571 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/02/24(水) 11:31:04 ID:IxHm0zA7
自分がまだ小さかった頃、欧州出身の白人さんが家の近所に住んでた。
ヒョロッした体系で綺麗な金髪は腰まであるドレッドヘア。
のどかな田舎町に似合わないその風貌。かなり怖かった。
ある日、学校から帰ると外人さんが家にいた。
「なぜ!?」とビビリつつ、係らないようにコソコソしてたのに捕まった。
外人さんはニコニコしながら小さな声で「君のおばあちゃんはすごいね」と言ってきた。
季節は夏。草がボーボーに生えた庭を「草刈しなきゃなぁ」と思いつつ放置していた外人さん。
すると、『赤ちゃんがかぶるような帽子』をかぶった小さなばあちゃんが鎌を手にやってきて
あっという間に草を刈り取った。
さらに、庭の隅に放置されていた廃材をテキパキと片付けると、外人さんが引きずりながら
何とか玄関まで運んだ米(重くて持ち上がらなかったらしい)をヒョイッと持ち上げ、台所へ。
150cmそこそこのばあちゃんのどこにそんなパワーがあるんだと驚いたらしい。
「日本人が働き者なのは知ってたけど、君のおばあちゃんは働き者だし力持ち。スーパーなおばあちゃんだ」
と言われて、自分も嬉しくなった。
外人さんはばあちゃんから米を持ち上げるコツ(コツさえ掴めば持ち上がる)を教えてもらってたが
結局コツは掴めなかったようだ。






  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる