907 名前:和み[sage] 投稿日:2008/03/03(月) 23:55:30 ID:OV2SNM2+O
今日出会ったmy和み投下。
長文失礼。

バイト先の近くに、個人経営の小さい本屋がある。今まで存在は知っていたけど入ったことは無かった。
今日、バイトの時間を間違えて一時間早く着いてしまったので、時間潰しに本でも買って読むかとそこに入った。
店をやっているのは結構なお歳を召したおばあさんだった。
好きな作家の未読本があったので、それをレジに持って行ったら、そのおばあさんがニコニコしながら話しかけて来た。

「○○(作家名)の本は沢山あって読むの大変でしょう」
自分「そうですねー、一冊一冊も分厚いし」
「でも途中で止められないのよね、面白くて」
自分「そうなんですよー、●●とか…」

という感じで、いつの間にかその作家トークに花が咲いてしまった。
おばあさん、凄く楽しそうに話しをするんだ。もうにっこにこ。本が大好き!ってのがよくわかる。
自分も楽しくて、暫くおばあさんと話してた。
帰り際におばあさん手作りの栞を貰ったんだけど、これがまた可愛いんだ。小さな赤い花の栞。

可愛いおばあさんの笑顔と濃ゆい作家トーク、手作り栞の三点セットで、心がほっこりしたよ。






  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる