ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

せつない話



うちは弟がちょっと病気持ちで生まれてきて、生後3年ほど入院生活を送っていた。

967 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/04/01 23:02 ID:Ot7aEfsh
うちは弟がちょっと病気持ちで生まれてきて、生後3年ほど入院生活を送っていた。
当然母親が付きっきりの状態。
父は当時海外に単身赴任していたので、3歳の私は父方の祖父母のところへ預けられた。
両親の我慢強い説明もまだ三歳の私には理解できるはずもなく、
明るいマンションの一室から薄暗い古びた一軒家に移され毎日泣き暮らした。
祖母はすぐに呆れて私に構わなくなったが祖父はいつも私のご機嫌をとってくれた。
お菓子や絵本やおもちゃ、当時まだ定価販売だったファミコン、毎日何かを買ってくれた。
それでも私は力がなくたかいたかいをしてくれない、老人特有の匂いをまとわせた小さな祖父がなんだか苦手で
添い寝も絵本読みも断って一人で寝ていた。
友達もなくテレビもほとんど映らない、食事も母が作ってくれるものとは違う。
そんな日々を幼心に毎日呪っていた。


968 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/04/01 23:02 ID:Ot7aEfsh
高校生になって祖父が他界し遺品整理をしていた時祖父の日記が見つかった。
通常の日記とは別に、布張りに転地が金箔の高級そうなノートが三冊。
細かな字で連綿と綴られた私の育児日記だった。
毎日毎日何時に起きて何時に昼寝して何時に寝たかまで詳細に記してある。
私のおもちゃを買うたびに減っていくわずかな年金の残高を心配する記述もあった。
最後のページはひときわ力強い字で「○○(私の名前)よ、誰よりも幸せに生きてゆけ」で〆られていた。
涙が出た。
老後ののんびりした生活に突如押し付けられた子供を育てるのはどんなに大変だったろう?
母乳も吸えない弟にかかる医療費を母に送金しながら私にもおもちゃを買うためにどれほど節約しただろう?
私は、祖父に育ててもらった三年間に笑ったことが何度あっただろう?

私も社会人になり、通帳残高が少なくなることの意味を身を持って体感した。
今、祖父が生きていてくれたら、月に数万でも送金してあげられたのに。


969 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/04/01(木) 23:20 ID:m84WUTnT [6/7]
>>967
涙が出た。
「後悔先に立たず」ってまさにこのことだね。
でも、あなたがおじいさんの気持ちに気付いただけでも
おじいさんは「これまでの苦労が報われた」と思ったんじゃないかな。
今のあなたを見てきっと喜んでるよ。


978 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/04/02(金) 07:04 ID:74+lk8yH
>>967-968
私も少し似た経験があるので、身につまされて涙が出た
お互いおじいちゃんの為に拝もう
お坊さんが誰かがその人の為に拝む度に、その人の魂が高い所に行けるって言ってた


子供の頃すごく貧乏だったけど、誕生日とかクリスマスとか、父親は私たち姉弟のためにいろいろ やってくれてました。

927 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:04/04/01 08:55 ID:Cj5uOJ76
子供の頃すごく貧乏だったけど、誕生日とかクリスマスとか、父親は私たち姉弟のためにいろいろ
やってくれてました。

ある年のクリスマス、どこでもらってきたのか、父が小汚いサンタの衣装を着て私たちにプレゼント
(主に文房具でした)を配っていたら電話が鳴りました。父の口調から、債権者からの電話だと
分かりました。当時、父は工場を経営していたのですが、あまり業績がよくなかったのです。

「年明けには必ず」などと言いながら、サンタの衣装でペコペコ電話の向こうに謝る父の後ろ姿を
思い出すたびにせつなくなります。


966 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/04/01 22:35 ID:7Qnr7LaQ
>>927
子供の頃ってそんなに金持ちじゃ無かったんで、欲しいものってそんなに買ってもらえなかったな。
そう言うことって、大人になったらなんとも思わなくなるのかと思っていたけど、未だに自分の中に、
その頃の自分がちゃんと居るんだよな、それで大人になった自分が子供の頃の自分を見ている。
でも、切なく思うのはそんな自分の気持ちじゃなくって、欲しいものを買ってやれなかった親の気持ちを
なんとなく感じるからかな。

その頃子供心に色々考えて、欲しいとか言った積り無かったんだけど、今になると判るよ。
子供ってモロバレ。w


近所の公園に老犬が毎日のように現れるようになった。

840 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:04/03/29 15:27
小学生の頃。
近所の公園に老犬が毎日のように現れるようになった。
人に慣れていて、首輪もしてて、毛並みも良かったので、どこかで飼われているのだと思った。
が、後日、公園を管理している人から聞いた話では、捨て犬とのこと。
それからは、妙に気になって毎日公園に様子を見に行った。
何日かすると、あんなに綺麗だった毛並みが汚れ、小太りだった体が痩せていった。
でも、人懐こい目が可愛く、毎日一緒に遊んでいた為か、顔も覚えてくれたみたいで、
私の姿を見ると駆け寄ってきてくれたりして、それが子供心にとても嬉しく、
どうにかして家で飼えないものかと、両親に頼んだが、当時住んでいた
マンションが「ペット禁止」だった為に飼えず、泣く泣く諦めた。

或る日、公園に行ったら、老犬の体にマジックで「バカ犬」と落書きがされていて、
目の上に黒々と太い眉毛まで書かれていた。
眉毛の上には「マユゲ犬」とヘタクソな字まで書かれていた。
慌てて母親を呼んできて、一緒に体を洗ったけど、油性で書かれた為に洗っても
洗ってもなかなか落ちなくて、何故か洗ってる時に涙がでた。
ところが、その日以来老犬は姿を消した。
(あまりにゴシゴシ洗いすぎたから、痛くなって、私のこと嫌いになったのかな?)と
思うと悪いことをした…と悲しくなった。


841 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:04/03/29 17:05
>>840
ぐわっ、老犬はイカンよ反則だろ老犬は!
ただの犬に「老」がつくだけでやりきれなさ8割増しじゃねーか。


これが老人だったらここまでグッときたかどうか考えると、自信が無い。


父は母の再婚相手で、俺が小学生の時に突然父親になった。

959 517 sage New! 04/03/29 12:32
父が死んで一年になる。
父は母の再婚相手で、俺が小学生の時に突然父親になった。
当初は「父さん」と呼べず、悲しい思いをさせたかもしれない。
「○○(父の名前)さん」と息子に呼ばれるのはどんな気持ちだったんだろう。
反抗期の息子に「本当のお父さんじゃないくせに!」と言われる父はどんな気持ちだったんだろう。
毒づき、当たり散らす息子にとても手を焼いていたと思う。
俺が中一の時に事故で両足を折ってしまい、歩けなくなったときがあった。
奇しくもその時期に期末テストで、追試はほぼ決定だと思っていた時、父がおぶって学校まで連れて行ってくれた。
学校に近づくにつれて他の生徒の好奇の目に晒されている気がして、俺はとても恥ずかしくなった。実際中一にもなって父親におぶられている俺をクスクス笑う女子もいた。
そんな折、ふと父の顔を背中越しに見ると、とても堂々としていた。
「自分の息子をおぶって何が悪い?」今にもそう言いそうな表情だった。
何の謝罪、感謝の言葉も贈れないまま、父はもう二度と会えないところへ行ってしまった。
もし父が歩けなくて困ってしまうような時がきたら今度は俺がおぶってやりたかった…


5,6年前よく通りかかったチャイナタウンでいつも同じホームレスのおじいさんを見かけていました。

801 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/27 07:43 ID:hULHytoH
雪国に住んでいます。
5,6年前よく通りかかったチャイナタウンでいつも同じホームレスのおじいさんを見かけていました。
ほとんどのホームレスの人は座って「小銭ありませんか」って言い続けたりするだけなんだけど、
そのおじいさんは木琴を目の前に置いて、一日中すごい早さでめちゃくちゃに叩きまくっていました。

リズムも何もないんだけど、他の人のように何もせずにお金をもらうんじゃなくて
何かしようというその努力がなんかせつなかったです。
チャイナタウンにもいろいろあって、そこは貧乏なチャイナタウンだったので効率が悪そうで
他の場所に行けばもっとお金をくれる人がいるのにと思っていました。

体感温度が零下ー40℃になって、何人かホームレスが凍死したというニュースがあった数日後、
チャイナタウンからそのおじいさんが消えていました。
どうなったか知らないけれど、あのおじいさんは若い頃何をしていた人だったんだろうとか思うとせつなくて
おじいさんを思い出すあの通りにはしばらく行きたくない気持ちです。


「おかずはハンバーグね!」とか「2段のり弁ね!」と母に色々お弁当のリクエスト

704 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/25 01:05 ID:Kb9S2GAQ
小学1年生での初めての遠足の時のこと。

私は初めての遠足がすごく楽しみで、遠足の1週間くらい前から
「おかずはハンバーグね!」とか「2段のり弁ね!」と母に色々お弁当のリクエストをしていました。

遠足当日の待ちに待ったお弁当の時間、リクエストしたかいあって、
お弁当のふたを開けると、私の好きなおかずばっかり。もちろんのり弁も2段でした。
そして、お弁当に手をつける前にお茶を飲もうと、水筒を開けた瞬間、
体が傾いた為、膝の上に乗せていたお弁当箱が真っ逆さまに地面に落下してしまったのです。

あわてて中身をお弁当箱に戻しましたが、おかずは全滅、
のり弁も、砂のついていない下段半分しか食べられませんでした。

一生懸命作ってくれた母に、お弁当を落として食べていないことを知られたくなかったので、
帰り道、砂まみれのお弁当の中身を袋に包んで、こっそり公園のゴミ箱に捨てました。
食べ物を捨てるという行為にものすごく罪悪感を覚えました。

家に帰り、お弁当箱を差し出しましたが、おかずを入れていた
アルミホイルは全部無くなっていましたし、お弁当箱の中に砂がついていたので
母はおそらく事態に気づいたと思います。
しかしいたって普通に「おいしかった?」と母は聞いてきました。
私はおそらく「おいしかった」と答えたと思いますが、よく覚えていません。


今でもこの出来事をふとしたタイミングで思い出しますが、
思い出すたびに、母と、食べられることなく
捨てられてしまったお弁当に対して
申し訳なく思い、せつなくなります。


小学校1年生の時、俺のこづかいは月100円だった。 その頃、俺の周りではカードダスが流行っていた。

703 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/25 01:03 ID:r/Rlog/h
小学校1年生の時、俺のこづかいは月100円だった。
その頃、俺の周りではカードダスが流行っていた。
カードダスというのは、ドラゴンボールなどのキャラのカードが出てくる機械で、
出てきたカードを集め、友達同士で見せあっこしたり交換したりするのだ。
カードは1枚20円なので、俺のこづかいでは1ヶ月5枚しか買えなかったが、
たまにばあちゃんに買ってもらったりしてコツコツ集めていた。
カードダスのレバーを回すと、裏返しにカードが出てくる。
それを表にする時、とてもドキドキした。

カードの中にはキラカードといって、絵がキラキラしているものがあった。
そういうのはレアで、なかなか出ない。
でも俺はその中でも特に珍しいカードをもっていた。
友達に見せて自慢したり、とにかくとても大事にしていた。
誕生日に買って貰ったカードアルバムに入れて、いつも持ち歩いていた。

ある日こづかいを貰った俺は、いつも通り即行でカードダスがあるスーパーに向った。
そこのカードダスの前に、俺より少し年上と思われる少年がいた。
俺がカードを買おうとすると「どんなカードもってる?」みたいな感じで話し掛けられ、
俺はもっていたカードアルバムを見せることになった。
その少年は俺の大事にしているキラカードを欲しがり、
「このカード(普通のカード)と交換してくれ」と言ってきた。
キラカードはキラカードと交換するのが普通なのだが、
気の弱かった俺は強引な誘いを断りきれず、カードを交換してしまった。
さらにもう一枚のキラカードも渡してしまった。
その後買った5枚のカードは、全部雑魚カードと呼ばれるもので、
家に帰った俺は、カードアルバムの空になったキラページを見て泣いた。

小学校3年生になった辺りからカード集めはやめたが、
あの時のせつない気持ちは今でも覚えている。


中学の時に好きだった子と十年ぶりに偶然再会した。

875 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/11 15:32 ID:6xurgzvu
中学の時に好きだった子と銀行のキャッシュコーナーで
十年ぶりに偶然再会した。
お互いに「久しぶり」と声をかけ少し立ち話をした。
あんまり変わってなくて会社の制服を着ていたし、指輪も無かった。
「ぼちぼちお前も結婚しないと行き遅れるぞ」
軽い冗談のつもりで言うと、彼女は目を丸くしてこう言った。
「えっ?私もう子供が二歳になるんだけど・・。」

なんっつーか・・・せつない気分でいっぱいだった。


大学卒業して、故郷へ帰るという女友達を羽田まで送っていった。

871 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:04/03/11 15:06 ID:j+Cv3uty
大学卒業して、故郷へ帰るという女友達を羽田まで送っていった。すごく気が合う女の子で、
4年間ずっと一緒だったけど、お互いに異性としては意識せず、お互いの恋愛の悩みとかを
話し合ったりした。最後の1年は二人ともフリーだったけど、今さら恋人同士になるのも照れ
くさいのか、気持ちを口にすることはなかった。最後のクリスマスも二人で過ごしたけど、
友達以上の関係にはならなかった。

空港でかなり早めにチェックインを済ませて、あっちこっちぶらぶらしてるうちに、搭乗手続きの
時間が近くなった。彼女は急に口数が減り、手を握ってきた。思えば、4年間で手を握ったのは
初めてだった。そして彼女は「今日帰るのやめようかな」とぽつりと言った。「だってもうチェックイン
しちゃったし、もったいないじゃん」と、俺は心にもないことを言った。「そうだね」という彼女は
俺の手を強く握った。

いよいよ搭乗手続き開始のアナウンスが入り、彼女は「じゃあ、元気でね」と言った。今しか
ない、今言わなきゃ一生言えない。心臓が爆発しそうなほど高鳴り、俺は「待って」と言った。
「え?」と俺を見つめた彼女の顔は嬉しそうだった。俺は思い切って言った。

「君が好きだ」
「はぁ?」
「君が好...」
「やめてよ、あははははっ」

彼女は緊張の糸が切れたように爆笑し、嫌だ嫌だと笑いながら手を振って行ってしまった。実家に
着いた彼女からのメールの最後に、「気持ちは嬉しかったけど、ああいうのは困ります。4年間の
楽しい思い出を壊さないようにしましょう」と書いてあった。顔から火が出るほど恥ずかしかった・・・。


小さい頃、とても綺麗な叔母がいた。親父の妹なんだが、いつも綺麗な格好をして、おふくろとは全然違う 匂いをさせていた

866 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:04/03/11 11:02 ID:3T/qo3Y8
小さい頃、とても綺麗な叔母がいた。親父の妹なんだが、いつも綺麗な格好をして、おふくろとは全然違う
匂いをさせていた。兄にも優しかったが、特に俺に優しく、いつもたくさんお小遣いをくれた。おふくろはいつも
ちょっと冷たく当たっていた。大人になってから聞いたら、叔母は俺を養子にしたいと盛んに親父に頼んで
いたらしい。これでおふくろの態度のわけが分かった。

叔母は、60近くになっても上品で、綺麗な人だったが、ある年の大晦日に急死してしまった。一人暮らしの
マンションで、風呂に入っている最中に心筋梗塞を起こしたらしい。ダイニングテーブルの上には一人分の
ご馳走が用意されていて、冷蔵庫にはシャンパンが冷えていたそうだ。風呂から出たら一人で年越しを
祝おうと考えていたのだろう。養子にはならなくても、もっと頻繁に顔を出してやるべきだったかなと、
少し後悔した。


867 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/11(木) 13:38 ID:Ww0roC9c
>>866
でもさ、子供をくれって言う小姑の所へ
頻繁に顔を出す息子を見る母親ってのも切ないと思う。
行かなくて正解。


869 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/11(木) 14:11 ID:RIaFL7zg [2/2]
>>866
なんつうか・・・悲しいなあ。年くってから一人で年越しする気持ちって
どんな気持ちだったんだろ。



うちの両親は見合い結婚だった。愛はあまりなかったらしい。

654 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/23 01:39 ID:R5M97jrW
うちの両親は見合い結婚だった。愛はあまりなかったらしい。
小学生のとき、母に離婚しようと思うと告げられた。
私は悲しくて、でも涙を見せたくなくて声を殺して泣いた。
母はその姿を見て離婚するのをやめたらしい。

時々、母が実家に電話しているのを聞いた。
こっちには仲のいい友達もいない。兄弟のあんた等さえ尋ねて来てくれない。
それどころか、電話をかけてもいつも兄弟間の愚痴ばかり聞かされる。
姉さんなのになんの心配もしてくれないんだね。と泣いていた。

中学に上がって祖母にいじめられていたのを知った。
父親と仲が悪く時々喧嘩していたのも知った。
母は私達を育てるのに忙しく、父も祖母も私達の面倒をまったく見てくれなかったので
趣味も持てず、遊びに行くことさえできなかったらしい。

私が泣いたせいで母はこんな生活をずっと我慢していたのかと思うとすごくせつなくなった

https://life3.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1079060188/

同じ高校へ進学する子から 「サイン帳に何か書いて」とサイン帳を渡された。

837 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:04/03/10 22:46 ID:0TF1yNV4
中学を卒業する時に、同じ高校へ進学する子から
「サイン帳に何か書いて」とサイン帳を渡された。
同じ高校に進学するのに面倒くせぇと思った俺は、サイン帳に
「高校でもよろしく~あとは特になし!!」と書きなぐって返した。
そしたらその子が「もっときちんと書いてよ!」と怒ってきたので
「同じ高校に通うのに何を書けって言うんだよ、バカじゃねぇの?」
と言い返してやった。

だけど、その子は卒業式の後
父親の転勤で遠くに引っ越していってしまって
同じ高校に通うことはもちろん、二度と会うこともなかった。
多分、「サイン帳を書いて」と言ってきた時、
自分が遠くに引っ越すことを知ってて黙ってたんだろうなと思った。
高校に入学して、しばらくしてからその子が引っ越したことをきいて
妙にサイン帳のことをしつこく言ってきてたことを思い出して後悔した。
言ってくれれば、もっと真心こめてサイン帳を書いたのに。
もし会えたら「あの時はごめん」って言いたい。


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ