ほんわかMkⅡ


 □2ちゃんねるまとめ
 □動画・あんてな・記事紹介

ヘッドライン

(´;ω;`)



たった一人だけ親友と呼べる奴から数日前メールが着たんだけど

247 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:03/11/07 23:13 ID:o5Vyl4Kv
あ~あ~
たった一人だけ親友と呼べる奴から数日前メールが着たんだけど
開いたらそいつの親からのメールでさ「病気で死んだ」みたいな事書いてあるの・・・。
その友達は去年引っ越す事になって遠くに行ったのね
引っ越す事を事前の2日前に知った俺は「何でもっと早く教えてくれなかったんだよ」
と怒ったよ。あっちは申し訳なさそうにしてこっちは怒ってて結局そのまんま
会話する事もなく最悪な状態のままあいつは引っ越して行った。
それからあっちからメールが着てしばらくメールのやりとりをした。
あっちは引っ越す数日前の話には触れようとせず俺は謝ろうとしてたけど
結局謝れなかった。
あいつからのメールはどこかぎこちない文章で引っ越した途端照れていやがるのかと
思ってたけどまぁ気にしなかった。
そしてメールのやりとりが無くなってから半年少し時が流れた。数日前のそのメールが久しぶりの連絡だった。
それなのに内容が「死んだ」ってありえない。呼吸器系の病気で持病持ってたらしく
(今思えば遊んでる時によく異様な咳き込み方してたかも)
引っ越してからはずっと病院で入院してたらしい。昨日の前葬式があり
遠いけどそいつの家へ行った。そこで母親から聞かされたんだけど
引っ越した理由はそいつの病気が悪化してきてみんなや俺に心配させたくないから
設備整った遠くの病院でひっそり入院生活続けて元気になってからまた戻ってくる
というあいつの意向だったらしい。でも結局悪化を食い止めることはできずに
死んでしまったのだと。そして寝たきりになってしまい何もできなくなってしまったあいつの代わりに
私があなたにメール送ってたんですごめんなさいと。
あの日怒ってしまった馬鹿な自分、元気になって戻ってくるなんて考えておきながら
死んでしまった馬鹿なあいつ。もうわけわからんくて泣きすぎて涙も
出んよ。何でいま2ちゃんに書き込んでるかもよくわからないけど。

誰もが知っている有名なマリオ。実は彼は目が見えません。

550  名前:NAME OVER  メール:sage  投稿日:2005/06/29(水) 01:09:03 ID:???
      勝手に作ったお話です。勝手に作った話だけど、ちょっと聞いて下さい。

      誰もが知っている有名なマリオ。実は彼は

      目が見えません。


      最初のステージ。一匹のクリボーがマリオに近づいてきます。
      しかし、彼は危険が目の前に迫っているというのに
      避けようともせずただじっとしています。
      目の前が崖でも、火の海でも
      彼にはそれが危険だと判らないのです。

      彼だけではありませんよ
      あの雪山の少年も、あの勇者も、あのパイロットも
      皆、目が見えないのです。

      成し遂げなければならないモノがあるというのに
      暗い―――暗い闇の中

      (どうすれば良い?右か?左か?

      ―――どこへいけば良い?)

      そんなとき、自らの意思を超えた何かが彼らを突き動かすのです。

      「マリオ!飛んでッ!」


551  名前:NAME OVER  メール:sage  投稿日:2005/06/29(水) 01:09:44 ID:???

      そう。目の見えない彼らを導くのは―――
      その「コントローラー」

      コントローラーで与える、あなたの指示が
      彼らに世界を見せているのです。

      どんな大冒険でも

      どんな巨大な敵でも

      彼らはあなたの助けを借りて、乗り越えていく

      彼らはあなた無しでは、決して事を成し遂げられないでしょう

      だから、彼らはきっとあなたに感謝しているはずです。


552  名前:NAME OVER  メール:sage  投稿日:2005/06/29(水) 01:10:39 ID:???

      リアルの世界でも彼らのような人がいます。
      彼らとは違って、ほとんどの人は自分で道を進めることが出来る人でしょう

      けれど
  立ち行かない時もあります

      そんな時
      あなたのコントローラーが必要になります。
      彼らのときよりもずっと、ずっと簡単な操作です。

      私たちみんなに、人生という名の大きな大冒険があります。
      そして私たちには常に、お互いを支えあい、協力し、人を導いていける
      コントローラーを持っています。
      使う使わないは自由です。

      けれど、ちょっとだけ思い出してください
      あの時の達成感を
      ね。また少し、そのコントローラーで頑張ってみたくなりませんか?

      勝手なお話です。
      勝手だけれど、ちょっとだけ心に

      留めて置いてください―――

      『コントローラー』

どうして突然 姉が入院したのかも分らずに過ごしました。

490 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:04/08/28(土) 18:53 ID:LW8x8kJw
姉が亡くなってもう20年以上になります。

その頃の私はまだ小学校にもはいっていない歳で、どうして突然
姉が入院したのかも分らずに過ごしました。
病気が「白血病」だったことも、それがあの頃、不治の病だったことも
知りませんでした。そんな姉は、病院に遊びに行くたびにおもちゃをく
れました。当時八歳だった娘が入院した事を不憫に思った親が買い
与えたおもちゃを、全て私にくれた姉。
「ここにあるもの、みんなあげるからね。お姉ちゃん、もういらないからね」
まだ小さかった弟とお見舞いに行った私に姉が言った言葉は、今思えば
何もかも知っていた言葉だったのかも知れません。
姉が冷たくなって、父親に抱かれて家に戻ってきたのは、それからしばらく
した夏のことでした。

お姉ちゃん、わたしはもう30を越えました。
あなたの病気ももう、不治の病ではありません。私はあなたに優しくしてくれた
看護婦さんに憧れ、なんとか頑張って看護婦になりました。あなたが護ってくれ
たのか、病気一つしない元気な身体で今日も患者さんと接しています。
あの頃小さかった弟はもう、あなたの記憶はおぼろげですが、今も元気です。
また、あなたの命日がやってきます。
今年も夜勤で親と一緒にあなたの思い出を語ることも出来ませんが、許してくれ
ますね?
私は今でも、あなたのことが大好きです。

長い事閉鎖されてた校舎の屋上の鍵が開いてる事を悪友達と発見。

198 名前:じぷしー名無しさん 投稿日:01/11/24 03:39 ID:???
中学時代の事。
長い事閉鎖されてた校舎の屋上の鍵が開いてる事を悪友達と発見。
まずはそこでぎゃぁぎゃぁ遊んでただけだったけど、毎日休み時間とか
授業フケた時とかそこに通ってる間にみんな愛着が湧いてきてなんとなく
「独占しよう」みたいなことになって早速ホームセンターで別の錠前と合鍵を
人数分揃えて、ドアの内外に取り付けた。
それから3人がかりでグランドと職員室からの死角に入るようにブルーシートを
張って屋根の完成。
その他雨水止めの為にスノコ持ってきて床上げたり技術の時間に作った本棚持っていったり
で数日でなんとか「秘密基地」っぽくなってきた。
でもそこまで手を加えるといつ見つかるかが不安になっちゃって、学校終わっても
気が気じゃなくなってきて、誰が言い出さずとも毎日のように誰かが夜の見張りに行ってたり
してて、たまに夜とかに集まってバカ話続けたりとかやってた。

・・・長くなりそうなので中座・・・

続けてもいいっすかねぇ。


205 名前:198 投稿日:01/11/24 04:29 ID:???
ありがと、でも面白くないかもしれん・・・

まぁそんなこんなで秘密基地ライフを俺らにとっては類稀なる団結力で自治してたんだけど
何度かピンチがあって、ある日卒業アルバム用の学級の集合写真を撮る事になり撮影場所を聞いたら
屋上から学年と学級単位で全体を屋上からグランドに向けて撮るとの事。
前日から撮影があるのは聞いてたけど、撮影場所まで頭が廻らなくて当日の朝になって
「屋上がヤバい」というのに気づき、必死で対策を練るも何も浮かばない。
とりあえづ休み時間ごとに屋上の荷物を片して鍵を外してしのごうとしたんだけど、
俺らのクラスは順序が早くて荷物がほとんどかたずいてないうちに撮影となった。
もう「基地はあきらめよう」「遅かれ早かれ見つかるんだし」とほとんどあきらめたまま
撮影に望んだ。

「もうじき放送で呼ばれたり朝礼で詰問されたりすんのかな」とかそれぞれ不安なまま
残り少ないであろう基地ライフを楽しんでたんだけど、先生方面からは全く何の音沙汰も無い。
なので結局「屋上に上がったのは写真屋だけだったんだろう」という説で落ち着いてた。

それからまた数日後。
希望者は上がった写真を見せてもらえるという事で職員室まで見に行ったら
写真の中に基地仲間のAがいない。
後でその事をAに聞くと、幸い屋上に上がったのは写真屋一人だったけど、
不安だったので一つ下の学年の委員長と偽って写真屋を屋上まで先導して
屋上に残った明らかな私物については本当の事を話して頼み込んで黙ってもらったらしい。

なので卒業アルバムの集合写真にはAの写真は載ってない。

それから豪雪で屋根があぼーんされたりキャッチボールしてて捕り損ねた球が
下に停めてあった技術教師のフロントガラスを大破させたり(後日野球部の仕業に)
色々あったけど基地は卒業まで俺ら数人しか目にしないまま卒業の日になった。

卒業式の前日、みんなで基地最後のパーティをした。
盛り上がるかと思ったけど普段の夜の集会と変わらないまま誰とも言わず基地を撤去した。
普通の屋上に戻ってもの寂しくなった風景を見ながらなんかしんみりしてた。

それから卒業。

在学中あんなに仲良かったみんなだったけどそれぞれ別の高校に通い、徐々に
疎通になってたところ、Aの訃報を聞いた。
あの地震で家と一緒に潰れたらしい。
通夜の時に悪友達と再会した。
そのなかの一人がAの自宅が潰れたので代わりに棺の中に収める卒業アルバムを持ってきてた。
プチ同窓会みたいになって懐かしがりながら普通にみんなで見てたんだけど、Aだけが写ってない
集合写真のページになった途端、俺ら全員で泣いた。

母のいなくなった病室の片付けをしていた。

  431 名前:(*゚Д゚)さん 投稿日:04/05/23 20:40 RmNBymNR
  _、_
( , ノ` )    
  \,;  シュボッ   ・・・先月、ウチの母が死んだよ。
    (),    
    |E|

  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~ 死ぬ3週間前から入院していて・・・。

  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~ 俺は、母のいなくなった病室の片付けをしていた。

  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~ そして、冷蔵庫を開けたんだ。中には・・・俺の大好物のお菓子がはいっていたよ。

  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~ それには書き置きが添えられていて・・・「お兄ちゃんと二人で分けてください」と書いてあった。

  _、_
( ,_ノ`) n∫ 俺は、兄貴と二人でそのお菓子を食った。
     ,!
    ┗━┛
  _、  ∫
( ,_ノ) ヽ;;..   そのお菓子は、今まで食ったどんな高級な食い物よりもうまくて・・・
     ┗━┛

      ∫
(   ) ヽ;;..    涙があふれて、とまらなかったよ・・・。
     ┗━┛


 433 名前:(*゚Д゚)さん 投稿日:04/05/23 21:12 ???
(   )ウッ   それが手作りのお菓子だったらもう涙がでてくるよ・・・・


 441 名前:431 投稿日:04/05/23 23:06 fyt5868w
  _、_   >>433残念ながら手作りではなかったよ。なにせ
( ,_ノ` )      3週間前から入院していたしな・・・。
     ζ
    [ ̄]'E
.      ̄
  _、_       ・・・手作りのお菓子か・・・そういえば、母はよくチーズケーキを
( ,_ノ` )       作ってくれたよ。
  [ ̄]'E ズズ    ・・・料理があまり得意ではない母が本を見ながら
.    ̄            一生懸命作ってたのを覚えてるよ・・・

  _、_     だけど、そのとき反抗期だった俺は、
(  ◎E    「マズっ!!こんなモン食えねェよ!!もう作るな!!」

  _、_    ・・・・あの時の事、謝っとけばよかった・・・・
( ,_ノ` )        それと・・・・
         ソッ   
    [ ̄]'E      本当はケーキ、おいしかったよ・・・・・
..     ̄

去年の9月に、初めての恋人が事故で死んだ。

783 名前:名無しさん 投稿日:04/03/22 01:31
去年の9月に、初めての恋人が事故で死んだ。
高速道路で、トラックにひかれた。即死。
しかも、そいつの誕生日の日に。
遠恋だったから、プレゼントも宅急便で、
「もう宅急便届いたかな?」って携帯にメールしたら、
お兄さんから返事が来て、はじめてその事実を知った。
涙はふしぎと出てこなくって、お葬式の日程をぼんやりきいてた
死んだとは、どうしても思えなくて、死んだ朝も携帯に電話して、
「おはよう」って声を聞いたのになぁって思って。
相手の住んでるところは東京で、自分は三重。
しかも私は工房で、親が東京行きを許してくれなかったけど、
無視していった。後悔するからって思って。
夜行バスにゆられながら、何度も何度も携帯に電話する。もうだれも出ない電話
何度も何度も携帯にメールを打った。もう見ることはできないのに
そして、東京の彼の実家に着いて、お葬式に参列した。
お葬式のあいだも涙はでなかった。やっぱり泣けなかった
ほとぼりが冷めて、彼の家族に「彼の顔が見たい」と言った
向こうはしぶってた。なんでかなぁってちょっと不思議に思ったら、
顔も、体も原型を留めてなかった。それでも愛しいと思えた。
彼を目の前にして、1時間ぐらいぼうっとしてた。どうしても泣けなかった
彼のお兄さんがずっと棺桶の前に立ってる私を無理やりすわらせて、
あったかい缶ココアをさしだしてくれたとき、はじめて泣いた。
湯気がみんな隠してくれると思って、いっぱい泣いた。

星の形のにんじん

527 名前:1/2[] 投稿日:2006/03/27(月) 14:37:44 ID:J5ezjAvK0 [1/3]
510 名前: 大人になった名無しさん [sage] 投稿日: 2006/03/27(月) 13:52:48
俺の母親は、俺が2歳の時にがんで死んだそうだ。
まだ物心つく前のことだから、当時はあまり寂しいなんていう感情もあまりわかなかった。
この手の話でよくあるような、「母親がいない事を理由にいじめられる」なんて事も全然なくて、
良い友達に恵まれて、それなりに充実した少年時代だったと思う。
こんな風に片親なのに人並み以上に楽しく毎日を送れていたのは、
やはり他ならぬ父の頑張りがあったからだと今も思う。

あれは俺が小学校に入学してすぐにあった、父母同伴の遠足から帰ってきたときのこと。
父は仕事で忙しいことがわかっていたので、一緒に来られないことを憎んだりはしなかった。
一人お弁当を食べる俺を、友達のY君とそのお母さんが一緒に食べようって誘ってくれて、寂しくもなかった。
でもなんとなく、Y君のお弁当に入っていた星形のにんじんがなぜだかとっても羨ましくなって、
その日仕事から帰ったばかりの父に「僕のお弁当のにんじんも星の形がいい」ってお願いしたんだ。
当時の俺はガキなりにも母親がいないという家庭環境に気を使ったりしてて、
「何でうちにはお母さんがいないの」なんてことも父には一度だって聞いたことがなかった。
星の形のにんじんだって、ただ単純にかっこいいからって、羨ましかっただけだったんだ。
でも父にはそれが、母親がいない俺が一生懸命文句を言っているみたいに見えて、とても悲しかったらしい。
突然俺をかき抱いて「ごめんな、ごめんな」って言ってわんわん泣いたんだ。
いつも厳しくって、何かいたずらをしようものなら遠慮なくゲンコツを落としてきた父の泣き顔を見たのはそれがはじめて。
同時に何で親父が泣いてるかわかっちゃって、俺も悲しくなって台所で男二人抱き合ってわんわん泣いたっけ。


528 名前:2/2[] 投稿日:2006/03/27(月) 14:37:59 ID:J5ezjAvK0 [2/3]
それからというもの、俺の弁当に入ってるにんじんは、ずっと星の形をしてた。
高校になってもそれは続いて、いい加減恥ずかしくなってきて「もういいよ」なんて俺が言っても、
「お前だってそれを見るたび恥ずかしい過去を思い出せるだろ」って冗談めかして笑ったっけ。

そんな父も、今年結婚をした。相手は俺が羨ましくなるくらい気立てのいい女性だ。
結婚式のスピーチの時、俺が「星の形のにんじん」の話をしたとき、親父は人前だってのに、またわんわん泣いた。
でもそんな親父よりも、再婚相手の女の人のほうがもらい泣きしてもっとわんわん泣いてたっけ。
良い相手を見つけられて、ほんとうに良かったね。
心からおめでとう。そしてありがとう、お父さん。

11年前の2月、何も無い湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた。

499 名前:わんにゃん@名無しさん[] 投稿日:2005/04/07(木) 07:45:39 ID:JmMHUWur
11年前の2月、何も無い湖の駐車場でガリガリの猫が寄ってきた。
よろよろと俺たちの前に来るとペタンと腹をつけて座った。

動物に無関心だった俺は「キタねー猫だな」と思っただけで、他に何とも思わなかった。
猫を飼っていた彼女がその猫を撫でながら言った。
「こんな所にいたら病気で死んじゃうね」
単細胞の若者だった俺は頭にきた。
「何、こいつ病気なのか?死ぬと分かってて放っておくのは殺すのと一緒だろ!
何言ってんだオメー」

ドライブは中止。そのまま膝の上に乗っけて車を運転して帰った。
顔は目ヤニだらけ、鼻水で鼻はガビガビ、尻から出てきた回虫が俺のズボンの上を這っていた。
くしゃみで車のドアはベトベト、コホコホ咳をして、痰でゴロゴロいっていた。
「どうするの、その子?」
「治るまで俺が飼う」
「じゃあ名前は?」
「うーん…痰が詰まってるから…痰助」
「変な名前」
「うるせー」

獣医に寄って虫下しと風邪の薬などを貰って帰った
風呂場で綺麗に洗って、とりあえずシシャモとちくわを食べさせた、腹がカチカチになるまでがっついていた。

ペットは駄目なマンションだし、治って暖かくなったら逃がすつもりだったが、1週間で方針を変えた。
あっという間にまるまると太り、誰が見ても目を細めるような人懐っこい顔になり、夕方になると俺の帰りを玄関に座って待つようになった。

もともと飼い猫だったようで、トイレは最初からできた。車に乗るのが好きな変な猫だった。
人間も同じだろうが、食べ物で苦労したせいか、すごい食いしん坊だった。
冷蔵庫が開く度にダッシュで駆けつけ、何もくれないと分かると、わざと歩くのに邪魔な所に寝そべって俺に抗議した。
かつては歴戦のツワモノだったようで、耳は食いちぎられて欠け、しっぽは折れたまま曲がり、ケガの跡のハゲがあちこちにあった。


500 名前:わんにゃん@名無しさん[] 投稿日:2005/04/07(木) 07:46:54 ID:JmMHUWur
当時は分からなかったが、そうとう歳をとった猫だった
歯が何本も抜けていて、筋肉も細かった、一日中じっとしていた、食べる時以外に走ることはなかった。

ちょうど一年後、俺は痰助の誕生日を勝手に決め、仕事帰りに誕生日プレゼントとして一個千円のカニ缶を買って帰った。
普段は脇目も振らずに食べる痰助が、その日は一口食べるごとに俺の顔をじっと見ていた。
「なんだよ、俺でも食った事ないんだぞ。早く食わないと俺が食っちまうぞ」
いつもどおり缶の底がピカピカに光るまで食べたのだが、無理をして食べているように見えた。

誕生日の二,三日後、食欲が無く朝からぐったりしているので、いつもの獣医に連れて行った。
検査の結果、腎臓がかなり悪い事が分かり、即日入院となった。

先生が抱き上げようとすると、必死に俺の肩に登ろうとした。
先生に抱かれて診察室の奥の部屋に行くとき、ガラスのドア越しに見えなくなるまで俺をじっと見続けていた。

あのときの哀しい眼差しを、俺は生涯忘れる事はないだろう。

雪のちらつく朝、痩せた体に一輪の花を乗せて、痰助は大好きな車で俺と一緒にうちに帰った。
大工の弟に頼んで作った小さな棺に俺の写真と大好物だったちくわを入れて、痰助に出会った湖の桜の木の下に埋めた。
 
今となれば分かる。
湖からの帰り道、あれは痰が詰まっていたのではなく、嬉しかったんだと。

今日も壁に掛かったコロコロのたんすけが行儀良く座って俺を見ている。

お前がいなくなって十年経った今でも寂しいけど、それは俺の勝手だから我慢するよ。

変な名前付けて悪かったな、たんすけ、
でも今うちにいるお前の後輩も変な名前だから、勘弁しろよ。

会社の上司のお見舞いに行ったらザビエルだった

12 :七つの海の名無しさん2017/03/17(金) 09:24:22.04 ID:9Cex9Dom
会社の上司のお見舞いに行ったらザビエルだったの想い出した
寝てたので、見なかったフリしてみんなで帰りました


16 :七つの海の名無しさん2017/03/17(金) 10:16:02.23 ID:jI/cvU/5
>>12
勝手にお見舞いに行くのはやめたまえ。行くなら本人に許可とって時間を決めてからだ
見なかったフリって書いてるけど、その上司も必死に寝たフリしてたんだぜ

長い間開けていなかった引き出しを開けたら

930 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/11/23(木) 21:27:45 ID:WL+FGuIq
子供の頃からずっと部屋においてあった学習デスクを処分する為に、
長い間開けていなかった引き出しを開けたら
誕生日に家族から貰った手紙がいっぱい入った袋が見つかった。
文面を読むと7歳から12歳まで小学生時代全部の誕生日の手紙だった。

俺には4つ年上の兄が居た。
兄が交通事故で死んだのは俺が11歳になる前の事。兄は中3だった。
当然兄からの手紙は俺の10歳の誕生日で途切れている。
最後の手紙はどんな事書いてくれてたのかな~と沢山の手紙の中から探した

「○○へ
もう10歳とはおどろきだね!!
すぐすねて怒るのはやめましょう
俺より身長高くなったらだめです
△(妹)だけじゃなく俺とももう少し話してください
お兄ちゃんが言いたい事はそれだけです。
これからも家族皆で仲良くしようね。
今年のプレゼントは○○が欲しがってた石だよ~ん お兄ちゃんより」

その当時思春期だった兄が少し怖くて
俺は妹ばかりと遊んでいたんだが今思えば凄く優しかった。
プレゼントの石というのは近所のちょっと危険な川原に落ちている
凄く平ペったい石でわざわざ拾ってきてくれた。
今もまだ生きてたらどんな兄になってたんだろうとか
色々思うと泣けてきて一人で大号泣した。

誰かガッカリした漏れをなぐさめてくれ。

63 名前:名も無き冒険者 投稿日:04/11/30 18:35:50 9QIyiLJR
誰かガッカリした漏れをなぐさめてくれ。


64 名前:名も無き冒険者 投稿日:04/11/30 18:36:55 yqeXf26o
       ○
       ノ|)
  _| ̄|○ <し


65 名前:名も無き冒険者 投稿日:04/11/30 18:41:42 g8nJ3oQp
          (○
        ○ノ
        |
  _| ̄|   > 


70 名前:名も無き冒険者 投稿日:04/11/30 19:01:41 yqeXf26o
                    ミ
                      ○
           。゚○∠
            /
  _| ̄|     />


74 名前:名も無き冒険者 投稿日:04/11/30 19:16:59 yqeXf26o


                            ミ      ○
  _| ̄|     (´⌒;;;≡≡≡ _ /\○_  ⌒Y⌒Y 


77 名前:名も無き冒険者 投稿日:04/11/30 19:33:18 yqeXf26o

  _| ̄|                  _| ̄|○
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7 ミ
                                  /  ○
                                  |


81 名前:名も無き冒険者 投稿日:04/11/30 19:39:55 yqeXf26o
           !||i○||i|!
             ノ)ヽ
  _| ̄|        ∧ ...


82 名前:名も無き冒険者 投稿日:04/11/30 19:43:22 yqeXf26o


       ノ|)
  _| ̄|○ <し


83 名前:名も無き冒険者 投稿日:04/11/30 19:44:24 /C98Myaf
>>82
全米が泣いた

いつも夫婦や娘さんと一緒に食事にくる50代後半くらいのおじさんが 一人でふらっとやってきた。

912 名前:ななしのいるせいかつ[] 投稿日:2007/04/03(火) 21:21:49
昨日泣いた。

私はわりと高級な割烹(カウンター形式の和食料理屋)でバイトしてるんだけど、
昨日いつも夫婦や娘さんと一緒に食事にくる50代後半くらいのおじさんが
一人でふらっとやってきた。
そのときの様子はいつも通りで、料理を食べながら酒をちびちび飲んでた。
でも他のお客さんが帰ったあと調理長(板前さん)と奥さんの話をし始めた。
2ヶ月ほど前に奥さんががんで亡くなったらしい。53歳だった。
おじさんは奥さんが生きてたころの話をした。笑ってたけど、よく見たら目が赤く腫れてた。

話の途中でおじさんは隣の空いた席に向かってこう言った。
「あいつ絶対いまここにいるよwここにいて『なに言ってんのよ』って言ってるよw」
笑顔だったけれど、とても寂しそうな目をしてた。
それで調理長がその奥さんがいるはずの席におちょことお箸をおいて
「奥さんについであげてください」って言ったら、おじさんはすっごくにこにこして
おちょこにお酒をついでた。バイト中なのに涙がにじんできた。

それから帰るまでずっと奥さんの話をしてた。
「『あなたゴルフから帰ってきたときが一番優しいわね』って言ってた」とか
「○○子(奥さんの名前)、俺のことが一番(娘よりも)好きだったと思うよ」とか。
それでも笑ってた。誰もいない隣の席を見ながら。


913 名前:ななしのいるせいかつ[] 投稿日:2007/04/03(火) 21:24:50
続き

帰り際に調理長がお土産を渡した。黄色の綺麗な玉子焼き。
そしたらおじさんは突然下を向いて目頭を押さえて言った。
「持って帰る場所なんてないのに」
泣いてた。さっきまで笑って明るく振舞ってたけれど、心の中ではずっと
泣いてたんだと思う。帰っていくおじさんの背中は本当に寂しそうだった。

それからバイト終わるまでひたすら涙こらえて、自転車こぎながら泣いた。
寂しいのに一生懸命笑ってたおじさんのことを考えたら涙が止まらなかった。

長くなってごめんなさい。

初めて顔を描いてもらったよ、嬉しくて涙目

321 名前:名無しの心子知らず@\(^o^)/[sage] 投稿日:2017/03/14(火) 14:08:49.42 ID:4VGgFaxa.net
春から年少の3歳娘、今日が最後のプレだった
先週お絵描きした絵を持って帰って来て、嬉しそうに広げて見せてくれた
幾つか顔らしきモノが描いてあって、先生が何を描いたか書いていてくれてる中に、『ママ』『パパ』があった
初めて顔を描いてもらったよ、嬉しくて涙目

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/baby/1486468967

引っ込みじあんで友達なんてクラスに一人もいなかった

101 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/04/01(木) 11:07 ID:qnBuF/NH
幼稚園の時引っ込みじあんで友達なんてクラスに
一人もいなかった時。「外でみんな自由に遊びましょう!」みたいな時間が
あってもちろん誰も遊ぶ友達などいなく一人で過ごす自由時間がすごく嫌でした。
またかと思って一人砂場じゃない所で砂遊びをしていたある日
そんな時にひとつ上のお姉さん2人が
「どうしてひとりなの?」
「遊ぶ人、いないの?」
「じゃあ私たちと遊ぼうよ!」と声をかけてくれて
一緒に遊んでくれました。
誰かと一緒に遊ぶのなんか初めてだったので凄く嬉しく
お姉さんたちの笑顔はまさに天使みたいに見えました。
その後もちょくちょく遊んでくれてすごく嬉しかったのを今でも
覚えています。もう覚えていないかもしれないけど私は今でもたまに
お姉さんたちの事を思い出して泣いてしまうことがあります。
あのときは本当にありがとうございました。

俺はお前に父親を見せたかった。

697 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2008/03/20(木) 12:08:12 ID:c5vocIjk0
俺はお前に父親を見せたかった。
働いてる父親を見せたかったし、立派な大人の見本でいたかった。
お前が思春期の中でいろんなものに悩みながら成長していく様子も見たかったし
いろんなことを学んで成長して大人になって仕事について家庭を持った姿とか
いろんなものが見たかった。お前はオレの長男だからな。
もうお前に俺の背中を見せてやれないのが悔しくてたまらない。
競馬をやってる姿なんて、お前になんて思われるんだろうなぁ。ハハ。
もしかしたらお金いっぱい使い込んじゃってるかもしれんなぁ。
中略
まぁこんなところかな。
別に立派にならなくたっていい。
いい父親になれよ。子どもに父親の背中を見せてやってくれ。
オレには少しの間しかできなかったことだ。
お前の子供が大きくなったら、一緒に酒でも飲んでやれ。
お前がいつか死んだら、天国で一緒に酒を飲もう。
オレは情けない父親だろうから、天国にはいないかもしれないけどな。笑
まぁそん時は出張で地獄まで来てくれよ。笑
元気でやれよ。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
Re:ありがとうございます。

励みになります。

私からもありがとう。


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
テスト
てすと
amazon+


ハレ婚。(7) (ヤンマガKCスペシャル)

【Amazon.co.jp限定】 ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 7 (特装限定版) (全巻購入特典:「録り下ろしドラマCD」引換シリアルコード付)

聲の形 公式ファンブック (KCデラックス 週刊少年マガジン)

恋と嘘(3) (講談社コミックス)

NEW GAME! (1) (まんがタイムKRコミックス)

小説 君の名は。 (角川文庫)

がっこうぐらし!  (8) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

亜人ちゃんは語りたい(1) (ヤンマガKCスペシャル)

だがしかし 3 (少年サンデーコミックス)

2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング アクセスランキング

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ