ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

兄妹



兄「左手を御覧ください!欲しいものがあったらストップと言ってください。」

855 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/12/04(金) 16:44:08 ID:1nTdn1BQ
近所のジャスコお菓子売場にて
小学校低学年くらいのお兄ちゃんと幼稚園くらいの妹の会話

お兄ちゃんが妹の乗ったカートを押しながら
兄「左手を御覧ください!欲しいものがあったらストップと言ってください。」
妹「は~い」

コトコトコトコト…(ゆっくりとカートを押す兄)

兄「なかった?」
妹「うん、なかった~」
兄「よっしゃ次行くで!次は両側にありまーす。」

コトコトコトコト…(次の通路をゆっくりと進む兄)

どうなるか最後まで見届けたかったが不審者みたいで止めたw
それにしても妹思いのお兄ちゃんだったなー久々に和みました


もう2歳なのに、オキニのバスタオルを抱えてないと寝ない息子

47 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2009/11/03(火) 13:14:23 ID:K3hmLVpL
もう2歳なのに、オキニのバスタオルを抱えてないと寝ない息子
先日、生後1か月の娘が「眠れないわよ~」と泣いて訴えている(想像)とき
自分のオキニのバスタオルを貸してあげていた。
やさしいのう。

昨日の沐浴の後、ベビーバスの栓を抜き、ガーゼを洗面台に突っ込み、
せっけんをせっけん受けに戻し、お湯が抜けたベビーバスの側面を
ちっさいスポンジでこしこしこしこし・・・そして、服がびしゃびしゃにw 
「いしゃいしゃ!」などと誇らしげに言う息子に母ちゃん目から汁。
やさしいのう。ホントありがとう。一時は赤ちゃんがえりで
あんたと一緒にこっちも泣いたりしたけど優しい子になってくれてホント嬉しいぞ。

でも、はよ脱がして風呂入れてやれよ自分。風邪ひくわ。


息子 6歳、娘 生後半年 お兄ちゃんになったことが、嬉しくて仕方ない息子

137 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/11/16(土)00:57:50 ID:eWQ
息子 6歳、娘 生後半年
お兄ちゃんになったことが、嬉しくて仕方ない息子
毎日娘に「にぃにだよ~抱っこしよっか」と、声をかけて抱き締めてる
娘が泣き出すと「にぃに来たよ~くるくる~」と、一生懸命にあやしてくれる
その姿をみるだけで泣きそうになる

幸せだなぁ、毎日大事に生きていかないとなぁって思わせてくれる息子と娘
そこにいるだけで可愛くてたまらない



俺「もっと強く突くぞ」 妹「ん・・・だめぇ、もうやめてぇ・・っ」

391 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2005/03/27(日) 20:46:10 ID:+P8SywnO0
俺「もっと強く突くぞ」
妹「ん・・・だめぇ、もうやめてぇ・・っ」
俺「お前が誘ったんだろ。そら・・・」
妹「あく・・・ふぅっ・・・ダメ・・・」
俺「動かすぞ」
妹「ぁ・・・ダメ・・・痛っ・・・痛いっ・・・!」
俺「お前、感じやすいんだな」
妹「そ・・・そんなこ・・と」
俺「それそれっと」
妹「あ・・・っぁあああーーー!」

全く、足裏マッサージしてるだけなのに、騒々しい妹だ。



僕の、味に関する初めての、そして最良の思い出

453 名前:名無しさん[] 投稿日:2000/04/24(月) 03:31
母の実家は、埼玉です。
僕が小さい頃、母は毎年のように実家に帰っていました。
僕がまだ小学校に上がってない頃だったと思います。
僕と、僕と二つ違いの妹、それから母の3人で、実家から空港に向かう道中のことでした。
母は、タクシーを拾おうとするもなかなか拾えず、途方にくれていました。
しかたなく3人で大きな道路沿いを歩いていましたが、母のつかれた顔を見て、僕ら兄妹もなんだか暗い気持ちになりました。
親のそういう気持ちは、子供にも伝わるものです。

とぼとぼ歩いているうちに、焼きそばの屋台の前を通りかかりました。
母は、そこで焼きそばを買い、歩き疲れた僕たちに食べさせてくれました。
その味の、なんと美味しかったことか。
あの味は、20年以上経った今でも忘れられません。
そして、いまだに僕は、あの時味わった焼きそばより美味しいものに出会った覚えがありません。
僕の、味に関する初めての、そして最良の思い出です。


兄妹「どっちがパパを愛してるのかって、言い争ってたんだ」

133 :名無し@テケナー:2006/11/03(金) 11:23:56 ID:mNyN4MPc0
ありふれた一般家庭
そこに言い争いをする兄と妹がいた

それを父親が目撃し、止めに入る
父「こらこら、どうしたんだお前たち」
兄「どっちがパパを愛してるのかって、言い争ってたんだ」
父「お前たち…」

うっすらと涙を浮かべ、子供たちの頭をやさしく撫でて部屋を後にした父
するとまた言い争いが始まる

兄「お前のほうだよ」
妹「お兄ちゃんよ!」


親戚にとても仲のいい幼い兄妹がいた。

667 名前:癒されたい名無しさん[age] 投稿日:05/02/14 04:52:49 ID:zdiE8p+k
親戚にとても仲のいい幼い兄妹がいた。兄は3才の康介ちゃんで妹は2才の愛ちゃん。
21だった当時の俺も可愛くてたまらない子供達だった。
しかしある年末、その仲のいい兄妹の妹の愛ちゃんがトラックにひかれて死んだ。
その愛ちゃんの家族・親戚はもちろん泣いていた。
俺はあまりにも急過ぎて実感がなかった。そして愛ちゃんの兄、康介ちゃんも泣いていなかった。
俺は多分3才だから何が起きたかわかってないんだろうなあと思っていた。


668 名前:癒されたい名無しさん[age] 投稿日:05/02/14(月) 05:00:33 ID:zdiE8p+k [2/3]
続き

そして棺桶に眠っている愛ちゃんを見れる最後の時(火葬の前)
みんなが最後の別れをしている中、一人違う所へ走って行く小さな姿があった。
俺は多分康介ちゃんと思い追い掛けた。すると康介ちゃんは泣いていた。
大泣きじゃない、必死に涙をこらえようとしていた。
それでも涙が出てきていた。俺は間違いに気付いた。
康介ちゃんは愛ちゃんが死んだ事がわからなくて泣いてなかったわけではなく、
妹の前では立派でたくましいお兄ちゃんでありたいと思って涙をこらえていたのだと。


669 名前:癒されたい名無しさん[age] 投稿日:05/02/14(月) 05:13:10 ID:zdiE8p+k [3/3]
続き2

それを感じた俺も涙が出てきた。3才の康介ちゃんの心情を思うと悲しくて。
俺は泣いている康介ちゃんの手を引っ張って愛ちゃんの所へ連れてった。
康介ちゃんは愛ちゃんの顔を見るなりついに大泣きしだした。『愛ちゃん行っちゃだめだよ!』
とも連呼していた。俺を含む大人達にはその言葉があまりにも痛かった。

小さな体の康介ちゃんと愛ちゃんだけど2人の間には大きな絆みたいな物
があったんだろうなと思う。



携帯から長文スイマセン。


読者登録
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
厳選
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ