492 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2005/08/14(日) 09:27:23 ID:gNuYAAxx
むかしむかしのそのむかし。
ちーさなまちの、ちーさなボーリング場の片隅に
『スパルタンX』なるゲーム機があったそうな。

そのゲームに夢中になっている青年。
それを横で見つめている幼い子供。

ゲームは淡々と進んでいく…。

そのときふと、子供がこう呟いた。

「キックよりパンチでてきをたおしたほうが、とくてんたかいよ」

そう、スパルタンXというゲームではキックとパンチが使える。
そしてキックで敵を倒すと100点、パンチで倒すと200点だったのだ。

青年は黙ってゲームを進め、その階のBOSSを倒した後、黙ってポケットに手をつっこんだ。
そして100円玉を取り出し、子供に手渡してこう言った。

「ありがとな、坊主」

その子供は100円玉を手に取ると
笑顔で、照れくさそうにうつむきながら
両親の元へ走り去っていった。

ちーさなまちの、ちーさなボーリング場の片隅で
ちーさな友情が生まれた瞬間であった。


あんときのにーちゃん
お礼を言えなくてごめんな。