ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン

不思議



人生で一番不思議な体験だった

180 名前:本当にあった怖い名無し:2012/11/11(日) 14:34:24.14 ID:Om6mZDe50

おととしおばぁちゃんが亡くなった
その時飼っていた猫もそれからすぐに他界したんだが
その猫は場所も知らないはずのおばぁちゃんのお墓の横で横たわってたよ

人生で一番不思議な体験だったわ


181 名前:本当にあった怖い名無し:2012/11/11(日) 14:44:20.84 ID:uJERyj8t0

>>180
(´;ω;`)ウッ
早くおばあちゃんに会いたかったのかな。
虹の橋まで行かなくても、すぐに会えたかもね。


猫はああ見えて愛情が深いね。

924 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/11/22(火) 22:06:21.21 ID:OsGSTcVPi
>>922
猫はああ見えて愛情が深いね。

そのむかし、父方の実家が北海道では割と有名な炭鉱山にあった。
婆さんと父の兄夫婦がそこの炭鉱官舎に住んでいて、毎年の夏休みのお盆の時期、そこに泊まりに行くのが楽しみだった。
で、小学二年のとき、二軒となりの家の前を通った時、丸々と太った優しい顔の人懐っこい飼い猫がいて、ひとしきり構ってから婆ちゃんちに帰ってその猫の話をしたら、その猫は二年ほど前に死んでいると教えてもらった。
どれだけその家の人に愛されていたのか、その家の人を愛していたのか、毎年、お盆の時だけ帰ってくるのだそうだ。
事実、実家が岩見沢に引っ越すまでの数年間、泊まりに行くたびに毎年その猫を構って遊んだものだった。

炭鉱は閉山し、官舎もなくなってしまった今、あの猫は家人のもとへ今も帰っているのだろうか。


昨日、職場でちょっと嫌なことがあって 駅から自宅までぼろぼろ泣きながら歩いてたら…

814 名前:なご[sage] 投稿日:2011/11/10(木) 20:19:39.76 ID:O1JehzRZ0
猫話続いてごめん、不思議だけどなごんだ出来事。
昨日、職場でちょっと嫌なことがあって
駅から自宅までぼろぼろ泣きながら歩いてたら
見知らぬ猫がたたたっと走り寄ってきて私の顔見て
「にゃぁ」と一言泣いてたたたたーっと走り去っていった。
なんだ?とびっくりして涙は止まったけどまだ悲しくて
そのまま歩いてたら、家までの曲り角3箇所で3匹の猫に会って
うち2匹は足にすりすりしてそのままどこかへ歩いていった。
1匹は塀の上で座ってじっとこっちを見下ろしてた。
家に帰ったら妙にすっきりしてて、物凄くよく眠れた。
今日も同じくらいの時間に帰ってきたけど猫は1匹も見なかったし
そもそもうちの近所で猫を見たこと自体初めて。

生まれて初めて猫触った(ていうか触られた)けど、
あんなに柔らかくてあったかいんだね。

猫の国 (Cat Nation)
Chris Broad
2021-02-23



テレポートってマジであるんだな・・・

808 名前:既にその名前は使われています (ワッチョイ a9cb-fo6w)[] 投稿日:2021/11/02(火) 23:47:52.00 ID:3yBgdrva0
テレポート
https://i.imgur.com/ySIiXWi.gif


811 名前:既にその名前は使われています (オイコラミネオ MM95-PA1y)[] 投稿日:2021/11/03(水) 00:45:01.81 ID:9TR2kru7M
>>808
どっからでた…?

812 名前:既にその名前は使われています (ワッチョイ 8b74-LGgn)[] 投稿日:2021/11/03(水) 00:45:44.73 ID:NOxfqapl0 [1/2]
落ちてきたんだろ


826 名前:既にその名前は使われています (スフッ Sd33-JtxK)[] 投稿日:2021/11/03(水) 08:14:57.78 ID:NM98b7ggd
>>808
どうなってんのこれ



私は兄の死後に生まれた為、兄の事は全く知らないんだが、何回か兄に会った(?)事がある。

471 名前:自治スレでローカルルール他を議論中[sage] 投稿日:2010/10/26(火) 11:25:30 ID:Qf/2cEpIO
私には二歳で病死した兄がいる。
私は兄の死後に生まれた為、兄の事は全く知らないんだが、何回か兄に会った(?)事がある。

中学生の時、両親と折り合いが悪くて、今思うと恥ずかしいくらいにグレた。
同じような友達や先輩とつるむようになり、女の先輩から初めて煙草を渡されて「吸ってみろ」と言われた。
受け取って口に咥えた瞬間、先輩の形相が急に変わり、男の声で
「何やってんだ!」
と怒鳴られてビンタされた。
私も唖然としたが先輩も「えっ!?私何でアンタ殴ったの今!?ごめんね!えっ!?」と混乱していた。
結局煙草は吸ってないし、その後そういう仲間との付き合いも断った。
高校時代に付き合ってた彼氏が寝てる時、寝言で普段の彼氏ではない声で
「こいつは駄目だ、別れなさい」
と言った。
怖くなって別れた後、友達からそいつが二股かけていた事を聞かされた。

就職してから付き合った彼氏もやはり同じように寝言で、あの声で
「この人なら大丈夫、幸せにしてくれる」
と言った。
今、その人と婚約中で来年式を挙げる。

夢に出たり姿を見る事は無いが、私にはあの声は兄だ、という確信がある。
遺影の兄は二歳のままだが、きっといい男になって側にいてくれているんだと思う。


本当に弱った動物は、「たすけて信号」みたいななにか電波めいたものを出しているような気がする

733 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2009/07/14(火) 19:56:32
本当に弱った動物は、「たすけて信号」みたいななにか電波めいたものを出しているような気がする
子うさぎがそれを出していたのを、はとが受信したんじゃないかな。
時々人間も受信して、普段通らない道を通ったり
予定のない急な散歩に行って
死にかけの子犬や子猫を拾ったりするって話よく聞かない?


735 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2009/07/14(火) 22:21:34
人間が受信できるかどうかは解らないけど、動物同士では受信してそう『たすけて信号」
友人の家のワンコが、普段散歩中に反抗したり絶対しないのに
妙に踏ん張って違う道に行きたがるから、何かと思って行ったら
その先に脱走したあげく迷子になっておろおろしてるワンコがいた
ってことがあったらしい。
友人ワンコは迷子ワンコに駆け寄って、もう大丈夫だよって感じで
舐めてやってたりしてたんだって。
すぐ飼い主見つかったらしいけど、あれは不思議だったって今でも言ってる。


739 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2009/07/15(水) 00:34:32
>>735
そういうのを真面目に考察してる本があるよ。
「動物に愛はあるか」




「孫キター!」で天井からボディプレスとか、もうね。

494 名前:1/2[] 投稿日:2009/09/13(日) 00:09:23 ID:nS3UJG9K0
このままでは構って厨になってしまうので自分も投下してみる

高校の友人の当時の話
母方の祖父母が亡くなって財産分与の関係で
友人一家は祖父母の住んでいた家に移ることになったんだ
と言っても同じ町内
同じ町内なんだけど折り合いが悪くて生前ほとんど行き来してなかったそうで
友人も祖父母の顔を遺影で始めて確認したかもと言うほどの始末
木造二階建てで戦災にも耐えた古いけど頑丈な日本家屋
部屋数も多いんでそれまで賃貸マンション暮しでずっと兄貴と一緒の部屋だった友人は
二階にある一室をあてがわれて隣は兄貴の部屋で襖で仕切られただけだったけど
夢見憧れていた自室をついに手に入れたとかなり喜んでたんだ
引っ越しも終わり友人は生まれて始めての自分の部屋で
襖やら押し入れやらいろいろ点検した
窓もサッシじゃなくて木枠のガラス窓
木製の手すりも付いててそれがなんともやっつけな感じで
じいさんが自分で作ったのかなと思ったそうだ
ふと横を見ると窓の横に窓と同じ大きさの箱があって
おーコレが雨戸ってやつを入れる場所なのかなちょっと閉めてみようとスリットの中を覗いて見た
ニ枚雨戸が入ってて良く見るとその間に何か板が入ってる
取り出してみるとB4サイズの板に
まるで幼稚園児が30秒ほどで描いたような稚拙な鬼の絵が描いてある
何じゃこりゃ?と元に戻そうとして友人あれ?と気付く
雨戸を出そうにも手すりがあってどう見ても引き出せない状態になってるんだ
それでやっぱりじいさんが作った手すりなんだなとちょっと和んだそうだ


495 名前:2/2[] 投稿日:2009/09/13(日) 00:11:47 ID:nS3UJG9K0
そして夜一人きりで眠れる嬉しさのあまり目が冴えてなかなか寝つけなかった友人
それでもうとうとし始めた時いきなりの金縛り
その時はまだ「おお金縛り初体験w」と思える余裕があったんだって
日本家屋の天井って板張りになってるのはわかるよね
見るとその天井に等身大のヒトガタシルエットが・・・
「わキモイかも」でやっと事体の深刻さに気付きとっさに雨戸に挟まっていた鬼の絵を思い出してしまう
うええアレって何かのおまじないなのか!!と思ってしまい
ヒトガタシルエットから目が逸らせられないわ体も動かないわで大パニック
そしてそのヒトガタはgkbrする友人が見守る中平面から立体へそして
重力の法則に従い友人めがけて落ちて来た

友人が気がつくとすでに朝であのまま気を失ったんだと思ったそうだ
明るい部屋の中で天井を見てもヒトガタらしい木目も染みも何もない
「夢だよな」と自分に言い聞かせようとしたけど
体は勝手に雨戸に挟まった板を取り出し階下の母親の元へ
台所で朝食の支度をしていた母親に板を渡し事の次第を話す
母親は受け取った鬼の絵の板をジッと見つめながら複雑な表情を浮かべていたそうだ
「コレあんたが描いた絵だよ」
友人には記憶がなかったんだが友人がまだ3~4歳の頃祖父母の家とはちゃんと行き来していて
兄貴はあまり懐いてなく友人だけがやたら祖父母に懐いてたんだそう
ある日友人が失踪し母親はあちこち捜しまわって結局は祖父母の家にいたんだけど
「ウチに来てるよ」とちゃんと連絡入れてくれと頼んだそうだ
その後たびたびの友人の失踪に連絡ないから祖父母の家ではないとあちこち捜しまわること数回
「ちゃんと連絡して!!」とブチキレたにもかかわらずその後やっぱり連絡してくれないので行き来を断ったんだそう
友人の部屋は祖父の部屋だったんだと
そしてその窓からは友人の住むマンションが見える
孫可愛さに友人の描いた絵を見つつ友人がいるマンションを眺めたいゆっくり寄り掛かれる手すりがあったらいいなで自作したのかもねえ
と友人の母親は言ったそうだ


しまった笑える話じゃない!!


501 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 04:02:42 ID:jwrKW6ma0
落ちてきたヒトガタはじいちゃんなのでは…
孫キター+.(*゚∀゚*).+ペカー
って感じで


504 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/09/13(日) 13:22:08 ID:Ofnk/DzDO
>>501
「孫キター!」で天井からボディプレスとか、もうね。
もっと別の登場の仕方を…。


東山魁夷の「道」って、鮫の海岸を走っている県道のことなんだよな。で、あの辺、 実は良くUFOが出るらしい。

148 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/09/05(日) 19:23:22.57 ID:HVLeRalg0
東山魁夷の「道」って、鮫の海岸を走っている県道のことなんだよな。で、あの辺、
実は良くUFOが出るらしい。そもそも「道」って題名も、「未知との遭遇」って映画から
取っているんだから。


177 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/09/05(日) 19:29:22.86 ID:n7253c5x0 [1/2]
>>148
俺は八戸出身だけど、鮫から南下する道路は幽霊は出やすいな。
UFOは、昭和50年代に小中野8丁目、小赤沢自転車近所でみたことある。


207 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/09/05(日) 19:36:39.31 ID:p8R33O9C0 [2/4]
>>148
福島から仙台、松島、三沢を結んだ線のあたりは昔からUFO話が多い空域なんだよな

松島基地周辺で訓練をしていた空自の練習機が金華山付近で不思議な飛行物体を目撃した後に計器が狂って
緊急着陸して点検したけど異常なしだったとか、松島だか三沢基地の上空に宇宙戦艦みたいなUFOが現れたとか
その手の話が多い


217 名前:ニューノーマルの名無しさん[sage] 投稿日:2021/09/05(日) 19:39:56.68 ID:LbCUgVHN0 [3/7]
>>207
それ以前に山形・仙台上空で例の謎の気球が目撃された時
月刊ムーで記事になったけど、その中でも述べていたよな

あと例の気球の正体は何かについての推測記事とともに
ではなぜの気球が山形・宮城に現れたのか、
気球が「観測」していたものは一体何なのかについても
東北のミステリースポットを例に挙げて推測が書かれていた


248 名前:ニューノーマルの名無しさん[] 投稿日:2021/09/05(日) 19:47:24.06 ID:p8R33O9C0 [3/4]
>>217
その記事は読んでいないけどムーの編集長がYouTubeの動画で同じことを喋ってて知ったわ
この空域の近くにある田代峠には日本軍の秋水が隠された秘密基地があるとかなんとか


ムー 2021年9月号 [雑誌]
ワン・パブリッシング
2021-08-06




母親が地震の後から気になる事がある、と 「ユイ(猫)が2匹いるような気がする」と言い出した。

195: おさかなくわえた名無しさん 2018/09/15(土) 08:49:17.22 ID:Vb+X7n+f
家はこないだ地震があった地域で祖父母と母と猫(1匹)が住む実家が棚やテレビが倒れて大変だった。
私は札○で1人暮らしをしていたので、食べ物と水をリュックに入れて徒歩で実家に行った。
実家は粗方片付いていて家族も猫も元気にしていたら、母親が地震の後から気になる事がある、と
「ユイ(猫)が2匹いるような気がする」と言い出した。
え?と飼っている黒猫を見てみたけど勿論1匹しかいない。
母は「ごはん時にふと見ると2匹いて、あれ?とごはん場所をしっかり見ると1匹になっている」
他の家族は見ていないので、地震で目眩でもしているんだろうと言われたが
ごはん時に密かに猫を見ててほしいと言われた。
全く腑に落ちなかったけど、母がストレスや病気で、2匹に見えていたらと心配でユイの夕ごはん時に柱に隠れてみた。


母:ユイちゃん、ごはんよ。
ユイ:ニャン(呼ぶと返事する)
ユイが食べ始めて私が階段下の物置から見ていると、スイっと他の黒猫が玄関の上がり框の陰から出てきて一緒に食べ始めた。
えっ!!と声を出すと框黒猫もハッ!としたんだけど
バレたらもういいわ、みたいな顔でユイは「ニャーーーー」と私に甘えて足元にすりすりしてきた。
框猫もすりすりしてきた。母がそっと台所から出てきて『やっぱり…』と言うと
ユイは母親にもすりすりして框猫を紹介していた。
しかも框黒猫を病院に連れて行くと妊娠していた。
それも衝撃だけど、事情を話すと獣医さんは平然と
「ああ、たまにありますよ。知らないうちに犬小屋にいたとか、縁側の飼い猫に紛れこんでたお話は聞きます」
と框猫に「お産頑張ろうな」と声を掛けて猫の出産は初めてですか?と色々と心得を教えてくれた。
世の中にはこんな形で家猫になる猫が結構いるんだと思うと本当に驚いた。
でも結局家も「かまち」と名付けて飼うことになった。
産まれたら子猫は里親を探してユイとかまちは実家に残す事になった。
ユイはかまちの事がすごく好きみたい(メス同士)で問題ないんだけど、2人共、黒に緑目なので見分けが付かない事がある。
私も次に実家に帰ったらわからないと思う。


子供の頃、イタズラ好きな何かと一緒だった。

864 本当にあった怖い名無し sage 2008/11/08(土) 15:29:39 ID:HpPABxcmO
子供の頃、イタズラ好きな何かと一緒だった。
見えなかったから何かの正体は分からなかったけど、イタズラ好きだった。
例えば、俺が誰かと並んで座ってたり歩いてたりすると、良く隣の人の肩をトントンと叩いてた。
巧いこと見てない隙を狙うので、大抵は俺が疑われた。
小学校三年生辺りで慣れた。
ただ、時計が狂うのは困り物だった。
電池式・家庭用電源・アナログ・デジタル問わず、身の回りの時計は月差15~30分はズレた。
音楽を聴いてると、スピードが早くなったり遅くなったりした。
CD聴いてると勝手に早送りとかするんで、一回「うるさいよ」って呟いたら、その瞬間に正常に戻ってちょっと笑った。

中学生になって、生きていれば一つ下の弟がいたと聞かされた。
あれは弟なのかな、と思った。

ドジな所もあった。
高校生の頃には、隣の彼女の肩をいつもの様にトントン叩いたが、
振り向いた彼女が見たのはジュースを注ぐ為に両手が塞がってたので彼女パニック。超パニック。
時計も相変わらず狂う。俺ちょっと涙目。
外を歩いていて、いきなり後ろから引っ張られて立ち止ままったら、
目の前にハトのフンが落ちた事もあった。
高校を出て上京した時は、トントンのお陰で出来た友達が居た。
トントンがきっかけで彼女も出来た。
ちょっと助かった。
でもまだ時計は狂う。


二十歳を幾らか過ぎた頃から、イタズラはなくなった。
時計も、もう狂わない。


お盆に、父方の祖母の墓参りに行ってきた。

868 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/08/20(木) 12:19:23 ID:mD6ytHv4O
今年のお盆に、父方の祖母(つまり自分の曾祖母)の墓参りに行ってきた。
曾祖母は自分が3歳?ぐらいのときに、父の誕生日に亡くなってしまった。
いまでも息を引き取った時の顔や棺の位置まで、小さいながらに鮮明におぼえている。
曾祖母との思い出はおぼえていないけれど、母から聞く限り
相当自分をかわいがってくれたらしい。
だけど自分は中学も不登校で行かず、高校には通っているがいわゆるDQNみたいな見てくれ。
申し訳ないな、とおもいながら墓の前にぼうっと立ってると
ふと、頭を誰かに撫でられた。
うしろを振り向いても誰もいないし、「?」となりながら
「なあ、誰か頭さわった?」と母や兄弟にきくと
「さわってないけど?」と言われた。
でも直観的に、曾祖母だと確信した。
じつは頭撫でられた箇所、ここ数日ずっと痛かったところなんだ。
曾祖母ちゃん、知ってたのかなーなんて考えたら
なんか泣けてきて、墓の前で泣いちゃった。

曾祖母ちゃん、俺ちゃんと頑張るから。
だから曾祖母ちゃんも、もう心配しないで。
時々、夢にでてきてくれるよな。
ありがとう。
こんな曾孫でごめん。


ウチの座敷猫

92 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/08/09(木) 08:17:48.82 ID:r8CkAYjA0
動物繋がりで一つ投下

3年ほど前の事
家で一人でいると、物陰やら天井裏やらがガタッとかカリカリカリとかいう
最初はネズミかなー やだなー とか思っていたが
ネズミじゃない
歩幅・感覚・音の大きさがでかい
ハクビシンか!?とあわてつつ家に何か被害が無いかチェックしたところ何もない
仏壇のお供え物にも変化無し
何なのだ、と帰ってきた家族と共に首をひねって考えていた
(※家族も、一人で家にいるときに同じ現象が起きていた)


確認した翌日の夜、ベッドでさあ寝るかと横になっていた時のこと
(´・ω・`)<おどろかせてごめんね いごこちよかったの
とたどたどしく 猫 がしゃべった
うちは猫は飼ってないし、家の中に入れるような侵入経路もない
呆然としてその猫を見てると
ごめんちゃい、とばかりに頭をぺこりと一つ下げ
(*・ω・)<これからこのおうちにいいことがあるよ!
と一言告げてしゅるりと透明になった

一つ、肉球あしあとを残して (´∀`*)

翌週結果発表のジャンボで2等当たりました

現在も物音は続いており、先日はその幽霊猫さんは祖母と一緒に眠ったらしく
「もふもふしてぬくいのに、不思議と暑くなかった」
と祖母は幸せそうに語っておりました

座敷童ならぬ座敷猫のお話でした


トイレにいって帰ってきたら、 ノートパソコンのキーボードの上に小指がいた。

28 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/08/03(火) 12:00:07 ID:6YavFTxH0
昨日大学のレポートをノーパで書いていて、途中でトイレにいって帰ってきたら、
ノーパのキーボードの上に小指がいた。すぐ消えちゃったけど。
俺が書きかけてたところから「そっそっそっそっそっそ...」って三行くらい打ってあった。
初めての霊体験がこんなんかよ...


29 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/08/03(火) 13:28:50 ID:Z/inlhjX0
>>28
なぜ小指なんだww

30 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/08/03(火) 13:37:21 ID:0ouo+o2F0
>>28
カナ入力?

31 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/08/03(火) 14:45:47 ID:6YavFTxH0 [2/3]
>>30
かな入力。レポート書いてたまんまだったから


32 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/08/03(火) 15:23:37 ID:6YavFTxH0 [3/3]
ごめんローマ字入力だった。
どうでもいいけど


34 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/08/03(火) 18:08:01 ID:EEQCWWoQ0
ローマ字入力で「そっそっそっそっそっそ...」てことは
打ったキーは「SOS SOS SOS SOS SOS...」だよな?


祖父は亭主関白。 仕事大好きで、唯一の趣味がタバコと野球観戦だった。

744 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/07/30(木) 22:20:15 ID:LE3KPtkbO
この間法事があり懐かしくなったので書き込む。

中学2年生のとき、祖父が亡くなった。
普段は無口で、昔の人だから亭主関白。
仕事大好きで、唯一の趣味がタバコと野球観戦だった。
子供(私の父や叔母さん)にとってはめちゃくちゃ怖い父親だったらしいけど、
初孫の私のことは溺愛していて、すごく心配性で優しいおじいちゃんだった。
私もそんなおじいちゃんが大好きだった。
ベビースモーカーだからか肺とか呼吸器系をやられてしまって、咳とかひどくて、夜もあまり熟睡できてなかったらしい。
でも病院が大嫌いな人だったから、治療をほとんど受けず
「そろそろ強制的にでも入院させないと…」と家族が医者から言われてたところで、コロッと逝ってしまった。

その日は夏休みの途中の登校日で、私だけがおじいちゃんの最期を看取ることができなかった。
学校から帰ってきて愕然とした。
前日まで自分で車を運転して仕事場へ行ってたのに、こんな急に亡くなるなんて。
身近な人の死に接したのは初めてだった。


続きを読む

俺が爺ちゃんを怖がってたのは、爺ちゃんの片足、膝から下が無かったからだ。

175 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/09/18(金) 01:58:18 ID:rtc520GP0
孫に尊敬される、で思い出した。
前置きがちょっと長い話なんで、ヒマな人だけ読んでくれ。

俺は小学校の物心ついてから小学校低学年の頃位まで、母方の爺ちゃんが怖かった。
別に爺ちゃんが怒りっぽかったとか、そういうんじゃない。
むしろ物静かな人だったように記憶している。まあ、愛想はよくなかったな。
俺が爺ちゃんを怖がってたのは、爺ちゃんの片足、膝から下が無かったからだ。

爺ちゃんはその昔、交通事故で左足を切断しなければならない怪我を負ったのだそうだ。
で、田舎に帰るたびに俺は爺ちゃんから
「足を切ったあとはそりゃもう痛かったんだぞ」とか言う話を聞かされていたのだ。
しかも爺ちゃんは御丁寧にも義足を外して、
妙につるんとした足の切断面を見せながらその話をするのだ。
その上「○○も信号を守らんと爺ちゃんみたいな足になるぞ~」とかいう追い打ちつきで。
年端もいかない子供にはそれが下手な怪談よりずっと怖かったのだ。
おかげで俺は爺ちゃんの顔は写真を見ないと思いだせないのに、
あの切断面のことだけは妙にはっきりと覚えてたりする。
もっとも成長するに従って俺のビビり加減も慣れからか減っていったんだけど。

そんな爺ちゃんも俺が小学五年生くらいの頃に死んでしまった。
もちろん足のことは関係ない。ガンだった。
爺ちゃんといえば、ちょっと不気味な足の印象しかなかった俺は、
爺ちゃんが死んでも泣いたりとかあまり悲しいとは思わなかった。
ただ、なんとなく車通りの多い道を見ると、爺ちゃんの脅し文句が思い出された。

そういう背景もあって、俺は妙に交通ルールに律儀なところがある。
小さいころは爺ちゃんみたいな足になるのが怖かったから。
成長してからは、さすがに爺ちゃんが孫の身を案じてたのが理解できてたから
なんとなく爺ちゃんに悪い気がして、
悪友どもに道路向こうから誘われようとも信号無視はできなかった。


176 名前:175[sage] 投稿日:2009/09/18(金) 01:59:04 ID:rtc520GP0
帰宅が12時を回る羽目になり、人通りのない住宅地を歩いていたあの時も、
やっぱり俺は信号無視をせず、律儀に車も人も通らない交差点で信号待ちをしていた。
信号が青になり、さあ渡るべと足を一歩踏み出そうとしたその時。
俺は強烈な違和感に襲われた。
左足がガチガチにこわばって動かないのだ。
足がつったのかとも一瞬思ったが、違和感はあるものの痛みはない。
しゃがみこんで、ふくらはぎをさすってみようとして……
大音響のカーステとエンジン音、そして突風が過ぎた。
何だ?と思って顔を上げると、DQN仕様な改造車が
信号無視の上、スピード違反で交差点を去っていくところだった。
珍走団か………と呆れかけたところで、ハッと我に帰る。

もし足の違和感で立ち止まってなかったら、俺は普通に横断歩道を渡っており、
おそらく……あの車に跳ねられていただろう。

ぎくっとしながら、そろそろと左足を動かそうとすると、
今度は何の問題もなく、いつも通りに足は動いた。
俺は交通事故、足の連想から当然、爺ちゃんのことを思い出していた。
爺ちゃんは、どっちが義足だった?………そう、左足だ。
たぶんこれは爺ちゃんが俺を助けてくれたんだと思う。

そうそう、この話にはちょっとした後日談がある。
爺ちゃんの13回忌だったかのときに、婆ちゃんにこの話をしたのだ。
婆ちゃんは、ちょっとヘンな笑顔で話を黙って聞いてくれていたが、最後にこう言ったのだ。
「○○、爺さんには一生黙ってろって言われたんだけどね、もう時効だろうから言うことにするよ。
爺さんの足が無くなったのが、交通事故が原因っていう話ね、あれ嘘なんだわ」
これには俺も、一緒に話を聞いていたイトコも驚いた。
なんでも爺さんは昔、林業をやっていて、その時の事故で足を切断することになったというのが本当の話。
俺やイトコに交通事故って言ってたのは…お察しの通り、孫を思っての優しい嘘だったわけだ。
そういうわけで、先日納車されたばかりの俺の愛車のダッシュボードには
俺の爺ちゃんの写真が貼ってあったりする。


    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    つぶやき
    みんなありがとう(*´∀`)



    RSSなど結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
    また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
    外したわけではなくたぶんミスってます。。。
    相互ご希望の方もどうぞ~
    ツイッター・メールどちらでも結構です。
    ちょいと手直し
    2021/11/1
    管理人A




    ついったーでほんわかMkⅡ

    リンクとかの事はこちらに
    あばうとほんわかMk2



    まとめサイトさま最新

    あんてなさま最新
    最新コメント
    アクセス



    あんてなさん


    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    スポンサードリンク
    • ライブドアブログ