638 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2021/07/20(火) 20:37:55.39 ID:CHDp7apc
かなり昔、ある有名なバンドのファンクラブで働いていた
業務の半分以上はクレーム処理。週刊誌に抜かれればファンからお説教、ファンクラブ優先の抽選から外れたファンから脅される
無駄にナワバリ意識の高いお局様から直球のパワハラにお局派の副社長の圧力にファンからの罵詈雑言で心身崩しかけていた
ここまでやられて何がしたくてエンタメの世界にいる必要が?と辞めようとしてたときにご高齢と思われる女性から電話がかかってきた
明らかにウチのアーティスト知ってかけてきたのではなくて右も左も分からないけど電話してきてる
転売屋かなと警戒しながら通話してたが女性がいうには

息子さんが事故で若くして亡くなられた(中高生)
反抗期もあってあまり会話はなかったけど遺品整理のために部屋に入ったらうちの音源や雑誌がたくさんあった
何一つわからないけれど今からでも息子が好きだったものに触れたい

それで電話をしたそうだ
胸が詰まったせめて心からお悔やみとご冥福をお祈りしますしか伝えることしかできなかったけれど
亡くなられた息子さんが好きだった音楽が少しでもあのお母様の心を癒してくれたとしたら
針の筵だったけど働いて電話に出れてよかった