147 名前:癒されたい名無しさん[sage] 投稿日:2009/02/28(土) 20:34:17 ID:AkR0p49f
正月に嫁、娘達と実家に帰省した時の話

実家でお節料理を摘みながら、酒を呑んでいたとき 5才になる長女が重箱の隅にあったクリキントンを指差し、
「それ!何?私、食べたい」

俺「これは、キントンだよ」
小皿に取り寄せ、長女の前に...すると長女が目をキラキラ輝かせながら、「乗ってみたーい」


俺、嫁 「それは、キントウンだろ」
ハモった。

長女 「飛べないの?」

俺、嫁 「空も飛べるはず」 またハモった、笑った。