21 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/07/26(木) 03:58:18.27 ID:YoaBCjFfO
20世紀の終わり頃、両親は既に亡くなり妹と二人暮らししていた
妹は、庭に来る猫一家に餌をあげていた
新しく生まれた黒猫が小さくてお気に入りだと言っていた

2001年に俺は仕事で家を出た。妹も、その翌年結婚して家を出て
実家は、空き家になった
7年後、仕事をクビになり実家に戻ってくると荒れ果てていた
6~7年の間、誰も住んでいないのだから当然だ
庭は雑草の森になり、廊下は床板が腐っていた

とりあえず居間で寝転がっていると、引っ越しの手伝いをしてくれた先輩の呼ぶ声
「お客さんだよ~♪」と、なにやら楽しそう
玄関に出てみると、一匹の黒猫
見るからに老猫で雨に濡れている
玄関の土間に座って、上に上がろうとはしない
とりあえずバスタオルを敷いて、出入りできるように戸を空けておいたら
翌朝には居なくなっていた

向かいの家の人の話では、ウチの庭に住み着いていた猫だろうとの事
そしてウチに来た夜以降、姿を見かけないという話だった
「家のどこかに迷い込んでいるのかも」
探していると、物置部屋の辺りから腐臭がする
腐った床板を剥がしてみると、黒猫の死体
腐乱具合から見て、あの夜に死に場所を求めて床下に入り込んだのだろう
「最後に君に挨拶したくて来たのかもしれんね」
先輩に言われて思い出した

あの子は、妹が可愛いがっていた黒い子猫だったのかな?






  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる