ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

優しい人



私には彼氏がいました。初めての彼氏でした。

761 名前:癒されたい名無しさん[sage] 投稿日:2006/11/11(土) 03:34:41 ID:5nz7JXaZ
数年前のことです。
私には彼氏がいました。初めての彼氏でした。
大好きで大好きで、精一杯大事にしていたのですが、三ヶ月弱で別れを告げられました。

何か思い当たる節があれば良かったのですが、そのほんの数日前
まではごく普通にデートしていたので、信じられない思いが勝ってしまいました。
私は、友人たちにたくさん迷惑をかけ、数ヶ月を過ごしました。

そんな私を好きだといってくれるひとが現れました。
以前から知っているひとでした。
私はそれを受け、彼とつきあい始めました。
けれど、支えてくれるひとが現れたことが嬉しいことと同時に
罪悪感もありました。彼は元彼に似ているんです。
彼を利用しているだけのような自分が、実はとても嫌でした。

彼とつきあい始めて数日。元彼と共通の友人が、私と元彼をとった
写真を持ってきました。
「傷はもう治ったんでしょう?」と彼女は言いました。
本当に悪意のない行動でしたから、かえって抗議することが出来ず、
受け取ってしまった写真を持ち帰り、嬉しかったことや楽しかったことを
思い出してぼろぼろ泣きました。
そして、何故そんなことをしたのか自分でもその思考過程を
よく覚えていないのですが、彼に写真を受け取ってしまったことを話しました。
苦しいことも伝えました。

彼はいつも通りの穏やかな声で
「そうか、それは辛かったね。俺が燃やしてあげるよ」
と言ってくれました。
翌日。
彼は本当に、私の目の前で写真を燃やしてくれました。
焼けてしまう写真を見ながら、悲しくて悲しくてないてしまった私に彼は
「ああごめんね、もっと時間がたってからにすればよかったね。辛い思いをさせてごめんね」
と謝りながら頭を撫でてくれました。
彼には何一つ非がありません。悪いのは、この時点では知るよしもなかったのですが
実は二股をかけていた元彼と、それを見抜けなかった私です。
なのに、なんども「辛かったね、ごめんね」と言ってくれました。
そのとき私は、彼のことを心から好きだと思えました。

今でもそのひととつきあっています。
今でも、とても穏やかでやさしいひとです。
いつか、あのときどれだけ私が救われたか、話してみたいと思っています。


毎日雪が降るなまり色の空を見上げながら職場と家を往復する仕事の帰り道。

627 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:2006/04/15(土) 18:31:02 ID:3cOfRf2S
毎日雪が降るなまり色の空を見上げながら職場と家を往復する仕事の帰り道。
人付き合いが苦手で、そんな自分を責めては泣いて、泣いては責めて落ち込んでいた日々。
ある日の帰り道、除雪がされていない、人の足だけで踏み固められた細くてボコボコの道をいつものように暗い気持ちで歩いていたら・・・
向こうからおじいさんが歩いてきた。
おじいさんも私に気付いて、何故か来た道を戻り始めた。
立ち止まって、おじいさんの様子をうかがう私。

雪道が途切れたところまで戻ったおじいさんが振り向き、遠くから私を手招きしている。
おいでって事なんだなぁー・・・。
OLファッションの私を気遣ってのことなのかなぁと思いながら、コートにスカートにブーツという事を忘れて、
人目をはばからず、おじいさんを待たせないように夢中で、走ったよ。
おじいさんの所までたどりつきお礼を言う。
老人は何も言わず、にこにこ笑って、私が走ってきた道をまた歩いて行った。

どっちかが道からはずれて雪の中によけなきゃいけないから。
人からの優しさが心にも身にしみて、家路まで涙も鼻水でぐちゃぐちゃだったよ。

優しさを忘れないでいられるようでありたいなぁと老人を思い出して、心の中で誓う。


マウンテンバイクで山道を走る

309 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:04/12/12 02:51:44 ID:wmpQSaNO
このスレいいな。
俺の話は涙を誘うほどではないが聞いておくれ。

俺が小6の時の話。
山の学校でいろんな活動の中から好きなものを選択できるものがあって、
俺は「マウンテンバイクで山道を走る」みたいなの選択した。
それは二日間あって、一日目はそれなりに楽しんだ。
でも、マウンテンバイクの中にもにも調子がいいのと悪いのとあって、調子が悪いやつは
切り替えが利かなかったり、ブレーキが利きにくかったりした。
一日目が終わったあとマウンテンバイク選択者の間に「赤いやつ(20台くらいある)が調子がいいらしい」
という噂が流れていた。実際一日目に俺が乗っていたのも赤いやつだった。
二日目。俺に渡されたのは緑色のタイプだった。
そこで当時(今も!?)自己中だった俺は、となりの奴が赤いのをもらっていたので
そいつが少しおとなしめのタイプだったのをいい事に「交換しないか?」ともちかけた。
そいつも赤いやつが調子がいいという噂を知っていたらしく結構ちゅうちょしていたが、
俺は半ば強引に交換した。

長くなりそうなのでとりあえずここできる。



310 名前:309[] 投稿日:04/12/12(日) 03:40:26 ID:wmpQSaNO [2/2]
309の続き・・・

二日目の活動が始まりマウンテンバイクで少し走ったところ、
あきらかに俺の赤いマウンテンバイクはおかしかった。
切り替えが利かない。
さらにチェーンがえらいギュルギュル鳴っている。
そしてもう少し走るとガチャンッという音とともに俺のマウンテンバイクは、
いくらこいでも進まなくなった。チェーンが切れていた。
俺は壊れたマウンテンバイクを押しながら
あぁ、天罰が下された・・・と思った。
しかし辛いのはこれだけでなく、先導の教師や他の生徒達は
「どしたん?」とか声は掛けてくれるもののみんな先に行ってしまう。
まだ帰り道は5キロくらいあった。
半泣き状態になって一人でトボトボ帰っていると、
まだ俺の後ろにいたらしい友達の木下というやつが快調にマウンテンバイクでやってきて、
「どしたん?チェーン切れたん?」と言ってきた。
俺が(また先に行ってしまうんだろうなぁ)とか思いながらうなずくと
そいつは特に何も言うことなく俺のペースに合わせて進み始めた。
「先に行っててええよ。」と言っても木下は俺のペースで進む。
俺の気分を落ち込ませないようにするためなのか、普段のとりとめのない話をしてくる。
それどころか、自分もマウンテンバイクに乗りたいからこれを選択したはずなのに、
「じゃあこれ交互に乗ろうやぁ」とか言ってきて、自分のマウンテンバイクを降りて
俺と変わろうとした。
さすがに俺もそれは悪いと思い断ったが、結局交互に乗ることになった。
自転車はチェーンは無くてもタイヤは回るので、
一人は正常なマウンテンバイクに乗って、もう一人は切れたチェーンをハンドルにぶらさげて
地面を蹴って進んで、5キロの道を帰った。
最初は悲しくて半泣きだったのに、最後のほうは感謝の気持ちで涙をこらえながら帰った。

こんなやさしい人も世の中にはいるもんだ。
長くなって悪い。

https://life7.5ch.net/test/read.cgi/healing/1098118467/

電車の中での出来事。大学生カップル同士かな。

874 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:2009/09/20(日) 00:18:33 ID:roNsOIkR0
電車の中での出来事。大学生カップル同士かな。
席が一つ空いて二人でジャンケンして彼が勝って彼着席。
次の駅着いたら、目の前に居る彼女に
彼「○○ちょっとどいて!」
彼女「なんで?」と言いながらどく。
近くに妊婦さんが居て
彼「良かったら座ってください。」
妊婦「ありがとうございます^^」
彼女「○○優しいね!」
彼氏「うっせwww」
ちょっと癒された。


当時私は17歳で、1年間の留学の出発日だった。

984 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/17(水) 17:42 ID:hBFlvOH1 [1/2]
9年前になる。
当時私は17歳で、1年間の留学の出発日だった。
起床予定より15分早く、何かに起こされた。
阪神大震災だった。
私の住む町は大阪で、さほどの被害はなかったけれど
電車は動かない。道は大渋滞。出発できない。

17歳の私にとって、留学という事への大きな不安と、
その出発に間に合わないのに電話が繋がらずどこへも連絡できない不安、
そしてすぐ近くで起こっている大惨事、日に日に増える死者の数への恐怖でただひたすら怖かった。


985 名前:984[sage] 投稿日:04/03/17(水) 17:42 ID:hBFlvOH1 [2/2]
当時は成田からの出発と決められていたので、
その3日後、京都からかろうじて動いていた新幹線に乗って出発した。
飛行機で13時間程の国。
空港に出迎えにきているはずの現地のコーディネーターがいない。

言葉もほとんどわからない中、かろうじて繋がった電話。
日本からの連絡が行ってなかったらしい。

その翌日、私のホストファミリーが待つ町へ飛ぶはずの飛行機に乗った。
これもコーディネーターが言っていた都市と違う。
でも、この時間に飛ぶ飛行機はこれだけ。

本当に合っているのかな?
知らない国、通じない言葉、あの混乱の中で離れた日本の家族を思って
不安で胸が張り裂けそうになり、涙を止められたなかった。

すると隣に座った現地のおばあちゃんが話し掛けた。
「どうしたの?家族と離れて辛いの?恋人と離れて悲しいの?」
色んな不安を言葉で説明できなかったので、ただただ頷いた。
「まあ・・大丈夫よ。大丈夫よ」
と言っておばあちゃんは私の手を両手で握り、手の甲にキスをした。
おばあちゃんの手はしわくちゃだったけど、とっても温かかった。
また涙が止まらなかった。

見知らぬアジア人の私に、分け隔てなくこんな風にしてくれて、この国の人の素晴らしさを体感した。
「辛そうにしている人がいたら、声をかけてあげよう」
そう決めた人生の一日、指輪物語が撮られた国でのできごとだった。


電車に乗ってる時にとなりに立ってるOLさんが気分悪そうにしてた

337 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:o03estWi
以前満員気味の電車に乗ってる時にとなりに立ってるOLさんが気分悪そうにしてた
立っていられない状態でふらふらなんだけど満員だから座り込むことも出来ない

席席      席席
男女 OLさん 人人

人人      人人
席席      席席
  ↑
こんな感じ

すると四人掛け席の窓際にカップルで座ってた男がOLさんをちらっと見たかと思うと急に彼女に
窓際と代わってと言い出した(向かい合って話してたので彼女は気付いてない様子)
そしてさっと変わったかと思うと男がOLさんに大丈夫ですか?座ってて下さいと席を譲ってた
彼女も理解したようで鞄から水をだして冷えてないですけど未開封ですのでよかったら飲んでくださいと言ってた
30分ほどでOLさんはカップルにお礼を言って去って行ったがその後のカップルは終点まで乗っていた
その後そのカップルは特に話題にすることなく普通に喋っていたが彼らにしてみたらごく当たり前の事なんだろうなぁ
と思うとすごくほっこりした


遊園地に鏡の迷路があって、入口に父親を残し一人でそこに入ったら見事に迷った。

57 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:2008/11/07(金) 00:23:58 ID:xIAYMb5e
私が小学生の頃遊園地に鏡の迷路があって、入口に父親を残し一人でそこに入ったら見事に迷った。
周りは鏡だらけで暗く、どこを見ても自分しか映らない環境に大泣きして怖くて怖くて堪らなかった。
そこに偶然現れた高校生ぐらいの兄ちゃん達。
泣いてる私の肩に手を置いて、一緒に出口まで歩いてくれましたね。
大丈夫だよ泣くな。と声をかけてくれて、置かれた手の温かさに安心した記憶が今でも心に残っています。
あの時は泣いたままでお礼さえ言えなかった。
だから遅くなったけど今言わせてください。ありがとう。

私、大学生になったよ。
貴方達みたいな優しい人になれるよう頑張るよ。



読者登録
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ