ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報

ヘッドライン

イイ人ヤサシイ人



おばさんが見つからなくて大きなケーキをもらえるよりも

851 名前:おさかなくわえた名無しさん[aa] 投稿日:2001/08/16(木) 17:49
>>839書いたものですが、忘れていた話をもう一つ。

電車で降り遅れたおばさんの荷物がドアに挟まった。
ホームから引っ張ってバッグは取れたが
ビニール袋に入った大き目の箱は車内に残ってドアに挟まれたまま発車。
おばさんは笑いながら「中の方もらってくださいーーー」と叫んでいる。

ドアの前にいた私はとりあえず荷物をドアから外した。
中身はなんと誕生日のデコレーションケーキ。
同じ車両にまじめそうな私立の女子中学生数人乗っていたが
みな私がもらっていいんじゃないかと言ってくれた。

「前の駅に戻って届けようかと思うが用事があって時間がないし
 かといって一人暮らしの私は食べ切れないから、
 貴方たちみんなでもらってくれる?」と中学生グループに差し出した。

中学生たちは受け取ったものの、相談して二人の女の子が立ち上がり
時間が大丈夫な子が次の駅で戻って届けると言う。
都内のJRで電車は5分に1本は来るし、きっともういないと思うので
「ケーキも崩れてるのわかってると思うからもういないかもしれないよ」と言ったが
「もしかしたらと言うこともあるから、一応行ってみます。
 定期が利くから駅前のケーキ屋とか探してみて、
 見つからなかったらその時はいただきますから。」
と言うと電車を降りて走って向かい側の電車に乗り込んでいった。

残った女の子たちは「会えるといいねー。」「子供の誕生日かな」
などとやさしい気遣いが感じられる会話で盛り上がっている。
他に客は少なく人の目がほとんどないのに
行動を起こした子と会える事に期待する残った子に感激。
あの子達は、おばさんが見つからなくて大きなケーキをもらえるよりも
手渡せた方がずっとうれしいんだろうな。


852 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2001/08/16(木) 22:12
>>851
ぐおー ちゃんとオバーチャンに会えたか気になる~
会っててほしいネ


初めての海外旅行、あれこれトランクに詰めかなり重くなった

869 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/06/21 08:57 ID:xsEBtt+t
初めての海外旅行、あれこれトランクに詰めかなり重くなった
トランクを持って父と二人電車に乗るため階段を下りていると
一人の男性が「手伝いましょうか?」と声をかけてくださったのですが
「大丈夫です、ありがとうございます」と言うと「いえいえ」といい
階段を下りるまで見守って下さいました。その後、乗り換えのため
駅の構内をトランクを引きずりながら歩いていると、背の高い
やさしそうな白人のおじさんと目が合い二十歳の私に、小さい子を
見るような目でニコッと微笑んできました。
なんだか恥ずかしくなってしまい、小走りで父を追い階段の前で
「せーのっ」と荷物を運ぼうとしたら、手が軽い・・すると
さっきの白人男性が何も言わず私の荷物を運んでくださいました。
突然の出来事にオロオロしてしまい、日本語で「どうもありがとう
ございました」とお辞儀をすると頭をなで、行ってしまいました。

あの時のお兄さんとおじさん、本当にどうもありがとうございました。
とてもうれしかったです。長文ごめんなさい。


870 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:03/06/21(土) 19:16 ID:zQbM7uS9
>>869
ワラタ、そして良い話だ。
日本人って幼く見えるらしいので
白人男性の目には869が本当に子供に見えてたのかも。

私は28歳だけど、アメリカ旅行中、15歳くらいに間違われたよ。
買い物してたとき、どれを買おうか悩んでたら
通りすがりのおばさんが色々助けてくれた。
「こっちのメーカーは安いけどあっというまに壊れちゃうよ。
こっちは高いけど、長く使えるし、とても便利。
棚に手が届かないなら取ってあげるよ」
始めてのおつかいよろしく、まさに手取り足取りといった感じ。
日本じゃ年相応なんだがなあ。


成田空港へ初めて人を送って、一人で帰ろうとしていたとき。

847 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2001/08/16(木) 07:47
成田空港へ初めて人を送って、一人で帰ろうとしていたとき。後もう少しで高速を降りれると
いうところで迷子になり、全然知らないところへ出てしまった。どうやって高速に
戻るかも分からなくて半べそかいてた。
わき道に車を止めていたら、近くにバイクに乗ってるお兄ちゃんが見えたので、
「すみませーん!」と助けを求めた。すると、地図を見ながら「ああ、ここへ行きたい
のに、ここに出ちゃったんですね。」高速への戻り方を聞いたら、「そんなに遠く
じゃないから、ついて来て下さい」と、10分ぐらいも、知ってる道へ出るまで
ナビゲートしてくれた。
赤信号で止まっているときにクラクションを鳴らし、お礼を叫んだ。
ちゃんとお礼をしたかったよお。


家族からは迷うので絶対に人に聞きなさいと口すっぱく いわれてきたそうだ。

844 名前:おさかなくわえた名無しさん[123] 投稿日:2001/08/16(木) 00:40
先日ある駅で
ホームから改札まで歩いている最中に、
あるお婆さんから○○駅に行くにはどうしたら良いか聞かれた。
田舎から孫娘に会うべく都会にでてきたらしいが
家族からは迷うので絶対に人に聞きなさいと口すっぱく
いわれてきたそうだ。

俺もそこへのルートは自信がなかったので
「じゃあとりあえず改札の駅員さんのところまで一緒に行きましょう」
とお婆さんの華奢な肩を抱きながら駅員さんに確かめに行った。
ルートを確認して乗らなければいけないホームまで連れていき
「快速には乗らずに普通にのって4つ目の駅です」と伝えた。
「おにいちゃんはここで乗り換え?」
ときかれたがその駅で降りる用があったので「いや僕はここで・・」
といったら「まあまあ本当にすみません。」と
深深と会釈された。
「気をつけて行ってください」とお婆さんに声をかけ分かれた。
自分としては人に道を尋ねられてここまでやったことは無かったので
不慣れで、人に親切な事をしている自分に対するテレと恥ずかしさで
どうしようもなかったなあ。^^
無事ついて孫娘と再開できただろうか?
駅で小柄なお婆さんを見るといつも思い出す。



大学時代に交通警備のバイトをしていたときのこと。

831 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2001/08/15(水) 05:46
大学時代に交通警備のバイトをしていたときのこと。
その日は真冬なのに外で一晩中ぼうっと立っているという仕事だった。
疲れがピークに達しそして寒さもピークに達した早朝のこと。
犬を連れたお姉さんがとおりかかった。
「おはようございます。ごくろうさまです」
その一言で一気に気分が明るくなった。
しばらくしてお姉さんが温かいコーヒーを買ってきてくれた。
なぜか泣きそうになった。疲れがピークに達しているときの親切はまじで効きすぎる。



高校の頃、ボケたうちのおじい ちゃんがいつのまにか家を出てしまい、行方不明になってしまいました。

824 名前:おさかなくわえた名無しさん [] 投稿日:2001/08/11(土) 22:21
もう亡くなってしまったけど、私が高校の頃、ボケたうちのおじい
ちゃんがいつのまにか家を出てしまい、行方不明になってしまいました。
近所の人や親戚がおじいちゃんが行きそうな所を手分けして
探してくれました。しかし、5時間ほどたってもみつからず、
めったに降らないのに、その日に限って雪が降ってきて
とうとう警察に行きました。警察の方は「10時(夜の)になっても
みつからなければ、山狩りをします。」と言いました。
そしてとうとう見つからず、も1度警察に言ったらすでに
20名程の山狩りの方が勢ぞろいしていました。
その日、夜勤の人数が少ないので、日勤で家に帰った人達をわざわざ
集めての体制でした。そして、「今から山狩りを始めます。」って
時に、あるお寺の中でおじいちゃんがみつかりました。
集まって下さった方にとても悪くてひたすら「御迷惑かけてすみません
でした。」と誤っていたら皆さんが「おじいちゃんみつかって
よかったです。何も起こらなかったのが一番ですから。」と言って
くれました。
それまで警察はエラそうなイメージや、「この時間は俺の働く時間帯と
ちゃうねん!」と思ってられるイメージがあったけど、エラそうな
人ばかりではないねんなー・・・、と思えました。



昼休みに時間が空いたので駅前に停まっている献血車に行った。

787 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2001/08/03(金) 13:23
昼休みに時間が空いたので駅前に停まっている献血車に行った。
茶色の長い髪をクルクルパーマ(なんと呼ぶのか知らない。
アフロを派手にしたようなの)にしている男の子がいた。
献血中に話しかけてくる看護婦さんが時々いるのだが、
「暑いし、夏休みだし、人が来ないし、今日はAB型とO型が足らない」
と聞いたその子は、友達に電話して献血を募りだした。
「携帯使っていいですかぁ?」
「お前O型やったよなぁ、若人はやっぱ献血やで」
「どうせXX(聞き取れず)まで暇やろぅ。ジュースが只やぞ」
それだけなんだけどね、
良かったのよ。



女の子から「こいつは絶対安全」という理由でお部屋にお泊まりに来られた場合の対処法

563 名前:名無しさん必死だな (スッップ Sd33-hWP7 [49.98.157.164 [上級国民]])[] 投稿日:2018/10/02(火) 17:36:07.37 ID:3dqV88hid
一昨日の夜電車が止まって満喫もいっぱいだったため
女の子から「こいつは絶対安全」という理由でお部屋にお泊まりに来られた場合の対処法についてお伺いしたい
僕は相手の期待通り何もしませんでした(´・ω・`#)ナメラレトル


590 名前:名無しさん必死だな (ワッチョイ d127-wb/s [220.105.183.103 [上級国民]])[sage] 投稿日:2018/10/02(火) 17:41:15.65 ID:z821UtVZ0 [18/19]
>>563
人から信頼されるって大事なことだから良いじゃない(´・ω・`)




千葉県公立高校の入試当日、私は2,3人の友達と一緒に 受験校に行くために千葉駅から総武線各駅停車に乗り込んだ。

861 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/06/19 19:13 ID:Pwjm3KT7
4年前の千葉県公立高校の入試当日、私は2,3人の友達と一緒に
受験校に行くために千葉駅から総武線各駅停車に乗り込んだ。
発車するとき、ホームにいた、普段なら「ドアが閉まります。ご注意下さい」と言う駅員さんが
制服姿の中学生である私達に気付き、
「高校受験の受験生は今日の入試、緊張せずに頑張ってきてください!」
と、マイクを使って放送してくれた。
けっこう緊張して引きつった顔をしていた私達はその一言でみんな笑顔になった。
そのおかげか、私達はみんな第1志望の高校に受かることができました。
駅員さんありがとう。今でも受験生を駅で見る度にこのことを思い出し、優しい気持ちになります。




あまり客の来ない閑散としたゲーセンだった。

625 名前:ゲームセンター名無し[] 投稿日:02/02/12 03:43 ID:QhLhAY8T
地元のゲーセンでの話。
あまり客の来ない閑散としたゲーセンだった。
ゲーセンとしては珍しいことに、このゲーセンでは常連同士の交流がほとんどなく、
とうぜんグループも形成されておらず二人組みの常連が二組いるだけだった。
まあせいぜいが「あ、今日はあいつがいるな」と認識している程度。

その常連の中に小学生が一人いた。
コイツはほとんどコミュニケーションをとらない常連の中で唯一の例外で、
常連の間をいったりきたりしてみんなに可愛がられていた。
仮に名前をTとしよう。

ある日の夜10時過ぎ、Tの母親が慌てた様子でゲーセンに入ってきた。
受付の店員に半泣きでいうことには、父親にひどく怒られて夕方に家を出たまま
帰ってこないという。
その日は珍しく常連が10人くらいたまっていた。

そばにいて話を聞いていた常連の一人が、突然店内に響き渡る大声で言った。
 「おーい、常連集合!そっちの人もちょっと聞いて!」
 「Tが家出して帰ってない。誰か知らないか?」
すると、お互い名前もしらない常連が受付の前に全員集まった。

大捜索が始まった。
自転車で近隣を走り回るやつ、仲間に電話してTの服装と特徴を伝え、協力を仰ぐやつ、
とりあえず警察へいこうとするやつ、「見つかったらここに電話して」と
ゲーセン事務所の電話番号を皆に配る店長。
俺は自転車組だった。
一時間後にゲーセンに再集合と取り決め、散った。

今でも信じられない。
お互い顔しか知らなかった連中が、お互いの共通の弟分である
Tのために強固な捜索チームを組んだのだ。

俺はゲーセンからTの自宅方向へ向けて自転車を走らせていた。
11時半、児童公園のベンチで眠っているTを見つけた。
携帯電話からゲーセンに電話を入れ、Tを乗せてそちらにむかった。

ゲーセンの終了時間は11時。
店長は店を閉めていなかった。
電源の落とされた筐体が並ぶゲーセンの中、
まだ帰ってこない自転車組の一部を除き、全員が集まっていた。

このときの一体感と達成感は、孫にまで伝えたい。



遥か昔、俺が中学生のころ。 田舎に住んでて、不良が沢山いた。

848 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:03/06/18 22:22 ID:a4ZHlTO7
遥か昔、俺が中学生のころ。
田舎に住んでて、不良が沢山いた。
貧弱な俺はいじめられっ子で、ある不良二人にいじめられ、金を取られたりしていた。

そんなことが2ヶ月ほど続き、学校に行くのが耐え難い苦痛だった時。
ある先輩が突然俺のクラスにやってきて、俺をベランダに呼び出した。
「お前・・・いじめられてるのか?そうなのか?」
等と聞かれ、何故か俺は泣き出してしまった。
で、先輩が「よし、そいつらここに呼んでいいか?」と言ってきて、呼んだ。
そしたら先輩が「お前ら○○(俺の名)をいじめてんじゃねぇよ!悪いと思わねぇのか!」
といってくれた。それがきっかけでいじめは解決。
よく見ると先輩が涙目になっていた。

特に仲がいいというわけではなかったが、同じ野球部の先輩だった。
坂主先輩、凄く感謝しています。
本当にありがとうございました。



あのライダーのにーちゃんは、今でもオレのあこがれだ!

689 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2001/07/24(火) 18:59
自分がリアル消防だった時、大人な自分を認識したくて
チャリで1人遠出をした。見知らぬ町の公園で、自分はこんなにも
遠くまで来たんだ!といい気になって遊んでいたら、ポケットに
入れておいたチャリの鍵が無い事に気が付いた。
さっきまでの大人な自分は消え去り、ただの情けない消防に戻ったオレは
1人見知らぬ土地の公園で声を張り上げて泣いていた。

そこへ大きなバイクに乗った1人の男が現れて
バイクに積んでいた工具で、オレのチャリの鍵本体を外してくれた。
「ありがとうございます」と言いながらオレは鼻を垂らしていて情けなかった。

あのライダーのにーちゃんは、今でもオレのあこがれだ!



車の免許取り立ての頃、道路沿いの駐車場からなかなか出れなかった。

839 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/06/18 07:40 ID:Di3RJhKX
車の免許取り立ての頃、道路沿いの駐車場からなかなか出れなかった。
バックで出なくちゃいけないし、両隣に車止まってるし、
しかもギリギリな場所に電信柱やガードレールがある交差点の角で
ホントにギリギリで出れなかったんです。
そんな中、一台の車がずっと道を譲ってくれるために待っててくれたんです。
ちょうどその頃は車の通りが少なくて10分位?見守るように待っていてくれました。
でも私は結局出ることが出来なく、後続車も来たので名残惜しくその車は
去って行きました。スモーク張りだったので顔もわかりません。
結局私は意を決して、タクシーを止め、事情を話して助けてもらいました。
さすがにプロで、すいすいと車庫出ししてくれました。
もちろんタクシーの運転手さんには御礼をし、その親切さにとても感動しました。
だけど何故か強く心に残るのは前者の車なんです・・・・・。



夕方のこと大阪環状線に、金髪の今風の兄ちゃんが二人座ってた。

667 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2001/07/18(水) 17:40
よくある話だけど、今日、電車で見かけたから書くね。

夕方のこと大阪環状線に、金髪の今風の兄ちゃんが二人座ってた。
そこに老夫婦が乗ってきて兄ちゃんたちから2メートルくらい離れた
ところに立ってた。
そしたら、兄ちゃんのひとりがわざわざその老夫婦のところまで行って
声をかけて席をゆずった。
そして、二人連れ立って隣の車両に移っていった。

見てた周りの人みんな、すがすがしい表情だったよ。
次からは私も席ゆずろう。


動物病院で猫の予防接種の精算を待ってたら、目の前にピレネー犬を連れたお姉 さんが現れました。

629 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2001/07/15(日) 22:52
動物病院で猫の予防接種の精算を待ってたら、目の前にピレネー犬を連れたお姉
さんが現れました。
受付の人が「初めてですね。どうなさいました?」と聞いたら、お姉さん
「すいません、この子、迷子なんですけど」。
道ばたをてくてく歩いている所を保護されて、前にピレネーを飼っていたお姉さ
んが一時預かっているらしい。
そこの病院でピレネーの飼い主に電話したんだけど該当はナシ。お姉さんは他を
当たって見ますと言って出ていきました。
それだけ聞くと可哀想なんだけど、精算が終わって外に出たら道の彼方にお姉さ
んと犬が歩いている姿が見えました。
……犬、しっぽ振ってるじゃん!自分の置かれている立場の自覚ナシ(ワラ。
飼い主見つかったかなあ。でも見つからなくても犬的には幸せなのかも。


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
Re:ありがとうございます。

励みになります。

私からもありがとう。


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
テスト
てすと
amazon+


ハレ婚。(13) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
なんでここに先生が!? (ヤンマガKCスペシャル)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ