ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン

ばあちゃん



母方のおじいちゃん、おばあちゃんにとても可愛がられて育ちました。

443 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/06/17(火) 00:27 ID:XlbXerck
幼い頃、家が近かったせいもあって
母方のおじいちゃん、おばあちゃんにとても可愛がられて育ちました。
遊びに行くといつもおいしいものを食べさせてくれて、
欲しいおもちゃも買ってくれた。
お小遣いもいつも貰っていました。

小学校に上がる前に、親の都合で1時間ほど離れたところに引越しました。
それでも週末は必ず遊びに行っていたんです。
でも中学・高校と進むにつれ、だんだんと疎遠になっていきました。
友達と遊んだり、勉強したりするほうがそのときは大事だったから。

当時うちは貧しくて、お小遣いという習慣がない家だったので
欲しいものができたり、手持ちがなくなったりすると
祖父母の家に行って、お小遣いを貰ってたました。
ほとんどせびりに行ってただけ。
口には出さなかったけど、分かってたんだろうな・・・。


444 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/06/17(火) 00:28 ID:XlbXerck
高3の夏、おじいちゃんが亡くなりました。
孫には優しかったけど、おばあちゃんや子供たちにはいつも毅然として
とても厳しい人でした。
悲しかったけど、なぜか涙は出なかったんです。
どっちかっていうと、喪失感のほうが大きくて。

おじいちゃんの生前は、あんなにグチを言っていたおばあちゃん。
おじいちゃんの介護からも開放されて、ようやく余生を楽しめる時が来たのに
なんとなく、おばあちゃんが一回り小さくなったような気がしたのは
気のせいだったのかな。

大学受験を控えたその年の冬、おばあちゃんの家に行きました。
その日はすごく寒い夜で。
いつものように、帰り際最寄駅までおばあちゃんが送ってくれることになりました。
玄関を出るときにおばあちゃんは「これ暖かいんだよ」って、
同居してたいとこの黒いダウンジャケットを羽織ったんです。
でも、ジャケットはちょっと太めのおばあちゃんの体には小さくて、
今にもはちきれそうで。
その格好がおかしくてつい笑ってしまいました。
おばあちゃんも照れて笑っていました。

その時に心に決めたんです。
「大学に入ってバイトしたら、一番最初に貰ったお金で
おばあちゃんにダウンジャケットを買ってあげよう」って。
季節はずれになっちゃうかもしれないけど、
その次の冬でも着られるようにって。


445 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/06/17(火) 00:28 ID:XlbXerck
その数日後、年が明けて突然おばあちゃんが倒れたという知らせが入りました。
救急車で運ばれ意識不明のまま、呼吸器に繋がれ数日間。
まだ体は温かかったのに。
声をかけたら動いたと思ったのに。
結局、最後の言葉も交わさぬまま、おばあちゃんは逝ってしまいました。

最後まで、あたしの無茶な受験と体を心配してくれてたおばあちゃん。
無事に大学に合格したこと、伝えたかった・・・
大きなダウンジャケット、買ってあげたかった・・・
そして、少し大人になった自分と、同等に話をしてみたかった。

あたしの決心は今も果たされることのないまま。
わがままばかりでごめんなさい。
大切にしてあげられなくてごめんなさい。

あの日、改札で手を振ってくれた姿が、今も目に焼き付いてるよ。


小さいころから優しかった、俺のばあちゃん。

524 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 22:57:30.86 ID:1Ilt4Ia00
小さいころから優しかった、俺のばあちゃん。
近所だったから小さいころはよく遊びにいったけど、大学入ってから
1年に何回かしか会わなくなった。それでもいつも優しかった。
就職してからは、「ひ孫の顔が見たい。嫁さん連れて来い。」って
会うたびに言われてた。
そのばあちゃんが、去年亡くなった。
ここ数年は入退院を繰り返して、言うこともだんだん怪しくなってきてたけど、
俺のことはちゃんと覚えててくれた。
連絡を聞いて帰って、白い布をかけられたばあちゃんを見ても不思議と
悲しくなかった。今にして思えば、事実を受け入れたくなかったんだと思う。
でも、お通夜のときお坊さんのお経が流れる中、焼香をあげるときになって
俺は泣き崩れた。ばあちゃんにすがり付いて泣いた。辛かった。
結局、ひ孫の顔も嫁さんの顔も、見せてやれなかった。後悔だけが残って、泣いた。

葬式が終わった後、親父に言われた。「ばあちゃん、お前のことを最期まで気にしてたんだろうな」って。
ばあちゃんが亡くなったのは、俺の誕生日だった。


婆ちゃん『3年前に亡くなった主人がね、時々出てこようとするんですよ。』

599 :おさかなくわえた名無しさん :03/01/16 11:04 ID:rAMgkNlp
ばあちゃん家に床下換気扇の業者が来た時の話勝手に家の周りを調べて、ばあちゃんを呼び出し
『お家の中が湿気っぽくないですか?押入れに入れてる布団がカビ臭かったり、湿気てませんか?』
ばあちゃんも『そういえばそうだねぇ~』
「床下をちょっと見たんですけど、柱が腐りかけてますよ」
あたしもその時家にいてヤバイと思ったので、出て行こうとしたら
「あんたは来なくていいよ。来ると面倒だからね」とあたしの居る部屋へ向かって言った。
業者が「どなたかいらっしゃるんですか?」と聞いたら
『えぇ。主人がね、時々出てこようとするんですよ。』
「ご主人がいらっしゃるんですか。」
『3年前に亡くなったんですけどね。誰か尋ねてくると出てこようとするんです』
業者はヤバイばあさんだと思ったのか、帰ろうとしていたが
ばあちゃんが、『湿気の話はどうなったんだい?』って聞くと
「湿気の原因はおじいさんみたいですので、問題ないですね。」と言いながら
帰っていった。
今年92歳になるばあちゃんですが,物凄く頭冴えてます。
こういう状況のときはボケを装ったりしてます。うちの母ちゃんに見習わせたい。


気の強いばあちゃんと自分がけんかした結果。。。

76 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/05(月) 19:31:49 ID:AVKSzjcs
父親はいないけど自分にとっては父親同然のじいちゃんの話

気の強いばあちゃんと自分がけんかしてむくれて
じいちゃんに愚痴ってたらぽつりと一言
「じいちゃんは50年我慢したんじゃ」

じいちゃん……忍耐の塊のような人だ


親が仕事で忙しく、俺と弟を育ててくれた、 俺にとって母親と言って良いような、ばあちゃんだった。

45 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/09/03(木) 20:31:53 ID:e/S0r2IK0
まぁ、夢かホントにあったのか分かんないし。
あれば幻だったのかもしれないけど、俺は信じてる話がひとつ。

去年、ばあちゃんが亡くなった。
親が仕事で忙しく、俺と弟を育ててくれた、
俺にとって母親と言って良いような、ばあちゃんだった。
ばあちゃんの旦那さんであるじいちゃんは、
ばあちゃんが亡くなる4年前に先に逝っていた。

とある日、昼寝をしていると。
夢の中でも俺が昼寝をしていて、その夢で昼寝をしてる中で見た夢なんだ。
(ややこしくてすまん)

夢の中、裏口からばあちゃんの家に入り、家に上がる。
じいちゃんが仏壇の前でビールを呑んでいた。

「・・・あれ、じいちゃん!?なんでいるの?!」と、俺はびっくりして尋ねた。
「あぁ、いつでもおるよ。」とじいちゃんが答えた。
「ばあちゃんは、そっち(あの世)へ行った?」と俺が尋ねた。
「あぁ、来た。うまいことやっとるよ。」とじいちゃんが答えた。
「今、ばあちゃんはどこにおるの?」と訊いた。
「台所で料理作っとる」とじいちゃんは答えた。
(生前、ばあちゃんは料理が得意で正直言って美味かった)

ここでふっと目が覚めてしまった。

亡くなった後にも俺の夢に出てきて、
うまいことやってる。と報告してくれたのが凄く嬉しかった。
涙が止まらなかった。
じいちゃんとばあちゃんが居たから、まともに育った。と今でも凄く感謝してる。
ありがとう、二人とも。


うちは母親いなくて、だらしない父親としっかり者の祖父母に育てられた。

725 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/26(土) 19:57:36 ID:Xui3aHzJ
うちは母親いなくて、だらしない父親としっかり者の祖父母に育てられた。
父親はだらしないから父親って感じがあんまりなくて、じいちゃんとばあちゃんが親だった。

今日伊勢湾台風から50年てことで、あらためてそのときのこと聞いてトタンの屋根が丘を越えていったとか
もう何度も聞いたけど、また聞いてじいちゃんがイキイキと話してくれてすごく楽しかったんだけど
今思い出して泣けてきた。まだ全然元気なのに馬鹿みたいだ。
じいちゃん「おれは生涯で家を何軒も建てた」って大自慢。自慢していい。すごいよ、うちのじいちゃん。
戦中に地震で倒れた実家を藁葺きで再建、戦後に開拓民となり山を切り開きそこで家を建てる、
伊勢湾台風で家壊れたから再建、養鶏をはじめるから養鶏場を6棟。これ全部じいちゃんがひとりで建てた。
建てたってお金払って建ててもらったんじゃない。じいちゃんが基礎から何から全部建てた。
他にも農作業とかする小屋もいくつか。
今の実家は大工になったじいちゃんの弟に30年前に建ててもらったものだけど、
トタンと板で作った小屋とかまだ現役なのもある。昔の家も物置としてまだ使っている。
ばあちゃんが植えた花がその古い家にからまるように咲いててすごくいいんだ。

あと数年後にはいないのかと思うと泣ける。つーかその後ちゃんと生きていけるか自信がない。
全然死にそうとかじゃなくて、持病があっても二人ともすっごい元気なのに。気が早すぎて自分でもおかしい。
私が子ども産んだときに「孫もかわいいけどひ孫もすごくかわいい」て言ってくれたの思い出すと号泣になる。


まだリハビリ中で、会話とかできるレベルまで回復してない

244 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2009/09/17(木) 18:10:10 ID:IB+4Uqoj
8月末に脳溢血で入院したばあちゃん。
まだリハビリ中で、会話とかできるレベルまで回復してないんだけど、
今日見舞いに行ったら、車椅子から手を伸ばして私の頭をそっと撫でてくれた。(ノд<。)゜。

こんな風に、段々回復していってるばあちゃんを見る時、小さな幸せを噛みしめてるよ。


今日は休みだから昼まで寝ようと思っていた

544 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/07/29(水)08:36:27 ID:L2.cz.L1
今日は休みだから昼まで寝ようと思っていた
普段はめったに見ない夢(自分ははっきり夢だってわかってる)を見てたんだけど、唐突に一緒に住んでるばあちゃんが出てきて「起きて!起きて!助けてくれ!」って泣きそうな顔で俺に訴えてた
汗びっしょりで目が覚めて、もしかしたら予知夢とかか!?と思ってばあちゃんの部屋に向かったらいない
ばあちゃんどこだ!?って言いながらキッチンに行ったら台に乗ってポカーンとしているばあちゃんと目があった
塩のストックが切れて戸棚から出そうとしてたけど届かなくて、でも俺を起こすのは申し訳ないと迷ってたらしい
夢の話をしたらばあちゃん爆笑してた
多分偶然なんだろうけどなんか笑った


老人ホームにいる寝たきりの祖母のお見舞いに行った。

638 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 15:18:42.78 ID:6LYgTBjJ
老人ホームにいる寝たきりの祖母のお見舞いに行った。
もうずっとコミュニケーションはとれない状態だけど、きっと分かってくれてると思って色々話してきた。

さっき、いつも面倒見てくれてる叔母から
「こんな事もうずっとなかったのにおばあちゃんが微笑んでる」って連絡がきた。
正直目から汗が出たわ。


お祖母ちゃん本当にお祖父ちゃんが好きなんだな

253 名前:なごみ[sage] 投稿日:2007/12/14(金) 09:51:30 ID:0+2UAw0yO
11月始め、お祖父ちゃんが入院した。
その時からお祖母ちゃんは毎日欠かさず見舞いに行っていた。見舞いというより軽く介護だったかもしれない。
バスで行くには遠い所だったので、大体は姉が車を運転し一緒に病院まで行っていた。
そんで長くて半日ぐらい二人でお祖父ちゃんの所にいた。

後から姉に教えてもらったが、お祖母ちゃん、帰る時に姉がいないとお祖父ちゃんにキスしてから帰っていたんだそうだ。
それ聞いた時、お祖母ちゃん本当にお祖父ちゃんが好きなんだなって思った。
頑固でちょっと細かいお祖父ちゃんの言うことに素っ気ない返事してたりしてたお祖母ちゃんだったけど、何かすごい暖かくなった。

先日、残念ながらお祖父ちゃんは亡くなったが、この前古いアルバムを見せてもらった。
それを見ながら昔のお祖父ちゃんの話をするお祖母ちゃんが、何だかとても可愛く見えた。
結婚とか考えたことも無かったけど、ちょっといいなって思えたよ。ありがとうお祖母ちゃん。

長くてスマソ。


真っ暗の駐車場を歩いてたら猫がいたんだ

117 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/01/27(水) 13:34:10 ID:jKaD6Cm50
初めて書き込む、長くてすまん。 何度もネタにされてるが猫話。

私が小学生の時の話。親にお使いを頼まれたんだよ。
冬だったんだと思う、5時前でも辺りは真っ暗。
マンション裏の駐車場を通るとスーパーまでのショートカットになるけど
親には危ないから使うな、と言われてたんだ。まぁ使うよね、遠回りめんどいし。

それでいつもみたいに真っ暗の駐車場を歩いてたら猫がいたんだよ。
私猫が大好きだから怯えさせないようにジリジリ寄っていったんだ。
でも良く見るとその猫、少し車のタイヤに埋まったんだよ。
最初は引いたけど、でも近くによっても逃げないし、こっちをジーとみてるだけ。
猫に逃げられないとか初めてだからお化けとかいうの忘れてテンションが上がった。
うち、ペット飼えなかったし。
「お化けなら家でも買えんじゃね?!」とかアホな事も思ってた。

散々猫に構ってもらってその日は家に帰ったんだよ。
後で家族に自慢したけどバァちゃん以外信じてくれなかった。
信じてくれたバァちゃんには「あまりそういうのの相手しちゃいけない、 連れてかれる」って言われた。

次の日、またお使いを頼まれた。今度はバァちゃんと一緒だった。
今日は駐車場通れないなぁとがっかりしてたら猫が!昨日の猫が表通りの駐輪場にいたんだ。
やっぱり他の自転車のタイヤに埋まってたw
こんな昼からお化けって出るんだ!って子供心にびっくりした。
「おばぁちゃん!昨日話してた猫だよ!!+.(・∀・).+゚」て、ばぁちゃんに指さして教えたら

婆「シィッ!!(゚益゚)」
動物を「しっしっ」って追っ払う感じ。物凄い声で一言いったんだ。
普段の顔も怒ってるみたいで怖いのに3割増しな顔で怒るから小さな私、半泣き。
猫もタイヤをすり抜け消えていった…
…それからあの猫に会うことはなくなった。
一言謝りたい(´・ω・`) ゴメンネ


心霊関係が好きだけど、めっさ怖がり

706 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 18:14:53 ID:LjvUbYD00
いい話しとは縁がないと思ってたけど一つだけあった。

心霊関係が好きだけど、めっさ怖がりの幼少の自分は、爺ちゃん婆ちゃんに頼んで
一緒にテレビを見て貰っていた。(親は別の部屋で別のテレビ)
そんな時に「幽霊は本当に実在するのか」などお婆ちゃんに質問したりしていたんだけど
「お婆ちゃんが死んで幽霊がいるってわかったら怖くないように明るい時に出てきてくれ」と頼んだ事がある。

~恐らくみんなの思惑通りなんだけど~
それから数十年、やっと出てきてくれたw
真昼間、遠くからずーーーーっとこっちを見て歩いてくる時代遅れの格好した婆ちゃん。
近づくと顔がめっさ微笑んでいる。そういえばすれ違うまで何分もかかっていたのに
目をそらす事なく自分だけを見つめ笑っていた。

いきなり出てきて他人の空似?とか、思い切りガン飛ばしてその婆ちゃんを自分もずっと見てたw
結局勇気なくて声かけれなかったのが心残りだけど、後で思えばあれはやっぱ本当に自分の婆ちゃんだった。


私と祖母は顔を合わせる度喧嘩していた犬猿の仲だった。

574 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:01/10/10(水) 14:45 ID:qKAJ3jO6
私は県外の大学を卒業してから実家に戻り、社会人になった。
同居していた母方のおばあちゃんは、私の行動に対していちいちネチネチと
文句を言い、私と祖母は顔を合わせる度喧嘩していた犬猿の仲だった。
その頃、実家は家を新築し、1階におばあちゃん専用の部屋を作ったにも
かかわらず「わたしゃ2階に部屋が欲しい」とわがままを言い、結局私の部屋を
アコーディオンカーテンで仕切って、おばあちゃんの部屋を作った。
新築数ヶ月後くらいから、隣の部屋からはおばあちゃんのせきがひっきりなしに
聞こえるようになった。
心配して病院に行くように進めても一向に行こうとしないおばあちゃんに苛立ち、
せきが聞こえるたびに私は「うるさい!静かにして!」と声を荒げてなじった。
ますますおばあちゃんのせきはひどくなっていった。

年が明け、あれだけ病院に行くのを嫌がっていたおばあちゃんが自分から
「病院に行く」と言い出した。肺がんだった。医者からは半月もたないと言われた。
母はおばあちゃんに付き添うため、長女の私が家事一切を引き受けた。
その頃私はすごい風邪を引いていたため、おばあちゃんに付き添うことが
出来なかった。だから、毎朝おばあちゃんにおにぎりを3つ届け、会社に通った。

入院から10日後、おばあちゃんは他界した。母は涙しながら私にいった。
「おばあちゃん、病院の食事は一切手をつけなかったのに、あなたが毎朝届けた
お握りだけはおいしい、おいしいって言いながら3つとも全部食べてたのよ。」
私は号泣した。おばあちゃんに逆らってばかりいたことを一度も謝らなかった。
おばあちゃん、本当にごめん。本当は大好きだった。一度も言えなかった。


ばあちゃん「もうろくなもん食べられん……」

39: 風吹けば名無し 2018/03/23(金) 14:20:32.64 ID:RF0GJ4RIa.net
ウチのばあちゃん親戚の集まりで「もうろくなもん食べられん……」って言って涙誘ってたのに
その後台所からピザの箱見つかってめっちゃ辛そうにしてた


101: 風吹けば名無し 2018/03/23(金) 14:25:19.74 ID:/WxH2Ejqd.net
>>39
かわええやんけ


婆さんが猫に散歩させられてる

471 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2019/01/29(火)22:27:49 ID:OwF
猫つながりで。

腰の曲がった婆さんにリードで繋がれて散歩してる猫がいた。
猫の歩きっぷりがあまりにも堂々としてて
リードが結構長く、ずいぶん先を歩いていたせいか
まるで婆さんが猫に散歩させられてるみたいだった。
なんか和んだw



    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    つぶやき
    みんなありがとう(*´∀`)



    RSSなど結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
    また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
    外したわけではなくたぶんミスってます。。。
    相互ご希望の方もどうぞ~
    ツイッター・メールどちらでも結構です。
    ちょいと手直し
    2021/11/1
    管理人A




    ついったーでほんわかMkⅡ

    リンクとかの事はこちらに
    あばうとほんわかMk2




    ※気まぐれセール情報などのセール・お買い得の情報は記事作成時点のものです。
    詳しくは商品詳細にてご確認ください。

    まとめサイトさま最新

    あんてなさま最新
    amazon+

    Fire HD 10 タブレット 10.1インチHDディスプレイ 32GB ブラック

    Fire HD 8 タブレット ホワイト (8インチHDディスプレイ) 32GB

    Fire TV Stick 4K Max - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー


    明日ちゃんのセーラー服 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 5 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 9 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


    最新コメント
    アクセス



    あんてなさん


    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    スポンサードリンク
    • ライブドアブログ