ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン

いい人



スーパーで買い物を済ませて車へ戻るとボンネットに段ボール箱が乗っていた。

750 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/07(金) 19:09:13 ID:9JdjB3bI
けもの話にじょうじて書いちゃえ。

数年前の夏のこと。
スーパーで買い物を済ませて車へ戻るとボンネットに段ボール箱が乗っていた。
んだよ人の車にゴミ放置してんじゃねーよと思いながら覗き込むと
まだ毛も生えていない未熟児っぽい血まみれの猫の子が一匹。
しかも胎盤付き&動いて・・・ない?∑(-д-;
心音確認。かろうじて生きてる模様。
慌てて家に戻ってぬるま湯で洗って臍の緒切ってスポイトで猫ミルク飲ませてみた。
少し舐めただけ。
(なんで猫ミルクがあったかっつーと、もともと猫飼いで近所のお子さん達がよく捨て猫持ち込むから)


751 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/07(金) 19:10:52 ID:9JdjB3bI
あーもうしょーがねーなと最期を看取ってやるつもりでタオルにくるみ使い捨てカイロと共に
懐に入れてやったさ。
(懐に入れた訳も逝っちまうならひとりぼっちでさみしく逝かせるよりも出来るだけ傍にいて暖かく逝かせてやろうと思って)
で、二時間おきにミルクと排泄の処理を。
夜も座椅子に座ったままウトウトし、やはり二時間おきにミルクと排泄の処理。
夜が明ける頃、懐でモゾモゾとうごめく気配が。
ありゃ生き延びたぜ こいつ。
それからもミルクやって排泄させて、買い物に行くのも懐に入れたまま短時間ですませて。

あれやこれやで一週間。
まだ目も開かないがウゴウゴ動くようになったので
ペットボトルにお湯入れてタオルで巻いたのと一緒にケージ代わりのダンボールに。
うちの猫どもがかわるがわるひっきりなしに覗き込む。手を突っ込もうとする。
おまいら、おもちゃじゃないからw

そんなこんなでやっと目も開きにいちゃんずの虐待wにも耐えぬき、
死に体から舞い戻った当の子猫は、今私の膝の上で寝ぐずりながら私の顔を舐めまくっておりますw


とある交通イベントに車大好き3歳半の息子と行ったときのこと

305 名前:名無しの心子知らず[] 投稿日:2007/10/05(金) 11:41:59 ID:JZP16P7X
先日とある交通イベントに車大好き3歳半の息子と行ったときのこと
限定チョロQの整理券が息子の2人前でなくなりました。
残念だったね、といいながら列を離れようとすると小学校4年生くらいのお兄ちゃんが
もう一枚あるからと整理券をくれました。息子がありがとうって言ったら照れくさそうに
手を振りながら走っていきました。かっこよかったぞ。
白バイのおまわりさん 
息子のピカピカ(赤灯)つかないの?の声に気付き赤灯まわしてくれましたね。サイレンまで。ありがとう。
警らパトカーの婦警さん
運転席に座り拡声マイクに興味津々の息子にボリュームを小さくしてマイクでしゃべらせてくれて
どうもありがとう。その後、次々に子供たちが殺到して大変でしたね。
ハマーのオーナーさん
息子が大好きなハマーの運転席に座らせてくれてどうもありがとう。
息子はお兄ちゃんのこと、おまわりさんのこと、ハマーのこと今でも思い出して感謝してます。
とてもいい一日でした。

長々と失礼しました。


日曜なのに休日出勤で、ものすごくイライラしながら仕事に向かって いた。

540 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2009/10/19(月) 00:21:45
今日、日曜なのに休日出勤で、しかも本当はとっくに終わってないと
いけないものがデータが足りずに終わってなくて、そんなときに限って
余計な仕事まで入ってきて、ものすごくイライラしながら仕事に向かって
いた。
そしたら鞄の口がちゃんと閉まってなくて、ちょっと人とぶつかった拍子
に口が開いて、中身が道路に散らばってしまった。
ぶつかった相手は私が悪いみたいに舌打ちしてどっか行っちゃうし、時間
はないし、仕事のことは気になるし、イライラ通り過ぎて泣きたくなり
ながらも散らばった鞄の中身を拾い集めていたら、通りがかって一回通り
過ぎて行った小学生くらいの男の子が戻ってきて、遠くに飛んでいたものを
拾ってきて渡してくれた。
まさか手伝ってもらえるとは思わなくてびっくりして、ありがとうってお礼
を言ったら、照れくさそうに笑って「どういたしまして!」って元気に言って
また走って行ってしまった。
ちょっと離れたところでご両親らしき人たちが待っていて、その人たちも
こっちに会釈した後で男の子に何か言いながら歩き出した。

いい子だなあ、いいご両親なんだろうなあと、さっきとは違う意味でまた
泣きそうになって、イライラしてたのも消えた。

いい気分のまま仕事に行ったら、思ったよりずっと順調に片がついて
早く帰ってこれた。
名前も知らない、もう会わないだろう男の子に、心底感謝したよ。


停留所から目の不自由な人が乗ってきた

292 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2007/09/27(木) 11:13:21 ID:6NAALF88
バスに乗っていた時の事。
停留所から目の不自由な人が乗ってきたので、
赤と2歳の子を連れて一人がけに座っていた私は、
その人に「ここ、空いてますよ」とすかさず席を譲った。
するとそれを見ていたおじいさんが
「自分は立っているのが好きだから、どうぞ」と席を譲ってくれた。(何とも面白い理由w)
するとそれを見ていた小学生の男の子が「俺も立っている方が好きだから」と言って席を譲った
連鎖現象wwと思ってほんわかしていたら
バスを降りる時、同年代の女性が「私は荷物持つのが好きなのよ」と荷物を持ってくれた。
するとまたまた一緒の停留所で降りるおばちゃんが「おばちゃんは子どもが好きよ」と言って
上の子を抱っこして降りてくれた。
みんなニコニコ笑っててなんかホントいい雰囲気だった。嬉しかったなぁ。



1歳10ヶ月の娘を連れて公園に行っていたら 大雨が降って来た。。。

959 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2011/10/18(火) 22:30:00.94 ID:CINRGM8h
もう一年以上前の話。
当時1歳10ヶ月の娘を連れて公園に行っていたら
大雨が降って来て
すぐさま近くにあった老人ホームに雨宿り。
家も歩いて10分もあれば着くんだけど
当時妊娠8ヶ月で歩くのも遅いし
近所に住んでる母に傘をお願いして
雨宿りして待っていた。

すると老人ホームの前のマンションの方がベランダから
「大丈夫ですかー!?傘ありますかー!?」と声をかけてくれた。

その後も運送屋さん?の若いお兄さんが
「傘使って下さい。」
と声をかけてくれたり。

どちらも丁寧に断ったんだけど
とても嬉しかったし
あの時傘借りてれば良かったかなと今でも思う。

あ、母が傘を持って来た瞬間に雨はピタッとやみましたw


薬剤師のおじさん「私事で恐縮ですが、私はこれを愛用してるんですよ

153 名前:和み[sage] 投稿日:2008/06/24(火) 20:19:00 ID:ul2/mKKy0
スーパーの一角に入ってる小さい薬局に、かゆみ止めを買いに行った。

たくさんあってどれがいいのかわからず見比べてると、
奥から出てきた薬剤師のおじさんが「虫刺されですか?」と声をかけてきた。

背が高くて細身で、頭よさそうで、理系特有の空気がある、
いかにも薬剤師っぽいおじさんだった。

「私事で恐縮ですが、私はこれを愛用してるんですよ」と、
並んでいるうちのひとつを取って、成分表示を指差しながら
「この成分がかゆみを止めてくれて、この成分が……」とか熱心に説明。

しばらく聞いて「じゃ、それください」と言ったら、
「ありがとうございます!(*゚∀゚*)」とめちゃくちゃ嬉しそうな笑顔に。
「今おまけのストラップもついてますよ!」と、
当時映画上映中だったアメコミヒーローのストラップをつけてくれようとするので、
「すいません、それはいらないです」と言ったら、
とたんに(´・ω・`)ショボーンとなって「お友達にこれが好きな人はいませんか…」

結局もらわず帰ったけど、いい人だった。


154 名前:なごみ[sage] 投稿日:2008/06/24(火) 20:23:49 ID:yHbBxlHh0
もらってあげればよかったのにwww


155 名前:なごみ[sage] 投稿日:2008/06/24(火) 21:40:58 ID:KTI58fuz0
貰ったげてww


ほうかー野球が好きなんかー早くカープに入って強くしてくれや

422 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/02/25(月) 02:45:05 ID:vbh2SAVE
昨年末、新幹線での出来事です。
博多行きで、新大阪を発車した時は帰省ラッシュで車内は大混雑となり、自由席に乗りきれない客が指定席車両にも誘導されてきました。
その中に小さな男の子を連れて、赤ちゃんを抱きかかえた母親がいました。
正直『何で事前に予約してないんだろ?』と思ってました。
すると私の隣りに座ってた30歳前後の男性(会社員かな?ラフな格好でガタイ良くて短髪の体育会系出身っぽい感じ)が小声で母親に言いました。
『あのーここ、どうぞー』
母親は遠慮してましたが、男性が強引に『もう少ししたら降りるけぇー』と座らせました。
その男性は小さな男の子に『ほうかー野球が好きなんかー早くカープに入って強くしてくれや』と気さくに話かけたり
『子供は国の宝ですからねぇ~あ、でも僕は独身なんスけどね、アハハ』などと母親と話したり。
とても感じが良い人で、混雑して殺伐とした雰囲気の車内も和んでました。
その男性は広島で下車したんですが、降りる時に通路を挟んで向かい側のオバちゃんに
『アンタも早く結婚しなよ』と突っ込まれて
『アハハ、良い人を紹介して下さいよー』と嫌味なく返したりして。

いるだけで雰囲気を良くする人って存在するんだなって思いました。


ちょっとだけ登校拒否みたいにになった。 ほんとは元気なのに朝になると母にはお腹が痛いと言って休んでた。

51 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2009/08/29(土) 22:42:16 ID:Dt9jwuaZ
小5の時、ちょっとだけ登校拒否みたいにになった。
ほんとは元気なのに朝になると母にはお腹が痛いと言って休んでた。
母は夜まで仕事だったので、ズル休みだということは知らない。

当時大学生だった姉は「そうだ、パフェ食べに行こうか」とか「遊園地行こうよ」とかいって色んなことしてくれた。
なんかそんな感じで過ごしていたらだんだん心も元気になって学校行くようになったんだけど、
今考えたら姉はバイトしてなかったしお小遣いからやりくりしていたのかな…とふと思って、今日おごるつもりで食事に誘って、
あのときはホントありがとうと言ったら「いいよ、○○がジェットコースターで得意げな顔してるのは私もいい思い出(^_^)」って言われてちょっと泣きそうだった。

ねえちゃん、あのときはホントありがと。

身内の話だけどいいひとやなと思って書かせてもらいました。


あの時のおじさん、また会えるといいな。ってかあんな中年になりたい。

43 名前:なごみ[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 23:05:33.85 ID:vzwcSIPs0 [1/3]
3年くらい前だったかな?山手線の中での話。
急に思い出したので投下。

当時の私は右足を大けがしていた為、真っ赤のガチガチプロテクター着用で右足だけシャアザク状態。
ただ、大変理解ある会社のお蔭で時差出勤させてもらい、朝のラッシュは回避していた。

自分が乗った駅では座れたが、座席は全部埋まってしまってた。
次の駅、20代前半くらいの細っこいの女の人と女子高生が乗ってきた。
女の人は私の左斜め前、女子高生はその左隣に立ってた。
その次の駅で私の左隣の席が空いた。
状況的には若干、女の人ほうが空いた席の前寄りだったんだけど、女子高生がものすごい勢いで座ってしまった。
女の人も若いからそれだけでは何とも思わなかったんだけど、チラリと見たらとっても青い顔をしている。
更に直後、カバンの取っ手からマタニティマークが見えた。(何故だか目立たないようにつけてた)
あ、悪阻だなと思い反射的に席を立って譲った。
女の人は私の足を見てすごく恐縮してたんだけど、立っている人も少ないし、まあ私は大丈夫だろうと思って。
(別にカッコつけるつもりじゃなかったよ。当時自分がみんなに親切にしてもらってたから、つい。)

なごむのはこの後。


44 名前:なごみ[sage] 投稿日:2012/09/19(水) 23:08:05.65 ID:vzwcSIPs0 [2/3]
実は女子高生を挟んで反対側の隣にはちょっとハゲて小太りのおじさんが座っていたんだけど、
不思議そうに私を見る→女子高生を超えて、座った女の人を見るを何度も繰り返してた。
(ジロジロというよりは首を伸ばしてヒョコヒョコという形容詞がふさわしかったw)

それだけでも面白かったのに、おもむろにワカッタ!!( ゚∀゚)という顔をした後、立ち上がり、超明るくて大きい声で
「いやーごめんねー!!おじさん全然気づかなっくて!さ、さ、座りなさい!!」と私を強引に座らせた。
私に席を譲った後も「ごめんねー!ホントにおじさん鈍くって!本来ならおじさんが一番最初に気づいて席を譲るべきだったのにねー!」と喋りまくってた。
いや、女の人、私の近くだったからおじさん気づかねーだろ普通・・・と笑いそうになったが
たぶん女子高生への気遣い含めた優しさでそう言ってくれてるんだろうな~と、笑うのは我慢した。

女子高生はムスっとして居心地悪そうに座ってたけど、女の人も、周りもみんななごんでた。
私が一番最初に降りたんだけど、降りるときにおじさんにお礼をいっても
まだ「ごめんねー!」とか笑ってて超なごんだ&会社に行って速攻みんなに話したらみんなもなごんでたw

あの時のおじさん、また会えるといいな。ってかあんな中年になりたい。


女子高生が電車を待ってたんだけど、 その子のスカートが鞄に引っ掛かって捲り上がってた。

696 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 10:02:22 ID:OrKiJCNf
駅で女子高生が電車を待ってたんだけど、
その子のスカートが鞄に引っ掛かって捲り上がってた。
白パンツをたっぷり凝視して脳内HDに保存したあと、
俺は近くにいたOLに、
「すいません、あの子のスカートちょっとあの状態なんで注意してあげてくれませんか(笑)?
女性のほうが良いでしょう?」と言った。
OLは、「えっ?あ、はいはい分かりました(笑)」と言って、
(ああ、この男性、女子高生に対してなんて優しい心遣いなのかしら)
という表情で俺を見た。
注意しに行くそのOLのヒップラインを脳内HDに保存したあと、
OLと互いに微笑みを交わし、颯爽と去っていった。
カッコイイな俺。


699 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 10:25:51 ID:/lwbL8dv
>>696
おもろい。いい人だ、君は。


716 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/09/08(火) 18:52:11 ID:h3bxfLBl
>>696
かっけえwww

こんな女性覚えがない、一体なんだ、知らない間に何かやらかしてたのか!?

680 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/31(土) 14:02:51.75 ID:+tRFmkQZ
ついさ数時間ほど前のできごと

スーパーで買い物をしてたんだ。んで、棚のエンドに置いてある商品を見ていたら、
「あの~」という声が
ふと声の方向を見ると、カートに子供を乗せた女性だった。
こんな女性覚えがない、一体なんだ、知らない間に何かやらかしてたのか!?と、冷や汗を垂らしていると
「先日はありがとうございました」とにっこり。
「えっと、すいません、どなたでしょうか?」とビクビクしながら尋ねると
「先日、ここの駐車場で・・・」

ふおおおおおおお!!!あのときの女性か!
「あの時はありがとうございました」とまたにっこり。
「い、いえいえいえ、どどどういたしまして!」とあたふたしながら答える

そんなやり取りをしていると、お酒(ビール缶6本入りのアレ)を持った男性がやってきて
男「どちらさま?」と女性に。
女「以前このスーパーでね」
男「ああ!あのどすこいの!」

ふおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!

あの奥さんが覚えてくれてたのがうれしいやら恥ずかしいやら・・・
あ、本人証明しようがないですが>>282です


282 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/04/26(金) 16:13:56.88 ID:ZzCFPVg4
つい数時間前のできごと
前提として俺はピザ。いわゆるデブ。

とあるスーパーの駐車場で、子供抱いてショッピングカートから車に荷物を入れようとしてる女性がいた
片手で苦労されているので、「お手伝いしましょうか?」と声をかけ、荷物を載せるのをてつだった。
その後女性が「ありがとうございます」といってくれたのだが
なぜか緊張して「どういたしまして」というところを「ど、どすこい」と言ってしまった
女性はおもわず顔を逸らして「ブッ」と・・・ 俺は「あ、いえあのどういたしまして では!!」と逃げた
 
死にたい・・・


歩いていると「ミー、ミー」という消え入りそうな 子猫の声が聞こえてきました。

683: おさかなくわえた名無しさん 02/08/18 19:23 ID:+ZwljnoR

ある日、会社内の敷地を歩いていました。
帰宅する途中だったんです。
しばらく歩いていると「ミー、ミー」という消え入りそうな
子猫の声が聞こえてきました。
声の方に近づいて見ると、
産み落とされたばかりの子猫の死体が2体ありました。
エサが乏しい野良猫は将来を悲観して、
子猫の世話を放棄する事があるんだそうです。
さらに逝くと一匹だけ、まだ生きている子がいたんです。
さっそく、両手に抱えてクルマで家に帰りました。

すぐに、ミルクと哺乳ビンと子猫の飼い方の本を買いに走りました。

獣医にも連れて行き、メスである事、
母猫の「初乳」を飲んでいれば望みがあるという事もわかりました。

3~4時間に1回ミルクをあげ、
ついでにペーパーでお尻をこすってあげる。
こすらないと、オシッコやウンチが出ないんです。
深夜なるべく遅くまで起きていて、
朝はなるべく早く起きて世話をする。
勤務時間中は、親にも助けてもらいました。

でも、家には既に2匹の洋猫がいて、
そのうちの一匹は、かなり神経質。
一緒にやんちゃな日本猫を飼う事は出来ません。
結局、新聞に投書して、里親を探す事にしました。

拾ってきてから、里親が名乗り出るまでの一月半。
大変でしたが、楽しかった。情が移りまくりでした。
今でも思い出すと。。。ちょっと悲しい気分になります。
でも、いい思い出です。


金も時間も余裕もなかった院生活ラスト一年

388 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/01/16(金) 11:19:10 ID:D0rPvKef
長文スマソ。

貧乏院生で食費の足しにアパートの空きスペースで
ぷち家庭農園作らせてもらってたときの話。
水やりついでにアパート周りの掃除してたら
ちょうどアパートの手前に救急車が止まった。
救急隊員が降りてきて前方に無断駐車があって進めず、
Uターン出来るほどの道幅もないので
アパートの敷地をUターンに使わせて貰えないかと頼まれた。
大家さんが了承してくれたのでいつもは片方しか開けてない正門を開けて
Uターンだと遠回りだし良かったら裏門から抜けて下さいって言ったのね。

通り抜けるには私のぷち家庭農園が邪魔だったんで
「これ(家庭農園)は気にしないで良いんで」って
言ったら凄い何回も頭下げて出来るだけ野菜轢かないように
通り抜けてった。
殆ど被害らしい被害もなかったのに
次の日その救急隊員が来て、菓子折りと鉢植えの植物持って来た。
丹精こめて育てた花の代わりになるとは思いませんが
良かったらこれでも植えて下さいって。
隊員さんイケメンだし、深々と頭下げられるし予想外すぎてパニクって
「昨日轢かれたのはジャガイモなんです!
茎はおれちゃったけどたべれそうなくらいには育ってたので
掘り起こして食べちゃいましたから気にしないで下さい!
茎と葉もちゃんと肥料になりましたから!
肉入ってない肉じゃがでもジャガイモ美味しかったです!
十分食べれました!大丈夫です!」
って感じのことをすんごい早口で返してしまった。

恥ずかしすぎてとりあえず笑って誤魔化したら
隊員さんも笑いながら「一人で花を買うのはどうにも恥ずかしくて
ハーブ選んだんですが、食べれるそうなのでこれ良かったです」
ってフォロー(?)してくれた。

これだけなら丁寧で親切な隊員さんとファビョって恥かいただけの喪女なんだけど
救急車に乗ってた方は凄い近所の方で親戚が集まってたときに
倒れたらしく、救急車に乗ってた本人とその家族だけでなく
連日親戚の誰かしらが菓子折りやらなんやらを
持って何度も御礼を言って帰っていった。
あそこの子は苦学生だという噂を聞き付けたらしく
私が大学院を出るまでの2年間、時折アパートにきては
「作り過ぎた」「貰い物だけど私達は食べないから」と言って
食べ物をおいていってくれた。
金も時間も余裕もなかった院生活ラスト一年は
彼らの親切がなかったら乗り越えられなかったと思う。


その日、会社を出ると、山手線がなにかの事故で止まっていた。

368 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/07/23(土) 03:21:42.42 ID:jqQjcKhl
ありがちだけど、傘を貸してくれたお姉さん。
本当に本当にありがとうございました。
なんか、また会える、なんて勝手に思って、お名前も聞けなかった。
あれから1年くらいたつのかな。今でも感謝しています。

その日、会社を出ると、山手線がなにかの事故で止まっていた。
1駅歩けば乗換できるので、
雨の降る中、次の駅まで歩いていたら、慣れない道だったので迷ってしまった。
オロオロしてたら、途中で追い越したお姉さんがこっちにきた。
すんません、○○駅ってどう行ったらいいですか?涙
ってな感じでテンパッている私に、
道を教えてくれるばかりか、

途中まで一緒だから!と傘に入れてくれた。
さっき追い越していったよね?傘さしてなかったから、ちょっと気になってたんだ!って、
明るく笑ってくれた。

お姉さんの家まで来たところで、御礼を言って別れようとすると、
うち傘あまってるから!って言って、
わざわざ部屋に戻ってまで、綺麗な傘を持ってきてくれた。
家から遠ざかっちゃうのに、次の駅の近くまで、一緒に歩いてくれた。

ズボラで、すぐに傘を買ったり無くしたり捨てたりする私だけど、
あなたのくれたビニール傘は、今でも玄関に置いています。

今更だけど、本当にありがとう。
田舎から出てきたばかりの私には、
東京で出会えた不意打ちの優しさでした。
ありがとう。


家出をした。 昔は仲良しの家族が住んでいた、もう誰もいない賃貸マンションから逃げた。

768 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/07/14(火) 01:29:44 ID:Sz0CHrYx
夜中にこっそり長文を貼ります。怒らないで。


高校の時、母親が病気で亡くなった。
父は弱い人だったのだと思う。
苦しむ母親から目をそらして、他に恋人を作って、母親が亡くなると家を出ていった。
「高校卒業までは面倒をみる。その後は自力で暮らしてくれ」

受験も追い込みに入る3年生の秋、わたしはこうして独り暮らしを始めることになった。
わたしの通っていた高校は進学校で、ほぼ100%の生徒が大学を目指していた。
わたしだけ、大学受験という目標は消えた。
授業料や家賃や光熱費は父が負担していた。
生活費は送ってもらえなかった。
どこを探しても家にはお金がなかった。
父の新しい相手は他人の奥さんだった。きっと慰謝料のために何もかも持っていったのだろう。

続きを読む
読者登録
LINE読者登録QRコード
つぶやき
みんなありがとう(*´∀`)


ほんわかアンテナ(*´∀`)
作ったよ!
アンテナ風まとめさいとのまとめです。
ご登録いただける方は、「このランキングに参加申請」からお願いします。


相互RSS新しくしました。
上部メニューバーもRSSなしのあんてなさんのみにしました。


結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
外したわけではなくたぶんミスってます。。。
相互ご希望の方もどうぞ~
ツイッター・メールどちらでも結構です。

2020/04/27
管理人A




ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2
まとめサイトさま最新

あんてなさま最新
amazon+
早乙女姉妹は漫画のためなら!? 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)


あの頃の青い星1


最新コメント
アクセス



あんてなさん


カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ