ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン

不思議



ノコギリを持った男が俺の部屋に立っている・・・ 俺は恐怖のあまり動くことが出来ず、ただその男を眺めている。

347 :本当にあった怖い名無し:2009/12/31(木) 01:00:27 ID:N+H3sWYaO
俺は久々に嫌な夢を見た
ノコギリを持った男が俺の部屋に立っている・・・
俺は恐怖のあまり動くことが出来ず、ただその男を眺めている。
すると男は突然ノコギリで家の柱を切り出した!
思わず「やめろ!!」と叫ぶ俺

するとゆっくりこちらを振り返る男
その顔は、見るも無残に潰されて顔中に釘が打ち付けてある
「お前もこうなりたいのか?お前もこうなりたいのか?
してやろうか?してやろうか?」

ゆっくり俺に近づく男・・・俺は金縛りにあったように動けず、そして・・・
男のノコギリが俺の顔に・・・

そこで目が覚めた

嫌な夢だ、後味が悪い・・・俺は水を飲もうと立ち上がった
俺の目に飛び込んできたのは、無残にも傷つけられた家の柱!
俺は恐怖で腰を抜かしてしまった、あの男は現実に!!
そして次はホントに俺の顔が刻まれてしまうのではないかと

その日のバイトで、俺は寺生まれで霊感の強いTさんにその夢を相談してみた
しかし、Tさんは「しょせん夢だろ?」と冷たい対応
仕方がなく俺は教会育ちで神父のKさんに相談する事にした


348 :本当にあった怖い名無し:2009/12/31(木) 01:02:50 ID:N+H3sWYaO
しかしKさんは俺に「大丈夫です、あなたには私と聖なる力が付いています」とだけ言って帰って行った

次の日、不安ながらも朝の早かった俺は床に付いた、そこでまた夢を見た
「つづき、つづき、つづき!つづき!つづき!つづき!」

またあの男だ!!俺は夢の中でKさんの事を信じて必死に恐怖に耐える事しか出来なかった
しかしKさんは一向に現れない・・・男はついに俺にノコギリを振りかざした。
もうおしまいだ!!

そう思った次の瞬間、Kさんが部屋の窓を派手に割って俺の目の前に現れた。
「あいたた…やはり派手なアクションは私向けじゃありませんね」
Kさんに気付いた男は、背を向けた彼の頭目掛けてノコギリを振り下ろした。
「Kさん!危ない!!」
俺がそう叫ぶと、なんとKさんは素手でノコギリを受け止めた。

「神の御加護があらん事を・・・」
Kさんがそう呟くと、男の動きが凍り付いたように静止した
「ア ー メ ン」
Kさんが胸の前で十字を切りながらそう唱えると、男の体はまばゆい光に包まれて跡形も無く吹き飛んだ
Kさんは手に刺さったノコギリを抜いから、血まみれの手を隠すようにしてこちらを向いて微笑んだ。それから俺は夢から目覚めた

その話をTさんに話すと
「全身を吹き飛ばすとは・・・あいつまた強くなりやがったな・・・」Tさんはタバコに火を付けながらそう呟いた。

「困っている人を見捨てるとは、貴方も堕ちたものですね」
どこからともなく現れたKさんがTさんに言った。
「俺だって悪霊払い三昧で忙しいんだよ。それよりお前、その手はどうした?」
「これは・・・料理中にちょっと手を滑らせてしまいまして・・・ね」

寺生まれもスゴイけど、教会育ちもスゴイ、俺は新しい感動を覚えずにはいられなかった。


何年か前、俺が風邪からくる肺炎にかかってしまった時のこと。

986 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/08/29(土) 02:35:14 ID:SqPmGftq0
猫で思い出した。
俺は赤ん坊の頃、うちで飼っていた猫の子供みたいに世話されてた。
ベビーベッドの中で添い寝は当然だし、俺が泣くと親を呼びに行く。
本当に助かったわーと母が言ってた。
今では衛生的に無理だし危険だと思うけど、30年以上前はそういう感じだった。
たぶんその猫は俺のことを毛の少ないでっかい子猫だと思っていたんだろな。
ある日突然になくなって、数年後、近所の用水路の中から骨だけ出てきた。

で、何年か前、俺が風邪からくる肺炎にかかってしまった時のこと。
あついんだか寒いんだかわからず布団をはいで、脇に丸めておいたら、
そこに月の明かりが差して、でっかい猫の腹が呼吸しているように見えてしょうがない。
と思ってるうちに、俺の胸から喉のあたりをざらざらのでっかいベロが
べろーん と舐めた。
うわー猫だ猫だ!でもベロの幅が二十センチぐらいあるんだぜw
俺にとって猫の臭いって猫乳の臭いなので、乳くさいなーと思ってやっとアイツだとわかった。
俺のこと、まだ子猫だなーと思ってるんだとなんか嬉しいような情けないような。
自分の体温が移ってるはずの布団が、ほんのり湿っていて
それで熱くなってるのを感じながら眠ってしまった。
肺炎からくる熱はその晩を最後に出なくなった。

母親に聞いたら、あの猫は俺のこと子供だと思ってて、
母を威嚇したこともあったので、本当は怖かったんだってさ。


あっちに寝返りこっちに寝返り繰り返しながらうとうとしていると、何者かが布団を強く引っ張ってきた。

278 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/12/08(木) 18:02:57.88 ID:YPy/XtS20
数日前の話。

なかなか眠れず、あっちに寝返りこっちに寝返り繰り返しながらうとうとしていると、何者かが布団を強く引っ張ってきた。
是が非でも眠りたいので、こちらもかけ布団に包まり抵抗を続けるが、健闘虚しく更に強く引っ張られ部屋のドアに叩きつけられる俺。
しょうがないので恐る恐る起きて、犯人を確かめるべく部屋の中央を見ると・・・・・・ひたすら踊っている青年がそこに居た。

何を踊っているのか見ていると、ひたすらハイなテンションで「マッチ。近藤真彦」だと教えてくれる彼。
俺世代違うからよく分からんけど、なんだか楽しそうなのでこっちもハイになって親指立ててGJサイン。

なんでも生前大好きだったそうで、このGJサインで気が合ったのか他にも大好きだったものを聞いたりして語り合った。

気づくといつもの寝室で、この様な楽しい幽霊ならまた話したいと思った良い体験だったw


かーちゃん「今まで旦那にお礼言われたの2回だけ」

523 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/11/10(水) 16:24:06 ID:QhFgc/WI0
心霊か怪しいんだけど、ここ見てたらなんかふと誰かに言いたくなったので。

1年半くらい前に父が他界した。
直前まで竹の子取ったり畑耕したり普通に肉体労働してた人が、ほんと突然。
お茶啜ってる間に大動脈瘤だかが破裂して殆ど即死だったっぽい。

葬式終えて暫くしたくらいだったと思う。
かーちゃんと二人で話してて、どんな流れだったか忘れたけど、
「私(かーちゃん)今まであの人(旦那)にお礼言われたの2回だけだよ」って。

聞いてみたところ、1回目は、同居してた祖母(父の母親)の葬式の直後。
癖のある性格の人で決して嫁を可愛がりはしなかったし、
最期の方とか認知症も大分進行してて当時中学生の孫(私)がご近所様に本気で土下座したこともある。
色々大変だったけど姑を「最期までずっと面倒見てくれてありがとう」って。

2回目は、父が他界する一週間くらい前だったそう。
誰の誕生日だとかでもないし、結婚記念日やらのイベントもちょっと時期が違うし、
そもそもイベントがあったところで改めて感謝とか示すタイプの人じゃないし、
でもなんでかいきなり、「25年間、ありがとう」って言ったそうだ。

どっちも自分の嫁以外誰も聞いてないタイミングでってあたりが、
あの世代の人っぽいというか、なんというか。

気紛れで言う内容じゃないだろうし、本人はなんとなく、予感とかしてたのかなぁ……
個人的にちょっと不思議というか、ざわざわする話でした。


父が亡くなって一年くらいのころ、昼寝の夢にパジャマ姿の父が現れたことがあった

798 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2010/11/30(火) 00:44:43 ID:FKMdGbZRO
パワーか・・・
父が亡くなって一年くらいのころ、昼寝の夢にパジャマ姿の父が現れたことがあった
あまり疲れた様子なので寝室に案内して休んでもらう
でも程なく、突然パジャマのまま外に飛び出して行ってしまう
「お父さん、そのかっこのままじゃあんまりですから」と後を追ったけど見失ってしまう、そういう夢
その同時刻、主人が僅かの差で感電死から逃れるという事件があった
遠いところから、主人を救いにすっ飛んできてくれた父・・・


シャンプーを使いきったので詰め替えようと洗面所のストックを風呂場に持っていった

858 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2014/10/14(火) 22:27:05.96 ID:OTwZzujR.net
風呂あがり、シャンプーを使いきったので詰め替えようと洗面所のストックを風呂場に持っていった
さあ詰め替えようと思ったが、よく見るとそれはコンディショナーだった
おっとあぶねぇ、というわけで再び洗面所に向かって今度こそ詰替え用のシャンプーを手にとったら
なんということでしょう、それもまたコンディショナーだった
夜遅い時間帯だったので、しょうがなく翌日の帰り道でシャンプーを買ったよ
だがしかし!よく見たらそれもコンディショナー!!これでストック3個め
なんだよこれ、今流行りの妖怪の仕業か!?

……仕方ないので今は亡き猫のシャンプー使って事なきを得ましたが泡立ちとか色々微妙だわこれorz


東大卒の後輩がすげえwwww

877 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2010/10/06(水) 18:43:32 ID:xqOLi4if
会社の資料を作るのに、東大卒の後輩が
百冊ぐらいの雑誌や専門書を読んで、俺らに、わかりやすいようにと
ノート4冊にキレイな図まで描いて、まとめてくれたこと

更に言えば、それを3日でやったこと

「隅々までは読んでないッス、適当ッス」

仕事はできるし、かつイケメンで誰にでも優しく、いつも腰が低い

俺からみたらスーパーマンみたいな彼が、この会社にいるのが不思議だ


今日は休みだから昼まで寝ようと思っていた

544 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/07/29(水)08:36:27 ID:L2.cz.L1
今日は休みだから昼まで寝ようと思っていた
普段はめったに見ない夢(自分ははっきり夢だってわかってる)を見てたんだけど、唐突に一緒に住んでるばあちゃんが出てきて「起きて!起きて!助けてくれ!」って泣きそうな顔で俺に訴えてた
汗びっしょりで目が覚めて、もしかしたら予知夢とかか!?と思ってばあちゃんの部屋に向かったらいない
ばあちゃんどこだ!?って言いながらキッチンに行ったら台に乗ってポカーンとしているばあちゃんと目があった
塩のストックが切れて戸棚から出そうとしてたけど届かなくて、でも俺を起こすのは申し訳ないと迷ってたらしい
夢の話をしたらばあちゃん爆笑してた
多分偶然なんだろうけどなんか笑った


怖い映画を見てたら幽霊が出たシーンでテレビが固まって電源が入らなくなった

303 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2020/06/05(金) 08:17:36.72 ID:tU+vZU8y
ショボい体験談だけどオカルト好きとしてはわくわくしたので書かせて

去年の夏頃家に一人で怖い映画を見まくってたときある幽霊が出たシーンでテレビが固まって電源が入らなくなった
業者を呼ぶと問題なく動くんだけど帰ってしまうとまたつかない
家族とふざけて呪いか?とか言ってた
1週間くらい続いて、私が大怪我をしたらテレビはケロッと治った
1ヶ月くらいしてやっと怪我が治って落ち着いて来ると今度はびっくりするくらい運が良くなった
宝くじがあたったりとかそう言う感じ。怪我で厄落としだったのかなと勝手に納得してた
回復祝に4人でTDLに行ったらあいにく雨だったんだけど私達が店に入ると土砂降り、出ると晴れる雨直後だからほとんど並んでないアトラクションに乗れる、予約でいっぱいだったホテルに空きがたまたま出る感じでラッキーは続いていた
ただアトラクションに乗るときもレストランでも必ずや5名様ですね?って確認されてた
その日を境にラッキーもなくなり普通の日常に戻った
幽霊もTDLに行けて満足したんだろうか


祖母の葬儀が終わり2週間程経って、元の生活に戻り始めた時のことです。

830 名前:1/2[sage] 投稿日:2009/08/16(日) 05:39:58 ID:w74MxZML0
自分ではなく、弟に起こった話です。

今から10年程前、祖母が亡くなりました。とても優しい祖母で、私たち
孫はもちろん、嫁いで来た母にも良き姑でした。
しかし、亡くなる2年ぐらい前から痴呆症を患ってしまい、会話のキャッチボール
なんてとても出来ない状態でした。
そんな祖母は、痴呆を患っていたせいで自らの体調がおかしいことに気付けず、
周りの人が「何かおかしい」と気付いた頃には既にガンが体中を蝕んでいました。
ガン発覚後、半年程で他界してしまったのですが、通夜・葬儀ともに大勢の方に
足を運んでいただき、祖母の人格の高さを再認識していました。


831 名前:2/2[sage] 投稿日:2009/08/16(日) 05:42:15 ID:w74MxZML0
葬儀が終わり2週間程経って、元の生活に戻り始めた時のことです。
当時、弟は高校生でバンド活動をしており、音楽にのめり込んでいた時期
だったので、ウォークマンで音楽を聴きながら自転車に乗っていました。
登校中、いつものように音楽を聴きながら走っていると、交差点に差し掛かった
ところでイヤホンから「○○くん・・・○○くん・・・」と、弟を呼ぶ祖母の声が
聞こえたそうです。驚いてブレーキを掛け、後ろを振り返ったりしたそうですが、
当然、誰も弟を呼ぶ人はおらず不審に思いながらも走り出そうとした直後、
交差点を一時不停止&猛スピードで横切る車が通った、とのことでした。
もし、弟が止まらずにそのまま走り続けていたならば、確実に轢かれていたと
思います。その話を夕飯の席で弟が話すと、母は「きっとお婆ちゃんが助けて
くれたんだね」と言っていました。
それ以来、弟は音楽を聴きながら自転車を走らせることは止めるようになりました。

私も今まで3回交通事故に遭っていますが(うち2回は車が大破する大事故)
不思議なことに掠り傷1つ負っていません。優しい祖母のことなので、きっと
天国でも私達を見守ってくれているのだと思います。


50メートルほど前方の踏み切りにおっさんが立ってた

908 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/04/09(土) 10:05:25.31 ID:OnM0h62S0
これまで何度か霊的な体験をしたことあるけど、幽霊らしきものに驚かされてた人を見たよ

もう10年くらい前だけど、残業でかなり遅くなった日、駅から自宅に向かってトボトボ歩いて帰ってたんだ
そしたら、50メートルほど前方の踏み切りにおっさんが立ってた
でよく見るとそのおっさんの前方には白いモヤのようなものが浮かんでた
うぇえ、あれ幽霊じゃね?
俺が先に行かなくてよかった~と、ちょっと安心した

しばらくするとおっさんは「うあぁぁぁくぁwせdrftgyふじこlp;」と調子の外れたような声をあげて後ずさりして、こっちを振り向くとすげぇ引きつった顔で猛ダッシュしてきた
すると白いモヤもすぅーっとおっさんのあとを追いかけてこっちに向かってくる

んでそのおっさんは俺の脇を風のように通り過ぎた
うわぁ、モヤが迫ってくるぅ!
俺もかなりビビリだから、マジで足がすくんでしまい動けなくなった

迫るモヤが俺の前ですっと止まった
ターゲット俺に移った!?
逃げなきゃ!
でも体動かねぇ!
俺もうダメ、死ぬ
いろんな思いが一瞬で駆け巡った

だが白いモヤが立ち止まった(?)のはホンの一瞬のこと、ソロリソロリと俺をよけるとまたおっさんを追いかけていった
害が無かったのは良かったけど、華麗にスルーされた俺の気分はちょっと複雑だった
というか、なんだよあのよけ方は
俺は生ゴミかよ
あと、あのおっさんどうなったんだろ

ちなみにこのあと何度かここを通ったけど、そんな白いモヤを見ることはもう無かった


夜中に麻酔が切れ、朦朧として、唸ってると、 傍らに赤いパジャマの十歳位の女の子が・・

629 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/02/22(月) 04:17:58 ID:DCIkxYk1O
中五年前に事故って左手首を手術。
夜中に麻酔が切れ、朦朧として、唸ってると、
傍らに赤いパジャマの十歳位の女の子が・・「痛いの?」と頭の中で声がしたので、うんと答えたら、
「大丈夫、大丈夫」とまた声が・・
その子か左手を撫でてくれてたら、痛みが和らぎそのまま熟睡。
翌朝も痛みが無い。
ありがとう、と心の中で言った。
その病院の小児科は三年前に廃止されている。
あの子は苦しんでる患者を、ああして助けているんだろう。
多分、いまでも。


夜、雪が降ってるにもかかわらず、じぃちゃんが外に出て行って、どんどん後ろ姿が小さくなって行く。

396 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/11/30(月) 22:11:58 ID:N9EVqvVPO
霊体験ではないけど、ちょっと不思議な話し。

高校3年生の時に一緒にくらしてたじぃちゃんが亡くなった。
しばらくの間、ちょくちょく夢に出てきてたんだけど、高校卒業間近に見た夢は不思議な夢だった。

夜、雪が降ってるにもかかわらず、じぃちゃんが外に出て行って、どんどん後ろ姿が小さくなって行く。

私『あのね、私、就職きまったんだよ!(実際決まったばかりだった)』

じぃ『そうか!良かったな~!頑張れよー』

私『うん!でも、こんなに雪が降って寒いのにどこいくの?』

じぃ『じぃちゃんなぁ、もう修行に行かなきゃならんのだわ…』

と言い残し雪の中を歩いて行きました。
それ以来、あんなに頻繁に見ていた夢も見なくなりました。
今思えば、なかなか就職が決まらない孫が心配で、あちらの世界に行けなかったんでしょうね。
良かったな!って言ってくれた時の嬉しそうな顔がいまだに忘れられません。

長文のうえ、携帯からのかきこスミマセン。


夕方、日頃しない散歩をしていたら、田んぼの畦からミャーミャー鳴く声が。

114 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/11/08(木) 12:32:36.29 ID:P3a9jabY0
3年前の今頃、子猫を拾った。
夕方、日頃しない散歩をしていたら、田んぼの畦からミャーミャー鳴く声が。
その時は親が近くにいるだろうと思い、一旦は通り過ぎた。

帰り道に同じ場所を通ったら、また鳴き声がする。
よく聞けば、人が通る時にしか鳴いていない。
何だか助けを求めているように思えたので、枯れ草をかきわけてみたら
掌サイズの白い子猫がいた。

これは縁だと思い、連れ帰る事に。
薄暗い中、手に乗せていると何だかヌルヌルする。
ヘドロでも付いているかと思い、街灯の明かりでよく見たら
何と背中と耳が裂けて血が出ていた。
(昼間に近くの空き地で草刈りをしていたので、
その時に草刈り機に巻き込まれたのだと思う)

その後、動物病院で手術をして、今は元気なうちの子に。
(残念ながら耳は血行不良のために、半分の長さになったけど)
猫に助けを求められた不思議な体験だった。


この子を探してほしい。見つけたら教えて。

223 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/17(金) 20:09:09.05 ID:HmxkHWA20
この話があってからちょうど一ヶ月たったので、気持ち切り替えのためにも
スレチじゃないと信じて投下してみます。長文&乱文になるかも知れません。

うちの愛猫、スズが突然いなくなった。
スズは完全室内飼いだったし、大人しい子で家を抜け出すなんてした事もない子だった。
だからこそ怖くて、そこら辺探し回ったけど見つからない。
一週間たっても見つからなかった。
都会という事もあって、迷子になったり事故にあったりしたのかも知れない。
迷子猫の見つけ方とか、色々調べてみたけど何も見つからなかった。

そんな時、見つけたのが
「近所にいる猫に「うちの子を探して」と言ったら見つかった」っていう、コピペ。
多分、オカルト板にあったのかな。

ダメ元でも試してみようとした。
でも私はこのコピペの人みたいに近所に猫なんかいなかったし、
関わりがある猫なんて、スズしかいなかった。
だから探し回って全く知らない野良を見つけて、おやつをあげて
「この子を探してほしい。見つけたら教えて。」とスズの写真を見せた。

その時はおやつだけ食べてババッと逃げていったからダメかと思った。
所詮人間と猫だし。なんて考えてた。
一週間たっても一ヶ月たっても、その猫は現れない。

やっぱり人間の言葉なんか通じないか、と思って諦めてたら
全く関わりのない向かいの家のおばさんが、家を訪ねてきた。
(長くなるので会話だけにします)

おばさん「突然ごめんね、貴方の家をグルグル回ってる猫がいるんだけど。」
私「どんな猫ですか?」←もしかしたらスズかと思ってる
おばさん「白色でグレーの模様が入ってるんだけど・・」

224 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/02/17(金) 20:20:46.71 ID:HmxkHWA20
続きです、ごめんなさい。

私「もしかして、ヒゲが長いですか?」
おばさん「そうそう!マツゲみたいなところも長いの。
      一週間前からいて、貴方の猫かなぁと思って・・」

ハッとした。おばさんが言う猫は、あの時たずねた猫だった。
私は慌てて最後まで話も聞かずに「ありがとうございました」と家をでた。
でも猫はいなくて近くを探してたら、あの時の猫が現れた。

私「スズ見つけたの?どこにいるの?」
って聞いたら、その猫は小さく、本当に消えそうな声で「ニャ」って鳴いて歩き出した。
ついてこいって言ってるのかなって思って追いかけたら、
隣町の小さな小さな公園についた。誰もこなそうな、すごいサビついたところ。

「ここにいるの?」って聞いたら、猫はその場でジッと座った。
私は不思議に思いながら公園を探したら、血の引きづったようなあとがあって、
それはトイレにまで続いてた。

もしかしてって思ってトイレを見たら、スズの死体があった。
すごい綺麗で、血だけがついてるような死体。
泣きながら抱きしめたら、どうやら引きづられた時にできたようなあとだった。

ごめん、手がふるえてきたから簡潔に話す

スズが生きて14年。老衰だと思ったけど、この引きづったあとはなんだろうって思ってた。
猫が私の口をなめたあと、スズの体をチョイチョイと叩いてた。

多分、スズの死体をみつけて、トイレに隠そうと引きづったんだと思う。
家をウロウロしてたのは、死んだのを教えたくなかったからなのかもしれない。

ただの私の憶測だけど。そう信じてる。長くておgっめんなさい


読者登録
LINE読者登録QRコード
つぶやき
みんなありがとう(*´∀`)


子々孫々有効活用。昔作ったブログを無駄にしないというエコです。こちらはしがらみなく自由にやりたい。

相互RSS新しくしました。
上部メニューバーもRSSなしのあんてなさんのみにしました。


結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
外したわけではなくたぶんミスってます。。。
相互ご希望の方もどうぞ~
ツイッター・メールどちらでも結構です。

2020/04/27
管理人A




ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2
まとめサイトさま最新

あんてなさま最新
amazon+
ラジエーションハウス 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


ガイシューイッショク!(1) (ビッグコミックス)


比羅坂日菜子がエロかわいいことを俺だけが知っている。(2) (電撃コミックスNEXT)


ド級編隊エグゼロス 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

最新コメント
アクセス



あんてなさん


カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ