ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

オカン



俺の家は貧乏だった。運動会の日も、授業参観の日さえも オカンは働きに行っていた、そんな家だった。

493 名前:ノーブランドさん メェル:sage 投稿日:03/11/21 06:56
俺の家は貧乏だった。運動会の日も、授業参観の日さえも
オカンは働きに行っていた、そんな家だった。
そんな俺の15歳の誕生日、オカンが嬉しそうに俺にプレゼント
を渡してくれた。ミチコロンドンのトレーナーだった。
俺はありがとうと言いつつも、恥ずかしくて着られないな、と内心
思っていた。その夜考えていた。差し歯を入れるお金もないオカン、
美容院に行くのは最高の贅沢、手はかさかさで、化粧なんて当然
していない。こんなトレーナー買うくらいなら他の事に使えよ・・・。そんな事を考えながら、もう何年も見ていない昔のアルバムを
見てみたくなった。若い時のオカンが写っている。
えっ!俺は目を疑った。それはまるで別人だった。綺麗に化粧をし、
健康的な肌に白い歯を覗かせながら笑っている美人のオカンがいた。
俺は涙が止まらなくなった。俺を育てる為に女を捨てたオカン。
ミチコロンドンのトレーナーを腕に抱き、その夜は眠った記憶がある。
それから少しばかり時は流れ、俺は高校卒業後の進路を考えなければ
いけない時期になっていた。大学進学はとっくに諦めていた。
学校で三者面談が行われた時、オカンが先生に向かって言った。
大学に行かせるにはいくらお金が掛かるのですか?
俺は耳を疑った。びっくりしている俺を横目に、オカンは通帳を
先生に見せて、これで行けますか?と真っ直ぐな眼で先生を見つめた。
それから俺は死に物狂いで勉強し、大学に合格することができた。
郷里を離れる際、オカンが俺に真っ赤なマフラーを渡してくれた。
学費を稼ぎながらの大学の生活は苦しくもあったが、マフラーを
見ると元気が出た。それから時は流れ、会計士になった俺は来年の
春、結婚する。そして生活を共にする、俺と最愛の妻と最愛の母とで。
なんとしても二人を守ってみせる。色褪せたトレーナーと
ほつれたマフラーを目を前にして俺はそう誓った。
サンキュー、オカン。これからもよろしくな。


オカンに全力で謝られた。やめてくれオカン。罪悪感で一杯になるタスケテ。

841 名前:風と木の名無しさん [sage] :2009/12/27(日)
オカンに全力で謝られた。やめてくれオカン。罪悪感で一杯になるタスケテ。
そもそも専学やめたのもパチでバイトしてるのも給料ほとんど家に出してるのも
全部全部自分で選んだ事なんだよ。何で謝るんだチクショウ。
中高とすっげー迷惑かけたから、その恩返しっつーか親孝行みたいなそんな感じだ。
諦めた事も沢山あるけど、諦めた事だって自分で決めた事だ。
別に家の犠牲になった訳じゃないんだ。だから謝るなオカン。マジ勘弁して。
オカン頑張ってるの知ってるからさ。一人で子供3人必死に育ててさ、ほんと偉いよ。
昔は家に居なくて1人で家に居るの寂しくて泣いてたけどさ、それで文句とか言ったり
してたけどさ、今は大尊敬してるんだ。オカンとしても1人の人間としても大尊敬してる。
歩きながらブッブーとか屁をこいたり、くしゃみしたら少しちびっちゃったとか爆笑してたり、
気管にお茶入って噎せてる自分に爆笑しながらごっふぇううぇおえゲラゲラ!とかやってたり、
ほんとくだらない事で笑ったり、そういうオカンが大好きなんだ。
オカンの子供ですっげー幸せなんだよ。だから謝るなよヴァカ。


男兄弟が多かったせいか、お弁当はいつも茶色系で華やかではなかった

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/25(木) 12:01:15 ID:sW/EhvkL
男兄弟が多かったせいか、お弁当はいつも茶色系で華やかではなかったから、
女の子らしい華やかなかわいらしいお弁当が憧れだった。

ある日同級生のお弁当が三色ご飯で(鳥そぼろ・コーン・いり卵だった記憶が・・・)
とても美味しそうだったから、オカンにそういうお弁当が食べたいとおねだりしたことがあった。

オカンなりに考えたんであろう三色ご飯は、
いり卵とニンジンを細切りに炒めたのと青のりだった・・・。

それでも娘のリクエストに答えようと試行錯誤して作ったご飯はおいしかった。
今でも覚えているお弁当の記憶です。

先日、実家に帰って久しぶりに塩おむすびを作ってもらったが美味しかったです。
オカンには長生きしてほしい。


オカン『なんか言う事あるでしょ!?』女子中学生『…すいませんでした…』

302 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2007/04/23(月) 21:04:03 ID:W/e81x/c
夜10時位に地元駅で待ち合わせをしている時

塾帰りらしい女子中学生
それを迎えに来たらしいオカン車

女子中学生、後部ドア開ける
開けた瞬間
オカン『なんか言う事あるでしょ!?』怒鳴る
女子中学生『…すいませんでした…』
オカン『勉強なんかできなくてもいいから人との約束守れ!!』
女子中学生『…すいませんでした』
オカン『乗ってよし!』


車の中からなのに、道行く人が皆振り返るほど大声で叫ぶオカン
女子中学生が何して怒られたのか気になるぅ~


「マジ痛い、痛い、痛い!」とヤンキー。

363 名前:癒されたい名無しさん[sage] 投稿日:2014/10/02(木) 21:50:34.42 ID:RRLGugJy
体調崩して病院で点滴を受けてた時の話。
俺のベッドの横に二十歳くらいの金髪のヤンキーが運び込まれて来た。

「マジ痛い、痛い、痛い!」とヤンキー。
「がんばって水飲んで下さい。おしっこと一緒に出すしかないんです」と看護師。
どうやら尿管結石らしい。僕も経験者だからわかるが、あれは本当に痛い。「気の毒に」と思いながらも、「うるさいな」とも思っていた。
その後もヤンキーはさけびつづけていた。「痛い。マジ死ぬ!」
ちょっと元ヤンっぽい看護師も次第に口調が変わって来た。
「頑張って水のまなあかんで」
「お腹パンパンやって」
こんな会話がずっと続いていた。
「痛み止めの座薬入れよか」と看護師。
「痛み止め、最高。早よやって!」
「自分でする?」
「病人やで俺。やってや。」
「じゃあ、入れるよ」
「何やねん!パンツまくるなよ。え、座薬てケツに入れるん?」
「そんなんも知らんのかいな」
俺は隣のベッドで笑い声を出さないようにするのに必死だった。
座薬が効いたのか、痛みが楽になったようで、それからは大人しくなった。
しばらくして、石が膀胱に落ちたのか、完全に痛みがとれたようで、ヤンキーは帰宅することになった。
「結石は男が経験する一番痛いことらしいで」と看護師。
「女はこれ以上があるんか?」とヤンキー。
「出産はもっと痛いらしいで。」
「マジか!」
「女は強いやろ?」
「強すぎやろ!」
「あんたのお母さんもそうやって産んでくれてんで。」
そう言って看護師は出て行った。
部屋から出る時、ヤンキーがボソッと独り言を言った。
「オカン、やるなあ」
ちょっとホロっとしてしまった。


読者登録
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
厳選
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ