ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

青春



中学の時に好きだった子と十年ぶりに偶然再会した。

875 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/11 15:32 ID:6xurgzvu
中学の時に好きだった子と銀行のキャッシュコーナーで
十年ぶりに偶然再会した。
お互いに「久しぶり」と声をかけ少し立ち話をした。
あんまり変わってなくて会社の制服を着ていたし、指輪も無かった。
「ぼちぼちお前も結婚しないと行き遅れるぞ」
軽い冗談のつもりで言うと、彼女は目を丸くしてこう言った。
「えっ?私もう子供が二歳になるんだけど・・。」

なんっつーか・・・せつない気分でいっぱいだった。


小学2年の頃、s60年に「匂い玉」が流行った。

276 S52年生・26歳男 New! 04/01/31 02:39
俺が小学2年の頃、s60年に「匂い玉」が流行った。
直径2-3mmの、半透明の粒で、フルーツ系の匂いがした。
同学年の女子を中心に流行ったが、鼻腔に入れた馬鹿が上級生にいたらしく、
禁止されてしまった・・・。

その年の年賀状に、当時好きだった女の娘からの年賀状があった。
年賀状にはキリン紙で袋が作ってあり、「匂い玉が入ってるよ!」
と書かれていた。
俺はなんだか勿体無くて、開けることはなかった。

俺は3学期に、学校でお礼を言った。
「どの色が一番いい匂いだったぁ?」と聞かれ、一瞬うろたえるも、
適当に言った色が、年賀状内にあったらしく、事なきを得た・・・。



24歳の時に、同窓会があって、その娘も来ていた。
結婚するらしかった。
その日、俺は年賀状を開けてみた。真っ白に変色した匂い玉が、10粒ほど
出てきた。

もう、どんな色で、どんな匂いだったのか・・・
確かめることは、俺には・・・永久に叶わなくなってしまった…。


中学の時、転校してきた子を好きになった。

768 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:04/03/10 00:29 ID:D/kudOz3
中学の時、転校してきた子を好きになった。
うちのほうは冬になるとスキー授業があるんだけど、
雪の降らない土地から転校してきたその子はスキーが出来なかった。
好きだったし、チームも一緒になれたから
いろいろ手助けしてあげたり教えてあげたりしていたら
友達から「好きなんじゃねぇの?」とからかわれてしまった。

そこで、つい、恥かしさと恋心がバレたくない一心で
「好きでやってんじゃねぇよ、同じチームで仕方なく面倒見てんだよ。」
と言ってしまった。
そしたら、その子に「ゴメンね、迷惑かけてばっかりで」と泣かれてしまった。

その子だってスキー初心者なんだから下手なのはしようがないし
みんなの手前とはいえ悪いことを言ってしまったと思ったし、
切なくて胸がいっぱいになったけど、
「べつにいいよ、もう泣くなよ」としか言えなくて本当に辛かった。

もう、その子と二度と仲良くできないし
慕ってももらえないだろうなぁと思ったけど
その子は今、俺の奥さんでーす。


キスすら出来なかったけど、なんかすごい記憶に残ってる夕暮れ。

536 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:04/01/29 16:16 ID:cWhVMIYa
中学時代バスケをやってた。
彼女はマネージャーさんだったんだが付き合ってるのはみんなには内緒。
だから帰りも毎日一緒に帰れるわけじゃなかった。
その日は遠征で他の学校に行って散々にやられた帰り道。
彼女と俺はちょっと遠くまで来た開放感もあって、どうしても二人で帰りたかった。
「どうする?二人で先に帰っちまうか」「うん!逃げちゃえ逃げちゃえ!!」
などというくだらん会話の後、着替え終わった俺らは二人だけで脱出。手を繋いで駅のほうに二人で走り出した。
なんかすごい悪いことをしてるような、冒険をしてるような気持ちになって二人ではしゃいでたっけ。
急に彼女が「あ!!」と声をあげる。「どうした?」と俺。
「ゼッケン、持ってきちゃった…」「マジかよ!?それは…返しに行ったほうがいいんじゃねぇか?」
いつもはゼッケン保管係の彼女。ついクセで持ってきてしまったらしい。
仕方なく二人でもう一度遠征先の学校まで手を繋いで戻る。
幸いなことに(?)他の連中はもう帰ったらしく、とりあえずゼッケンを返して駅までまた手を繋いで駅までてくてく。
うちの学校の近くにはなかった商店街でコロッケ買って食ったり、ゲーセンでヘリのゲームして盛り上がったり。
その時はキスすら出来なかったけど、なんかすごい記憶に残ってる夕暮れ。

https://that.5ch.net/test/read.cgi/gline/1071287287/

この話は10年経った今でも同窓会で「地獄の5分間」として度々話題に上がる。

189 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/12/31(月) 00:54:15
[234]2006/09/23(土)21:21 ID:0
高校の頃の話

俺のクラスには寺の息子(仮にAとする)がいたのだが、授業中にAが突然

「この中にいる!」

と大声を出して立ち上がり、何を思ったのか早九字(臨・兵・闘・者…)を唱え出した。

これはフリか?と思った俺は「ウギャーッ!」と奇声を発すると共に基地外のような動きをしてのたうちまわった。
皆大爆笑と思いきや、
あまりの迫真の演技にドン引きのクラスメイト。
呆然とした表情で無言の教師。
早九字を唱え続けるA。
止めるに止めれず狂い続ける俺。

この話は10年経った今でも同窓会で「地獄の5分間」として度々話題に上がる。


入部してからも先輩のウザさは変わらなかった。

23 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:2007/11/17(土) 02:47:36 ID:OwARmhLN
高校の頃はあんま気の合う仲間がいないというか、
俺が勝手に避けてただけなのか知らんけど、友達はあんまいなく、
居場所なんてどこにもなかった。
そんな人間でも大学には入れるんだね。そこでのサークルの話。
入部のきっかけは簡単。ウザイ先輩のウザイ勧誘があまりにしつこかった。
人間嫌いに陥っていた俺は絶対に入りたくなかった。
勧誘文句も「大学で新しいことしようよ!」とか、「一緒に青春しよう!!」
とか、ホントうっとうしかった。でもヘタレだから結局断りきれず入部。


24 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:2007/11/17(土) 02:54:21 ID:OwARmhLN [2/3]
入部してからも先輩のウザさは変わらなかった。
ってか下手だった。勘弁して欲しい。家に帰ったらメールきてカラオケ
とか苦手なのにつれてかれるし。麻雀まで覚えさせられるし。
だらしない生活ばっかさせられる。気付いたら、ほぼ毎日そのウザイ先輩
と過ごしていた。
そんなこんなで3年目、先輩は一個上なので4年になって間もない頃だ。

亡くなった。交通事故。「なんで!?」って思った。その瞬間、泣き崩れた。
失って初めてわかるって、こういうことだったんだ。
思い出してみると、その先輩は初めて俺に居場所をくれて、ウザイけどめっちゃ
あったかい人って気付いた。俺が人間関係苦手って感づいて接してくれていたんだもん。
てか、振り返ったら思い出のほとんどに先輩がいた。
結構無愛想な感じで接してたのに、笑顔絶やさないタフで優しい人だった。
それなのになんで!?って思った。


25 名前:癒されたい名無しさん[] 投稿日:2007/11/17(土) 02:56:05 ID:OwARmhLN [3/3]
葬儀からしばらく時間がたち、そんな悲しみを忘れかけた頃、
その先輩の(もし生きていたら)引退試合を迎えた。
ほとんど防戦一方で、明らかに相手ペースで、もうだめかなぁって思った。
先輩の引退なのになぁって。見られてたらどうしようとか思った。
ふとボールをもったら、相手と1対1の局面になった。ちょっと弱気になって
パス出そうとした、その時。

「行けっ!!」っていう声が聞こえた。

ハッと気付いた俺は、迷わずゴールに向かって走り、ショットをゴールに叩きこんでやった。
今までの感謝の思い全部込めて。止められる気がしなかった。入るに決まってるって感じた。
俺と先輩2人分のショットだもん。
泣きそうになりながら打ったショットは、ゴールに突き刺さりました。
試合には結局負けたけど、あの声は一生忘れない。
ありがとうございました。お疲れ様でした。失礼します。

https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/healing/1186599218/

もう思い出すたびに死にたくなる。 青春の空回り。一人相撲。

395 名前:('A`) 投稿日:04/12/14 21:59:18
二年間憧れてた女の子に彼氏がいることが分かってさ。
相手の男ってのが、それほど親しくない同じクラスの奴。
次の日の夕方、そいつを呼び出して胸ぐらつかんで
「てめえ!ぜってえ、○○(女の子の名前)を幸せにしろよ!しなかったら許さねえぞ!」
とか一人で盛り上がって叫んだ。
そいつは「はあ?」みたいな表情してたな。
今考えるとそりゃあそうだ。大して口もきかない奴に突然呼び出されて、
自分の彼女幸せにしろとか一方的に騒いで。
だいたいオレはその女の子と知り合いですらなかったんだし。

しばらくしてクラスで、オレは危ない奴って噂がたった・・・・・
しかもそれから1ヵ月後にそいつら別れてやんの。
さらにそれからすぐ、その女の子は別の男と付き合うようになって・・・・・

もう思い出すたびに死にたくなる。
青春の空回り。一人相撲。

https://that3.5ch.net/test/read.cgi/gline/1103818737/

繁華街のはずれで別の中学校の学生2人にからまれた。

543 水先案名無い人 :2006/11/22(水) 01:16:36 ID:zAmT82N30

中学生の頃、繁華街のはずれで別の中学校の学生2人にからまれた。

「悪いけど4000円ほど貸してよ。僕ちゃん」だってさ。
俺はもう当時アニメ・漫画・ゲーム三昧で、
必殺技の名称および自分の隠された能力を研究・開発することに没頭していた。
絡まれた瞬間はマジでビビった。そんなことあるとは全く思ってなかったから。
でも強がる性格だけはゆるぎなく、
『あん?なんだ?おまえら』と主人公らしくキレイな声を出して俺は答えた。
相手が「おまえ、ヤル気か?」とか言ってきた瞬間、必殺技が出た。自分でもびっくりした。
そりゃ、毎日、部屋の中で、学校で、練習できるところで何十回、何百回と練習してきたんだからな。
恐ろしいもんだ。毎日腐るほど練習していれば、息を吐くように必殺技が繰り出せるもんだよ。
自分でもびっくりする。
その必殺技とは、まず右半身を後ろに引きながら右腕を一度静かに後ろへ持っていき、
そして半分だけかめはめ波を打つような体制に入って、
その直後思いっきり腰の回転&地面を蹴り上げる反動を利用した、少し上からのナックルが相手の顔面を捉えるというもの。
目の付近にヒットさせると『暗闇』の追加効果。アゴ付近にヒットした場合だと『気絶』の追加効果。

デバイス・アンタレスタ・スギュラクタ!!!!!!

ちゃんと発音できたかどうかは覚えていない。とにかく、当時俺が考えていた接近戦で最も効率的な必殺技を繰り出した。
それが『デバイス・アンタレスタ・スギュラクタ』だったんだよ。何やってんだ俺。
とにかく、街中にその叫び声が響いたことだけは記憶している。
そんでもって、あろうことか、そのタメパンチが相手の眼球か眼球付近にクリーンヒット。3メートルほど吹っ飛んだ。
まさにクリティカルヒットと言ってもいいくらい。で、俺の勝利のセリフ。公衆の面前で。結構な人に見られた。
『神と魔王が俺に等しく力を授け、そして放たれた一撃。それが、デバイス・アンタレスタ・スギュラクタだ。覚えておけ・・フフ・・』
などと言って、さっそうと振り返って去っていった。近くに居たDQN風な兄ちゃんに、
「デバイス・アンタレスタ・スギュラクタってつえ~なあww」とか言われた。死ね俺。


離任式があってお世話になった先生にお花を渡しに行ってきた

9 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/30(月)14:52:20 ID:1wN
離任式があってお世話になった先生にお花を渡しに行ってきた
校門のところで女の子が男の子に、第2ボタンください…と
男の子は、ふははっと笑いながら第2ボタンをブチッとちぎって女の子に…
2人で見つめ合いオードリーみたいにふへぇへぇへぇと照れ笑いしてお互いの友達の元へ去っていったw

青春だなぁーw


24 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/03/30(月)21:22:48 ID:isJ
>>9
あまずっぺええ!


新しく出来た喫茶店での高校生ぐらいのカップル

522 名前:おさかなくわえた名無しさん 本日の投稿:03/12/20 14:35 ID:ilp5rYfY
近くに新しく出来た喫茶店での高校生ぐらいのカップル(?)の会話。断片じゃないが。
男「やっぱり綺麗だなぁ・・新しいもんな。なぁ?(超笑顔)」
女「出来たばっかなんだから当然じゃない」
男「まぁまぁ。ほら、メニューメニュー」
女「いい。もう持ってるから」
男「そっか。何にする?今日は奢るぞ?あ、俺はこのケーキセットにするけど」
女「・・これでいい(指差す)」
男「え?いいのか?飲物だけ?遠慮するなよ?」
女「してない」
随分無愛想な女の子だな・・と思った。つーか男、健気だ。
しばらくして注文した物が運ばれてくる。
男「ウマいぞこれ。ちょっと食う?」
女「いい」
男「そっか。--あのさ。もしかして不機嫌?ってか、今退屈してる?」
女「ううん・・楽しい。あたしちょっとだけ無愛想だから」
女の子は一応本当に楽しんでいるつもりらしい。
男「無理すんなよ。俺がいきなり誘っちゃったんだしさ。わりぃな。」
女「・・」
女の子、いきなり男にキス。さすがに凝視できなかったけど、多分口に。
男「((゚Д゚)ポカーン)」
女「分かってくれた?」
男「(声が出ないらしく、激しく何度も頷く)」
女「今日はもうしないから(わずかに照)」
男「いや、マジ、どうしよ、超嬉しいんだけど。うわー。ヤバい。うわー。」
女「早く食べちゃいなよ(そっぽを向く)」

そこで恥ずかしくなって喫茶店出ちゃったけど、凄くいいシーンだった。
近くの席から凝視してた自分がなんか情けなくなった。


車内は結構混んでて、彼女が座席に座って彼氏がその前に立っていた

850 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2007/09/01(土) 18:41:13 ID:czEMi582O
長文スマソ

今日埼京線の電車内で見つけたカポー。
車内は結構混んでて、彼女が座席に座って彼氏がその前に立っていた(自分は彼女の隣に座っていた)
なんとはなしに会話を聞いていると、2人はどうやら遠出した帰りのようだった。
「疲れたねぇー」「朝早かったもんねぇー」ってまったり喋ってた。
で、停車した時に彼女の隣の席が空いたんだけど、てっきり彼氏が座るのかと思ったら彼氏は横に来たおばあさんに「どうぞ」って自然に席譲ってた。
おばあさんはお礼を言いながら着席。
で、そのおばあさんも3駅ぐらいして降りたんだけど、その時ちょうどまた彼氏の横に小さい男の子がいて、その子に「座りな」と席を譲ってて。
彼女が気を使って「席かわろっか?」って言ったら「全然平気」って笑ってた。
さっきまで疲れたって言ってたのにw
男の子も降りて、やっと彼氏が隣に座れたとき、彼女が小さな声で「席譲ったとき、やっぱり○○君っていいなぁーって思ったよ。」って言ってて、あぁいいなぁって思った。

https://love6.5ch.net/test/read.cgi/ex/1162996232/

高校のクラスメート 美術選択で高2の時に最後まで残って油絵描いてて 帰りに駅に向かう道で告白された

157 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/11/26(月) 02:23:55.68 ID:Np3Yuukf0
高校のクラスメート
美術選択で高2の時に最後まで残って油絵描いてて
帰りに駅に向かう道で告白された
それからこっそりつきあったがそのうちまわりにバレた
大学はこっちが1浪向こうは現役
別の大学だったけど浮気もせず
両方ともそこそこ真面目な性格で
向こうが就職するまではキス止まり


158 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2018/11/26(月) 02:34:19.28 ID:Np3Yuukf0 [2/2]
向こうは学芸員になって博物館に就職
当時は学部卒でも引く手あまただったらしい
こっちは建築学科で卒業設計が本格化して
お互い忙しくて会えないねということで同棲開始
あとはなし崩し
高校の頃つきあっててとても居心地のいい相手で
嫌な感じがしなかったのが
長続きの理由か


中3の頃~高校3年までずーーーっと片思いしていた人がいた。

285 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/01 00:34 ID:XZsVK2rr
中3の頃~高校3年までずーーーっと片思いしていた人がいた。
背が高くて,体が大きくて、態度が大きくて、居眠りしてて、でもめちゃくちゃ頭がよくて。
その態度のでかさとか堂々とした感じがすごく男らしくて大好きだった。

実は彼が中2の時は身長が157cmぐらいしかなかったことを、私は知ってた。
その時からずーっとずーっと好きだった。

私はクラスでも目立たなくてどんどん目立って人気者になっていくその彼のことをずっと見ていた。
ものすごい偶然な事に中2~高校2年まで4年間も同じクラスだった。
4年も同じクラスだと、私の事覚えていてくれるかな・・・って思ってた。

告白は考えなかった。自分に自信がなかったし。ある日の放課後、クラスの女子が彼に告白している
場面にでくわした。多いプリントを教室に置きに行くだけだったので、会釈してとおりすぎた。
自転車をガーーーーって走らせて急いで家に帰って,帰ったら泣けてきた。
どうして告白しなかったんだろー、と自分が嫌になった。鏡にうつったあかぬけない自分と
告白してたクラスの子の可愛さを比較したらまた泣けてきた。
その後何度か登下校時に二人をみかけた。彼らしく両手をポケットにつっこんでつっけんどんに歩くそばを
その女の子がちょこちょこついていく感じ。心底羨ましかった。

それから卒業後私はそれなりに華やぐモテた時期もあり、適当に結婚。
今でも思い出して後悔する。告白しなかったこと。今でもはっきりあの告白の教室の場面は覚えてる。

https://life3.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1076485631/

小学3年生の時、同じクラスになってからずっと好きな人(以下、M)が居た。初恋だった。

235 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/02/28 14:05 ID:Lzshs/cW
小学3年生の時、同じクラスになってからずっと好きな人(以下、M)が居た。初恋だった。
私は、好きな人を聞かれると素直に答えていたので、なんというか周知だった。
囃し立てられるって事は無かったけど、それでも、その人には伝わっていたと思う。

小四の運動会の時。Mは徒競走の選手として出場していた。
精一杯応援した。3位だった。

その小学校では、1~3位の選手には、色違いのリボン(飾れるように安全ピン付き)が配られていた。
私は足が遅かったので、そのリボンにすごく憧れていたのを憶えている。

運動会が終わり、テントとか色々な道具を撤収していた時、彼が走り寄って来て、「ん」と、手を差し出した。
その手には、3位の選手のリボンが。私が受け取ると、Mはそのまま自分の持ち場へ走り去って行った。

「憧れている」とMに話した事があった。Mはそれを憶えていてくれた。
しかも、自分のリボンを私にくれるなんて。すごく嬉しくて、嬉しくて嬉しくて。
でも、急なことでその時はお礼が言えなかった。翌々日言ったけど。

それからは、給食でデザートをくれたり、ドッジボールで鈍くさい私を守ってくれたり。
今思えば、きちんと告白してればよかったのかもしれない。でも、出来なかった。

小5になって別のクラスになり、私には別に好きな人が出来て、そのまま疎遠になった。
今でも、リボンをくれた時の笑顔を思い出す。夢に見る。


石鹸の匂いがしそうなくらいさわやかでホント子供のような無邪気な人だった。

171 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/02/26 22:17 ID:hdCkFicw
高校のとき、彼氏と自転車で二人ノリして帰っていたときのこと。
彼は工業高校で、はっきり言って頭は良くなかったけど、
石鹸の匂いがしそうなくらいさわやかでホント子供のような無邪気な人だった。
雨上がりで目の前に大きな虹が出ていた。そしたら彼が子供のように
「うぉぉ~虹だ~!!ヤバイ!!」と突然自転車でダッシュをかけ、あせった私は
「ど、どうしたの?」と訊ねると「虹の下には宝物が埋まってるんだよ!早くしないと虹が消える!」
と自転車ダッシュを止めない。反射的に出た私の言葉は
「ええ?虹なんか存在しないよ!宝物なんてあるはずないじゃん!」だった。
彼はピタっとこぐのをやめ「・・・え?」と止まってしまった。
私は駄目押しのごとく「小学校のときにプリズムで習ったじゃん、虹は雨とかの
水滴に光が反射して見えるだけで、いくら走っても追いつけないよ。」
彼は全く意味がわからなかったようでポカンとしていた。よせばいいのに
「ん~だからぁ、目の錯覚って言うか蜃気楼っていうか・・・とにかく存在しないんだよ」
そういうと彼は「え・・・じゃあ宝物があるって話は?」とまじめに聞いてきた。
「え?う~ん、現実問題、虹の下にはいけないから 作 り 話 でしょ。」
と私がいうと、ものすごくショックそうだった。いつも明るい彼があんな顔を見せたのは
初めてだった。「そうなんだ・・・。それって誰でも知ってるのかなぁ?」と
聞いてきて、そのときようやく私は彼が本気で、走ったら虹に追いつける&
虹の下に宝物があると信じていたことを悟り、あわてて
「誰でもは知らないんじゃない?わ、私も偶然こないだTVで見て知ったぐらいだから」
とめちゃくちゃな返事をした。
今でも虹を見ると、彼の夢を壊したことを思い出して切ない。
私があんなことを言わなかったら27になる彼は今でも信じてたかも知れない。

https://life3.5ch.net/test/read.cgi/kankon/1076485631/

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ