247 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2008/10/28(火) 22:44:45 ID:y3VzXn5W0
長い間友達だった。付き合った当時、私は地味でヲタみたいな外見、
相手は絵に描いたようなDQNさん。不似合いだとよく言われたけど仲は良かった。
前から好きだったけど、相手は女の子に人気があったので入る隙はなかった。
それでもずっとしゃべったり、電話をしたりした。
何してもうまくいかなかった時、相手と電話していると将来の話になった。
「もう何やってもダメだし、ちょっと駐屯地で割腹してくるわー」
と私が冗談で言った途端、
「腹切って死ぬくらいだったら俺の嫁になれ!」と相手が叫んだ。
びっくりして黙っていると、
「死ぬんだったら人生もらう。だからずっと俺のそばにいて」とゆっくり言った。
私はテンパり、「えっと、よく意味が……」とゴニョゴニョ。相手はしびれを切らした。
相手「お前が好きなんだよ!こんな言わせんな!いい加減気づけ!
死ぬとか言ってんなよこのおバカがーもうっ!!(何故か半泣き)」
私「ごめん…えっと、これは告h」
相手「ギャー言うな!やめろ!やめて!(なんかこっちよりテンパっている)」
私「あの…私もずっと前から好き」
相手「うそ!?」
いまだに相手はこのことを持ち出すと悶える。






  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる