8 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2019/03/14(木) 06:17:11.08 ID:AJ29f7qC0
ウチの嫁さんは九州女。

九州の気性の荒い漁師町で育った両親に厳しく育てられ、小さい頃
から剣道一筋で生きてきたから情に厚く曲がったことが大嫌いで
男勝りな「オットコマエな女」だ

元々同僚でお互い惹かれ合って結婚したんだけどこの嫁さん、ダンナで
あるオレを掌の上で転がすのが上手いことこの上ない
外ではしっかりオレを主人として立ててくれて、内ではオレのダメな
部分を根気よく矯正してくれて実両親が驚くぐらい真っ当な人間に
してくれた

おかげで両親からはことあるごとに「今のアンタがあるのは嫁さんの
おかげじゃけーの!大事にせんと許さんど!!」と脅される始末

言われるまでもなく日々感謝を忘れないのは勿論のこと、どんなときも
「これ嫁が喜ぶかのー」「嫁が見たらどんなリアクションするかのー」
ってな具合に常に嫁ありきな思考回路で行動してる

そんな竹を割ったような真っ直ぐで清々しい嫁(44)だけど、オレの
一生涯で使える運の殆どを使って一緒になれたと思ってる。それだけの
価値が今の生活にあると胸を張って言える

…という話を中学生の息子(15)に真顔でしたら、なんとも言えない表情で

「そんな両親のノロケ話を聞かされても…リアクションに困るっちゃけど…」

と、言い捨てて自部屋に逃げられた。嫁に助けを求めようと声を掛けると、

「アンタそんな恥ずかしいハナシ、よくシラフで言えるっちゃね?!」

と、耳まで真っ赤にして抗議された。事実やけ良かろーもんと反論すると、

「うるさい!えーけイラン事言うな!!」

とピシャリ。
でもその後、コタツで横に引っ付いて座り、ずーっとニコニコしてたから
嬉しかったんだろうな。

この何気ない日常が幸せだなぁ、と思える今日このごろ。