224 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2009/11/05(木) 10:41:28 ID:2clilWqe
つい最近発覚した衝撃。

幼い頃、母はサービス業だったため、日曜日は父と二人で過ごしてた。
昼食は父が作ってくれる。大体メニューは焼きそば。
父は肉が得意でなく、ソースが嫌いだったため、焼きそばの味付けは醤油。
キャベツとちょっぴりのウインナーが入ってて、父の好きな炒りタマゴがたっぷりの醤油味の
焼きそばは、いわゆる「おふくろの味」的な思い出。
メシウマな母の作る日常の晩御飯とはちょっと違うスタンスで、すっげーうまいわけじゃ
ないけど、心の琴線にふれるというか。
やがて私が成長し、料理に興味を持ち、休日の昼食は私の担当となって、父の焼きそばは
出番がなくなった。
たまに懐かしくなった私が、「今日はパパが作ってよ」と言って焼きそばをリクエストすると、
「めんどくさい…」と言いながらも、いつもの具と味付けで作ってくれた。
他人が食べてもきっとうれしくない、でも私には最高に美味しい焼きそば。

独立してから、実家の台所に立ち、調理を始めた私に父が一言。

「…へえ。キャベツって洗うものなのか。知らなかった」






  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる