628 名前:大人の名無しさん[sage] 投稿日:2008/02/11(月) 21:55:34 ID:u+/Y+Et5
自分は以前の仕事で全国の学校関係を回っていた。
毎年行く学校はその年の2年生の放送部が企画進行、
校内放送向けのインタビューなどを行うのが恒例だった。
学生だからたどたどしい段取りではあったが、ともかく生徒の直向さが伝わりいつも気持ちが良かった。
その年もいつものように放送部の一人の女の子が一生懸命頑張っていた。
悩んだり、困ったり、半泣きになったり、テンパッタりしながら何とか終了。
同時に満面の笑顔を僕らに向けていた。
「お疲れさま」「ありがとうございました」
「来年はゆっくり楽しめるね」「今の一年生の頑張りを応援します」
涙目だけど笑顔で手を振ってくれる彼女が小さくなるまで車から見ていた。

一年後、学校に行き毎年の行事を眺めていた僕はふと去年いた女の子がその場にいないことに気づいた
担当の先生に「あの去年の○○さんは今日はお休み?」
「・・・・実はあれからすぐ○○病にかかって、半年後に・・・」
僕は愕然とした。決して彼女に特別な思いがあったわけではない。
その純粋そうな笑顔の子があれから大変な目にあっていたことが
ごく平凡な人生を相変わらず送っていた自分から見て信じられなかった。
彼女は父子家庭で、苦しんでる自分の病室にずっとついてくれてるお父さんに
「もういいよ、お父さん、つかれたでしょ・・・ 」それが彼女の最後の言葉だった。

誰が10代の時に自分の命がすぐ終わる事を考えるだろうか。
彼女は未来だけを夢見ていた筈なのに・・・
素敵な恋愛はできただろうか、楽しい思い出を作れただろうか
彼女が死ぬ間際に僕を思い出したことは絶対ないだろうけど
彼女の楽しい思い出の中に僕が作り出してきたあの日の事が少しでもあれば
僕も彼女の人生に役立ったと思いたい
毎年その日になると彼女の事を思い出す。
だらしない高校生を見かけると、彼女を思いせつなくなる。
乱文ですまん






  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる