ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

不思議



祖母はとてもハイカラな人で、洋服をデザインするアトリエに勤めながら

200 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:2001/02/28(水) 02:17
みなさん亡くなられた祖父母とのいいお話があるんですねぇ

私も祖母とのとっておきの話があり、いい思い出として人には話さないようにしていたのですが
このスレが良い感じなので書かせていただきますね。

当時小学生だった私はひとつ下の妹と両親、そして祖母の5人で住んでいました。
祖母はとてもハイカラな人で、洋服をデザインするアトリエに勤めながら、おしゃれをしては銀座を闊歩
するのが趣味でした。食べるものも、ドーナッツやファーストフードが大好きで、祖母と一緒に出かけると
いつもハンバーガーをごちそうしてくれました。

祖母は家族の誰よりも元気そうに見えたのに病に倒れ緊急入院、そして数ヶ月の闘病の後、亡くなりました。
あっという間の出来事のような気がします。


201 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:2001/02/28(水) 02:17
祖母が亡くなってから数日後に、私は夢をみました。
真っ白いところに真っ白い服を着た祖母がニコニコしながら立っていました。そして、私と妹にこう言うのです。
「私はあっという間に死んでしまったから、おまえたちに何も残してあげられなかったのが何よりも残念なの。
さぁ、欲しいものをいってごらん。」と・・・。

となりにいた妹は即座に「ぬいぐるみのクマさんが欲しい!」と言うのですが、祖母は「そんなんじゃ大人に
なってから役にはたたないじゃないか。もっと一生大切にしてもらえるものを残したいんだよ。」と答えました。

で、ちょっと記憶が曖昧になるのですが、最終的にデパートかどこかの宝石売り場に行って、あれこれと選ぶ
ところで夢が終わりました。


202 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:2001/02/28(水) 02:18
次の朝、朝食の時間に母に「今日、こんな夢をみちゃった」と話を始めると、母の動きがとまり神妙な顔つきに
なったのです。そして一言「やっぱりあれは・・・」というのです。
気になったので話を聞くと、祖母が亡くなってからまわりの遺品を整理しているときにタンスの中から小さな箱が
二つでてきたそうです。
開けてみると、まったくおなじ真珠のネックレスがはいっており、しかも値段はついていないものの使った形跡が
みられないとのこと(つまり、ブランドのタグとかはつきっぱなしだったようです)。
またデザインが老人用というよりは、若い人向けのデザイン(シンプルなプラチナのチェーンに一粒の真珠がついて
いるものです)だったので、もしかしたら私たちにあげるつもりで祖母が用意していたものかもしれない、、、と
母は話してくれました。

偶然だったのかもしれませんが、私には祖母からのメッセージのように思えて、今でもこのネックレスを使うときは
祖母のことを思い出します。

いつのまにかうとうとしていたらしい。男の人がどなる声を聞いた。

198 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage ] 投稿日:2001/02/28(水) 01:31
小さいときかぎっ子だった私は、小学校からまっすぐ祖母の家に
行って、パート帰りの母に迎えに来てもらって母と一緒に祖母の家の
隣の自分の家に帰る毎日だった。
その日は冬の寒い日で、いつものように祖母の家に行ったけど祖母は
いなくて、田舎だからかぎも掛けてないしそのままあがりこんで
茶の間のこたつに入っていた。
いつのまにかうとうとしていたらしい。男の人がどなる声を聞いた。
「おいっ!!」 …お客さんかな、でも何か聞いたことあるような…
ぼんやりと思ったけど眠い。居留守をつかおうとしたところ、
もう一度、どなられてふらふらと玄関に出た。その後の記憶がない。

気が付いたときは心配そうな祖母と母がわたしの顔を覗き込んでた。
祖母は買い物先の店で友人に会い、ちょっとした用事があってその友人
の家にそのまま出かけていたらしい。帰ってきたら私が玄関に倒れて
いたそうだ。私は小さくて気がつかなかったけど、こたつの部屋には
火鉢があってまだ火が残っていたそうで、もしそのまま部屋にいたら
中毒になっていただろうという事だった。
そして、私は思い出した。どなり声が一年前に亡くなった祖父の
声に似ていた事に。いつもにこにこ穏やかに笑っていた祖父だから
怒鳴り声を聞いた事がなかった。祖父が助けてくれたんだと思う。

https://piza.5ch.net/test/read.cgi/occult/981981363/

父が亡くなった日は母の日。

305 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:2001/06/02(土) 22:27
うちの父親の話を。

父が亡くなった日は母の日。
その日は、母はちかくに住む祖母の所に行っていて、
父は朝から孫である私の姪っ子と遊んでいて。
家の掃除をしていた妹に「母さんに花を買ってきてくれ」と頼んだ。
ちょっとその花の名前を今ド忘れしちゃったけれど、
結婚式の時母がブーケにした、母の好きな花だったらしい。
いつもなら、妹は父と喧嘩ばかりしていたけど、この日に限っては
そんな事もなく、快く花束を買ってきて帰宅した母に「お父さんから」と渡して。
そして、父親は近くに住む兄弟の家に出かけていって。夜の22時頃。
夜23時半頃、上京して一人暮らしの私は友人とファミリーレストランに行って食事をしていた。
なぜだかやたらと喉が渇いて、アイスコーヒーばかり6杯くらいおかわりして、
丁度「来月父の日だけどなにあげたらいいかなぁ」と話していたら、妹から父の訃報が。
死因は、車が車道をそれ川に転落しての溺死。
後々思うと、虫の知らせだったのかなぁ、と。

後日談。実家に帰った時、室内ジャングルジムで姪を遊ばせていた時。
姪っ子が突然「あ!爺ちゃんがいるよ!」と。
どこにいるの、と聞くと前方の襖を指差して「にこにこしてるよ」と。
ごめんお父さん、ちょっと怖かった(^^;

休みの日の朝、父が私を起こしにベッドのわきまでやって来た。

194 本当にあった怖い名無し [sage] 2013/04/11(木) 20:05:38.29 ID:RgxbqGxH0 Be:
爆笑って程じゃないけど、ちょっと身内で笑えた話

休みの日の朝、父が私を起こしにベッドのわきまでやって来た。
よく突発的に家族でドライブに出掛ける家だったので、誘いに来てくれたのかな?と思った。
…と言う夢を見た。
起きてから冷静になって考えると、今は独り暮らし。当然父は実家に居る。
しかしいやにリアルな夢で、起きてからも「さっきまでそこに居たんじゃないか」と思える程だった。

後々母に連絡してみると、その時丁度(私)の家までドライブしない?と話していたそうだ。
独り暮らしを始めて日が浅かったので、特に父は心配だから見に行こうかとそわそわしていたらしい。
父はよっぽど(私)が心配だったんだねと笑いあった。

ちなみに母の存在は全く感じなかった。

叔父さんが亡くなってもうすぐ4年経ちます。 暖かくなったらお墓参りに行こうかな。

190 名前:名無しさん[] 投稿日:2001/02/27(火) 16:38
実家の父は幼い頃に父親を亡くし、年が16も離れた一番上のお兄さんが
父親代わりでした。そのお兄さん(私にとっては叔父さん)は自分の子供も
孫もみんな男だったので、私が生まれた時はそれはそれは可愛がってくれました。
私が20歳になった時も着物姿を写真に撮ってくれたり、元気がないと心配して
くれたり、本当に二人父親がいるような感じで育ったんです。
4年前の妹の結婚式ではよっぽどうれしかったのか、最後に余興で挨拶をしたのも叔父でした。
そしてその式からたった2週間後、叔父さんはレジャー先で倒れあっけなく亡くなってしまいました。
その日私は二ヶ月後に控えた結婚式のためにウエディングドレスを選びに行っていたんです。
叔父さんもどんなにか幸せな私の姿が見たかったでしょう。その知らせを聞いて慌てて駆けつけた
私と同じ時刻に叔父さんは亡骸で家に帰ってきました。
もう悲しくて悲しくて声をあげて涙が枯れるほど泣きました。
お通夜が終わり、家に帰ってきてソファーでうたた寝をしていた時です。
誰かが私の前に立った気配を感じました(私は霊感があります)。
そして「○○ちゃん(私です)、本当は死にたくなかったんだよ。
本当は死にたくなかったんだよ。でも仕方ないよね」という声が聞こえました。
叔父です。
最期のお別れに来てくれたのでしょう。悲しかったけど、叔父は私の所へ来てくれた
そう分かっただけでちょっと悲しみが癒された思いがしました。
それから半年後・・
叔父さんの妻(叔母さん)と一緒に叔父さんが可愛がっていた犬も連れてお墓参り
に出かけました。
叔父さんはきっと犬に会いたいだろうと思って連れていったんです。
お参りも終わり「じゃあそろそろ帰るね」と言ってお墓をちょっと離れた所で
振り返った時、墓石に人の顔が浮き出ていました。叔母さんも確認しています。
「ああ、きっと叔父さんがありがとうって言ってるんだね」と二人で話しました。
叔父さんが亡くなってもうすぐ4年経ちます。
暖かくなったらお墓参りに行こうかな。

長い文章で失礼致しました。
素敵なスレッドを作ってくれた1さんに感謝します。
では。

退院したら一緒にカニを食べよう

180 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:2001/02/27(火) 02:15
私の祖母は昔から霊感の強い、いわゆる「よく見てしまう人」です。
そんな祖母は二十年くらい前までホームヘルパーの仕事をしていました。
独り暮らしのお年寄りの家に行って、買い物や掃除・洗濯などを手伝ってい
ました。
そんなある日、祖母が担当していたおじいさんが体調を崩し、病院に入院す
る事になりました。そのおじいさんは、勤務時間外にしょっちゅう見舞いに
来てくれてなにくれと世話を焼いてくれた祖母にとても感謝していたそうで、
退院したら一緒にカニを食べようと口癖のように言ってたそうです。
しかし、その約束は果たされる事なく、何カ月か経って、おじいさんは回復
することなく亡くなってしまわれました。
それから何週間か経って、祖母は夜中にふと眼が覚めました。暗い部屋の中に
誰かがいる気配がする。「ああ、出たな」と思ったそうです。祖母は子供の頃
からよく霊体験をして馴れてはいますが、怖い物は怖い。
震えながら闇の中に目を凝らしていると、例の亡くなったおじいさんがそこに
立っていました。手に何か持って前に突き出しているようです。
「○○さん、カニ…」
とそのおじいさんの幽霊はつぶやきました。手に持っているのはなんと毛ガニ
でした。
祖母は「分かったよ。ちゃんと約束守って来てくれたんだね。ありがとう。も
ういいんだよ」と必死におじいさんの幽霊に言い聞かせました。しばらくして
幽霊は消えてしまったそうです。
「律儀なおじいさんだったからねえ」
と笑いながら語ってくれた祖母は今も元気に老後生活を楽しんでいます。
もし自分が死んだら、まっさきに孫の私の所に幽霊で会いに来るそうです。
ばーちゃん長生きしてくれよ。


母方の祖母の臨終の際に立ち会った

172 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:2001/02/26(月) 02:58
俺がまだ小学校だった頃の話。
母方の祖母の臨終の際に立ち会ったんだけど、うわ言を口にしながら、
病院のベッドの上で苦しんでいる祖母をじっと見ていたら、突然、
スー・・ハー・・・って深呼吸をして、一瞬表情も和らいだんだ。
母親含め、親戚一同が祖母の様子に注目していたら、ちょっと笑った
ような表情で、
「ほら、お爺さんが迎えにきてくれたよ。だから泣くんじゃないよ」
とハッキリそう言った。
それからすぐ、スーーーーっと長い息を吐いて、もう吸わなかった。
みんな驚いたけど、葬儀が終わるまでみんな取り乱さないで祖母を
見送ることが出来た。

自分のお葬式の場面を夢で見たことがあります。

302 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:2001/06/01(金) 09:05
私は自分のお葬式の場面を夢で見たことがあります。
場所はすごく天井が高い教会のようにところ。よく死ぬ瞬間に
生前の思い出がフラッシュバックにように思い出される、と言いますが
それと同じ感じで生きていた間に出会った人々、みんなが
二階のバルコニーのようなところから自分を見下ろしている。
(だから本当に夢だと思いますが)
確執があった家族や友人達、それでも彼等の顔を見ると
本当に懐かしく「あなた達に会えて本当に良かった、ありがとう」と
感謝の気持ちがあふれてきて涙が出る。
荘厳で美しい音楽が聞こえてくる。音がキラキラと氷の結晶のように
空中で輝いていて本当に美しい。
「ああ、美しい音と光りは同じなんだな」と思いながら
自分もいつしかそれらと一緒になってフワフワと浮かんでいる。
夢でしたが思い出すと本当に幸せな気持ちに満たされます。

ここのスレッド内容とズレるかな、と思いましたが
お葬式の話しが続いたので「お葬式で本人がとっても幸せだ、と
思ってる場合もあるかもね」と思ったので書いてみました。

15歳になるその猫は、家族中の愛情を受けて暮らしていました。

170 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:2001/02/26(月) 01:29
霊体験でも実体験でもないけれど、動物好きの友人から聞いた話です。

15歳になるその猫は、家族中の愛情を受けて暮らしていました。
非常に賢く、まるで人の言葉が解るような猫だったそうです。
特にその家のおばあちゃんに良くなついていて、寝るときはいつも一緒
起きているときはいつもおばあちゃんの膝の上。
ところがある日、急におばあちゃんが倒れ病院に運ばれましたが
様態は回復することなくそのままお亡くなりに...
家族の人が猫に向かって「おばあちゃん死んじゃったよ..」と言うと
その猫は目から大粒の涙をポロポロとこぼし
お通夜の間一晩中、遺体のそばから離れなかったそうです。

太陽って絵で描くと、赤って誰が決めたのかしら?

549 陽気な名無しさん 2016/07/31(日) 22:03:30 yms+ZmrC0
太陽って絵で描くと、赤って誰が決めたのかしら?
あたし、黄色で描いたら、親に違うって言われたのよね。


552 陽気な名無しさん sage 2016/07/31(日) 22:26:32 RWZQhX9Z0
>>549
あんた!あたしもよ!
あたしは隣の席の子に言われたのよ
でも赤じゃない、黄色いじゃないって言ったらそいつ「みんな赤で描いてる」とぬかしたのよ
テメーの頭で考えないタイプね

因みに昼間の太陽を日本は赤、欧米では黄色で描く子供がそれぞれの多数派なんだと前に聞いたことがあるわ


557 陽気な名無しさん sage 2016/07/31(日) 22:48:56 SpdU80ZW0
日の丸文化じゃないかしら

デビットカッパーフィールド サイババ 宜保愛子 この3人はインチキじゃないわよね?

971 陽気な名無しさん 2018/04/01(日) 00:15:05.31 n0jncN9e0.net
デビットカッパーフィールド
サイババ
宜保愛子

この3人はインチキじゃないわよね?


972 陽気な名無しさん sage 2018/04/01(日) 00:22:43.51 u1l8+Tdv0.net
>>971
何をもってインチキというかによると思うわ……
宜保さんは霊能力が本当かどうかより、
「亡くなったお父さんはあなたたち家族のことをずっと見守っていますよ」
とかいって家族を励ましてみんな泣いてお父さんの死から立ち直るとか
そういうところがあの人の本領だと思ってるわ。

従姉のベッドで寝ていた私の肩を、誰かが揺り動かしたのです。

145 名前:ぐれいとごんざれす[] 投稿日:2001/02/25(日) 04:08
祖母が亡くなった時の事です。
祖母は晩年にはボケてしまい、内孫のことしか口にしなくなってしまったので、
外孫の私は淋しかったのですが。
でも、お通夜の晩にこんな事がありました。
祖母の家は大変広く、翌日葬式を行う予定の部屋は、何部屋分かの襖をとっぱらい、
広大なホールのようにしてありました。そこに布団を敷いて寝ている親戚もあり
ましたが、遠くの部屋で騒いでいる中年オヤジが五月蠅くて、私は明け方近くまで
寝られませんでした。ちなみにこのクソ五月蠅い中年オヤジは、母親を亡くした
ばかりの私の父です。悲しみを紛らわすために、ひときわ高く騒いでいたのです。
あまりのうるささに辟易した私は、伯母に頼んで離れの従姉の部屋で寝かせて
もらう事になりました。従姉の部屋のベッドに入り、すやすやと寝ました。
そしてこんな夢を見たんです。
状況は、まったくもってリアルでした。
夢とは思えないくらいのリアルさでした。
従姉のベッドで寝ていた私の肩を、誰かが揺り動かしたのです。
目を覚ますと、目の前に死んだばかりのおばあちゃんが立っていました。
おばあちゃんは亡くなる間際にはずいぶん小さくなってしまっていた筈なのですが、
私を揺り動かしたおばあちゃんは、10年~15年前の、まだ元気だった頃の
姿でした。


146 名前:ぐれいとごんざれす[] 投稿日:2001/02/25(日) 04:09
「もう行かなならんで」
そう言うので、私は眠い目をこすりながら、
「じゃあそこまで送っていくよ」と言いました。
おばあちゃんの背中について従姉の部屋を出た時の、手で障った壁の感触も
覚えています。おばあちゃんの後をついて階段を下りながら、私はおばあちゃんの
背中の服の模様や、布の様子を観察してました。死んだのは肉体の筈なのに、
どうしてこうもリアルな服を着ているのかな~と、妙に冷静な頭で考えて
いました。
玄関の靴を履く自分、おばあちゃんが扉を開けて出ていくのに着いて出た時、
外の空気にふれた気配も、ものすごくリアルに感じていました。
扉を出てほんの数歩行ったところで、
「ここまででいいから。これから先には来ちゃダメだから」と、
おばあちゃんは私を制しました。
そうしておばあちゃんが歩いていった先は、この家の先祖代々の墓場のある
山道です。
その後の記憶はなく、気が付いたら、母親に
「おばあちゃんを焼き場に連れて行くよ」と起こされました。
すっかり朝になっていました。

私の父はそもそもこんな話をしようとも、全く信じるタイプではないのですが、
私がこの夢の話をした時は、しんみりと聴いていました。
それにしても私の父は野暮です。
火葬場へ行く前、棺桶の蓋を閉じる前に、父はおばあちゃんの遺体を写真に
撮りまくっていました(←フィルムが入っていなかったというオチ)。

「おとうさん・・どうしたの?」 「いやな、心配してるかなと思ってよ・・

144 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:2001/02/25(日) 03:55
いい話、ありがとうです。
全然心霊体験ではないんですが、書かせて下さい。

4ヶ月前に父を肺がんで亡くしました。父は医師にガン告知をされ、
その半年後に逝きました。本当に大好きな父でした。
父の病床での心中は、今となっては計り知れませんが、
考えるだけで、つらい思いが蘇ってきます。
しかし1ヶ月前、救われました。
初めて夢に父がでてきたのです。
「おとうさん・・どうしたの?」
「いやな、心配してるかなと思ってよ・・」
「やっぱ、死後の世界ってあるんだ~で、どうなの?」
「あのな、向こうにも人間関係ってのはあるんだ。
 まあ俺も1から出直しだよ。あっちの世界で俺は新入りなんだよ」
「ふ~~ん」

こんな会話を5~6分、夢の中でしたのです。
なぜか私は、あれは本当の父だと確信しました。
理由はないけど信じきれるのです。

丘の上で遊んで、帰り道みんな走り出して、気がついたら取り残 されてて、一人きりになってしまった。

130 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:2001/02/24(土) 00:15
小さい頃、夏休みに母の実家に遊びに行っていとこたちと遊んだ。
近所の小さい丘だったんだけど、みんな男の子でわたしだけが女。
丘の上で遊んで、帰り道みんな走り出して、気がついたら取り残
されてて、一人きりになってしまった。まだ、昼だし、道は1本道
だから迷う事もないし、ゆっくり歩いてた。そしたら向こうから
和服のきれいな女性が歩いていて、すれ違い際ににっこり笑って
すごく優しげに「おおきくなったね」って言った。暫くあるいて
なにか不思議に思って振り返ったら誰もいない。けれど、怖いと
いう思いが全くせず、誰にもその事は話さないでいた。
高校生になった頃、祖母が亡くなった。葬式が終わって暫くした
頃に、母から、母の母親は実は若くして亡くなっており、父親は
すぐに再婚していた事を聞かされた。だから、亡くなった祖母とは
血の繋がりがなかった事を聞かされた。私はその時まで母と祖母が
そのような関係である事は全く知らなかった。
母は大事にしまってある本当の母親である人の写真を見せてくれた。
 小さい頃道ですれ違った女の人が笑ってた。

私が金縛りにあって目だけ動かすと、ベッド の横に祖母がいる。

124 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:2001/02/22(木) 16:54
両親が共働きで祖母に育てられた兄。私は祖母の家に行っただけで大泣きしたので
他の人に預かってもらっていた。祖母は私が小学3年のときに亡くなった。それから
一年ぐらいしたときに、夢を見た。私が金縛りにあって目だけ動かすと、ベッド
の横に祖母がいる。二段ベッドの下で寝てる兄をすごく穏やかな顔でみつめてた。
見守るってこういう感じなんだろうなって思っていたら朝になって母に起こされた。
母は私を起こすなり、
「電気は消して寝なさいって言ってるでしょ!」
と、私をしかった。寝ぼけた私は、
「あ、そうか。電気ついてたからおばあちゃんの顔がみえたんだ。」
と思った。覚醒してから、
「てことは、こりゃ夢じゃねえのか?」
などと思ったが、家族が幽霊否定派だったので話しても怒られる
だけだと思い、夢だと思う事にした。
その事をずっと忘れてたんだけど、十何年後のおととしにふと思い出した。
兄が一流企業に就職が決まった日のおめでとう会で。自分でもなんで
今頃?と思ったけど、とりあえず兄に話してみた。
バカみたいに飲んでた兄が急に真面目な顔になり、
「そっか。ずっと会いたいと思ってたけど、そうやって見守ってくれてたんだな。」
と言って涙ぐんだ。おばあちゃんのこと大好きだったもんね。

たいした事無い話で長々とすみませんでした。

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
Re:ありがとうございます。

励みになります。

私からもありがとう。


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
テスト
てすと
amazon+


ハレ婚。(13) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
なんでここに先生が!? (ヤンマガKCスペシャル)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ