ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン

おじいちゃん



4歳ぐらいの女の子とおじいちゃんが目の前までやって来た。

17 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2006/09/14(木) 03:31:51 ID:hPneOxl9
1歳2ヶ月の娘と二人で週末を実家で過ごした帰り

実家から自宅まで電車乗り換えして1時間かかる。
お昼寝時間を選んで乗ったつもりが、事故の影響で2時間近くかかってしまい
電車を乗り換えてすぐの頃にお目覚め。
寝起きは機嫌が悪くて、ぐずぐず言い出し
抱っこしようとしても、膝の上に立ち上がって甲高い声で叫びだした。
まだ降りる駅まで10分以上あるけど、止まる駅はないし
乗客の視線は娘に集中してて痛い・・・

申し訳ないなぁと必死にあやしていると、端っこの方で子供の大声
あ~、うちの子がうるさいから、他の子も刺激しちゃったか orz
と、さらに慌てていると
その声の主らしき4歳ぐらいの女の子とおじいちゃんが目の前までやって来た。
「うちのがね、赤ちゃん泣いてるよ!って心配してるんですよ」
とおじいちゃん。女の子は恥ずかしそうにしながら笑っている。
突然の女の子の登場に泣き止む娘。
結局降りる駅に着くまでの間、二人が色々あやしてくれたお陰で
機嫌よく過ごす事ができました。

おじいちゃんも女の子も感じが良くて、押し付けがましくもなくて。
ささやかな事ですがちょっと嬉しかった出来事です
乱文失礼しました


私の家は小さなころから共働きで 祖父母に育ててもらっていました

789 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:01/11/06 17:59 ID:4vx4TZsn
涙がでそうです

私の家は小さなころから共働きで
祖父母に育ててもらっていました
私は劣等生で祖母によく怒られていましたが
出来の悪い孫がかわいかったのか
祖父はとても私のことをかわいがってくれました

中学生のときに父(祖父にとって息子)が病気で他界しました
そのことは、10年くらいたった今でも
私の中でうまく整理がつかないのでおいておきます。
父がいなくなってから、数年後、私が大学生になり
もう少しで実家を出てひとり暮らしをしようとする頃、
祖父は軽い病気になりました
命をおびやかすような病気ではなかったですが。
病院にお見舞いに行ったら、祖父は笑顔で迎えてくれ、
いろいろ話したあとに
「オレは長生きをしないといけない。○○(私の名前)ちゃんが
お嫁に行くときに、もし教会で結婚式を挙げるようなことになったら
○○ちゃんのお父さんはいないから一緒に歩く人がいない。
オレは必ず一緒に歩く」
と言って笑ってくれました。泣きました。

それ以来、私が結婚するときは(まだまだ予定はないですが)
必ず教会で結婚式を挙げ、祖父とバージンロードを
歩こうと決めています。

今でも、そんなに私の将来のことまで考えてくれている祖父を
思うと感動して泣きます。
おじいちゃん、大好きです。


祖父は早くに両親を無くし、男手一つで兄弟を育て上げた人。 他人にも自分にも厳しい人だった。

714 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:01/10/29 03:49 ID:ZVlXiygC
母方の祖父が無くなった時の事を思い出した。
祖父は早くに両親を無くし、男手一つで兄弟を育て上げた人。
他人にも自分にも厳しい人だった。
もちろん身内にも厳しくて、母が下の子を出産する時に、弟が祖父の家に3日ほど
預けられた。弟は甘えん坊で予防注射のときは泣きまくるし、
握り箸でご飯は食べるし、もうやり放題。
祖父はどうやったのか、たった3日の間に躾し直して弟を帰宅させた。
母はビックリしてた。私も幼稚園だったけど、よく覚えてる。
その祖父が肝臓ガンになった。
医者ももう長くは無いと判断したのだろう、そろそろ親しい人を呼んでください、
ということになった。
私は病院に駆けつけた。でも、祖父が亡くなるなんていう実感なかったし、
普段から厳しくて頑固な人だったから、少し近寄りがたかったし、
病気のせいか、少しボケて私の事を母と間違えるし、はっきり言って会うのが
億劫だった。
そんな祖父が私を見るなり、

「キレイになったなぁ~!」

ビックリした。

おじいちゃん、楽しみにしてくれてた私の結婚式、間に合わなくてごめんね。
おばあちゃんには、きっと見せてあげるから。
私の結婚式見るまでは死ねない、って普段から言ってるし。(笑


道端に子猫が1匹落ちてた。 うちは賃貸で飼えない。

672 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。投稿日: 2000/11/21(火)

夏ごろのこと。

道端に子猫が1匹落ちてた。

うちは賃貸で飼えない。

途方に暮れて眺めていたら、見知らぬおじいちゃんが来て、
そおっと掬い上げてくれた。

「チビさん、ワシが生きてる間だけやで…」

家へ帰って、少し泣きました。


当方14歳のガキですが自分の思い出話もひとつ。

325 名前: [] 投稿日:02/04/09 00:00 ID:2PPCHgDU
当方14歳のガキですが
このスレみて泣きまくったので
自分の思い出話もひとつ。
父方の祖父は長男である私を非常にかわいがってくれて
よくせなかにおぶって庭を散歩してくれたりした。
それから何年もたってほとんど話もしなくなって、
何気なく栃木県に旅行に行ったときに買ってきた
孫の手をプレゼントしたらとても喜んでくれた。
それから2年後の僕が12歳のときに他界。
あっけなすぎて全くショックもなかったのだが、
棺桶の上に2年前にプレゼントしたその孫の手が
丁寧に置かれているのを見て、一気に泣いてしまった。
おばあちゃんはまだ生きているけど、
毎日その孫の手を使ってくれていたらしい。
たった500円ほどの孫の手だけど、
死んでしまってからやってもらったことを思い出して
ああ、もっと話したかったと思ってるよ。
遊んでくれたこと、みんな覚えてるよおじいちゃん。
見せられなかったけど、いい中学にも入ったし幸せになるよ。


なんかよく分からんが嬉しくてたまらなかった

691 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/03/10(土) 02:30:33.92 ID:UdIiew0V
電車内で見た、お洒落で品のいいおじいちゃんと一緒に居た孫らしき女の子
仲良く座ってお話してて、じいちゃんとお出かけかーいいなーって見てた
だが駅に着いて、開く扉とは反対側の扉の前で立って開くのを待ってる女の子。
じいちゃんに
「○○そっちじゃないよ、こっちが開くんだよ」って言われて
ハッΣ三 ゚Д゚)として振り返り(本当にこんな顔してた)
「ううん知ってるよ!こっちで景色見てただけだよ!知ってたんだよ!」って
必死で言っててすごく和んだ。
笑顔のおじいちゃんと慌ててついていく女の子を見守る乗客の人達も
つられてニコニコしてて、ああ平和だなーとか思っちゃったよ
なんかよく分からんが嬉しくてたまらなかった
歳取ったのかな


娘(当時4歳)は祭壇を見てひとこと。 『あれ、誰のハピバースデーなの?』

636 :愛と死の名無しさん :2005/11/18(金) 20:19:12
私の祖父の葬儀の時のこと。
読経も始まり、皆俯いて
故人をしんみり偲んでるところを
娘(当時4歳)は祭壇を見てひとこと。

『あれ、誰のハピバースデーなの?』


固まる周囲。
慌てて『あれはハピバースデーじゃなくて
おじぃちゃんへのお供えなんだよ』と娘に説明。
えーでもお花とか果物があるし・・・と
納得いかない様子の娘。

前にいた伯母が『おじいちゃんが天国で
初めて迎えるお誕生日だからね』と
フォロー入れてくれた時、不覚にも泣いてしまった。
伯母さん、本当にありがとう。


637 :愛と死の名無しさん :2005/11/18(金) 23:48:33
まあ4歳じゃ笑い話で済まされるレベルだから大丈夫だろ。
じいちゃんもあっちで聞いてて笑ってたんじゃないか。


638 :愛と死の名無しさん :2005/11/20(日) 13:02:04
4歳ならしかたないかもな。
でも確かに伯母さんGJ。


639 :愛と死の名無しさん :2005/11/21(月) 11:49:35
伯母さんに感動した。いい人だなぁ


子供の頃住んでた家は工業地帯の団地。春先に必ず鶯が鳴いていたから きっと梅の木もあると何となく思ってた。

823 名前:なごむ[sage] 投稿日:2008/02/28(木) 19:49:02 ID:sFoEbXQy0
鶯で思い出した。

子供の頃住んでた家は工業地帯の団地で、団地の近くに昔からある古い家があった。
庭も納屋もあるような家で、春先に必ず鶯が鳴いていたから
きっと梅の木もあると何となく思ってた。
鶯の声を聞くと「春が来たんだなぁ」と子供ながらに思いっていた。
中学3年になり、身長も伸びたので垣根の向こうの庭も見えるようになったある日
鶯の声が聞こえたので庭をこっそり覗いて、鶯はどこかと梅の木を探したら
縁側でお爺ちゃんが、鶯笛を吹いてた。
私と目が合ったお爺ちゃんは、ばつが悪そうに笑った。
15年間、本物だと思ってた鶯の声は、お爺ちゃんの笛だった。
実は、大人達はこの事をみんな知ってるらしく
子供達が喜ぶからと、お爺ちゃんが何年も春先に吹いてただけだった。
昔は本物が来てたんだけど、工場が増えるにしたがって空気が汚れていなくなっちゃったんだって。
でも、春に聞こえる鶯の声も知らないで育つ子供達は可愛そうだからって
お爺ちゃんが天気のいい日に、縁側でずっと吹き続けてくれてたんだ。

大人になったからもう分るけど、笛と本物はだいぶ違う声だ。
でも、私にとってはあの声が、春に梅の木で鳴いていた鶯なんだ。
私はもう違う土地に引っ越して、お爺ちゃんの鶯は聞けないけれど
今いるこの土地も鶯来ないから、鶯笛練習してみようかと思う。


近所で神憑りに可愛い子犬を拾った 飼いたい旨を先ず母親に嘆願

487 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2008/10/27(月) 11:50:00 ID:kOPJ5k6C
父親ではなくおじいちゃんなんだけど、母子家庭で祖父母同居だったので…

小学生の時、近所で神憑りに可愛い子犬を拾った
飼いたい旨を先ず母親に嘆願
『おじいちゃんの許しが出れば私は文句ない』
本丸の前に祖母を味方に付けるべく嘆願
『お父さんに聞きなさい』

orzムリニキマッテンジャン

恐る恐るおじいちゃんの元へ
『だめだ!お前に面倒見れるわけない』

母親と祖母になだめられ、泣く泣く退散
とりあえず今晩は家で保護
明日保健所…フラグ

翌日ションボリしながら学校から帰宅すると、何やら庭で日曜大工のおじいちゃん
見ると二畳はあろうかという広さの半分屋根付き扉付きの『檻?』
しかも下半分はブロックをコンクリで固めてある本格派
何をしているのかおじいちゃんに聞くと、

『お前の弟の部屋だ』

俺は一人っ子
涙が出た


孫から「おじいちゃん僕のこと何番目に好き?」と聞かれた父

101 :おさかなくわえた名無しさん :2005/08/20(土) 17:25:55 ID:3AJ+KN93
9歳の孫から「おじいちゃん僕のこと何番目に好き?」と聞かれた父は、
「1番だ!」と返事。

更に「じゃあ、おばあちゃんは何番目?」と聞かれ「・・0番だ!」と。
「0番って、1番より先?」と孫に言われて「そうだ!」と笑顔で答える父がステキだと思った。

それを一緒に聞いていた母の反応は、「あら~今度コーヒー濃いめにいれてあげるわ~」
お返しちっちゃっ!w


俺もいつか、誰かの優しい思い出の一端を担える大人になります

453 爆音で名前が聞こえません [sage] 2013/01/13(日) 02:26:15.29 ID:+R4sYMxc0
田舎の、お隣の爺ちゃんが亡くなったらしい

小学校の下校のときよく車に乗せてくれたなぁ
軽トラックの荷台にカバー被せて、ガキいっぱい詰め込んで輸送!(警察に見つかったらこっ酷く叱られる)
「誘拐されるぅぅぅ」って言ったら「身代金要求しとくわ!」ってよく返された

臨終前にあの時のこと覚えてるよって一言言いたかった
俺もいつか、誰かの優しい思い出の一端を担える大人になります

爺ちゃん、ありがとう。


亡くなった祖父が大好きだった オシャレなおじいちゃんで、常に帽子とセカンドバッグ、コロンを愛用していた

852 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/09/28(土)21:25:36 ID:fB.ms.L1
私は亡くなった祖父が大好きだった
オシャレなおじいちゃんで、常に帽子とセカンドバッグ、コロンを愛用していた
だけど、葬式の時に一緒に入れて燃やしちゃったから、もうどんなコロンだったのかわからない
いつかわかるといいなぁ、とのんびり探してた
そしたら偶然、今日新しくやってきた業者のおじさんから同じコロンの匂いがした
隣を通った時にふわって香ったの
あ、おじいちゃんの匂いだ!ってすぐにわかった
でも初対面だし、そんなプライベートなことは質問出来ないじゃん?
ちょっと仲良くなれたら質問しよう、なんて思いつつ、恙無く対応終了
勤務終了後、休憩室で後輩と喋ってたら「新しい人、加齢臭きつかったですねー」って
私がずっと探してたコロン、加齢臭だったみたい
おじいちゃんの思い出の匂いは加齢臭
ちょっとショック


おじいちゃんの獲ってきてくれた魚の名前なんて覚えてないけど

938 名前:名無しさん@1周年[] 投稿日:2000/07/14(金) 22:12
勤務中なのにこのスレッド読み始めてこんな時間になってしまった。
いま頭の中では死んじゃったおじいちゃんのことで一杯で、目もうるうるです。

初孫の私が帰省すると必ず船を出して魚をとってきてくれました。でも、おじいちゃん
は食べずに、自分の横で日本酒をずーと飲んでました。
「おじいちゃんも食べやー」と言っても「うん」とか「ああ」しか言わない。
でもずーと横にいてくれる。自分が大学生になるころにはもう船にのることも
無くなったけど、自分が一緒にお酒に飲むことができた。そんなベラベラしゃべること
なんてないけどずーと一緒に飲んでた。
おじいちゃんの通夜のとき、朝までおじいちゃんの横で一人で飲んでました。
おじいちゃんの獲ってきてくれた魚の名前なんて覚えてないけど、ただただ
おいしかったことしか覚えてない。
あー、あかん会社で泣きそう。


おじいちゃんのチャーハンが食べたくって

858 名前:うり[] 投稿日:2000/06/28(水) 00:22
小学生の頃、おじいちゃんがチャーハンをよく作ってくれました。
と言うよりもいつもわたしがお願いしてたのかな?
わたしが働き始めて久々におじいちゃんに会った時、やっぱりおじいちゃんのチャーハンが食べたくってお願いしたら、にこにこして腰を上げてくれました。
でも側にいた母が”もう中華なべを持てないくらい体力無いのよ…”と言われ、慌てて違う話しに変えて座ってもらいました。
わたしはいつまで経っても子供気分が抜けなくてだめですね。

それからも時間が経ち、おじいちゃんは去年亡くなってしまいました。
あのチャーハンの味が忘れられなくって何度か挑戦しましたがやっぱりだめ。
大きめにざくざく切ったたまねぎ、なんであんなにあまかったのだろう?
もう一度…。


私は小さい時からおじいちゃん子で、祖父も初孫の私をよく可愛がって くれました。

500 名前:アーモンドチョコ[] 投稿日:2000/04/28(金) 15:58
私は小さい時からおじいちゃん子で、祖父も初孫の私をよく可愛がって
くれました。ある日、小学校から帰ってこたつに入ってテレビを見てると
祖父がきて、「お菓子あげよ」というので、嬉しくって待ってたんですが
祖父はなかなかお菓子をくれません。「お菓子どこ?」と聞くと、
「そこにある」と言ってニコニコ笑ってるだけです。こたつ机の上には
食べ物何もなかったので、「おじいちゃんまたからかってるわ」と思って
いると、祖父が自分の薬袋を私に渡して、「開けてみ」というので
中をみてみると、そこにはアーモンドチョコレートが何個も入ってました。
「薬やと思って、分からんかったやろ」と得意そうに笑った祖父が今でも
忘れられません。その時祖父は癌で、毎日薬を飲んでいて、体も目に見えて
痩せてきていたのですが、いつも何か面白いこと言っては、私と妹を笑わせて
くれていました。祖父は7年前に他界したのですが、亡くなる前は私がちょうど
高校受験の時期と重なり、また私もそんなすぐ祖父が逝ってしまうとは思って
もいなかったので、最後もっと一緒に過ごしたかったなと悔やんでいます。
アーモンドチョコレートを見ると、祖父のことを思い出します。
ちなみに、その時の薬袋はまだとってあります。

https://mentai.5ch.net/test/read.cgi/food/951552846/
読者登録
LINE読者登録QRコード
つぶやき
みんなありがとう(*´∀`)


ほんわかアンテナ(*´∀`)
作ったよ!
アンテナ風まとめさいとのまとめです。
ご登録いただける方は、「このランキングに参加申請」からお願いします。


相互RSS新しくしました。
上部メニューバーもRSSなしのあんてなさんのみにしました。


結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
外したわけではなくたぶんミスってます。。。
相互ご希望の方もどうぞ~
ツイッター・メールどちらでも結構です。

2020/04/27
管理人A




ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2
まとめサイトさま最新

あんてなさま最新
amazon+
早乙女姉妹は漫画のためなら!? 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)


あの頃の青い星1


最新コメント
アクセス



あんてなさん


カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ