599 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/07/21(火) 13:24:50 ID:DxxLDfMs0
友人宅で徹夜麻雀をしていた。
和室6畳の部屋で、我々4人以外は誰もいなかったし、
何より夜中だったので周囲も寝静まっていた。
テレビもつけていなかった。

俺は久々に大きい手ができそうになったが、
対面が早々にリーチをかけて、苦しい展開。
で、局半ばになってど真ん中の危険牌をツモってしまった。
切ろうかどうか迷っていると、
俺の左背後から「それだよ」と男の声が。

俺は思わず振り返ったが、もちろん誰もいない。
と、下家の友人も、ほとんど同時に右背後を振り返ったんだ。
「今、聞こえたよな・・・?」「聞こえた・・・」

上家と対面は「何が?」「そんなわけねーよwww」
でも下家は「いや絶対声聞こえたって!!」

声の件はそのままウヤムヤになってしまったが、
俺はとりあえずその引き牌を捨てずにベタ降りした。
結局その局は流れてしまったのだが、
対面の待ち牌は、まさに「それだよ」の牌だった。

誰だか知らないけど、ありがとう。