4 風と木の名無しさん [sage] 2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:+sZlKnhy0 Be:
いちょつ

母親は病気でほとんど外出できなかった
幼馴染の大親友がいて、いつも「○○ちゃんいるー?入るわよぉ!」と我が家に飛び込んできた
田舎だからあまり鍵かけてないんで…
彼女はおしゃれ好き、外出好き、買い物好き、旅行好き、そして口から生まれたようなおしゃべり好き
彼女が母親にいつも外の世の風を運んできた
娘の私とはまた違うんだよなあ
同じ世代で超仲良しで気の合った親友が運んでくるこの世の香りは格別だったんだよな

手が利かない母親のために着やすいセーター試作してみた
いつも二人で入った、もうない銀座の店のによーく似たケーキを発見して買ってきた
この間行って来たニースで、絶対似合う絶対気に入るショール買ってきた…

母親の葬儀でぐっしゃぐしゃに泣いてくれた彼女の葬儀に行ってきた
遺影はいつものように小粋に着飾っていたずらそうにちょっと笑った顔、「○○ちゃんいるー?」の顔
おかーさんよかったな、☆☆ちゃんそっちに行ったよそろそろ会えたか