729 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:21/03/26(金)13:52:21 ID:NZ.6x.L1
私は中高一貫校卒業したんだけど、6年間の間に担任の先生や他の先生たちからよく名前を呼び間違われる時が何度もあった。

私が「佐藤」とすると「加藤さん」くらいの間違い(実際はもう少し特徴ある名字)。

しかもどの先生も同じように間違えるので「なんで先生達は私の名前だけ間違えるんですかw」と聞いてみた。
すると、どうやら数年前の卒業生に私と顔立ちも背格好も名前もそっくり、誕生日も同じという人がいたんだそう。

私が入学してきた時は「彼女一人っ子じゃなかったっけ!?」と大騒ぎになったらしい。


仮にその人を加藤さんとする。

当時中1だった私や友達は「かつて自分に瓜二つの誰かが居た」というだけで「ドラマじゃん!」と大盛りあがり。
しかもその加藤さんが、今度学校へ遊びにやって来るという。先生から「会ってみる?」と聞かれ、友達も私も「会いたい!」と騒いだ。

ただ私はちょっと不安だったことがあって、私は当時やや太っていた。それも清潔感のないデブだった。

その私とそっくりな加藤さんって、最早お相撲さんみたいになってるのではないかと心配になった。

そして当日、ドキドキしながらみんなで待っていると、ワンピースを着た小綺麗なお姉さんが職員室に来た。
「新しい先生?」「見ない人だよねー、若いね」と言ってたら、何とその人が加藤さんだった。

みんな「え!?」とびっくり。
清潔感もあり、目鼻立ちもはっきりしてる。細い。
私も友達も「全然似てない!」と騒いでいた。

この人と私を見間違えるなんて…先生方、加藤さんに失礼じゃないかとも思ったが、先生も「おおー、痩せたねえ」とびっくり。

加藤さんの持ってきたケーキと先生の紅茶をみんなで食べながら話を聞くと、おやつと夜食の大好きで食べすぎて太っちゃったのだそうだ。
高校の時は食欲も収まり、痩せ始めると脂肪に埋もれていた目が二重に。
就職してから、筋トレして10キロ絞ったら更に痩せたらしい。

加藤さん曰く、
「私達、眉毛が濃いでしょ?中学ではあまり整えないからもっさりして見えるだけ。
顔が濃いのはお得だよー、まず印象に残るからね!」
とのことだった。

他にも私と同じ本好き、漫画同好会在籍という共通点があった。
私が「漫画描いてるけどお金持ちの家が描けないです」というと、みんなで図書館に移動して、加藤さんが読み耽っていたという建築雑誌を見せてくれた。

それがきっかけで建築業界に入ったそうだ。

他にも色々話したが、それが印象深い。

以降「痩せたらかなりマシになるらしい」という希望が持てて、運動を増やして少しずつ痩せた。
そしてその建築雑誌(何十冊と保管されてる)を読んでいくうちに、デザインに興味が湧いてその道に進んだ。

25歳の時、ふと思い返すとあの時の加藤さんとそっくりの見た目になっていた。
友達にも「あの時の加藤さんだ!」と言われる。
そして私も遊びに行って、先生達が「うわー!!!加藤さんに似てる!!!」と大騒ぎしていた。

「加藤さん元気かなあ」と言うと、悲しいことに若くして病気で亡くなったんだそうだ。

一日だけ会った時にもの凄く影響を受けたし、正直加藤さんのおすすめがなかったらデザインの道には進まなかった。
不思議なものだと思う。






  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる