ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ほんわかMkⅡです。2ちゃんねるまとめサイト。元ほんわか2ちゃんねる。

ヘッドライン

耳にした



明るい茶髪メガネの店員と レジに並んだ爽やか好青年

647 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2010/12/01(水) 18:06:06 ID:AhfEb+XE
コンビニにて
明るい茶髪メガネの店員と
レジに並んだ爽やか好青年の会話


店「サンドイッチ温めますか?」
客「サンドイッチは温めないですよ?」
店「え、あ、温めないですか」
客「美味しくなりますか?」
店「私はオススメしますww」
客「じゃ、せっかくなんでお願いしますw」
店「ありがとうございますww」
客「美味しくなかったらもう一個買いにきますww」
店「それならまた来てくださいwww」
客「ちょっwwwww」



社交性を分けて欲しい
切実に


兄ちゃん「これは・・・鯖ですか?」 おっちゃん「鯵だねー」

387 名前:なごみ[sage] 投稿日:2008/03/24(月) 23:41:05 ID:zsUzZwxz0
近所のスーパーは魚介類の仕入れに強いらしく、鮮度がよく安い魚がたくさん並ぶ。
昨日は、小ぶりの鯖と鯵が大量に積み上げられ、客が自分で
ビニール袋に入れて持っていく形式になっていた。
レジで、私の前のおじさんは、鯵と鯖を3匹づつ買っていた。
レジの若いにーちゃんが眉をハの字にしながら、困惑していた
(バーコードなどついていないので、魚の種類別に数を入力するらしい)

兄ちゃん「これは・・・鯖ですか?」
おっちゃん「鯵だねー」
兄ちゃん「じゃあ・・・これも鯵・・・」
おっちゃん「そっちが鯖だねー」
おっちゃんは、会計をしながら
「尻尾のところに硬いホネのような鱗があるのが鯵、ないのが鯖」
と一言言って、クールに去っていった。
んで、私も会計を済ませて去りかけたんだけど、次の瞬間

兄ちゃん「これは鯖ですね!」
おばあさん「ええっ!鰯じゃない!?」

という会話が聞こえて噴いたw
去りかけたおじさんも思わず振り返ってた・・・
パックに入った大羽鰯(確かに大きいけど鯖と間違えるほどじゃない)を
鯖だと思ったらしい。


美人でも彼氏イナイ暦30年とかいるんだね。

834 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/10/31(土) 12:24:51 ID:KJPDEhw4
昨日だけど、居酒屋で聞いた会話
細身の人と~~可愛い人と背が高い美人の三人の女性
高校か大学の同級生らしく20台半ばくらい

巨「さて、さっきの電話は誰かね。ご家族じゃないようだったな?」
美「えっ、いやまー、二週間?ほど前から…お付き合いらしきことを…」
巨「やはりか!なぜすぐ言わない!写メ見せろや!」
細「どこのどいつだ!出会いは何!?」
美「写メないよ。普通の会社員の人。二人にはちゃんと会ってから言いたくてさ。」
細「あら、いい子ね~。なでなでしちゃうわ!」
巨「それにしても○○からそんな報告が聞けるなんて、今日はお祝いだな!」
美「いや~、三十路目前にしてイナイ暦に終止符が!!△△なんて二年前に結婚
してんのに!今更!初めてお付き合いとか!!」
細「良かったな。」
巨「んだな。随分と持ち越したなwwwで、どんな人よ。芸能人なら誰に似てる?」
美「うーん…なんて名前か知らないけど、宮崎あおいが朝の連ドラに出たときに
味噌屋で雇われてる若衆やってた俳優にちょっと似てる…ような。」
細「誰w知らんがなww」巨「もっとわかりやすい例えにしてw年令は?」
美「そういえば知らない…。でも年上だよ多分。今度聞いてくる。」
巨「んなっ!大丈夫か?」細「実在する人だろうな!?」
美「い、いるよwちゃんといるよww」

きれい目なグループなのにみんな話し方が男らしかった。
そして若く見えた。
美人でもイナイ暦30年とかいるんだね。



カバンからたけのこの里を取り出して

157 名前: スペースNo.な-74 [sage] 投稿日: 2009/08/09(日) 21:54:49

駅のホームで20代半ばのにーちゃん二人
にーちゃんAがカバンからたけのこの里を取り出して食べていると

B「一個もらってもいいか」

A「え」

B「いーだろ。一個だけ」

A「お前きのこ派だっていってただろ。嫌」

B「一個くらいくれよwwww」

A「ならば『きのこよりタケノコが好きです!』と言ってみろ!」

B「っなん…だと!?」

A「きの山さんを捨て、たけ里ブラザーズに忠誠を誓うと言え!」
  (タケノコの里を印籠のようにつきつけながら)

B「く…っなんて悪辣な…! っていいからくれよ」(いきなり素に戻る)

A「絶対たけのこの方がうまいのに。きのこはねーよ」

B「たけのこのクッキーだけは認めてやる。しかしチョコが足りん」

なんだかんだ二人でたけのこ完食して電車に乗って行った
にーちゃんとたけのこの里の組み合わせが似合わなくてなんかなごんだ


小学生の先生っぽい20代後半ぐらいの女の人

79 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2010/07/17(土) 00:57:42 ID:kpTK+Vpz
近所の小学生三人組プラスその先生っぽい20代後半ぐらいの女の人
近くの運動場まで行く途中だったらしい。

小学生A「先生ってお酒飲むんでしょー?」
先生「ちょっとね」
小学生B「たしなむ程度ってやつだね!」
小学生C・B「たしなむ!たしなむ!たしなむ!」
先生「そうだねー(笑)」
小学生A「お酒飲むと友達なくすんだよ!先生友達いないの?(´・ω・)」
小学生C「…(´・ω・)先生かわいそう」
小学生B「友達になってあげようか?(´・ω・)」
先生「え…?え…?(汗)」


男『あれ、ダイエットどこいった』 女『ダイエットは実家に帰りました。』

687 名前:彼氏いない歴774年[] 投稿日:2009/07/02(木) 12:09:29 ID:Lu+r0GDF
目の前の二十歳くらいの子と新社会人風の男。
某大学の最寄り駅から乗ってきたから、大学の先輩後輩関係かな?
女『虫歯有るんですけど甘いもの食べちゃうんですよねぇ(チョコの舗装紙剥きながら)』
男『あれ、ダイエットどこいった』
女『ダイエットは実家に帰りました。』
男『(笑)』
女『女の子はふっくら程度が良いって叔母さんが言ってましたし、ね…』
男『まぁその意見には賛成だわ。にしても二の腕綺麗だよねー』
女『ひやっこくてきもちいですよ(冗談ぽく二の腕出す)』
男『ほんとだ、凄い感触良いね。(本当に触った)』
女『はは…(赤面)』
男『…あ、ごめん、うわ、何かごめんね!!』


女の子色白ぽっちゃりで可愛かった。
色黒テブな私は殺意を持ちながら午後ティーを飲む、むせる
そんな雨の日の昼下がり


子供「俺やればできる子やしぃ~」

973 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:21/06/10(木)17:41:35 ID:lk3q
うちの家の近くに塾があるんだけど
そこに通ってるらしいお母さんと子供らしき会話が外から聞こえてきた

「……って、俺やればできる子やしぃ~」
「やればできるかもしれんけど、やらんかったらあんたただのアホで終わるで?
とりあえずちゃんと授業受けといでや。あと高学年やねんしピーマンぐらいええ加減に食べよし」

ふざけ気味の子の台詞をカーチャン淡々とぶった切っててワロタ
息子は友達来たみたいで行ってくるわー!って声が遠ざかって行った



五歳ぐらいの僕とお父さんがしりとりしてた

132 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2012/05/27(日) 08:22:52.11 ID:1Ypc/ihr
五歳ぐらいの僕とお父さんがしりとりしてた

「お父さん“ら”だよ、ら!」
「ら、かあ。ら、ら、ら…(・∀・)!!ライオネル・リッチー!!」
「!?らい…何?」
「ライオネル・リッチー(・∀・)!」
「らい…ライオン?」
「ライオネル・リッチー(・∀・)!」

お父さんがライオネル・リッチー連呼して満足気で面白かった
もちろん男の子は全然納得していなかった


ランニング途中の男子高校生二人組

624 名前:彼氏いない歴774年[] 投稿日:2011/05/04(水) 20:59:46.42 ID:Dure6INz
ランニング途中の男子高校生二人組
A「あれ何だっけ、一気に何人も抜くやつ」
B「あー、大根抜き?」


ごぼう抜きだと思う


男「大丈夫?」 女「おなか痛い」 男「工事中?」 女「工事中」

257 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2011/04/17(日) 23:27:38.85 ID:FYuNuBHV
人もまばらな駅でカップル

男「大丈夫?」
女「おなか痛い」
男「工事中?」
女「工事中」
男「凄い痛い?」
女「…痛みというものには種類がございまして、そもそも世の男性の中にはそれは入り口の痛みなのかと
勘違いをされている方もいるようですが、決してそうでは無いのです。
場所はへその辺り、文字通り下腹のことでございます」
男「うん」
女「ちなみにそこを入り口と呼ぶか出口と呼ぶかで男女の認識は異なる訳ですが
外から見ると確かに入り口なので入り口と呼びます。閑話休題」
男「うん」
女「具体的にどのような痛みかと申し上げますと、今は内側から50人のボクサーが休む間もなく右ストレートを繰り出している感じです」
男「それは痛そうだね…」
女「ちなみにもっと辛い痛みもあります」
男「うん…」
女「50人の侍が日本刀で斬りつけてくるパターンです」

彼氏吹いてた。つられて私もクスリ笑いしてしまったんだけどカップルの死角に居たもんだから
気づいてなくて二人っきりだと思ってたらしく、彼女が凄い恥ずかしそうにしてた。


3、40代くらいの女性「えー若い!」「そんな年には見えませんよすごーい」

113 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2021/04/16(金) 13:56:38.49 ID:hbBERuPv
歩道の脇で3、40代くらいの女性が数人で固まって
「えー若い!」「そんな年には見えませんよすごーい」みたいな会話をしていた
あーよくある女同士の会話だなーと思いながら歩くと
「17歳には見えない」という声。
よくみると真ん中に柴犬がちょこんとお座りしていた。
なるほど確かに17歳とは思えないほど若く見えるすごーいと
思わず心境が一致してしまった


118 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2021/04/16(金) 14:29:58.84 ID:kZVKparY
>>113
叙述トリック作品のような出来事


125 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2021/04/16(金) 15:42:46.94 ID:8xqP1rQP [2/2]
>>113
むしゃくしゃしてたけどあなたのレス見て笑って癒やされた
ありがとう


女「松井先生、私もう社会人3年目です」 男「頑張ってるなぁ」

192:彼氏いない歴774年 :2009/04/11(土) 07:49:30 ID:KysnNwoc [sage]
常連客しか来ない喫茶店で美女と普通の男
歳は離れてそう

女「松井先生、私もう社会人3年目です」
男「頑張ってるなぁ」
女「大学出て、また学校に戻ったあなたより社会を知ってます」
男「確かにw俺は学校のことしか知らないしw」
女「もうあなたに教わることはありません」
男「教師冥利に尽きるな」
女「これからは2人で新しいことを学びませんか?」
男「ん?」
女「プロポーズです」
男「今度はそうきたか…」
女「諦めが悪いので」
男「また断ったら?」
女「会社から独立してからまた言いに来ます」
男「参ったなw」
女「お願いします」
男「そうだなぁ」

教え子と教師みたいでこんな臭いこと言える美女に嫉妬した
周りの客もみんなニヤニヤしてた





未だに使う機会も、他で聞いた機会もない「おまちなさい」

721 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/10/27(火) 10:21:41 ID:NYmP9iXJ
昨日の雨でふっと思い出したんだけど

数年前、会社帰りに駅の改札ふきんで見かけたカップル
別れ際に体調の良くない彼女さんに、自分の傘を渡そうとしてるっぽい男子とのやりとり

しかしなかなか受け取らない彼女
こっちは仕事でくたくただったのもあってせっかくの好意なんだからさっさと受け取れ!
リア充女め!とか思って見てたのだけど
笑って受け取らない彼女さんが改札を越えようとしたところで、彼氏さんが突然
「○○ちゃん、おまちなさい!」
とか言って、彼女を制止して改札脇のキオスクみたいなコンビニへ
ささっとビニール傘を買って苦笑いする彼女に手渡してた

いや、優しいのもいいんだけどなにより
「おまちなさい」の言葉が衝撃的だったw
実際にそんなの使う人初めて見たし、20そこそこの男子に見えたのにw
なんか面白くっていらいらも解消して家に帰った記憶が・・
未だに使う機会も、他で聞いた機会もないなぁ「おまちなさい」w

付き合ってる感じではなかったけど、なんか二人の間の空気があったかい感じだった。

245 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2009/03/01(日) 14:37:18 ID:5LnjU0dS
電車の中で
20代半ばぐらいの男女、話の流れからして中学校の先生っぽかった。

女「でも、最近あの子達ほんとに変わりましたよね。表情良くなったし、頑張ってるもん」
男「やっぱ俺のおかげかな!?(笑)」
女「(ニコッ)うん、そうだと思う」
男「え?……あれ?」
女「?」
男「いや…珍しいね?なんか…いつもは『いやいや』とか『バッカじゃないの』とか言うのに」
女「たまには私だってほんとのこと言いますよ」
男「……あー…」
女「…何、否定してほしかったの?」
男「…うん、何か…否定してくんないと…リズムが狂う。自分の中の」
女「なにそれ(笑)」
男「(笑)」


その後は女の方は普通にニコニコしてただけだったけど、男がドギマギしてた。でも嬉しそうだった。
付き合ってる感じではなかったけど、なんか二人の間の空気があったかい感じだった。
自分もああいう風にさらっと人を誉められたらなぁ…


「お爺さんとお婆さんが…」と“桃太郎”らしかったが、桃から出てきたのが何故か女の子。

231 名前:ななしのいるせいかつ[] 投稿日:2009/04/18(土) 15:30:30
ワロタというべきかむしろ感心した話。
ついさっきツレとファミレスでダベっていると、隣の席にいた親子連れのお父さんが、
子供にせがまれたのか静かに昔話をしていたのだが
その中身がどうもおかしい。
出だしは「お爺さんとお婆さんが…」と“桃太郎”らしかったが、桃から出てきたのが何故か女の子。
で、一気に十数年が経過したところから事態は急転。以下にあらまし
(実際は子供にわかりやすい言葉で話してた)を記すと
『人間が生まれるはるか昔、神との戦いに敗れて南極の地下深く眠りに就いていた“あくまぞく”が
目覚め人類を滅ぼして地球を支配するべく魔王は尖兵として勇者“あもん”を遣わした。
が、あもんは“桃姫”に惚れてしまい翻心、加勢にきた親友達“しれいぬ”“かいむ”“じんめん”を
説き伏せ南極に戻って魔王を説得するも失敗、処刑されそうになるところを辛くも脱出
その後、実は神の娘であることが判明した桃姫と合流し、かつて神が悪魔族を封印するのに
使った“星の玉”を求めて裏切り者として追われながら旅をする』
という壮大な内容に改変されていた。
注文していたのがカレーだったからか、あもん一行がインドに渡り、じんめんがカレーを食べて
『こいつはかれーぜ』という所まで聞いた。


    読者登録
    LINE読者登録QRコード
    つぶやき
    みんなありがとう(*´∀`)



    RSSなど結構むちゃくちゃになってたのでご迷惑かけた方すみません。
    また、ウチ抜けてるぞ!とかアクセス来なくなった!って方はご連絡くださいね。
    外したわけではなくたぶんミスってます。。。
    相互ご希望の方もどうぞ~
    ツイッター・メールどちらでも結構です。
    ちょいと手直し
    2021/11/1
    管理人A




    ついったーでほんわかMkⅡ

    リンクとかの事はこちらに
    あばうとほんわかMk2



    まとめサイトさま最新

    あんてなさま最新
    最新コメント
    アクセス



    あんてなさん


    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    スポンサードリンク
    • ライブドアブログ