ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

不思議



映像記憶とか言うらしいぞ

840 NHK名無し講座 sage 2019/05/02(木) 22:07:00 Lb0+1+Wn
ワイも小学生の時は計算問題見たら答えが直ぐに分かって
後から式をどう書こうか考えて書いてた
でも式も書かないと点数貰えないってんで答えだけだと減点された
中学以降はその能力は無くなった


907 NHK名無し講座 sage 2019/05/02(木) 22:09:09 7empUQ1S
>>840
それが不思議!何故消えちゃうんだ
因みに自分は小5くらいで算数意味わかんねえ…ってなったが


948 NHK名無し講座 2019/05/02(木) 22:10:20 gGEDdBFA
>>907
映像記憶とか言うらしいぞ
漢字とか単語とか見た瞬間で覚えて
思春期以降消える


少し眠ろうと二階の和室で横になりました。 5,6分してウトウトし始めると、部屋のドアが開いた気がしました。

909 名前:あなたのうしろに名無しさんが…[sage] 投稿日:02/06/28 22:39
今日あった事なんですけど。
 私の職場は母方の本家(伯母夫婦と祖母が住んでる)のすぐ近所にあります。
今日の昼休み、なにげに本家に行って昼食を取りました(普段は職場で食べる)
で、時間もあるので、少し眠ろうと二階の和室で横になりました。
5,6分してウトウトし始めると、部屋のドアが開いた気がしました。
「…○子(私の名前)寝てるねー」と小声で誰か呟き去りました。
するとまた、誰か来ました。誰かは部屋に入り私の寝てる横に近づくと
(ここまで私はウトウトしていたが、意識はおぼろげにあった)
そっと、だれかが優しく私の頭をなで始めたのです。

恐怖は感じず、不思議なくらいスッと心に思い浮かんだのは
撫でているのは伯母でも祖母でもない。
「あーおじいちゃんだ…」

11年も前に亡くなった祖父のように私は感じたのです。
10秒~15秒くらい私の頭を撫で繰り回され、私が徐々に意識がはっきり
するとともにその感触は消えていきました。

 私は元々ウトウト状態の時、奇妙な体験をする事はよくありましたが、
来てる人が誰であるかが、スッと分かったのは今回が初めてでした。
起きた後、祖母や伯母に確認しましたが、もちろん二階には上がってないとの事。

小さい頃人見知りが激しく祖父の所に近づかなかった私。
外孫だったので会う機会も少なかった私。
私が中一の時、亡くなった祖父。
もう私も大人なのに相変わらず頭を撫でてくれる優しかった祖父。
見守られてるなと本当に思った。
今日は仏壇に手を合わせて帰りました。

ありがとうおじいちゃん。
あまり出来のよくない孫だけど、仕事頑張るからね。

https://curry.5ch.net/test/read.cgi/occult/1002357757/

いつかラオウみたいに強くなろうと思う。

934 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2008/11/12(水) 10:48:37 ID:EfDM8HpRO

二年程前、色々な事が重なって死にたいとか考えてた。
精神的に少し病んでたのもあって、霊では無かったかもしれないが、当時は色々見えたし聞こえた。
不眠症のせいなのか、昼間でも金縛りはしょっちゅうあったが、慣れてくると怖さはなくなってた。

ある日、夜中に金縛りにあって何かに首を絞められて声も出なくなった時、ふと「これで楽になれる。」と思ったら急に嬉しくなって、心の中で「ふははははぁーっ!うぬが殺すと言うのか?」「面白い、やってみよ!」
ってラオウっぽく叫んだ。

そしたら急に金縛りが解けて、声が聞こえた。

「いや、自分は担当じゃないんで。」

とても事務的な冷たい声だった。
今でも生きてて良かったってほど上手く生きられてないけど、いつかラオウみたいに強くなろうと思う。


小さい頃、親父は俺が嫌いだった。 物心ついてから小学生の中学年くらいまでは、良い思い出なんて一つもない。

242 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2019/06/10(月) 15:20:57.45 ID:l8njS7dZ
387 :本当にあった怖い名無し :2010/07/08(木) 14:05:50 ID:dnQmckUHO
小さい頃、親父は俺が嫌いだった。
物心ついてから小学生の中学年くらいまでは、良い思い出なんて一つもない。
俺に対して口を開けば嫌味や暴言ばかりで、「お前みたいなカスが俺の子供であるはずがない」が口癖。
友達を作る権利なんてないと言われ、友達を作る事も遊ぶことも禁止。
食事中何か零したり一言でも口を開けば、線香の火を押し付けられベルトで叩かれる。
親父の笑顔なんて一度も見たこと無かったし、連休や休日家族で出かけたり一緒に写真を撮ったこともないし、
学校の行事にも一度だって来てくれた事はなかった。
俺もそんな親父が怖くて、夜や休日は、風呂と食事以外ずっと部屋に閉じこもっていた。
小5~6年の頃の記憶がない。
全くない訳ではないが、家族に関する記憶が一切思い出せない。
中学に入ってからは、親父に怯えた記憶はない所か親父との仲は良好。
連休の度遠出し、休日は家族全員で買い物やドライブに出掛けた。


243 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2019/06/10(月) 15:21:31.38 ID:l8njS7dZ
昨日用事があって実家に帰ったんだが、
突然昔のことを思い出して、親父に嫌味の一つでもと思ったんだ。
昔話の一貫のつもりで話したさ。
そしたら、親父もカーチャンも目真ん丸にしてキョトーン。
はぐらかすなよwと茶化してもキョトーン。
カーチャンに至っては、
「あんなに大事にしてくれた父ちゃんに、なんてこというの!!」とぶちギレる始末。

カーチャンが俺に投げ付けてきた二冊のアルバムには、
俺が生まれたばかりの頃から、高校を出るまでの写真がいくつも貼ってあり、
写真の大半は、親父やカーチャンと写った写真だった。
赤ん坊の俺や園児服の俺を、愛おしそうに微笑みながら抱く親父。
運動会で俺と二人三脚してる親父。
ブカブカの学ランを着た卒業証書を持った俺を肩車する親父。
どれも見覚えがないものだった。

これは何なんだろう。
ただの記憶違いなんだろうか。
もし記憶違いだとしたら、
親父や家族との楽しい思い出が一切頭から消えて、
辛い思い出に書き換えてしまった自分が憎い


2001年の秋 風邪ひいてて寒気がするので、大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。

31 :おさかなくわえた名無しさん :2005/06/27(月) 09:45:58 ID:vLg9Gq2N
2001年の秋
風邪ひいてて寒気がするので、大久保にある病院に行くため西武新宿線のつり革につかまってた。
で、あたまがぐわんぐわんと痛くて、目を閉じて眉間にしわ寄せて耐えてた。
そこで記憶が途絶えて、気がついたら夕方で、あたりは見知らぬ景色。
買ったことない服着てて、髪染めたこともなかったのに茶髪になってた。
パニクって近くのラーメン屋に入って、ここどこと聞いた。大阪市の福島駅の近くで、時間が一年
近く経ってた。ケータイの種類が変わってた。アドレス帳には、「ま」とか「ひ」とか、一文字の
名前で電話番号が10程度あったけど、知り合いや実家の電話番号がない。
俺はなぜだか知らないがその知らない電話番号が恐ろしくて、川に捨てた。警察から実家に連絡した。
向こうもパニクってた。俺に捜索願が出てた。
とにかく、帰って、今もまだ月一で精神病院に通ってる。
仕事は元の会社には帰れないみたいだったので、今は派遣やってる。


え?何??誰かに連れ去られた??と思ってたら ぬいぐるみ持った小さい女の子が来て、「一緒に遊ぼう」って言うの。

622 : おさかなくわえた名無しさん[sage] : 2013/06/25(火) 10:22:00.84 ID:Ev/RzCL1
ハタチの時、朝に庭の水やりをしてて、ホースに足を引っ掛けてしまい
近くにあった植木鉢を置く台?に胸を強くぶつけた。
ものすごく痛くて、声も出なくてうずくまってたらだんだん脂汗が出てきて
ボーっとしてきて意識がなくなったんだけど、気づいたら夕方になってて家の中にいた。
家の中っていっても自分の家じゃなかった。
他人の家の匂いがしてて、私は着たことない部屋着を着て広いリビングのソファに座ってた。

え?え?何??誰かに連れ去られた??と思ってたら
ぬいぐるみ持った小さい女の子が来て、「一緒に遊ぼう」って言うの。
ものすごくびっくりして、でもとりあえず「ママは?」って聞いたら
「ママも一緒に遊びたい」って。
どうしようどうしようって混乱しながら家の人が誰かいないか確かめようと思って
女の子と手を繋いで家の中を歩きまわって、洗面所で鏡みて驚愕した。
私は普通体型でギャルっぽい格好だったのに
髪の毛が黒くてゆるふわみたいなオダンゴしてて、老けて痩せてた。
すごい長いこと鏡見てたと思う。

カレンダー見たら水やりしてた日からちょうど5年経ってた。
その女の子は私の子供だった。
実家に電話したら
「どうしたの?昨日そっちに行ったばっかりなのに」的なこと言われて、
本気で怖くなって受話器放り投げた。
夫らしい人が帰ってきてその日は外食したんだけど、
私の様子が変なせいかすごく気遣われた。
つまり、意識のない間に恋愛して結婚して子供まで産んでたんだけど、
まったく何も覚えてない。

あれから1年とちょっと経つんだけど、まだ普通に生活してます。


ありがとう、このイヤリング大切にするよ。

897 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:02/06/27 17:40
10年間うちにいたわんこが亡くなったんだけど、
その2,3ヶ月前から何故かわんこの顔を見るたびに
「○○ももう10歳かぁ、結構な年齢だなぁ、いつ会えなく
なるかもわからないから、いっぱい可愛がっておこう」って
思って、それまでより念入りに話しかけたりなでたりしてたよ。
わんこが逝った夜、書斎で何ヶ月も前に落としたまま
いくら探しても出てこなかった小さなイヤリングが見付かった。
普通に、書斎の床に落ちてた。
○○は今、我が家の庭の片隅で眠ってる。

○○ありがとう、このイヤリング大切にするよ。


車の掃除を軽くしてて、後部座席下のマットをパンパンする 為、剥がそうとしたら、百円玉が一個出てきた。

911 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/04 17:57 ID:UXIM4ZH6
ついさっき車の掃除を軽くしてて、後部座席下のマットをパンパンする
為、剥がそうとしたら、百円玉が一個出てきた。
「ラッキ~」と思いながらその百円玉を握り、ガバッとマットを剥がしたら、
何故か百円玉が一杯落ちてる・・・数えると計9枚。
「なんでこんなにあるんだ?」と疑問に思ったが、「まぁいいや」と
落ちてる百円玉を全部拾った。
が、何気なく見た百円玉の裏の年数が全部"昭和49年"・・・
なんか気持ち悪いから、後で煙草とビールに全部使うつもりでつ。


912 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/04 18:19 ID:900LspQw
>>911
それは危険です、厄払いするので今すぐに漏れにください!


913 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:04/09/04 18:30 ID:UXIM4ZH6
>912
喪前のID凄いなw
とても他人とは思円・・・がしかし、今使いきったばかりだ。残念!

https://that3.5ch.net/test/read.cgi/gline/1094036120/

金魚をたくさん飼ってたけれど一度に全滅したことがある(池で)

888 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:02/06/26 20:09
金魚をたくさん飼ってたけれど一度に全滅したことがある(池で)
それが不思議な話しで、
今は、もう亡くなった祖母が、大病をしてもう危ないと医者から見離されそうだったんだけれど
寝てる枕もとを、金魚が泳ぐ幻が見えるって言い出したんだ
そしたら、次の日、朝起きたら金魚が全滅してた
その日から、祖母が回復に向かって
すぐ元気になったんだ
金魚が病気を持っていってくれたとしか思えない現象だった
これ本当の話しだよ
だからペットって大事だね


夢の中の時計と同じだった。 じいちゃんがずっと愛用していたもの。

876 名前:お前名無しだろ[sage] 投稿日:02/06/23 23:51
プ板住人です。
トーナメント板に書きこんだやつのコピペです。
見た人は、ゴメンナサイ

小さいころ、いろいろあって、俺はずっと、祖母に預けられて育った。
祖母も忙しい人で(一応、当時社長だったし(w)よく、本家に預けられたんだけど
そこのじいちゃんには、とにかくかわいがられた。
保育園あがる前から小学校くらいまでかな?
ある程度、いろいろ落ちついて、親と暮らすようになってずっと、疎遠になってた。
年始のご挨拶程度になってた。

小学校6年のとき、その本家のじいちゃんが突然夢に出て
「お前は、○○家の最後の一人だから、お前に、時計をやる。
枕元にあるから持って行きなさい。」
っていわれて・・・

翌日、本家のじいちゃんが死んだ。
おれは、何も知らされていなくて、突然の出来事であぜんとした。
涙って意外と出ないものだって思った。
親に言われたとおり?本家のおばさんに挨拶すると
「○○君。これ、持っておいて」
といわれて、時計を渡された。
「死ぬ間際に”枕元の時計は○○にやる。”って。遺言だから受けとって」
夢の中の時計と同じだった。
じいちゃんがずっと愛用していたもの。
狂ったように泣いた。それまでの平然とした態度が嘘のように。


のちのちに聞いた話として
うちの本家はおばさんが養子を取ったんだけど、子供が出来ず、養子をもらってたらしい。
だから、俺は最後の一人・・・

霊かどうか、わからないけど、俺はあの本家のじいちゃんには愛されてると思った。

文章下手でスマンカッタ


学生の時、爺さんが末期癌でこの世を去った。

857 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:02/06/20 16:48
学生の時、爺さんが末期癌でこの世を去った。
悲しかった。ただ、葬式では泣かなかった。泣けなかった。
「人前で泣くな」が、爺さんの教えだったから。

数日後、母から思わぬ話を聞いた。
「爺さんは、あんたにキツく接していたけど、実は一番可愛がられていたのはあんたなんだよ」と。
「爺さんが肩車したのは、子供・孫の中であんただけだったんだから」と。
この話を聞いた時、物凄い後悔をした。
なんでもっと孝行出来なかったんだと、自分を責めた。
ただ、泣くことはしなかった。

さらに数日後、交通事故にあった。
自転車 対 自動車(自分が自転車)で、自分は10メートル近く吹っ飛ばされた。
しかし、地面に激突する、という時に、凄い力で自分の体が支えられた。
大事故だというのに、すり傷程度で済んでいた。

何かの気配を感じ、顔を上げた・・・。
爺さんだった。生前には見たことも無い優しい笑顔で、こっちを見ていた。

守られている・・・と言うのが分かった時、涙が止まらなかった。止めれなかった。
爺さんに心の中で謝った。
「出来の悪い孫でごめん・・・泣いちゃったよ」
爺さんは優しい笑顔のままだった・・・・。


爺さんが、俺の夢か幻でなければ、全て実話です。


太平洋戦争当時、彼は飛行機乗りだった。

817 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:02/06/03 21:37
人から聞いた話。ガイシュツだったらスマソ

太平洋戦争当時、彼は飛行機乗りだった。
海上で敵戦闘機との交戦がはじまり、彼は必死で戦った。
気がつけば周りの友軍機は次々と撃墜され、ついには自分ひとりになる。
彼はなんとか雲の中へと逃げ込み、敵の追撃をまぬがれた。
しかし雲から出てみれば自分の現在地がよくわからない、必死でまわりを
見渡すと、さきほど撃墜されたはずの友軍機ががいる。「よくも、無事で」と
思っていると「こっちだ」といわんばかりに友軍機は旋回を始めた。
その友軍機に付いていくと間もなく飛行場が見え始めた。
着陸しようと機の体制を変えているとと、さっきまでいた友軍機がいない事に気付く。
変に思ったものの、ひとまづ着陸を終えた。それからしばらく
さきほどの友軍機の着陸をまつが、降りてこない。不思議に思い、近くにいた整備兵に
尋ねて見ると、彼以外に先にも後にも誰も帰還していない事を聞かされる。
それから何日か後に彼のいた飛行隊は彼以外は全員戦死したとの報告をうけた。


ウォーキングデッドって作中で何年も経ってるのにまだ新鮮なゾンビ沢山いるの不思議

571 名前:名無しさん必死だな (ワッチョイW 9e2d-uiPl [223.133.67.156])[sage] 投稿日:2019/04/15(月) 20:21:34.41 ID:p0nUufCi0
ウォーキングデッドって作中で何年も経ってるのにまだ新鮮なゾンビ沢山いるの不思議(´・ω・`)


579 名前:名無しさん必死だな (ワッチョイWW b7f3-OlUL [14.8.43.96])[sage] 投稿日:2019/04/15(月) 20:22:46.85 ID:+rDL3l/t0 [6/7]
>>571
ガソリンがなぜ枯渇しないのか(´・ω・`)

582 名前:名無しさん必死だな (ワッチョイWW cf41-5/0E [182.166.221.195])[sage] 投稿日:2019/04/15(月) 20:23:36.21 ID:2pXjtWTS0 [17/40]
>>579
ガソリン、置いといたら増えるらしいね(´・ω・`)

588 名前:名無しさん必死だな (ワッチョイWW 52fd-D+Sx [59.84.202.237])[sage] 投稿日:2019/04/15(月) 20:24:24.67 ID:ATQ6Acpg0 [3/3]
>>579
バッテリーもあんな長い事休眠状態でも上がらないもんなの?


586 名前:名無しさん必死だな (ワッチョイ c235-yqpC [101.128.167.179])[sage] 投稿日:2019/04/15(月) 20:23:47.49 ID:1j/4bVva0 [6/8]
>>571
なぜデブは痩せないのか(´・ω・`)


596 名前:名無しさん必死だな (スプッッ Sdaa-ZaYN [183.74.192.75])[] 投稿日:2019/04/15(月) 20:25:29.16 ID:/JHcnJsNd [6/8]
>>571
ファンタージなのでゾンビはいつまでも永久に活動するし
人間が死ぬと全員ゾンビになる設定なので永遠に居なくはならないんじゃね


俺は高校を出てから一人暮らしを始めて、実家にはたまにしか帰りませんでした。

781 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:02/05/21 10:57
不思議・・・かどうかわかりませんが。

俺は高校を出てから一人暮らしを始めて、実家にはたまにしか帰りませんでした。
27歳の時、婆ちゃんに電話して、『1月2日には帰るから。』と言っていたの
ですが、1月2日に友達と遊んでいて帰るのがメンドくさくなっていました。
その時、普段旅行なんぞ絶対に行きたがらない友達が、
『どこか旅行でも行きたいねぇ』等と言うのでびっくりしたんですが、俺の親類に
旅館を経営している人がいるので、それを話すと『いいねぇ!』ということになり、
予約を入れようと思ったんですが、電話番号がわからない。

そうだ!実家の婆ちゃんなら知っている!

そう思った俺は婆ちゃんに、1月2日(今日)は実家に帰らない事と、旅館を経営
している親類の電話番号を教えてくれという電話をしました。
婆ちゃんは寂しそうに『帰らないのかい・・・』って言っていたので申し訳なく
思ったんですが、又今度帰ればいいやぐらいに考えていました。

その日の夜、婆ちゃんは心臓発作で亡くなりました。
最後に会話したのは俺でした。


782 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:02/05/21 10:57
>>781の続きです。

何日もずっと自分を責めました。その日に俺が実家に帰っていれば婆ちゃんが亡く
なることは無かったかもしれない。
婆ちゃんのつくった『ぜんざい』(おしるこのようなもの)を食べることはもう
できない。

葬式が終わって2週間ぐらいした後、夢に婆ちゃんが出てきました。
何も言わず、ニコニコと笑っているだけでした。

1年ぐらい経った後、霊能者の方に見てもらったことがあり、その時、
『あなたにはお婆ちゃんがついている』と言われました。
『あなたはすぐに無茶な事をしたりするので心配してるわよ』とも。
散々心配かけた挙句、看取ってあげることもできなかった婆ちゃんがついてくれて
いる。本当に嬉しかった。

そんな俺も、この前子供が生まれました。
大好きだった婆ちゃんから1字もらいました。

心霊現象じゃないですね・・・ 長文スマソ


葬式の日の晩、母方の実家で親戚が集まってご飯を食べていました。

771 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:02/05/16 15:32
小学5年のとき、母方の祖父が病死しました。
私の家族は母の実家から少し離れた所に住んでいたので、最期を看取る事は
出来なかったのですが、死顔が穏やかだったのは今でも覚えています。
葬式の日の晩、母方の実家で親戚が集まってご飯を食べていました。
私はご飯を食べ終わったあと席を立ち、親戚達がご飯を食べている居間が
見渡せる階段に座りました(その家で私の一番のお気に入りの場所だったもので)

祖父の思い出話などをしている親戚をぼーっと眺めていると、ふと後ろに誰か立って
いるような気配を感じました。
私が座っていたのは下から5~6段目。気配を感じるのはもっと上の方の段からでした。
しかし、2階に上っていった人は誰もいないのです。全員居間にいるのですから。

その時、私はごくごく自然に
「あ、おじいちゃんだ」と思いました。
何故だかはわかりません。ただそうだとしか思えなかったのです。
恐怖感などは全くありませんでした。むしろその逆で、何だか嬉しかったくらいです。
あとで母にその話をすると、
「おばあちゃんのことが心配だったのかな…でも嬉しいね、
いつも見ていてくれてるんだよ」と言いました。

霊感など全く無い私が、唯一それっぽい体験をした話でした。
長文スマソ。


読者登録
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ