ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン

いい話



楽しみにしていたサッカー観戦の日、あいにくの雨。

484 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/09/18(火) 21:55:41 ID:2tbgktSF
楽しみにしていたサッカー観戦の日、あいにくの雨。
でも前売りのチケットが勿体ないので、傘をさして駅まで歩いていたら
小さなクラクションと「乗りませんか?」の声。
声の主は、自分と同じ色のユニフォームを着てた。
お言葉に甘えて車に乗せていただいた直後に強まる雨。
本当に助かりました。

乗せてくれた方は、足が不自由で車椅子を使っている人でした。
今度車椅子の方が困っているのを見かけたら、
あの人だと思ってお手伝いしようと思います。





【まつり】屋台を見て回ってたら綿菓子の屋台を見つけた

278 名前:なーごなご[sage] 投稿日:2009/01/07(水) 18:26:19 ID:e1lQsbFu0
去年の秋祭での出来事

屋台を見て回ってたら綿菓子の屋台を見つけた
懐かしくて思わず買って帰ろうかと思ったんだけど
自分の前にも人がわらわら集まってた

で、少し離れたところで待ってたら
屋台のお兄さんが客から受け取った千円札を落としてしまって
それに気付かないまま次の客の綿菓子を作りだした

教えてあげないと、と思ったら私の横にいた親1人子供が男女の2人という家族の
男の子が親に向かって「お金落としてる」と報告
親は「教えてあげなさい」と言うんだけど、恥ずかしいのか少し躊躇してる男の子
やっと勇気を出して、屋台に近寄るとお兄さんに小さい声で「お金落としてるよ」と教えてあげた
お兄さんは嬉しそうに「ありがとう!」とお礼を言ってお金を拾ったのち
機械の内側にくっついてる綿菓子の塊をひょいと掴み男の子に差し出した

「もってけ正直者!」

爽やかな笑顔にさわやかな物言い
男の子は最初断ったけど家族にも「もらえ、もらえ」と促され
お兄さんにも「こういうのは持ってっとくべきだぞ!」といわれ
結局てれながら受け取って
恥ずかしいのか足早にその場を離れていき残った家族が後を追うw

正直で照れ屋な男の子も良かったけど
屋台のお兄さんの爽やかさと機転(?)にも和んだひと時でした



うちの玄関、昔店をやってたときのショーウィンドウが残ってて 猫はそこから外を眺めるのが日課。

77 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。[] 投稿日:2000/12/07(木) 21:53
うちの玄関、昔店をやってたときのショーウィンドウが残ってて
猫はそこから外を眺めるのが日課。
毎朝、おじいさんとおばあさんののった車が、
内の前を通り過ぎるときにうちの前でスピード落として、猫確認してくれてる。
その後は、幼稚園行く途中らしい親子連れがきて
ちっさい犬を散歩させるおじさんが来る。

こないだ、怪我してエリザベスカラーつけてたら、
玄関に、子供とお母さんからお見舞いの手紙がはさんであった。
おじいちゃんたちは、車止めて様子を聞きにきてくれた。

近所の皆様の優しさにちょい泣けた。
多分、うちの家族の誰より近所の人に名前しられてる




子供が1歳の時にね、急性肝炎で入院したんだ。私の心はぼろぼろだった。

492 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2005/08/02(火) 12:09:40 ID:JFImxhGU
子供が1歳の時にね、急性肝炎で入院したんだ。
サイトメガロウィルスってね。もう自分アフォかとバカかとオモタよ。
39度近い熱を一週間出した時点で気づけばよかったんだけど、
田舎ヤブ医の言うことを信じて風邪だと思い込んでて、
血液検査で分かった頃には黄疸も出ていて即入院っていう状況だった。

子供ひとりロクに見れずに病気になってしまったこと、
自営業してるのに仕事の合間をぬって面倒見てくれてる義理実家に申し訳なくて。
実母が毎日見舞いに来てくれるのは嬉しいけど、あんたが体調管理しないから
みんなに迷惑かけたんだとか説教されて、育児ノイローゼ再発。
周りもきつかったんだと思う。それはすごく分かるんだけど、私の心はぼろぼろだった。

やっと体調が落ち着いてやっと点滴つけながらだけど歩けるようになった。
シャワーなんかはまだ無理だったけど、顔を洗ったり歯を磨いたりできるだけでも気持ちよかった。
それから数日たったぐらい、朝いつも同じ時間に洗面台にいて、声をかけてくれる一人のおじさんがいた。
同じ病室の人からあの人893だよって聞いた。
腕からは刺青も見えていた。
でも洗面所で話すときは、全然怖くなくむしろ人懐っこいおじさんだなーと思って
特に避けようとも思わなかったし普通に会話できていたと思う。

入院から10日ぐらいたった昼のことかな、実母が入院してはじめて子供を連れてきてくれたんだ。
まだママとも言わない息子だったけど、まっすぐこっちに来て抱きついてくれたんだよ。
その時にこの子にかわいそうなことをしたという気持ちがいっぱいになって
わあわあ泣いてしまった。

次の日の朝、洗面所にいくとあのおじさんが歯をみがいていた。
笑顔でおはようと言ってくる。私もおはようございますと返事した。
「昨日来てたのはあんたの子供かい?」
まっさきに昨日の息子のことだなと思い浮かび、はいと返事した。


493 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2005/08/02(火) 12:10:32 ID:JFImxhGU
(続き)

おじさん「かわいい子だなー。いくつだ?」
私    「1歳です。まだ小さいので、(入院したことで)かわいそうなことさせちゃいました」

また思い出して泣きそうになってしまった。
入院中ずっと自分を責めてばっかりだったから、つい思ってたことをおじさんにぶちまけてしまった。
自分が母親失格だってこと、育児に自信をなくしたこと、
みんなに迷惑かけてしまったことなど。おじさん、ずっと話を聞いてくれてたよ。
「お母さんがそんな顔でどうするんだ。ただ元気になりましたーって普通に帰ってくればいいじゃないか。
子供が待ってるのはしょげてるあんたじゃない、笑顔で抱きしめてくれるあんたなんだ」
おじさんの言葉の「あんた」がすごく重く感じたよ。
あの一言があったから、頑張って療養できたんだと思う。

退院する日の朝、洗面所でおじさんに会った。退院することと今までのお礼と言うと
よかったなーと笑ってくれた。そしてポケットから文庫本を出して、一方的に手渡してきた。
こんなのしかないけどやるって。
見たら「素敵な恋愛をする方法」 ……笑ってしまってしまったけど、嬉しかった。

もう数年も前の話になってしまったけど、あの時のおじさんどうしてるかな。
退院の朝ありがとうをたくさん言って笑われたけど、また会ったらまず「あの時はありがとう」って
やっぱし言いそうな気がするよ。


白い靴をヤフオクで落としたんだが…

60 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 投稿日:02/08/25 15:53 ID:scSV0Ent
>54 ブクマしますた…(-人-)
オークション板の「いい話スレ」からコピペ。

姉が結婚する時に履きたい、と言っていた白い靴があって、
私もどうしてもプレゼントしてあげたくて取り扱いのお店を
探しに探したけど見つからなかった。

その靴をヤフオクで見つけて、落札したら、
「お姉様の結婚式に間に合うように」と入金確認前の、
オークション終了後に夜なのにコンビニで発送してくれ、
「心ばかりのお祝です」と送料も負担してくれ、
靴は丁寧に包装、真っ白なリボンがかけられ、
お祝の言葉のカードと、青い小さなお花のブローチもつけてくれた。

姉は「見ず知らずの方にもお祝してもらえて嬉しい。靴も嬉しい」と涙ぐみ、
いただいた青いお花のブローチを、ドレスの下につけて式をあげた。

あの時の○○さんの事は忘れられないです。本当にありがとう。
譲ってもらった靴は来春、私が履きます。




今から10年ほど前、妻が予定より2週間以上早く陣痛が始まってしまい、慌てて車で病院に向かった。

85 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2012/03/17(土) 20:42:02.09 ID:P15fGBqp
267 名前:774RR[sage] 投稿日:2012/03/17(土) 18:31:20.72 ID:ABAQU/iJ
私事ですが…。

今から10年ほど前、妻が予定より2週間以上早く陣痛が始まってしまい、慌てて車で病院に向かった。
病院まであと少しの所で交差点の信号に引っかかる。ここが地元では主要幹線道路で交通量も多い。
病院へ行くにはここを右折せねばならなかった。
ここさえ過ぎれば後は大した障害もない。隣で聞こえる妻の苦悶が、俺をより一層焦らせる。
幸い先頭だったのもあり、信号が変わるのを待ち切れずじりじりと車を進めていた。

すると対向車線にいたバイクが、いよいよ信号も変わろうかと言う時に前に飛び出した。
もしや俺が距離を詰めているのに気付き、行かせまいとスタートダッシュを切るつもりだろうか。
ここでバイクに先行されると、後続の車が続いて右折するタイミングを完全に失ってしまう。
僅か2,3分で矢印信号は出るだろうが、その数分が今の俺達にはどうしても必要だった。

しかしバイクは予想とは異なり、列の先頭に出ると2車線を跨ぐように止まり、後続の車たちに左手でサインを送っている。
そしてクラクションを2回鳴らし、右手で俺を指差した後、その腕を大きく右に振った。「先に行け」と。

俺は助手席の窓を全開にしながら「ありがとう!ありがとう!!」と大声で叫んだ。
聞こえるかどうかわからないが、これが言わないでおれようか。
だがそのライダーに届いたのか、すれ違う時、彼は確かに俺にサムズアップを送ってくれた。
そのまま曲がり切り、バックミラーで確認すると、ライダーは後続の車に会釈らしき仕草をし、そのまま直進で走って行った。

無事病院に辿り着き、無事出産、母子ともに問題なし。元気な男の子でした。

あの時のXJRの方、有難うございました。息子がバイクに乗ると言いだしたら、この話と共にXJRを贈ろうと、あの時決めました。



小学生の頃、補聴器付ければ普通学級でも問題無い程度の難聴の子がクラスにいた。

440 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 11:51:55 ID:8BvSxVt5
小学生の頃、補聴器付ければ普通学級でも問題無い程度の難聴の子がクラスにいた。
彼女はめちゃくちゃ内気で、イジメられこそしてなかったけど
友達はいなかった。
ある時、学校の行事でうちのクラスは歌に合わせたダンスをする事になった。
みんなであーでもないこーでもないと振り付けを模索していた時に、
誰かが
「そういえば○○ちゃん(難聴の子)って手話出来るじゃん。それ参考にしたら?」
と言い出し、みんなで「手話見せて!」と○○ちゃんに集まって聞いた。
彼女はだいぶ戸惑ってたが、色んな手話を披露してくれて
「すげー!」
「色々な動きがあるんだねー」
とみんな関心。

その後、行事では手話を動きに取り入れたダンスで先生達に褒められ、
みんな手話自体に興味を持ち、学校で手話クラブが出来るまでのちょっとしたブームに。
「(手話の)先生」というあだ名が付いた○○ちゃんはよく笑うようになり、行事前と比較して別人のように明るくなった。

卒業式の時、証書をもらう為に壇上に上がった○○ちゃんは、
急に立ち止まって、泣きながら、
「みんなありがとう。みんなのおかげでとても楽しかった。
私は違う中学に行くけど、一生忘れません」
と、たどたどしい言葉と手話でみんなに向かって言ってくれた。
もう、クラスの女子は泣くわ先生達は泣くわ保護者は泣くわ校長まで号泣するわ。

ずっと年賀状のやり取りを続けていたんだが、こないだ彼女から結婚式の招待状が届いた。
それで思い出した話。


441 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2010/04/08(木) 17:45:25 ID:yvKzWh/W
>>440
招待状が届くあなたも
とても素敵な方なんでしょうね

持ち歩き やさしい手話の本
豊田直子
日本文芸社
2017-06-16



ちょっとほんわかした事

565 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/05/09(土) 05:27:32 ID:JbpjNxsr
昨日あったちょっとほんわかした事

夕方、雨が止んだので母の為にカーネーションを買いに花屋へ行った。
店の軒先で何人か花を見てる人が居て、それに混ざって自分も花を選んでた。

店員さんに声を掛けられたので
あまりお金がないけど、カーネーションの花束を作って貰えないかと聞いたところ
予算的に当日作るのは難しいとの事で、
予算内で買えるのは軒先に並んでいるものしかないです、と謝られた。

まぁ仕方ない、と軒先にあるカーネーションを買って店を出ると
店の外にいたおばあちゃんが「虹が出てるよ」と教えてくれた。
空には大きな虹が架かってて、花屋にいる人が全員空を見た。
そうしたらおじさんが「今、空見てる?虹見える?」と誰かに電話を掛けたり
何人かで「綺麗ですねぇ」と感想を言ったりして和やかな空気になった。
それを見ていた店員さんが私に
「ちょっとその(買った)花貸してください」と言ってきて
花を渡すと一瞬店の中に引っ込んだ。
戻ってきたら買ったカーネーションの中に色の違うカーネーションが混ざってた。
え?と思ったら店員さんが一言
「お母さんにも虹を見せてあげて下さい」と笑顔で言った。
その後「なんちゃって」と照れ隠ししてたけど、嬉しかった。

その後花を母に渡したら「これ見て思い出したけど今日虹出てたよね」と言ってた。

個人的にはほんわかした話。
長くなってごめん。


おれ、電車の運転士しています。

194 :おさかなくわえた名無しさん :2006/04/19(水) 23:52:46 ID:bl/BFMS8
おれ、電車の運転士しています。
職場が遠いので実家から遠く離れて暮らしているけど、実家の近くの路線にも乗務しています。
先日、たまたま夕方に実家近くを走る列車に乗務してたら、会社帰りと思われる親父が乗ってきた。
おれが会社に入って初めて。


親父の会社の近くの駅に、定刻通り列車が入っていくと、駅のホームにいる親父を発見。
駅に到着し、ドアが開いて乗り込んだ時に車内を向いて親父に手を上げた。
親父はこっちをちらっと見たが、素っ気ないそぶりでイスに座ってカバンから新聞を取り出して読んでいる。
「相変わらず愛想ねぇ親父だな」と想いながら、列車を走らせるのに集中した。

しばらく走ってふと前面のガラスを見ていると車内が映っているのに気づいた。
外は夕暮れで薄暗くなってきて、車内の明かりが反射して前が見づらくなっている。
「次の駅で止まったら、カーテン閉めなきゃな」と思って、ガラスに映っている車内を見ると、親父はずっと俺のいる乗務員室を見ている。
「さっき新聞読んでたジャン!」と思いながらも、ずーっと見ている。
でも、運転中だから振り向くこともできないで、そのまま列車を走らせた。
次の駅は実家の最寄り駅。
そろそろ着くので、「親父も降りるなぁ、やれやれ」と思って、ガラスに映る車内を見ると親父は再び新聞を読んでいた。
で、実家の最寄り駅に到着。
ドアが開いて親父が駅に降りて、俺も乗務員室の窓を開けると、親父がポツリと「ちゃんとやってるのか?じゃあまたな。」とだけ言って消えてった。

でも走行中、おれはガラスに反射する、どことなくうれしそうにこっちを見ていた親父を見てしまった。
自分で言うのも変だけど、初めて自分のせがれの仕事している姿を見てうれしかったのだろうか。
いつまでも係長で、ほんとに不器用な親父であることを実感するとともに、自己表現のヘタな俺にそっくりな親父だと思ったよ。
親父の期待に応えるためにも、ちゃんと安全に電車を走らせなきゃな。


今度の休みは、酒を持って実家に帰ろう。


「あのね これ おいしいの とってもおいしいから食べてね」

111 :おさかなくわえた名無しさん :2006/12/12(火) 12:46:20 ID:wZV5mma6
もう十数年前の事です。

その頃の私は仕事もプライベートもうまくいかず、
それどころか悪いことばかりが重なっていきました。
今にしておもえば少し鬱になっていたようです。

その日は社用でバスに乗っていました。
ぼんやりと窓の外をながめていると、肩をたたかれました。
振り向くと初老の品のよさそうな女性がたっていました。

「あのね これ おいしいの とってもおいしいから食べてね」

そう言って女性は私の手に包みを押しつけると、慌ててバスから降りていきました。
私は何のことか分からず とりあえず包みを開けてみると、
そこにはおおきな豆大福が2個。

おばさんありがとうございました。
おかげで元気になれました。


色々あり教師に目を付けられて自分たが、唯一仲の良かったカナダの英語の先生。

28 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/01/14(水) 15:52:29 ID:/PLoHUk/
色々あり教師に目を付けられて自分たが、唯一仲の良かったカナダの英語の先生。
でも自分、英語が全然ダメ。
「絶対○○(←私の名前)をテストでいい点取らせるからね!」と休日に
家に招いて夫婦で勉強教えてくれた。(ちなみにテスト問題は違う人が作ってる)
結果、常に学年下から5位以内が学年10位以内に。
報告したら私のテスト用紙をコピーして家に持ち帰って飾ってくれた。
↑よく分からんが家族で私のテスト用紙持って笑顔で記念撮影してる写真くれた。

日本びいきとは違うがいまだに感謝してる。


あの時くらい「世の中捨てたもんじゃない」って思った日は無かったな。

596 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2008/10/14(火) 00:25:11 ID:YddciVfK
ついでに自分の話も。
子連れで年に何回か里帰りする。
飛行機プラス特急電車で数時間という長旅。
子が生まれる前も生まれてからも何回も行ってたから
私が油断したのもあったけど、その時は特急の自由席にすぐ座れなかった。
子は聞き分けがいいタイプだからトランク片手に
子供の手をひいて、席があくまで立つつもりで接続部に移動しようとしたら、
1人のお婆さんが「私次で降りるから待ってなさいよ」とのこと。
おかげで次の駅ですぐ座れたわけだけど、さらに


597 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2008/10/14(火) 00:31:51 ID:YddciVfK
長文&連投スマソ

さらに座ったら、隣の席のお爺さんが「こちらと代わりましょう、
子供さんは窓際が好きでしょうから」(当時娘二歳)と代わってくれ、
さらに足元にトランクを置こうとする私に
「荷物上にあげましょうか」と。私がトランクのデカさ、
相手がお年寄りであることに一瞬ためらうと、感じとったのか
「これでも男ですから」と笑いながらトランクを上に上げてくれた。
おかげで足元も広々。
しかし途中で、お爺さんがどこで降りるかわからない、
自分達は終点まで、でその時妊娠初期だった私、
降りる時どうやって荷物降ろそうかな、終点で周りにいた人に頼もう、
と思っていたら、


598 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2008/10/14(火) 00:34:57 ID:YddciVfK
そのお爺さんが「私が降りる時に荷物降ろしてから降りますからね」と。
もう感激したなぁ…
こっちがお願いしようかどうしようか…と思ってることの全てを、先回りでしてくれた。
あの時くらい「世の中捨てたもんじゃない」って思った日は無かったな。


大きな災害に遭って腕の腱を傷付けてしまい繊細な作業ができなくなった。

626 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/09/26(木) 00:20:21.79
我が家は職人の家系で、俺もいずれその跡取りになる予定だったのだけど
ある時海外で大きな災害に遭って腕の腱を傷付けてしまい繊細な作業ができなくなった。
家業が大好きでその頃もう父親の下で修行を始めてた俺はめちゃくちゃに落ち込んだ。
しばらく引きこもって自殺も考えるぐらい悲しかった。
でも両親も他の職人さんたちも優しくしてくれて、
徐々に経理や職人さんの手伝いで家業を支えることに喜びを感じられるようになった。

その災害から5年。
ある日突然(実は父が事前連絡を受けていたらしい)白人女性が我が家にやってきて、
俺と顔を合わせるなり綺麗な日本語で「5年前に貴方に命を助けていただきました」と言って頭を下げた。
俺は災害真っ只中のことはその後のショックでほとんど覚えていなかったのだけど、
どうやら瓦礫に埋もれていた彼女に拙い英語で声をかけ続けながら人を呼んで彼女を助け出したらしい。
で、ずっとお礼を言いたかったけど、俺の顔と、日本人であるという話しか覚えておらず、
必死に日本語を勉強し、何度も日本に来てあらゆる手を使って俺を探して、遂に見つけて会いに来たのだそうだ。


628 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/09/26(木) 00:25:16.95
彼女は泣きながら何度もお礼を言っていて、それを見て
「自分は腕を失くした代わりにこんなに善いことをしたんだ」と思って
ひきこもってた頃の辛い思いとかが全部報われた気がして、
気付いたら泣きながら土下座して「俺と結婚してください」って言ってた。
横にいた両親パニック。今考えると自分でも意味が分からない。
でも、彼女は「貴方に全てを捧げるつもりで来ました。貴方がそれを望むなら喜んで」と了承。
実は彼女、俺を見つける過程で俺が災害の時に腕を傷付けて大切な仕事ができなくなったことを知り
自分のせいだと思ってどんな償いでもするつもりでうちに来る前に帰国して全財産売っ払って金を用意してたらしい。
彼女の両親もそれを承諾していたと言うからびっくり。(結局、金は普通の持参金ほどを受け取った)

そんなこんなで結婚し、子供が生まれ、大きくなり、今日家業を継ぐと言ってくれました。
ときどき、彼女は償いのつもりで俺といてくれるのではないかと不安になることもありましたが、
その度に「私は貴方が一番大切だからここにいるんだよ」と言ってくれました。
彼女は子供が小さい時何度も「昔お父さんがヒーローみたいにお母さんを助けてくれたんだよ」と教えていましたが
多分、本当に助けられたのは俺の方です。会いに来てくれて本当に良かった。

明日、愛してると言ってみるスレに行けたらいいなぁ。


自分は馬鹿だけど料理上手

215 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2012/09/23(日) 01:02:52.36 ID:OM7q184o
一人暮らしを始めた頃、姉がフライパンやら鍋とか一緒に手書きのレシピノートをくれた
付箋が何枚も貼られてて、疲れたとき夜遅いときお財布が軽いときって細々と書いてある
母親がいないから家のこと全部やって、末っ子の自分をずいぶんと甘やかしてくれてた

今日ひさびさに実家に帰って、掃除洗濯風呂磨きのあと父と兄に姉ちゃんの料理を作ってやった
母の味に似てる、いや姉ちゃんの味だと二人が言い始めたので、ちょっと臭いけど
この家の味は俺が引き継いたぜ、とドヤ顔で決めたら父が突然泣き出し釣られるように兄も泣いた
男所帯に花ばっか飾って、その中の母と姉の写真の顔が呆れ通り越して少しだけ困ってるようにも見えた

ノートの最後に「彼女の作り方」も書いてあったので明日からまた実践しようと思う
よく食べてよく笑って仕事も趣味も満足するまでやって、車道側歩けばいいんだろ?本当かよw
気分が良いこと、自分の良いとこ、皆さんがいっぱい発見出来ますように。自分は馬鹿だけど料理上手


バスの中で小銭がまったくないことに気づいた。。。

6 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 01:23:28 ID:YdN45/Fr
先日、最終バスで帰宅中のこと。バスの中で小銭がまったくないことに気づいた。
千円札さえなく、あるのは万札のみ。頭を抱えつつ、勇気を出して目的地に着く前に
運転手さんに「すみません…1万円札しかないんです…」と話しかけた。

うちの地元のバスは運転が荒いわ乗客を急かす(乗り込んでる真っ最中なのに
『ドアが締まりませんのでステップに立たないでください』とか放送を流す、とか)わ
正直ガラもあんまりよくないので、「困るんだけど!!」とか怒鳴られるかとビクビクしていた。

そうしたら、運転手さん「え…?うーん」としばし悩んだあと「うん、座っとって」とぶっきらぼうに言って、
そのままバスはその先にあったのコンビニ前で停車。「ああ、降りてきて両替してこいってことか…」と思い、
降りようとしたら「ちょっと待っとって」と運転手さんが降りていく。そしてコンビニへ走っていく。
しばらくして、運転手さんは買ったらしい小さいペットボトルを持って急いでバスに乗り込み、
「お待たせしました~」と発車。もう私この時点で恐縮しきり。

程なく目的地に着き、私が申し訳なさでいっぱいになりながら1万円札を差し出すと
「はいこれ、9千円と、バス賃260円引いて740円な。」とコンビニで崩したお金を差出してくれた。
あまりに申し訳なさ過ぎてその中から200円差し出し、
「あのこれ、飲み物代に。ご迷惑おかけして本当にすみません」と言うと、運転手さんバッタバタ手を振って
「ああいらんいらんそんなもん!それよりまた乗ってな、暗いけん気いつけて。」と言って、
私が降りるまでバスを停めて、発車するときクラクション一つ鳴らして去っていった。

なんかもう仕事でクッタクタになってたけど、ものすごく嬉しかった。
同時に、ガラが悪いとか因縁つけられるかもとか想像しちゃった自分が恥ずかしかった。
また乗るとは思うけど、その時はちゃんと回数券用意します。
長文失礼しました。


    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    つぶやき
    みんなありがとう(*´∀`)



    RSSなど結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
    また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
    外したわけではなくたぶんミスってます。。。
    相互ご希望の方もどうぞ~
    ツイッター・メールどちらでも結構です。
    ちょいと手直し
    2021/11/1
    管理人A




    ついったーでほんわかMkⅡ

    リンクとかの事はこちらに
    あばうとほんわかMk2



    まとめサイトさま最新

    あんてなさま最新
    amazon+

    Fire HD 10 タブレット 10.1インチHDディスプレイ 32GB ブラック

    Fire HD 8 タブレット ホワイト (8インチHDディスプレイ) 32GB

    Fire TV Stick 4K Max - Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)付属 | ストリーミングメディアプレーヤー


    明日ちゃんのセーラー服 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 3 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 5 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 8 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

    明日ちゃんのセーラー服 9 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)


    最新コメント
    アクセス



    あんてなさん


    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    スポンサードリンク
    • ライブドアブログ