ほんわかMkⅡ


 □2ちゃんねるまとめ
 □動画・あんてな・記事紹介

ヘッドライン

世の中



ドアの脇の所で凄いデブリーマンがあぐらかいて座り込んでました。

424 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/06/01(火) 13:52 ID:f+K5DsM3 [1/2]
夜の11時ぐらいだったと思いますが、JRに乗ったら、
ドアの脇の所で凄いデブリーマンがあぐらかいて座り込んでました。
邪魔だなぁ、しかもスーツでべた座りってどういうことよ、
と思ってみたら、酔っぱらって座り込んで寝ているようでした。
私は吊り革に掴まってちょっと離れたところに立っていたのですが、
そのうち「ゴン!」という鈍い音、その酔っ払いが床に倒れたようです。
近くにいた、これもスーツの男性が「、、、生きてるよね」と言いながら
横たわった男性(まるでクジラ)に近付き、肩とか顔をペシペシ、
男「おにいさん! おにいさん! ここ電車だよ!」
鯨「、、、んん、、、、ん、、、、」
男は鯨を助けおこしながら「お兄さん、どこまで行くの?」
鯨「、、、ん、、、サンノミヤ」
男「さんのみやぁ? 神戸の?」
車内苦笑。ここ神奈川なんですけど。
男(笑いを堪えて)「サンノミヤ、過ぎちゃったよ。水飲むか?」
男性はカバンから出した水のペットボトルの蓋をあけて鯨に渡し、
鯨が脱ぎ散らかした靴や堕ちていた携帯を拾ってやっていました。
鯨は次の駅でゆっくりと起き上がり、ぶつぶつ言いながら降りていきました。

ねこちゃんのご飯とおにぎりは袋分けますか?

505 名前:ななしのいるせいかつ[sage] 投稿日:2006/06/29(木) 22:31:28
薬局でバイトしてるんだけど今日来たお客さん。
ニャンコ用カリカリとビールとか一緒に購入。マニュアルとして食品と雑貨は
同じ袋に入れていいか確認取る。神経質な人は嫌がる場合があるから。
一緒の袋でいいか聞いてみたら、奥様
「いいわよ~。だってウチの子供だもん!」

思わず手を取りそうになったyo!
超幸せになった


507 名前:ななしのいるせいかつ[sage] 投稿日:2006/06/30(金) 00:19:53
>>505
コンビニで同じ経験あり。
ぬこ缶とおにぎりを買われたおばさまに
「ねこちゃんのご飯とおにぎりは袋分けますか?」
って聞いたら、
「あら、いいわよ!どうせおにぎりもちょっとは取られるんだから」

ちょうど店がヒマだったのでちょっとぬこ談義した。楽しかった。

そのバイク、カワサキか?

578 名前: 774RR 投稿日: 03/07/06 23:53 ID:DLWxhNjr
「泊まらないか」で思い出した忘れえぬ人、、、漏れの体験談。
ソロでツーリングに行き、とある饅頭屋でお土産を買った。
その駐車場で警備員をやっていたおばさん、漏れが買った荷物をパッキングし、ツーマップルを見てると、
寄ってきて「どこからきたんだ?」と。「そのバイク、カワサキか?」とか。
なんだろ?とか思いながら、軽く流そうとしてると、「今夜泊まるとこないならおらんち泊まれ」とか
言ってくるじゃないですか。え?とか思いながら「いえいえ、今日はもうちょっと先まで行こうと思うんで」
とさりげなく断っても、話は続く。
聞けば、その方の一人息子さんはカワサキに乗っていたらしい。そして事故で帰らぬ人へ・・・。
今は主人と寂しく暮らしていると。
それ以来、バイク乗りを見ると「気をつけな!」と声をかけているとのこと。
なんとなく泊まって話を聞いてあげたいな。。とか思ったけど、すでに「お世話になります」
という雰囲気じゃなく、後ろ髪を引かれながらもバイクに火をいれる。すると、
「行くのか?じゃぁ、気ィつけてな。若いんだからよ。天気がもつといいなぁ。」
と送り出してくれた。
人の優しさに一瞬でも「なんだ?」と疑ってしまった漏れが恥ずかしい体験で
未だに忘れられないでっす。。。

駄文ですた。

いい年したオッサンばかりの部署だから仕方ない

笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】3
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1471866304/477

477 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/06/13(火)07:16:29 ID:LHM
皆さんと比べると笑いの要素が薄いかもしれませんが、
様子を思い浮かべたら面白かった話を1つ。

今年のバレンタインに、旦那が珍しくチョコを貰ってきた。
日頃からコーヒー好きを公言している旦那なので、コーヒー味のチョコと
もう1つはコーヒーにとても合う美味しいチョコだった。
一体どうしたのか聞いたところ、今年度から部署に女性社員が2人入って
日々の業務を助けているお礼も兼ねてもらったらしい。(男性社員全員)

頑固な一面がある旦那だけど、ちゃんと上司やってるんだなって旦那を見直した。
張り切ってホワイトデーの用意をしようとしたんだけど、女性の部下を持つのが初めてで
リサーチがなかなか上手くいかなかったらしい。
まぁ仕方なし、と無難に少し高めのお菓子を用意して持たせた。
しっかりその辺はしておかないとと思ったし。でも、流石は元男所帯の部署w
よその部署は、男性陣でお金を出し合って高級コスメをお返ししてるのに
うちの旦那の部署は、初めてのことだったからお返しの概念がなかったらしいw

あわてて旦那以外の男性社員がお金を出し合い
1日遅れでお返しを用意したらしいんだけど、女性2人共無趣味で何でもいいと言われ
眠気覚ましのドリンクセットと安眠グッズをプレゼントしたらしいw
いい年したオッサンばかりの部署だから仕方ないのかなwとちょっと笑った。

ちょwwwwおまいらwなんでそんなコスをww

210 名前: C.N.:名無したん [sage] 投稿日: 2006/04/27(木) 22:04:17 ID:6F1NVOME0
ひろった大きな卵でカステラ作って殻を車にした絵本のねずみ2匹のコスプレをした。

ほとんどの人が何のコスか解らず、たまに解ってくれるマニアな人も「ちょwwwwおまいらwなんでそんなコスをww」と笑うだけで
写真を撮ってくれる奇特な人などいるはずもなく。
完璧自己満足でやっているのでそれは別にいいんだけど、やっぱり少し寂しいなぁと思いながら会場をブラブラしていたら
カメコに囲まれている有名作品キャラのコス兄さんが、
「ああああーーーーー!! ぐ○ と ○ら だーーーーーー!!」と叫びながらカメコそっちのけでやって来た。
ポージングの最中だったらしくカメコ団から「ああ~~~」と落胆の声が上がっていたが、お兄さんは大興奮で
「ぐ、ぐ○と○らでしょ!?ちょ、待っててカメラ取ってくるから!」と言ってどっか行ってしまった。

小さい頃大好きだったらしい。
兄さんに写真を撮られたあと、ぜひ一緒に、ということで3人揃ってカメコに撮ってもらった。
FF7の金髪ツンツンが満面の笑みで仲良し野ねずみと手を繋いでいる、という珍しい写真は今も大事に取っといてある

どうしようどうしよう

412 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/05/27(木) 14:04 ID:6/Un50B6
小学3年くらいの時だったと思います。当時、隣の市にある音楽教室にバスで
通っていました。あるとき、帰りに乗るバスを間違えてしまい、途中で気づいた
時はもう知らない場所。どうしようどうしようとパニックになっていると、
様子がおかしいと思ったのか、高校生くらいのお姉さんが話しかけてきて
くれました。乗り間違えたことを話すと、私の住所と通ってる学校、本来
降りる停留所を聞いて、「それなら、もっと先で降りて(道案内の説明)して
行けば、小学校の方に行けるよ。そこまで行けば道わかるよね?」
しかし、所持金は本来の運賃+10円(電話代)しかなく、お姉さんの言った
停留所まで行ったら、いくらかかるかわからない。(整理券を取って乗り、
降りる時にそこまでの運賃を払うシステム)そしたらお姉さんは百円玉を
握らせてくれた。遠慮していると、「いいよいいよ。」更に向かいの席に
座っていたおばあさんも、「これ使いなよ」と50円玉をくれた。ありがたくて
嬉しくて、自分が情けなくて、何度何度もお礼を言いながらバスから降り、
べそをかきながら暗くなり始めた道をとぼとぼと歩き始めた。しばらく歩いて
いると、農作業をしていたおじさんが「どうしたんだ?この辺の子じゃないな」
と声をかけてきてくれた。バスを乗り間違えてしまい、とりあえず小学校を
目指していると言うと、「乗って行け」と、軽トラックを出してくれた。
小学校まで送ってもらい、お礼を言って分かれた。なんとか家に帰り、親に
報告すると、何で乗り間違えるの!気づいたらすぐに降りなさい!知らない
人の車に乗るなんて!相手の連絡先を聞いておきなさい!お礼が出来ない
でしょ!とか色々たっぷり説教されました。ホントにアホだよなー自分。
農家のおじさんには、その後父と一緒に菓子折りを持ってお礼にいきましたが
(野菜をもらってしまって返って恐縮)、お姉さんとおばあさんにはその後
会えず終い。
親切に助けてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
十年以上たった今も、よい思い出です。

猫屋敷と呼ばれるユーザーに訪問してきた

107 名前:ななしのいるせいかつ[sage] 投稿日:2005/08/10(水) 12:05:47
うちの係で猫屋敷と呼ばれるユーザーに訪問してきた
 
玄関に入る前にワンコから吠えられる
ぬこたんにとってはこれが来客を知らせる合図のようだ
事務所に入って5分と経たないうちにぬこたん登場
ニャーニャー鳴きながら足に擦り寄ってくる、頭を撫でたり顎の辺りを撫でたり
ビー玉みたいなキラキラしたグリングリンの目でじーっと見つめられたり
奥さんは「これ●●ちゃん、お兄さんの仕事の邪魔だから行くよ」と言うがぬこたんおかまいなし
なかなか自分の足から離れようとしないぬこたん、結局「●●ちゃん、納豆食べようか」の一言に折れて
奥さんについていってしまいました。
 
訪問時間30分の間でぬこ遊びが15分くらいでした


111 名前:ななしのいるせいかつ[sage] 投稿日:2005/08/10(水) 13:48:13
>>107今の仕事辞めるからその仕事紹介して

あんかけスパ好きのおまいらに俺がとっておきの名店を教えてやろう

504 名前:オリーブ香る名無しさん 投稿日:2005/08/23(火) 20:24:06 ID:J+DkNOGb
あんかけスパ好きのおまいらに俺がとっておきの名店を教えてやろう。

それは丸の内、「スパゲッチハウス 里羅」。
スパゲッ「ティ」ではなく「チ」と表記する店には名店が多い、これは俺の持論だが、
この店の何が凄いかというと、営業時間。平日のみ、しかも昼の3時間しか営業しないのだ。

店では、今時どにもないようなクラシカルなコック帽、ノリがばっちり効いたそれを
目深に被る古武士の如き眼光のジジイが一人で鍋を振り、
往年の大女優のような風貌のマダムが店を取り仕切る。

テーブルにつくとすぐに振舞われるスープは、たっぷりの炒めタマネギが入るコンソメ。
このスープから既に黒胡椒がばっちり効いており、スパへの期待は高まるばかりだ。
肝心のスパはと言うと、まず麺は、いつ行ってもアツアツのブリッブリ。しかも油切れが頗る良い。
ソースは、やや酸味がおとなしく、やや塩っぱめの、非常にクリアできっぱりとした、
実にいなせな味わい。タイプとしては敢えて言うなら「そーれ」に近いか。


505 名前:オリーブ香る名無しさん 投稿日:2005/08/23(火) 20:26:06 ID:J+DkNOGb
個人的な好みから言うと、本来はもっとトマトが前面に出たタイプが好きなのだ。
そしてジジイはそのソースをあまりタプーリかけてくれない。

しかしそんな事はどうだっていい、と思わせるのが、そのジジイコックの働きっぷりだ。
狭い店とは言え、料理人はジジイ独り。ジジイは一度に5個も6個もフライパンをあやつり、
ミラカンを、ハムエッグを、ピカタを、そしてまたミラカンを、次々に仕上げていく。
その間にも、スパの大鍋をあおり、天ぷら鍋の火力を細かく調整し、全くその動きたるや風車の如しだ。

しかもコンロ周りには野菜の一切れも卵液の一滴も飛び散ることはなく、
普通ならどれだけ油ハネがあってもおかしくないのに、コックコートは最後まで純白のままだ。
一度あの仕事ぶりを目にすると、ヨコイの職人連中などスローモーションにしか見えなくなる。
このオヤジが心血を注いだソースなら、その一滴すら無駄にするのが憚られるというものだ。


506 名前:オリーブ香る名無しさん 投稿日:2005/08/23(火) 20:27:08 ID:J+DkNOGb
一度、夜遅くその店の前を通りかかった事がある。
店には灯りが点いており、窓から覗き込むと、そこではジジイが黙々と
クリームコロッケやらメンチカツやらミートボールやらを仕込んでいた。
誰に見られるわけでもなかろうに、あのノリの効いたコック帽を被り、白衣はやはり純白であった。

そうやって丁寧に仕込まれたコロッケやら何やらは、どれもハイカラな小味のきいた、
小気味良い逸品ばかり。
あんかけスパ屋にとって最も大事なのは、そういった「洋食屋としての誇り」とでも言うべき
職人魂なのではないかと俺は思う次第だ。

この店を2ちゃんなんぞで紹介するのには躊躇いもあったのだが、なにせジジイは高齢。
いくらパワフルな仕事ぶりとはいえ、いつ引退したっておかしくない。勿論後継者などいない。
貴重な、あまりにも貴重な昭和の灯火が消える前に、心あるあんかけスパファンなら
一度はジジイの獅子奮迅ぶりを網膜に焼付け、その味を舌の記憶として、
後世まで語り継いでいってほしいと思うのだ。

お座りなさい

404 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:04/05/24(月) 17:25 ID:Y58z2p1s [1/2]
こんなイイ話の後でつまらなくさせてしまうかもしれないけど・・・

息子が生まれ、1ヶ月健診がありバスに乗っていた。
その時間帯はとても混んでいて、つかまるのがやっと。
初めての子でしかもフニャフニャの赤ちゃんを抱っこ(抱っこ紐で)するのは、
本当に怖かったし不安だった。
でもこれも「親としての小さな試練だ!」と自分に言い聞かせた。
すると肩を叩かれ「お座りなさい」と声が。
振り向くと70才位の笑顔のおじいちゃん。
一瞬嬉しかったがお年寄りに譲って頂くのもちょっと気が引けるし、
降りる停留所までもうすぐだったので
「ありがとうございます。すぐ降りるので結構ですよ。」とお断りした。
が、おじいちゃんは「いいから」と。
せっかくなのでおりがたく座らせてもらった。
「生まれたてかな?何ヶ月?」と会話が始まったかと思ったら、
次の停留所で降りて行った。
「ありがとうございました」と何度もお礼を言うと、
最後にとても優しい笑顔で「お幸せに」と。
バスの中からそのおじいちゃんの姿をずっと見ていたが、
ドカジャン着てるのに、シャキシャキとした足取りで歩く姿はとても紳士だった。
あの時のおじいちゃん、いつまでもお元気でお過ごし下さい。

おっさんの隠された情

396 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/03/27(木) 17:04 ID:RvWrQbDS
電車に乗ってて。俺は立ち。
妊婦が入ってきたんだが座る席が満席で、妊婦は立ったまま。
座ってる客でグラサンのいかにもなおっさんが座ってたんだが。
電車走り出してちょっとしたら
そのおっさんが携帯で話をしだした。しかもちと怒鳴り気味で。
常識のない奴と思って見てたらおっさんが立ち上がって携帯で怒鳴りながら
別の車両に行った。それっきり戻ってくる感じがないので
空いた席には妊婦が座ったんだが。
俺は確信した。そのおっさんの隠された情というものを。

都会から離れて旅をしたとき 小さな駅でぼーっと電車を待っていたら

309 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/07/05 20:39 ID:RXhy46ne
都会から離れて旅をしたとき
小さな駅でぼーっと電車を待っていたら
外にいた
おばあちゃんが話しかけてくれた
電車来るまでいろーんな話をしてたなあ
ちょっとしたら他の人も来た、そんで今度は4人の小さなお話会
なんか、お茶なんかもいただいてしまって・・・・
ほんとアリガト
いい思い出です
またいつかこんな思い出作りたい


310 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:04/07/05 20:56 ID:7c9TtrKU
>>309
大垣夜行がまだ急行型電車(345M・340Mペアの頃)だった時代、夏休みを利用して
東京から大阪の親戚を尋ねたときの記憶が思い出されました。

窮屈なボックスシートに乗り合わせた見ず知らずの4人が、小田原を過ぎていよいよ
深夜の時間に入ろうとする頃には打ち解けて、トランプしたりお菓子を交換したり、
自分の父親ほどの歳のおじさんから単身赴任の苦労話を聞いたり、そのおじさんが
夜中の停車駅でジュースを買ってきてくれてとても嬉しかったり・・・

夜通しいろんな話をして本当に仲良くしてもらっだけど夜明けの名古屋でひとり、
岐阜でまたひとり降りていくととても寂しくて泣けてきたりして。
岐阜から高山線で実家に帰るって言ってたお姉さんは涙目の俺を見て、ホームから
電車が見えなくなるくらいまで、いっぱいいっぱい手を降ってくれたっけ。

もう20年も前の話。スレ違いごめん。。。

いつもこの電車ですか?

394 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/05/24(月) 08:29 ID:ii22NiaA
もう9年も前の事なのですが、私は昔から血圧が低く通勤途中でもよくフラフラしていました。
当時、結婚1年目で子供がお腹の中にいましたが、まだ仕事は出来る状態だったのでそのまま勤めていました。
 その日は体の調子が悪く、満員に近い電車の中で目の前が真っ暗になって倒れるように蹲りました。
その時「大丈夫ですか?」との女性の声と身体を支えてくれた方がいらっしゃいました。
その二人は大学生のカップルで、自分達が座っていた席に私を座らせて介抱してくれました。
 子育ての不安と会社のお局の嫌味攻撃で気弱になっていた私はポロポロと涙を流してお礼を言いました。
すると「いつもこの電車ですか? 僕達この電車に乗るんですけど、良ければ毎日この車両に乗ってきませんか」
と言ってくださいまして、ありがたくお言葉に甘えさせて頂きました。
その後、会社の引継ぎが終わり退社するまでの数ヶ月間、その二人には大変にお世話になりました。
あの電車の中での時間は色々なお話をできる、何物にも替え難い至宝の時間でした。

それが縁となり今に繋がるのですが、今では私は三児の母。
そのカップルは2年前に結婚し今月にはお父さんお母さんになります。
あちらは遠くに引越してしまったのですが、彼らに幸多き事を祈っております。


395 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/05/24(月) 09:08 ID:Kd2C8pCc
>>394
( ´Д⊂ いい話や...みんないい人や...

マイ木魚持ったばあさんがポコポコ打ってた

888 本当にあった怖い名無し [sage] 2012/08/24(金) 22:00:22.10 ID:3bvqCJ6f0 Be:
祖父の通夜の時は坊さんが来る前にマイ木魚持ったばあさんがポコポコ打ってた
賑やかしらしいけど、ばあさん話しながらだからポッポコポポコココッって
なんとも微妙なバチさばきだった

葬式じゃなく叔父の四十九日法要の時
叔父の寺の坊さんが無類の動物好きでお経中に子ネコ乱入
坊さんが叩く大きい木魚に子ネコが乗るわ
袈裟にじゃれつくわで無法状態
そんな中平然とお経を読む坊さん
後で聞いたらしょっちゅうらしい

もう一杯だけ!

255 名前:呑んべぇさん 投稿日:2005/07/07(木) 15:59:40
看板過ぎてスナックで粘ってたとき。何言っても、もう一杯だけ!といっても
注いでくれなくて。いよいよ、言う言葉も無くなって・・・。
「僕、婿養子なんです。」と言ったら、なぜか黙って注いでくれた。^^;

去年の冬、浅草の駅付近にホームレスのおばあちゃんが座っていた。

351 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/05/22(土) 11:56 ID:2htkZaWR
去年の冬、浅草の駅付近にホームレスのおばあちゃんが座っていた。
ぼろぼろの毛布を腰に巻いて一日中座っていた。ホームレスにしては
ふくよかだったからまだ日が浅いのか?と半分は興味本位で観察していた。

ある日、ラフな格好の学生らしき女性がおばあちゃんの近くをうろうろしていた。
携帯を触って無関心を装っているようだが、おばあちゃんに関心があるようだ。
彼女はおばあちゃんからは死角になる場所にいた。しばらく観察していると、人通りが途切れた瞬間、
彼女は歩きながらリュックからお札?とコンビニのおにぎりをだすとおばあちゃんに渡して
早足で去って行った。一瞬の出来事だった。去っていく彼女は泣きそうな顔をしていた。
おばあちゃんはずっと頭を下げていた。俺まで泣きそうになった。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
Re:ありがとうございます。

励みになります。

私からもありがとう。


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
テスト
てすと
amazon+


ハレ婚。(7) (ヤンマガKCスペシャル)

【Amazon.co.jp限定】 ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 7 (特装限定版) (全巻購入特典:「録り下ろしドラマCD」引換シリアルコード付)

聲の形 公式ファンブック (KCデラックス 週刊少年マガジン)

恋と嘘(3) (講談社コミックス)

NEW GAME! (1) (まんがタイムKRコミックス)

小説 君の名は。 (角川文庫)

がっこうぐらし!  (8) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)

だがしかし 3 (少年サンデーコミックス)

2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング アクセスランキング

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ