438 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/14(火) 13:45:23 ID:zq2KgTTi
全部が和めることではないですが・・・
知り合いが連れてきたイタリア人に自己流和風パスタを作って出したらハマったそうだ。
私はアラフォー世代。
子供のころに楽しみだったナポリタンをイタリア人(たぶん)留学生にゲショゲショに貶され
その人がいるあいだは作ってもらえなかった食い物の恨みをほんのり持っている。

先日、私の自己流和風パスタを気に入ってくれている友人が、和風パスタに興味があるというイタリア人を連れてきた。
自己流和風パスタ=塩昆布と生クリーム/サンマの蒲焼缶とマヨネーズ/醤油・日本酒・砂糖の味付けに適当な具材など。
子供時分の食い物の恨みあって一度は断ったが、取引先だからと頼まれて渋々承諾。
ナポリタン全否定された経験もあり、茹でかた・オリーブオイル・にんにくなどの基本は守りつつ
たぶんイタリア本国では食べたことがないだろう味のパスタを出した。

暑い中やってきたからと、トマトとバジルの冷製パスタを出したときの
イタリア人の「あ~ハイハイ」な表情と態度にムカついたが無視。
友人の顔を立てるためと自分に言い聞かせて、上記の味付けパスタを作ることに専念した。
あとで聞くと、友人が「暑かったから冷たくて更にうまい」みたいなことを言ったときのやりとりで
いわゆる「おもてなしの気持ち」を理解して感動したそうだ。
実際、量は少なかったが冷製パスタを食べたらスッキリしたそうで、後日謝られた。
そのあとに出したものは、複雑な顔をしつつおとなしく食べていた。

その友人を介してレシピを聞かれて以降、イタリア人は自分でアレンジを加えつつ和風っぽいパスタを楽しんでいるそうだ。
友人からその人の話を聞くごとに、子供のころナポリタンを盛大に非難したイタリア人と共通点が多いと気づいた。
年齢や若いころに来日したときの経験など。
ヒステリックな声で外国語を叫ぶイメージが強くて顔なんか覚えてないし、わざわざ確認する気もないけれど
年齢と経験を経て「日本風の味」も受け入れるようになったなら嬉しいと思っている。