ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

青春



男子が女子に悪口言うのってその子のこと好きだかららしい

765 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:20/01/16(木)14:34:35 ID:7U.ut.L1
さっき下校中の小学生男女がいて、女の子の方が靴ひも解けてしゃがみこんでた
男の子が「おっせーな!」って言ってて口悪いなー、でも待ってあげてるんだなーって思ってたら
女の子が「男子が女子に悪口言うのってその子のこと好きだかららしいよ!」ってからかうように言い返して、それに対して男の子が「そうだよ!」ってキレてた
かわいいかよ


高校に入学して軽音で同じバンドになった。 近寄りがたいらしい彼と壮絶な人見知りの私が何故か仲良くなった

871 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:2009/12/26(土) 16:24:40 ID:CqPEn6lx0
高校に入学して軽音で同じバンドになった。
近寄りがたいらしい彼と壮絶な人見知りの私が何故か仲良くなって、
そのうち何故か彼の方からメールがガンガンくるようになった。
平気で2ヶ月半ほど毎日朝から晩まで長文メールをやり取りしたり、
長電話したりするうちに文化祭のライブ前日に。そのときの電話で告白された。

彼「あの、あのね」
私「なんでしょうか」
彼「こんな時にこんなこと言うのは、よくないのかもしれないけど」
私「うんうん」
彼「でももう落ち着けなくてベース弾けないから言います」
私「ええ」
彼「えっとね、うんと、あー」

2分ほど経過

彼「うー……んと!ね!えっと!」
私「はい」
彼「○○さんが、すきです」
私「ありがとう」
彼「やっと言えた」
私「そうだね」
私「私も好きです。明日がんばろうね」
彼「…えっ…嘘……」
私「がんばろーーーーー!!!!!」
彼「うわ!!はい!!!」
私「がんばろーーーーーーーーね!!!!!」
彼「はい。がんばれます。おやすみなさい」
私「おやすみ」

大好きです
いつも急に大声出してごめんね


この間見た、女子中学生らしき二人の女の子。

569 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/27(金) 22:25:35 ID:h1TuQ19o
この間見た、女子中学生らしき二人の女の子。
駅で待ち合わせをしていたのか、今日はどこにいく?
とか歩きながら話をしていた。
と、突然一人が立ち止まってもう一人に
「ちょっと恥ずかしいけど頑張ってくる」と言い残して
道の反対側へ。
そこには赤い羽根募金の人達。
小走りで戻ってきて
「うわー、私緊張したよー!こういうのっていつも
通り過ぎててできなかったんだよね」と。
そしたらもう一人も
「じゃあ私も頑張ってくる!」と、続いて募金へ。
お互いの羽を服に刺し合ってて、笑いながらきえて
いったのがすごく印象にのこった。


美術品使えそうなの写真にうpしてみた

91 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2009/11/27(金) 01:51:58 ID:2zg2ZfdF
学生最後の自主映画制作。
なかなか自分ひとりじゃやり切れなくて困っていたら
「美術品使えそうなの写真にうpしてみた」って急に友達からメールがきた。
その子とは大学在学中はしょっちゅう喧嘩していて(ちなみに女w)
ワンマンでハッキリもの言う自分と性格が似ていて
正直ついてけないな~なんてときもあった。
けどもその反面、きっちり私という人間と向き合ってくれて
肝心なときに助け舟をくれる

自分の調子のいいときにやさしい友達よりも
そうでないときにこそやさしくあってくれる友達っていう
かけがえのないものを手に入れた。

メールを読みながらふいに大泣きしてしまった。
そういう友達が出来ていたことに気づけて本当に神様、何といっていいのか
ありがとうございます。


その子を好きになったのは、今から5年前の中学2年になったときだった。

626 名前:名無しさんの初恋[] 投稿日:2007/04/24(火) 02:04:40 ID:2wbRu7lX
その子を好きになったのは、今から5年前の中学2年になったときだった。小、中と一緒で塾も一緒でした。
学校では一度も同じクラスになったことはなかったけど、塾ではよく話してた。
ある日の塾の帰り際、その子に呼び止められた。「アドレス知りたいから携帯貸して」って笑いながら言われた。
たぶん、俺はこのとき、この子を好きになったんだと思う。それから毎日メールのやりとりをしてた。
毎日が楽しくてたまらなかったょ・・・その子に好きな人が居るということを知るまではね。

俺は、その子が好きな人に負けないように頑張った。メールも会話も・・・
だけど、その子の自分への態度を冷静になって把握した時、自分には無理だと悟った。
告白しないまま、煮えきらないまま終った。


627 名前:名無しさんの初恋[sage] 投稿日:2007/04/24(火) 02:18:27 ID:2wbRu7lX
それから一年後、自分等は中学を卒業し、その子とは、別々の高校に進学した。
それからは、毎日部活に打ち込み恋愛なんてものとは、縁遠い生活を送っていた高校2年の冬
期末テスト期間で練習も早く終わったので、久々に中学卒業まで通ってた塾に行って
空いている席を使わせてもらって勉強をすることにした。22時からは高校生の時間なので、邪魔しちゃ悪いし、塾生ではない俺は帰ることにした。
外に出て、先生にお礼を言って帰ろうとした時、「あれ?もしかして○○?」って聞き覚えのある声が背後から聞こえた。
振り替えるとそのには、あの子(もうAとしよう)が立っていた。「○○久しぶり~元気?」って聞かれたが
突然の事だったから返事が返せないおれ。


628 名前:名無しさんの初恋[sage] 投稿日:2007/04/24(火) 02:34:49 ID:2wbRu7lX
ずっと黙って何も喋れないでいると、Aは微笑みながら背伸びして俺の頭を撫でてきた。

「○○の坊主頭、タワシみたいで気持いw」って

なんだか分からないが、癒された。久しぶりにAを見れたからだと思う。

その日、Aと喋ったのは帰り際に「バイバイ」って言ったぐらいで、全然喋れなかった。この日以来、今日までAとは会っていない。
なんでもっと話さなかったのかと、今も後悔している


昨日の山下と長澤が出てるドラマで、モンゴル800の「小さな恋の歌」が流れた。
中2の時、この曲流行っててAとメールしてるときにもずっと聞いてた、思い出の曲。
久々に聴いて、懐かしさと当時のAとの想い出が蘇ってきて、切なくなったょ。


長乱文、失礼致しました。


高校生五人グループが隣のテーブルに座っていたんだけど、編成は女二人に男三人

709 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2010/12/03(金) 18:37:07 ID:otlcB1/h
今さっきマックで聞いた会話

高校生五人グループが隣のテーブルに座っていたんだけど、編成は女二人に男三人。
グループにいたうちの二人がペアなんだかもうすぐくっつくんだか状態でもどかしいなあと思いながら盗み聞き

するといきなり男1が、くそ寒い店内だというのに男2のブレザーをはぎ取る鬼のような行動をとる

そのはぎ取ったブレザーを男1が後ろのテーブルに座っていた女1に
「御嬢さん風邪をひきますよ」と笑いながらそっとブレザーをかける

女1「男1の以外はいらな……違う!男2が嫌いなだ…あっ……嫌いじゃないよ!嫌いじゃないからね!」

男2は本気で落ち込む(女2の態度を見る限り男2は女1が好きらしい)
それをみて腹を抱え笑い出す女2と赤面する男1

終始空気な男3が泣きながら店内を去って行った

めでたしめでたし


710 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2010/12/03(金) 20:15:24 ID:7ocKmMEX
>終始空気な男3が泣きながら店内を去って行った
・゚・(ノД`)・゚・


友達とメールしてたら思い出した初恋話

539 名前:彼氏いない歴774年[] 投稿日:2009/04/18(土) 05:19:49 ID:oUAP3TEF
今ふと思い出した

小学校五年生か六年生かの頃
野球クラブの子で一人だけ違う球団の帽子被ってた子が周りの子にからかわれてたんだ
そのときクラスのリーダー格の子がイジメてる側を強く非難するでもなく、その違う球団の帽子被ってた子を庇ってた場面が何故か小学生の思い出の中でもかなり印象に残ってたみたい
体育会系リア充な人じゃなくて、運動も勉強も駄目だったけど凄く頭が良くてユニークな優しい人だった
給食の班が同じだった時期は凄く楽しかったなあ
その人が男子みんなに好かれてたからか、イジメも格差も無いいいクラスだったし

今はその人かなり変わってるらしいんだけど、根本的な部分は変わってないでほしい
同窓会でまた優しくて面白い彼に会いたい

同窓会やりたいねー、って久しぶりに当時の友達とメールしてたら思い出した初恋話


「おまえが伴奏すれば弾くといってる。伴奏しろ」

951 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 00:29:50.14
高1のとき。たぶん4月末くらい。他のクラスだった嫁に話しかけられた。

「あの・・俺男くんですよね」
「そうだけど、ええと・・」
「嫁子です。久しぶり~。覚えてない?」
「?」
「前にあったじゃない、コンクール(ピアノの)で」
「それって小6のときの? すごい昔じゃん。なつかしいいいい」
「思い出した?」
「いいえ」
「うわw しょうがないか、わたしヴァイオリンの方だったし」
「なんか悪いなあ。全然覚えてなくて」
「いいよいいよ。今も弾いてる?」
「いや実はあんまり。今年に入ってから触ってない」
「ああ、そうなんだ」


地味だがその分清楚系美人で色白で、しかも俺に親しげに話しかけてくる。
その場で惚れました。


続きを読む

珍しく父親と一緒に買い物に出かけた。

318 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/04/19(木) 20:35:59 ID:BrY8djkm
珍しく父親と一緒に買い物に出かけた。
電車に乗ったら日曜日にもかかわらず(土曜日だったかな?)
真正面に制服を着た女子高生がいた。
その女子高生がミニスカートでちょっと足を上げて
ソックスを引き上げて整えようとしたらパンツが見えた。
ちょっと目のやりばに困るところだがわざとらしく動くわけにもいかない。
父は気付いたか気付いてないのかぼーっと前を見ていた。
電車を降りてから父親がいきなりうれしそうに
「電車の中で女子高生のパンツが見えたな。うー、女子高生のパンツ♪パンツ♪」

確かにうれしかったのかもしれんが、それを娘に言うか?

おまけに買い物から帰ったあと「母さん、今日、電車の中でね……」
それを妻に言うか?

けど何かうれしそうだったから許してやった。


ふと高校時代の友人について思った。 高校3年間同じクラスだった人がいた。

632 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/11/30(水) 11:35:24.77 ID:n2kNIvbX
ふと高校時代の友人について思った。
高校3年間同じクラスだった人がいた。
その人とは話はするけど、特に仲良しにもならず、
一時期険悪な仲になったこともある。
集団の中では中心的な人で、友達も多い人だった。
一年生の頃、積極的に物事に参加する人の少ないクラスだったため
担任に委員長を任された俺は何かと嫌な役割を背負わされることが多くあった。
委員長タイプではない俺は学校が本気で嫌になったりした。
そのことは友達の誰にも話さなかったけど、その彼は何となく気づいていたみたいだった。
次の年から彼は嫌な役割を率先して引き受けていた。
その時は、単に目立とうとしてやっているように見える感じだったけど
いつも何かと俺のことを元気づけてくれたり、気にかけてくれていた気がする。
どれも直接的ではなかったし、そのことを彼に聞いたりもしていないから真意もわからないから
ひょっとすると自分の思い込みなのかもしれないけど、
彼にはすごく助けられた。
今振り返ってみるとすごく感謝の気持ちでいっぱいになる。


その後、B男の気持ちに気付いた2人は仲良く。。。

142 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2019/11/26(火) 15:34:49.08 ID:tw6moDaD
どっかで見た様な話だけど17年前私が小学2年生だった頃
授業が終わって休み時間になってすぐA子がお漏らしをしたんだ
授業中我慢してたんだろうね、最悪な事に調停者たる先生は教室を出た後だった

教室の一角が騒がしくなってだんだんと人が集まり始めて
そしたらB男が騒動の中心に走っていっておもむろにズボンとパンツをおろして
「○ン○ン消防車じゃ!」と言っておしっこを撒き散らした
爆笑する男子、泣き崩れる女子、キレてる子もいたな、教室は一瞬にして地獄絵図にw
その隙に私と何人かの女子がA子をトイレに連れて行った

結局B男の思惑通り?騒ぎの中心はB男になって教科書や補助カバンに放尿された
生徒にB男の両親は数週間掛かりで平謝りして廻ったらしいw
で、うちのクラスは幼稚園の子が大半でAB両方とホイ友だった私しかB男がA子ラブだった事
は知らなかったんだよね

その後、B男の気持ちに気付いた2人は仲良く。。。なんて事はまったく無くて
B男は男子からキチ○イキャラ、A子を含めた女子からは汚物を見る様な目で蔑まれて
悲惨な2年間を過ごしたwww
もうすぐ私がB男の姓になりそうなので厄払いw


男「なあ女さんよ」 女「どした男さんよ」 男「俺、実は恋してる(・ω・´)キリッ」

496 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 19:41:21 ID:1bVkXvPs

電車の中で見たDQNっぽい感じの男女
カップルかと思ったけど違ったみたい

女/金に近い明るい茶髪、目つきがちょっと鋭い美人さん
男/金髪に黒メッシュ、色黒イケメン

男「なあ女さんよ」
女「どした男さんよ」
男「俺、実は恋してる(・ω・´)キリッ」
女「いきなりなんなんww」
男「今言えってお告げがwww」
女「wwwwんで、どんな子よ?」
男「あんなぁ、目つきちょっと怖いけど超可愛くて、最近よく飯食いに行く奴なんだよね」
女「…ほほう」
男「それで酒めっちゃ弱いのに強がって飲み過ぎてよく死んでる」
女「誰だよそのバカwww」
男「おめーだよバカwww」
女「なんと…!!」
男「なんとじゃねぇよwwそしてそんな奴と今から映画だなんてドキドキしてるところだ」
女「ウチの方がドキドキするわバカたれめ」

2人ともテレまくりながら電車を降りてった

2人の今後が気になる…


中学3年の時同じクラスになってひそかにあこがれてた

55 名前:名無しさんの初恋[sage] 投稿日:2010/10/18(月) 16:58:20 ID:OP3Pd+Wo
中学3年の時同じクラスになってひそかにあこがれてたS君。
彼は目立つタイプで人気者。一方私は途中から転校してきたおとなしい子。
接点はないまま卒業。

それから5年後。

親友から好きな男の子がいると打ち明けられた。何とSくんだった。
で、親友が借りてるCDを返しに行くというので一緒についていって再会した。
その後、家に電話がかかってきて「一緒に遊ぼう」と言われたけど、親友を
裏切れないと思って「ごめん、忙しい」って冷たく言ってしまった。Sくん
は「わかった」って言ってほんとそれっきりになってしまった。

あれから15年たつけど今でも思い出すし、断ったことをすごく後悔してる。
だって親友それからすぐ別の男の子に夢中になってSくんのことなんてどうでも
いいみたいな感じになったから。

Sくん、あの時はごめんね。死ぬほど嬉しかったのに。


汚いマットに座って毎日下校時間までいろんな話をした。

90 名前:長文スマソ :03/12/08 05:52
中二の時、大阪から転入してきたDくん。
妙に気が合っていろんな話をした。
でもからかわれるのがいやで話をするのは放課後。
場所は屋上にでるドアの前だった。
汚いマットに座って毎日下校時間までいろんな話をした。
夏休みも私の家の前や近くの河原でほぼ毎日話しをした。
兄が”お前ら付き合ってるのか?”って誤解するくらい会ってた。
友達の話や好きな人の話、他愛のない話ばかりだったけど
とても楽しくて大切な時間だった。

3学期になってからDくんはボーッとする事が多かった。
心配だったけど聞かれたくないようだったので何も聞かなかった。
2月のある日、いつものようにマットに座って話をしていたら
Dくんが突然抱きついてきた。
抱きついたまま声を殺して泣いていた。
びっくりしたけどしばらくそのままでいた。
そしてDくんはいきなり立ち上がって
「今日はもう帰るわ、バイバイ」といって階段を下りていってしまった。
そしてDくんは何もいわずに次の日に転校してしまった。

夜逃げ同然でこっちにきて、ここにもいられなくいなって夜逃げした、と
Dくんの近所に住んでいた子が教えてくれた。

あの切ない泣き方は今でも忘れられない。




こんな炎天下の中ミルクティーはないだろ、とか、それより間接キスになるし迷惑じゃないか

9 名前:名無しさんの初恋[] 投稿日:2006/09/24(日) 02:44:09 ID:68O4S0nE
中2の頃、私はクラスでは真面目な方で、片思いの彼は目立つグループにいました。

ある日、『シャーペンがないっ』って焦ってる彼に、私が持っていた予備のシャープペンを渡したのをきっかけに、彼は何かと私に構って来るようになりました。

鮮明に覚えてるのが、校外陸上大会の日。

私は運動音痴で出場する種目もなく、友人たちは皆部活生で何らかの種目に出ていた為、スタンドで一人で競技を見ていました。

すると、高跳びの種目を終えた彼が、私の隣りに来たんです。

『あ~疲れた!〇〇見てた?俺、頑張ったよー』

『え、ごめん見てなかった』

『まじかよ、ショック!…まぁいいや。ちょっと休ませて』

そう言って彼は、階段になってるベンチを一段降りて、私の足を背も垂れにしてきました。
内心ドキドキしながらも、
『ちょっと、意味わからん(笑)』と突っ込むと、彼は
『いいじゃんこんくらい~…てか何か喉乾いた~』
と、私が持っていたミルクティーに視線を移したのです。

渡そうかどうか迷ったけど、こんな炎天下の中ミルクティーはないだろ、とか、それより間接キスになるし迷惑じゃないか、とかグルグル考えてしまい、結局渡せませんでした。


12 名前:名無しさんの初恋[] 投稿日:2006/09/24(日) 02:53:22 ID:68O4S0nE
しばらくして、競技を終えた彼と同じグループに位置する女の子が戻ってきて、
『あんたら何してんのよ~』って茶化してきたにも関わらず、彼は満面の笑みで
『〇〇は俺専用だからいいの!』と言い切りました。
一点の曇りもない笑顔で。

でもその後、彼とは別のクラスになり、そのまま卒業して別々の高校に進学しました。

風の噂で彼には同じ高校に彼女が出来た事を知ったけれど、その時はそんなにダメージはなかった気がします。

でも、高校二年になった時。あたしと同じ学校に通う彼の友人と、たまたまバスで一緒になりました。
彼氏彼女ほしーけどなかなかね、みたいな話をしたのですが、その時思いもよらない事実を知ったんです。

『〇〇はさ、中2んときお前の事好きだったんだぜ』

彼女いるって知った時より、この時のショックときたら。

いろんな後悔が次々と押し寄せて来て、もう、言葉にもなりませんでした。


時は流れ、私ももう21になり、地元を出て毎日普通に働いています。

成人式の日に帰省して、たまたまその場のノリで彼と撮った写真だけが、私の手元には残っています。

毎日普通に幸せだけど、やっぱり何度も思い出しちゃうんですよね。

本当に純粋に好きだったなぁって。

長文ゴメンなさい。でも、読んでくれてありがとう。


読者登録
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
厳選
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ