いた。
ジャマイカのリズムに乗って気分が高まってきた俺は、風呂上がりにもかかわらず、衣装(ただのレゲエっぽい格好)
に着替え、最終兵器の“ライブ盤”を取り出した!こいつを聴いてる時は、いつだって自分がボブになれのさ。
大観衆が見守る中、すっかりボブになりきった俺は、激しいダンスを踊り、頭を左右に振り、ギターソロの時は
ちゃっかりギタリストに変身し、ドラムが格好イイ部分ではドラマーになり、そして最後はやはりボブになって
口をパクパクさせながら汗だくで熱唱した。ボルテージは最高潮!一曲一曲が終わる度に聞こえる観客の声援に、
俺は両手をあげて答えた。そ、その時、背後から突然俺の肩に手を触れるヤツが現れた。現実からすっかり
遠い所にいた俺はビックリして、思わず「うわぁ~!」と叫んでしまった。振り向くと隣の部屋の奴が、いつの間にか
俺の部屋に上がり込んでいたのだ。しかも、我にかえって入口を見ると、廊下に寮生が全員集まっていて、みんなが
俺の部屋を覗き込んでいる。いったい何事かと思って、ヘッドフォンを外すと、な、ぬわぁんと、スピーカーから
大音量でボブ・マーリーが響き渡っているではないか!?どーやら切り替えスイッチを間違えていたようだ。
どうやら、深夜に轟く爆音に怒って集まってきた寮生達も、俺のあまりのステージっぷりに、なかなか声をかけれなかったそうだ。
俺は、寮を出るまでの残り2年半、みんなから「ボブ」と呼ばれた。

https://etc.5ch.net/test/read.cgi/body/1057287927/
読者登録
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
厳選
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ