432 なごみ [sage] Date:2010/10/20(水) 21:37:49  ID:ZQfYhIiC0
小さい頃住んでた町で、
お家の塀の一部が、鉄の柵で、春と秋にはその柵に絡まってるバラが
とってもいいにおいで咲いたんだ。
幼稚園児だった頃から私と母は、通りがかるたびに、下のほうに咲いてる花に顔を近づけて
「いーにおいー!」ってやってたんだ。
(上のほうの花を手に取ろうとすると、花がかわいそうだからって母に怒られた)
そんな事を続けてて、小学校に上がった年も同じように
「いーにおい!」ってやってたら、そこのおじさんが
「気に入ったなら、お一つどうぞ」ってバラの花を一つくれたんだ。
すごく嬉しかった。

あれから二十年経って、あの町に行く用事があった。
懐かしくて、ちょっとあのおじさんの家の辺りを通った。
バラは、今もいいにおいで咲いてた。






  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる